説明

Fターム[3F024CA05]の内容

ベルトコンベア(ベルト) (2,097) | 全体構成 (430) | 凹状・管状のベルト (20)

Fターム[3F024CA05]に分類される特許

1 - 20 / 20


【課題】円筒形状への変形を繰り返した際のパイプコンベアベルトの幅方向の剛性の低下を抑制することができ、且つ、ゴムとの接着性が良好なパイプコンベアベルト用補強コードを提供する。また、正常な円筒形状をより長期間に亘って維持可能であり、且つ、耐久性が高いパイプコンベアベルトを提供する。
【解決手段】有機繊維コードと、有機繊維コードの表面にエポキシ化合物を付着させて形成したエポキシ化合物層と、エポキシ化合物層を形成した有機繊維コードの表面にRFL樹脂を付着させて形成したRFL樹脂層とを備え、スティフネスが40mN以上100mN以下であることを特徴とするパイプコンベアベルト用補強コードである。また、その補強コードをゴム被覆してなる補強層を備えるパイプコンベアベルトである。 (もっと読む)


【課題】低コストで広幅に形成すること。
【解決手段】ベルト長手方向に延在する本体ゴム21と、ベルト長手方向に延在するとともにベルト幅方向に複数配置され、本体ゴム21内に埋設された抗張体22と、ベルト長手方向に延在し、本体ゴム21内において、抗張体22と該本体ゴム21の表裏面との間に位置する各部分のうち、少なくとも一方に埋設された補強層23と、を備え、補強層23は、ベルト長手方向に延在する帆布部材24がベルト幅方向に複数連設されてなり、これらの帆布部材24のうち、ベルト幅方向に隣り合う帆布部材24の側端部24a同士は、互いに接続されて帆布ジョイント部25を構成し、該帆布ジョイント部25は、本体ゴム21のうち、両側端部よりもベルト幅方向の内側に位置するとともにベルト幅方向の中央を含む中間部21cに配設されているコンベヤベルト2を提供する。 (もっと読む)


【課題】芯体補強層に隣接して広幅に軟らかいゴムが配置されているため、ベルトの耐久性、搬送物輸送機能を考慮すると好ましくない。
【解決手段】ベルト幅方向端部に配置された耳ゴム部のベルト幅方向内側に埋設された芯体補強層を有するコンベヤベルトにおいて、芯体補強層13を、ベルト幅方向中央部に配置したスチールコード14と、スチールコード14のベルト幅方向端部の少なくとも一方に配置した、スチールコード14の弾性率よりも低い弾性率を有する低弾性率コード15により構成した。低弾性率コード15は、有機繊維コード或いは高伸度スチールコードである。 (もっと読む)


【課題】軽量化を図りつつ耐用期間を延ばすことができるコンベヤベルトを提供する。
【解決手段】搬送物Tの投下、積載、搬送の繰り返しによって、摩耗が相対的に激しくなるベルト中央領域Cの上カバーゴム3の厚さtcを、両端領域Sの上カバーゴム3の厚さtsよりも大きくして、許容できる最大摩耗状態に至るまでの時間を長くしつつ、両端領域Sで上カバーゴム3のボリュームを低減する。 (もっと読む)


【課題】コンベヤベルト用ゴムに要求される硬さ(Hs)、モジュラス(M100,M300)、破断強度(T)および切断時伸び(E)を担保しながら、損失係数tanδを大きくすることができるコンベヤベルト用ゴム組成物を提供する。
【解決手段】ジエン系ゴム(a)と、ポリ乳酸系樹脂(b)とを含有するコンベヤベルト用ゴム組成物であって、前記ジエン系ゴム(a)100質量部に対して、前記ポリ乳酸系樹脂(b)2〜12質量部を含有するコンベヤベルト用ゴム組成物。 (もっと読む)


【課題】コンベヤベルトが走行中に上下に大きくうねった場合でも、回転不良が発生したガイドローラの位置を特定する。
【解決手段】コンベヤベルト10の下面10bに、ガイドローラ33との接触により剪断変形する下面側のゴム部材12の変形の大きさを検出する歪みセンサー16a〜16cを取付けてガイドローラ33の回転不良を検出するとともに、金属から成るガイドローラ33を非接触にて検出する金属検出センサー17a〜17cを取り付けて、コンベヤベルト10がガイドローラ33上を通過したか否かを検出し、かつ、通過したガイドローラ33に番号付けを行うようにした。 (もっと読む)


本発明は、補強プライ(41、42)を移送する移送装置であって、補強プライが平行四辺形の全体形状を有すると共に補強プライの長手方向と90°未満の所与の角度bをなす強磁性の補強細線を含み、移送装置が所与の距離lにわたって垂直方向に隣接すると共に僅かな値の所与の距離lだけ互いに離隔した少なくとも2本の移送ベルト(1、2)を有し、移送ベルトの各々が台形の形をした磁化領域(13、23)を有し、磁化領域の底辺部が移送ベルトの長手方向に平行であり且つ補強プライを移送ベルトの可動面に押し付けるようになっていることを特徴とする移送装置に関する。
(もっと読む)


【課題】走行抵抗の低減と直進性の向上とを両立することを可能にしたコンベヤベルトを提供する。
【解決手段】コンベヤベルト1の内周側カバーゴム3の10Hz、動歪み2%、20℃における損失係数tanδを規定し、中央部3aについては、tanδを0.07以下にしてキャリアローラ8aを乗り越える際のゴム変形を小さくして、走行抵抗を低減させ、両端部3bでは、中央部3aよりもtanδを大きくして、キャリアローラ8bを乗り越える際の走行抵抗を必要以上に小さくしないようにすることで、キャリアローラ8bによって、両端部3bを進行方向中心に向かって押圧する際の力が大幅に低減することを防止する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、走行抵抗のうち高い割合を占めるキャリアローラの乗り越え抵抗を抑えることで走行抵抗を低減し、省エネ化を図ることができるスチールコードコンベヤベルトを提供する。
【解決手段】ベルト強力Kn(N/mm)とスチールコードの公称コード径から求められる断面積A(mm2)とを、90≦Kn/A≦150の関係を満たすようにし、下面カバーゴム1bは損失係数0.08以下の低損失係数ゴムを用いて形成し、下面カバーゴム1bに補強布3を埋設する。 (もっと読む)


【課題】低所から高所に向かう揚搬部分における搬送物の落鉱を低減し得る二枚ベルト式急傾斜ベルトコンベヤを提供する。
【解決手段】低所から高所に向かう揚搬部分の本体ベルト12の延設方向において、本体側ローラ20a,20bとシール側ローラ22a,22とを異なる位置に設け、本体ベルト12に直角の方向における本体側ローラ20a,20bとシール側ローラ22a,22との間の距離をL、本体ベルト12の厚さをt1、シールベルト18の厚さをt2、波桟16の高さをh、係数をαとした場合の下記の式、 L=α(t1+h+t2)において、係数αを0.8≦α<1の範囲とする。 (もっと読む)


【課題】コンベヤベルトの幅方向の両端部が互いに近づく方向に変形しやすく、かつ、製造容易で安価なコンベヤベルトを提供する。
【解決手段】本発明のコンベヤベルト1は、フラット形状から幅方向の両端部が互いに近づくことによる円筒形状への変形及びその反対の変形を繰り返しながら循環移動するパイプコンベヤ用のコンベヤベルトにおいて、ゴム2を主材として形成されるコンベヤベルト1の内側に、コンベヤベルト1のベルト面に沿って積層状態に配置された複数の非ゴム層5を備え、非ゴム層5のうちのある非ゴム層(収縮帆布9)がその他の非ゴム層(芯体帆布8)よりも収縮性の大きい層に形成されたことによって、コンベヤベルト1の幅方向の両端部11;11が互いに近づく方向に変形されたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 ゴムベルトの剛性を向上させることができるとともに、クラックの発生を抑制することができるゴムベルト、このゴムベルトを成型するベルト加硫装置、及び、ゴムベルトを製造するベルト製造方法を提供する。
【解決手段】 本発明は、加硫前の状態である生ゴム部材を載置する載置凹部を有する固定側金型と、該載置凹部に載置された生ゴム部材を固定側金型へ向かって圧縮する圧縮凹部を有する移動側金型とを備えるベルト加硫装置を用いて製造されるゴムベルトであって、固定側金型と移動側金型とが合わさった際に接触する金型割位置がベルト厚さ方向の中央に配置されるベルト加硫装置で加硫されることによって、ベルト厚さ方向における中央に芯体帆布9a(補強部材)が設けられることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡易な装置で、ベルトの寄りを矯正もしくは防止し、ベルトの走行安定性を向上させた搬送装置、プロセスカートリッジ、画像形成装置及び画像形成方法を提供する。
【解決手段】ベルト8と、ベルトを駆動する搬送装置とを備えた搬送装置において、ベルト8の幅方向の異なる箇所に駆動力を付与する搬送装置で、具体的には、粉体を搬送するための複数の仕切り壁を有するベルト8と、ベルト8を駆動するための駆動手段と、を有する搬送装置において、ベルトの両端に溝21を設け、溝21に対して複数個所にて駆動力を付与する搬送装置、プロセスカートリッジ1、画像形成装置100及び画像形成方法である。 (もっと読む)


【課題】強度、曲げ剛性の補強効果に優れ、必要な補強帆布のプライ数を低減することにより、パイプコンベアベルトの軽量、薄肉化を図った上で耐久性に優れたパイプコンベアベルトを提供し得る補強帆布と、この補強帆布を用いたパイプコンベアベルトを提供する。
【解決手段】ポリケトン繊維、又はポリケトン繊維と他の繊維とで構成されるパイプコンベアベルト用補強帆布。この補強帆布を備えるパイプコンベアベルト。ポリケトン繊維は高強度で曲げ剛性が高く、またゴムとの接着性にも優れる。このため、パイプコンベアベルトの要求性能を満たすために必要とされる補強帆布のプライ数を低減してパイプコンベアベルトの薄肉、軽量化を図った上で、良好な円筒形状を長期に亘り維持し得る耐久性に優れたパイプコンベアベルトを実現することができる。 (もっと読む)


【課題】 コンベヤベルトの始端部から終端部まで起立部分を保持でき、搬送に関与しない無駄なスペースがなく、荷こぼれや運搬物の側方に対するベルトの送り作用がなくなるという問題がない搬送コンベヤを提供する。
【解決手段】 無端帯状のベルト1の幅方向の縁部付近を、走行方向の全域に亘り一様に起立させており、無端帯状ベルトの少なくとも起立時に折曲げられる部分2を伸縮自在な材質、形状とし、走行方向の終端部におけるベルトの折返し部分をほぼ同一線上に位置させており、ベルトの水平直線部分および水平直線部分の縁部付近の起立直線部分の幅方向両端付近にそれぞれ対をなして配置した側板8、8を連結して水平直線部分枠体および両側の起立直線部分枠体を構成し、枠体を所定の角度で一体に繋ぎ合わせてコンベヤフレーム7とした。 (もっと読む)


【課題】 過酷な環境下におかれても、ビードが無端ベルト本体から容易に剥離せず、安定した走行が得られる電子写真装置用の無端ベルトを提供する。
【解決手段】 無端ベルト本体2にビード3を接合している剪断接着強度をH(N/m)とするとき、ビード3は、その引張弾性率Y(Pa)、ビード3単体を70℃、90%RHの環境で72時間熱エージングしたときのビード3の長手方向の寸法変化率の絶対値をF(%)、ビード3の短手方向の断面積をS(m)とした場合のH、Y、F、Sの関係が1800≦H/(Y×F×S)である構成とする。 (もっと読む)


【課題】 収納部から小袋を旧い小袋を残すこと無く搬出でき、効率的に小袋の方向整列・重なり除去をし、確実に小袋を分離して包装体内に投入できる小袋投入装置を提供する。
【解決手段】 小袋供給手段20は、収納部10の上部に位置する小袋12を押圧部材16によって横方向に押すことによって該小袋12を搬送路18に供給し、小袋整列手段26を経路方向に沿って進退動作させて、前記搬送路18を経由して、小袋12の長さ方向寸法12Lよりも狭くかつ小袋12の幅方向寸法12Wよりも広い間隔22Wの経路24上に置かれた小袋12を整列させながらその経路出口24O側方向に向けて移動させて、経路出口24Oから整列して出た小袋12を搬送方向に個々に分離させ、当該小袋12を一つずつ投入シュート手段30に搬送し、投入シュート手段30は該小袋12を前記包装体14内に一つずつ投入する。 (もっと読む)


【課題】ベルトコンベアにおいて下り坂になったり又は濡れた環境であっても、リブつき搬送面にそって被搬送物がすべらないようにする。
【解決手段】立ち上がっている複数のリブをもつ複数のモジュールから構成され、これらリブの各々は、長方形になっているリブの基部の上部にギザギザになっている畝部構造の形状になっているモジュラーコンベヤベルト。一連のリブは、前記モジュールの上面において横方向に間隔をおいている。また横方向に並んでいる複数のリブの間の長くなっているスロットにより搬送プレートのフィンガーがはいりこむようになって、前記ベルトに沿って品物を円滑に搬送し、排出するようになっている。ギザギザになったリブの構造としては、複数の歯が並んでいるもの、切頭ピラミッド形状のもの又は円錐形のもの、コルゲート構造のもの及び波形ビードのものが含まれていて、これらの上で品物が支持され、湿った状況下にあってもほとんど滑らないようになっている。 (もっと読む)


複数の並置された実質上平行な無端コンベヤベルト(27)を備え、特に魚類または小エビのような物体をその寸法で選別する選別装置であって、近接コンベヤベルトを分離する幅(9)がベルトの投入端(28)におけるよりも排出端(29)における方が大きく、かつ、分類チャネルを規定しており、チャネル幅が物品の幅に対応したときに物品がこのチャネルを通って落下し、各近接する対をなすベルト間において、各コンベヤベルトが約70〜85°の範囲の角度にある各々実質上連続傾斜側面(2)を伴うV字状谷を形成するような傾斜断面を伴う複数のヒンジ連結されたセグメントを備える。 (もっと読む)


【課題】 ベルトを内向きに撓み易くして両側端部よりの空気の流出量を増大させ、ベルト全体を効果的に浮上させることにより、その走行抵抗を小さくする。
【解決手段】 無端ベルト6の下面に、ベルト6の長さ方向を向く複数の凹条22を、ベルト6の幅方向に間隔を設けて形成する。 (もっと読む)


1 - 20 / 20