説明

Fターム[3E142JA01]の内容

金銭登録機・受付機 (20,005) | ネットワーク範囲 (1,790) | 店舗内ネットワーク (910)

Fターム[3E142JA01]に分類される特許

21 - 40 / 910


【課題】商品の選定をより効率的に行う。
【解決手段】実施の形態の商品データ処理装置の表示手段は、入力された画像データに基づいて物体を認識するオブジェクト認識の対象となる商品の画像を表示する。操作手段は、前記表示手段における前記商品の画像の表示エリアに対応づけて、当該商品の選択を確定するための操作領域を動的に配置可能となっている。 (もっと読む)


【課題】媒体に電子マネーを残留させることのなく、かつ、クレジットカード情報の漏洩のおそれをなくす。
【解決手段】商品購入代金を入力する店舗端末20と、店舗端末20から出力された商品購入代金が入力され、商品購入代金分のクレジット決済を要求する携帯端末10と、携帯端末からのクレジット決済の要求を受信し、クレジット決済を行い、クレジット決済金額の電子マネーの発行を電子マネーサーバに指示するクレジットサーバ40と、クレジットサーバ40からの指示に基づいて電子マネーを発行し、携帯端末10にクレジット決済金額の電子マネーを送信する電子マネーサーバ30を有し、更に、携帯端末10はクレジット決済金額の電子マネーを受信すると、これを受領後中継して店舗端末20に出力する。 (もっと読む)


【課題】商品がバンドル対象であることを顧客に知らせることができる。
【解決手段】商品販売情報処理装置10は、バンドル判定部15が、取得した購入数量に基づき、購入対象の商品に対するバンドル条件の成立状態を判定し、要件特定部16が、判定した成立状態から、バンドル条件が未成立である場合にバンドル条件が成立するために購入対象の商品に必要な要件を特定するようにした。そして、このようにして特定した要件を表示することで、顧客は、購入対象の商品がバンドル条件の対象であるか否かを知ることができる。さらに、購入対象の商品がバンドル条件の対象であり、バンドル条件が未成立である場合には、購入対象の商品がバンドル条件を成立させるための要件を知ることができる。 (もっと読む)


【課題】特定の生産地の商品が売れ残りとなることがないように商品販売をしたいという要望が存在する。
【解決手段】本実施形態の商品販売データ処理装置は、所定の情報を入力する入力部と、商品に関する商品コードと商品の生産地を示す生産地情報とを対応付けて格納する商品ファイル、生産地情報と商品購入により付与される特典情報とを対応付けて格納する特典ファイル及び顧客を識別する識別情報と特典情報とを対応付けて格納する顧客ファイルを有する記憶部から入力部で入力された商品コードと一致する前記商品ファイルの商品コードに対応付いた生産地情報を取得する第1取得部と、前記記憶部の前記特典ファイルから前記第1取得部で取得した生産地情報に対応付いた特典情報を取得する第2取得部と、この第2取得部で取得した特典情報を入力部で入力された顧客の識別情報と対応付けて前記顧客ファイルに記憶する記憶手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】ジャーナルデータのより有効な利用を可能とする。
【解決手段】実施形態の商品販売データ処理装置は、処理手段、生成手段および送信手段を含む。処理手段は、商品販売に関するデータ処理を行う。生成手段は、データ処理に関する履歴を表すジャーナルデータを生成する。送信手段は、ジャーナルデータを複数の送信宛先のそれぞれへ送信する。 (もっと読む)


【課題】POS端末における画像の表示は、予め定められたいずれか一方の表示制御方式に従って表示されているため、ユーザーがPOS端末の表示部に関する設定をその都度変更する必要があった
【解決手段】本体と、この本体に支軸部を介して設けられ、この支軸部を中心とした回動動作により、前記本体に対する第1の動作位置及び第2の動作位置のいずれかに回転移動される表示部と、前記本体に対する前記表示部の状態を検出するセンサと、前記センサにて前記本体に対する前記表示部の状態が前記第1の動作位置であることを検出した場合、前記表示部に表示される画像を第1の表示制御モードにて表示制御させ、前記センサにて前記本体に対する前記表示部の状態が前記第2の動作位置であることを検出した場合、前記表示部に表示される画像を第2の表示制御モードにて表示制御させる制御部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】実際の商品価値に見合った販売価格の設定を行うことができる。
【解決手段】商品の販売管理を行うための商品処理装置1、5において、ハイパースペクトルカメラ3によって商品を測定した測定結果である分光情報を取得する周辺機器I/F部21と、取得した前記分光情報を分析し、当該分析結果に応じて、商品の状態を表す鮮度指数を算出する鮮度判定部11と、鮮度指数に基づいて、商品の販売価格を設定する販売価格設定部23と、を備えた。 (もっと読む)


【課題】セルフチェックアウト端末は、顧客が購入商品を1点ずつバーコード読取させる必要があるため、商品登録処理に時間を要してしまう。
【解決手段】1商品毎に商品コードと商品重量と商品に付された無線タグのタグ情報を関連付けて記憶する記憶部と、前記商品に付された無線タグから当該無線タグが記憶するタグ情報を読み取る無線リーダライタと、前記記憶部から前記無線リーダライタで読み取ったタグ情報に関連付けられた商品重量を取得する取得部と、前記取得部が取得した商品重量の全てを合計する合計部と、前記商品を載置可能な載置台を有し、当該載置台に載置された商品の重量を計量する秤部と、この秤部が計量した計量値と前記合計部が合計した重量値との一致を判定する重量判定部と、前記重量判定部で前記計量値と前記重量値とが一致したと判定すると、購入商品の合計金額を出力して決済処理を実行する決済部と、を備える。 (もっと読む)


【課題】レシートの受取を希望しない客に対してレシート発行を行うと、客に渡されることなく廃棄されるため、無駄な紙の消費となる。
【解決手段】個人を識別する識別情報とレシート発行の要否を示す発行条件とを対応付けて記憶する記憶部と、前記識別情報を取得する取得部と、この取得部により取得された識別情報が前記記憶部に記憶されているかを判定する第1の判定部と、この第1の判定部で前記取得部により取得された識別情報が前記記憶部に存在すると判定した場合、この識別情報に対応付けられている前記レシート発行の要否を示す発行条件に応じてレシートを発行又は非発行とする発行制御部と、を備え、発行制御部は、第1の判定部で前記取得部により取得された識別情報が前記記憶部に存在すると判定した場合かつ、この識別情報に対応付けられている前記レシート発行の要否を示す発行条件が要の場合に、レシートを印字発行する。 (もっと読む)


【課題】電子棚札に表示される情報を使用して、当該電子棚札に対応する商品を発注する場合において、商品の誤発注を防止することが可能な技術を提供する。
【解決手段】電子棚札5は、ディスプレイ51と、当該ディスプレイ51を制御する制御部57とを備えている。制御部57は、電子棚札5に対応する商品を発注する際に使用される、当該商品を識別するための商品識別情報と、電子棚札5に対応する商品に係る、当該商品識別情報以外の商品情報とをディスプレイ51に同時に表示させる。制御部57は、電子棚札5の外部から特定の信号が入力されると、商品識別情報以外の商品情報についてはディスプレイ51に表示させ、当該商品識別情報についてはディスプレイ51に表示を消去させる。 (もっと読む)


【課題】レジ袋を辞退した客に対し購入商品を収納するレジ袋サイズとその枚数に応じて特典を付与することが可能となる。
【解決手段】スキャナにより入力された商品コードに対し商品データに基づいて取引バッファに商品体積等の商品販売データを記憶する。レジ袋の提供を辞退するレジ袋キーによるレジ袋辞退宣言を受け付けると、取引バッファに記憶されている商品体積合計Vに基づいて前記レジ袋マスターファイルからレジ袋サイズとその必要枚数を算出する。そして、レジ袋サイズとその必要枚数からポイントを算出しレシートにプリンタにより印字出力する。 (もっと読む)


【課題】店舗の営業開始前に貨幣処理装置に装填すべき釣銭準備金の適正な枚数を効率良く算定することを課題とする。
【解決手段】貨幣管理装置40は、キャッシュレジスタ20内の金種毎の貨幣の増減の推移を取引実績データ45aとして管理するとともに、金種毎の貨幣の増減の推移の最小値を求め、この最小値を取引数で除算した商に1000を乗算することで、1000人あたりの金種毎の貨幣の増減を示すCI値をそれぞれ算定し、翌営業日の予測顧客数の入力を受け付けた場合に、この予測顧客数とCI値を用いて、翌営業日の釣銭準備金の枚数を算定する。 (もっと読む)


【課題】テーブルIDを入力してセルフオーダーを行うセルフオーダーシステムにおいて、テーブルIDの誤入力を防止する。
【解決手段】店員が操作する専用端末1と、顧客が操作する顧客端末2と、管理サーバー4と、から成り、専用端末1は、テーブルの使用開始時に、テーブルIDを含む初期データを管理サーバー4に送信する初期データ送信部102を備え、顧客端末2は、オーダー時に、オーダー情報とテーブルIDを含むオーダー時データを管理サーバー4に送信するオーダー時データ送信部204を備え、管理サーバー4は、専用端末1から送信された初期データに含まれるテーブルIDを、許可対象IDとして記憶するID記憶部402と、顧客端末2から送信されたオーダー時データに含まれるテーブルIDが許可対象IDである場合、当該オーダー時データに含まれるオーダー情報を受付けるオーダー情報受付部403と、を備えた。 (もっと読む)


【課題】貨幣の詰まり等のエラーが発生した場合、エラーを解除し、POS端末装置を復帰させる作業をオペレータが行うことは難しい。
【解決手段】一実施形態によれば、貨幣入出金部との間でデータを送受信し、オペレータ入力金額及び顧客からの預り貨幣の金額の差額により貨幣入出金部へ払出しを指示する精算部と、顧客が購入する商品、商品単価及び合計金額を含む取引情報を表示し、顧客側の画面及びオペレータ側の画面を有する表示部と、このオペレータ側の画面に、販売商品売上登録データ処理端末装置自身及び貨幣入出金部の何れかにおけるエラーの発生、及びこのエラーの解除方法を表示させる制御部と、を備え、制御部は、顧客側の画面に顧客に対する待機依頼の旨あるいは他の販売商品売上登録データ処理端末装置への誘導案内を表示させることを特徴とする販売商品売上登録データ処理端末装置が提供される。 (もっと読む)


【課題】停電時に店頭販売を支援することができる携帯端末を提供する。
【解決手段】情報処理部と、商品識別情報を含むシンボル像を入力する画像入力部と、記憶部と、情報処理部と画像入力部と記憶部とに電力を供給するバッテリとを有する携帯端末において、商品識別情報に対応して少なくとも単価を含む商品情報を記憶した商品マスタを記憶部に記憶するマスタ記憶手段と、画像入力部から入力したシンボル像から商品識別情報を読み取る読み取り手段と、読み取られた商品識別情報に応じて商品マスタから単価を検索して商品販売データ処理を実行する販売処理手段と、読み取られた商品識別情報に応じて商品販売データ処理以外の業務処理を実行する業務処理手段と、業務処理を実行する業務処理モードと商品販売データ処理を実行する商品販売モードとを切り替えるモード切替手段と、販売処理手段により処理されたデータを記憶部に記憶するデータ記憶手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】客の注文の入力に誤りがあったとしても、簡単に訂正できるオーダ端末を提供する。
【解決手段】音を取り込むマイクと、あらかじめ記憶した複数の料理情報中から、前記マイクで取り込んだ音の中の音声により所定の料理情報を認識して呼び出す呼出手段と、前記呼出手段で呼び出した料理情報を記憶する注文記憶手段と、前記呼出手段で呼び出した注文情報を表示する表示手段と、前記マイクで取り込んだ音を記録する記録手段と、前記記録部で記録した音を再生する再生手段とを備えたオーダ端末とした。 (もっと読む)


【課題】ジャーナルで管理される商取引の中から所望の商取引を容易に見つけ出すことを可能とする。
【解決手段】実施形態の販売データ処理装置は、商取引の検索条件として商取引の識別情報を受け付ける検索条件受付手段と、商取引ごとに、その商取引の識別情報が付与された取引明細を記録するジャーナルデータから、受け付けた識別情報に該当する商取引を検索する検索手段と、検索した商取引の取引明細を出力する出力手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】商品の売上情報を確認する際のオペレータの操作を容易化する。
【解決手段】本実施形態の情報処理装置は、画像表示手段と、商品特定手段と、売上表示手段とを有する。画像表示手段は、撮像装置が撮像した商品売場の画像を表示部に表示する。商品特定手段は、前記画像表示手段により前記表示部に表示された商品売場の画像上で指定された範囲に含まれる画像から商品を特定する。売上表示手段は、前記商品特定手段で特定された商品の売り上げに関する売上情報を前記表示部に表示する。 (もっと読む)


【課題】施設内での商品の購入に係る利便性を向上させることが可能な販売管理システム及びプログラムを提供する。
【解決手段】施設内で小売される商品の販売管路を行う販売管理システムであって、前記施設の利用を許可された各利用者の顔画像と、前記施設を利用する上での前記各利用者の識別情報とを関連付けて記憶する記憶手段と、前記商品を購入する利用者の顔画像を撮像する第1撮像手段と、前記第1撮像手段が撮像した顔画像と、前記記憶手段に記憶された顔画像とを照合し、前記第1撮像手段で顔画像が撮像された利用者の識別情報を前記記憶手段から特定する利用者特定手段と、前記利用者特定手段が特定した識別情報と関連付けて、購入の対象となった商品の販売に関する販売情報を前記記憶手段に記憶させる販売情報登録手段と、前記識別情報に関連付けて記憶された前記販売情報に基づいて、当該販売情報に係る商品の決済を行う決済手段と、を有する。 (もっと読む)



21 - 40 / 910