説明

Fターム[3E118EA10]の内容

基本的包装技術−流動体の充填 (8,720) | 目的、効果 (1,306) | その他 (330)

Fターム[3E118EA10]に分類される特許

321 - 330 / 330


【課題】目標重量値に対して高精度の充填作業が可能な定重量充填装置を提供する。
【解決手段】多量供給A、少量供給B、供給停止Cの三段階に切替え可能のシャッター2下方に計量器4を配設し、該計量器4があらかじめ設定した目標重量値Mよりも若干軽い予備重量値Yを計量することで、前記シャッター2を少量供給Bに切替え制御する定重量充填装置において、該シャッター2が多量供給Aから少量供給Bに切替えられた時点から、前記計量器4の計量する重量増加量Fが変化する時までの時間tを検出し、この検出時間tにより落下中にある供給物3量を演算しシャッター2の供給停止C時期を決定してなる定重量充填装置の構成とする。 (もっと読む)




【課題】 従来のバルブ及び装置では、豆乳と苦汁の混合液を充填する際に流量の調節ができず、結果シール不良等の不都合を生じていた。
【解決手段】 本件出願の液体充填用ロータリーバルブは、液体充填ノズルを複数備えた外側回転体と、その内側に外側回転体の周方向に回転可能に差し込まれた分配器と、その内側に分配器の軸方向にスライド可能に差し込まれた変形ピストンを備え、外側回転体は移送される容器により押されて回転して二つのノズルが前後二つの容器の夫々に跨がって、回転方向後方のノズルから移送方向手前の容器に、回転方向先方のノズルから移送方向先方の容器に液体を供給可能とした。本件出願の液体充填装置は、容器を並べて移送可能な移送体の上方に前記液体充填用ロータリーバルブを備え、液体充填用ロータリーバルブに液体を供給するポンプとを備えるものである。 (もっと読む)


【課題】 散薬等の粉粒体を所要量ずつ小分けして包装する分包機におけるホッパーを機械的に掃除することができる掃除装置を提供する。
【解決手段】ホッパーの上方開口部又は下方開口部を閉じる開閉可能な蓋体と、前記ホッパー内の粉粒体を含む空気を吸引する吸引部とを有し、前記蓋体により前記ホッパーの上方開口部又は下方開口部を閉じ、前記吸引部により前記ホッパー内の粉粒体を含む空気を吸引する。 (もっと読む)


注ぎ口を有した可撓性のつぶせる容器の充填または再充填を支援する装置およびそれを用いた方法。本装置は、この容器の注ぎ口の少なくとも一部を収容するように適合された上方フレーム要素(120)を、その上方端部に取り付けられている中央フレーム要素(110)を含む。中央フレーム要素は、その下方端部にて、充填されている容器の下部を架台に載せ、かつ、可撓性のつぶせる容器が充填されて膨張するにつれ、容器を中央フレーム要素の方に押し当てるように適合された下方フレーム要素(130)に取り付けられている。装置は携帯用であり、種々の垂直または水平面に着脱可能に搭載することができる。
(もっと読む)


柔軟性容器に特に適用される搬送スターホイル(1)は、少なくとも1つの回転式プラットフォーム(2)と、このプラットフォーム(2)上に位置し、その各々が容器握持手段を有する容器用の複数のステーション(3)と、プラットフォーム(2)を支持するためのシャフト(5)とを具備する。新しい独創的な手法で、スター(1)は、容器のすでに密封された部分を冷却するための手段を具備する。柔軟性容器を冷却するための方法は、容器を搬送するステップと同時に柔軟性容器を強制的に冷却するステップを含む。
(もっと読む)




開放端を有する容器(8)に粉末(4)を充填する方法および装置であり、粉末を収容しているホッパ(2)の出口を容器(8)の開放端上方に位置させ、ホッパを機械的に撹拌して粉末(4)をホッパから容器まで移動させると共に、容器を機械的に撹拌し、少なくとも容器に所定密度で粉末を確実に満たすに充分な所定程度で機械的に撹拌する工程を行う。 (もっと読む)


321 - 330 / 330