説明

Fターム[3F024CA06]の内容

ベルトコンベア(ベルト) (2,097) | 全体構成 (430) | ひも・バンド状のベルト (15)

Fターム[3F024CA06]に分類される特許

1 - 15 / 15


【課題】錠剤などのワークを搬送しながら効果的に撮影する。
【解決手段】2つのベルト60,62を対向させ、その対向側面側に凸条Bをそれぞれ形成する。そして、この凸条B上にワークを支持する。これによって、ワークを撮影しやすい状態で確実に搬送することができる。 (もっと読む)


【解決手段】 コンベヤーベルトまたは動力伝達ベルトとして使用されるリンクベルトが提供されている。前記ベルトは、一連の連続して重複する関係を形成する複数のリンクで形成されている。各ベルトリンクの上面は導電層を含む。また、各ベルトリンクの下面も導電層を有することができる。前記導電層は前記ベルトに沿って電気経路を提供し、使用中、前記ベルトが駆動している時に静電気の蓄積を防げる。
(もっと読む)


【課題】ゴム磁石付きコンベヤベルトにおけるゴム磁石とゴムベルトとの界面での剥離やゴム磁石のゴム物性の低下を抑制する。
【解決手段】本発明によるコンベヤベルトの製造方法は、ベルトモニタリング用の被検出体としてのゴム磁石3が埋め込まれたコンベヤベルトの製造方法において、磁性粉を混入したゴムを未加硫状態で着磁してゴム磁石7を形成し、この未加硫のゴム磁石7をゴムベルト40に埋め込んで未加硫のゴム磁石7とゴムベルト40とを一緒に加硫したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ベルト本体にクッション体を精度良く貼り合わせて、搬送物の狭持力が低下することを抑制する。
【解決手段】エンドレスに延びてベルト内側の表面がプーリに接するベルト本体3と、ベルト本体3におけるベルト外側の表面に貼り合わせられたクッション体5とを備え、複数のプーリからなる2組のプーリ群にそれぞれ巻き掛けられることにより、互いに対向するクッション体5によって搬送物を狭持して搬送するように構成された搬送用ベルト1,2において、ベルト本体3及びクッション体5の一方に、他方側に突出する突出部21を形成すると共に、他方に突出部21に嵌合する凹部22を形成するようにした。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、搬送物の重さあるいは大きさに係わらず搬送物の側面にラベル片を貼付することができる搬送物の搬送装置を提供することを課題とする。
【解決手段】
搬送物7を搬送するローラ2と、このローラ2を駆動させるステッピングモータと、を備えた搬送装置1において、この搬送装置1の側方に設けられ前記搬送物7の搬送方向に対して直行する方向にラベル片41を貼付するラベル貼付機10と、を備え、前記ローラ2は、前記搬送物7の滑りを抑制する滑止部材6を設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】錠剤などのワークを搬送しながら効果的に撮影し、ワークの外観を検査する外観検査装置を提供する。
【解決手段】走行する2つのベルト60,62を対向させ、その対向側面側に上方に突出する凸条Bをそれぞれ形成する。そして、この凸条B上にワークを支持し、ベルト60,62間から空気を吸引することによって、ワークを、凸条B上に吸い付けながら搬送する。これによって、ワークを撮影しやすい状態で確実に搬送することができる。 (もっと読む)


【課題】薄切片を液面に浮かべた際に気泡が混入するおそれが少なく、また、仮に気泡が混入した場合であっても、これらの気泡を速やかに除去する。
【解決手段】包埋ブロックBを薄切して作製された薄切片Sを、搬送方向Xに延びる縦糸28及び縦糸に対して直交する方向に延びる横糸を有する搬送ベルト23の上面に載置して液槽9まで搬送する。搬送ベルトの薄切片を載置する箇所23aは、縦糸のみから構成されている。 (もっと読む)


本発明は、製造設備内で半導体コンテナ(2)を輸送するためのコンベア(100)を含む。一実施形態では、コンベアは、複数の独立制御のコンベア領域(Z)を含む。各コンベア領域は、第1のベルト(110)、第2のベルト(112)、第1のベルト及び第2のベルトを略同一速度で回転させる駆動組立体(138)を含む。第1のベルト及び第2のベルトは、略同一速度で駆動され、コンベアに沿ってコンテナが移動するときに、コンテナの底プレートを移動可能に支持する。他の実施形態では、コンベアは、とりわけコンテナの位置を決定するセンサ(200)を含む。
(もっと読む)


【課題】 ベルトコンベヤに使用される物体の搬送用ベルトにおいて、簡素な構成であってベルト本体部に支持体を容易に設置することができると共に、使用時に前記支持体が前記ベルト本体部から、はずれにくい物体の搬送用ベルトおよびこのベルトを用いたベルトコンベヤを提供する。
【解決手段】 ベルトコンベヤ1に使用される、物体の搬送用ベルト7において、ベルト本体部10と、前記ベルト本体部10のうちの厚くなっている部位15に立設されている複数の支持体11とを有する。 (もっと読む)


【課題】電子部品搭載用の基板搬送装置において、従来の基板搬送装置のように、基板側面が基板ガイドと摺接することをなくし、基板搬送時に基板が基板ガイドに引っ掛かったり、基板が基板ガイドと基板搬送用のベルトとの間に入り込むことを防止し、基板を正常に部品搭載位置に搬送可能な基板搬送装置を提供すること。
【解決手段】基板搬送装置の基板搬送用の無端ベルトにおいて、無端ベルトの基板搬送面上に基板の側部を案内する凸部を形成した。 (もっと読む)


【課題】 搬送物のひっかかりをよくし、より確実に搬送物をすくいあげることが可能であり、また搬送安定性を確保し落下を防ぐことができる搬送ベルトを提供する。
【解決手段】 ベルト2の背面に突設した支持突部1に、支持突部1を突起体4の基部分の接合部で挟んだ状態で、突起体4をベルトの背面に起立させて設けた突起付きベルトであって、突起体4は、そのベルト走行方向前面に凹凸部10aと平面部10bで構成される搬送面10を有している。凹凸部は櫛歯状であり、突起体4起立方向(ベルト背面垂直方向)に延びる凸体3を所定間隔で配設することにより形成されている。 (もっと読む)


【課題】突起体を支持突部に強固に固設した突起付きベルト及びその製造方法を提供する。
【解決手段】ベルト2の背面に突設した支持突部1に、支持突部1の両面を突起体4の基部の一対の接合部で挟んだ状態で、突起体4をベルトの背面に起立させて設けた突起付きベルトであって、支持突部1に設けた貫通孔6に充填される貫通連結部7で一対の接合部5を連結すると共に、該支持突部1の上面又は側面の少なくとも一部、又は上面及び側面の少なくとも一部には溝が設けられており、該溝を充填することで、突起体の回動防止部とした突起付きベルトである。 (もっと読む)


【課題】 少なくとも底部断面が円弧状の溝部を有するプーリと組み合わされるループ状の搬送ベルトにおいて、高い走行安定性および搬送能力を有する搬送ベルトを提供することである。
【解決手段】 少なくとも底部断面が円弧状の溝部を有するプーリ10と組み合わされるループ状の搬送ベルトであって、下部2は前記溝部に収容されるように断面が円弧状で構成され、上部3はその表面が平面で構成され、かつ下部から上部までの高さh1は、前記プーリ溝部の深さh2よりも高いことを特徴とする搬送ベルト1である。前記平面の上部両側端からフランジ部が延設され、かつこのフランジ部が前記プーリ溝部上端より上方に位置しているのがよい。 (もっと読む)


【課題】 連続的なベルトの回転、搬送を確保しつつ、ベルトをガイド部材から容易に、取り外せ、かつ挿入可能にする。
【解決手段】 上ガイド3と下ガイド4とは、ベルト2の上下にあって、ベルト2の振れを防ぐ。ベルト2と上ガイド3とは、搬送方向に連続するベルト溝2aとベルト溝2aに嵌合する上ガイド突部3aとによりベルトの横振れを防止する。そして、下ガイド4のベルト側の面に、ベルト溝2aより大きい幅の窪みを有し、搬送方向に連続した挿抜溝4aを設けることにより、外部からの幅方向の作用により、上ガイド3と下ガイド4の間に、挿抜溝4aをガイドとして、ベルト2の挿入と抜き取りとを可能にした。 (もっと読む)


【課題】 短時間で安定した搬送を行なうことが可能な搬送装置を提供すること。
【解決手段】 無端状体をループ状に回転させることにより被搬送物を搬送する無端状体手段と、上記無端状体手段の無端状体に所定ピッチで設けられ上記被搬送物を無端状体から浮上させた状態で無端状体上に載置させる被搬送物浮上用凸部と、上記無端状体手段に対して離間・配置され上記複数個の被搬送物浮上用凸部の間に保持爪体を差し込んで被搬送物を保持して任意の場所に搬送する被搬送物搬送ユニットと、を具備したもの。 (もっと読む)


1 - 15 / 15