説明

Fターム[3F307AA00]の内容

エレベーターの扉装置 (4,371) | 扉の種類 (591)

Fターム[3F307AA00]の下位に属するFターム

引き戸 (576)
開き戸(スィング形) (11)
伸縮形戸
可撓形戸 (1)
カゴ扉なし

Fターム[3F307AA00]に分類される特許

1 - 3 / 3


【課題】乗車動作検出手段を最小の設置台数で構成することのできるエレベーター装置の提供。
【解決手段】かごが目的階床に停止したとき、かご戸、及び乗場戸の開扉の後、かご内から乗場に降車する乗客、及び乗場からかご内に乗車する待客の乗降の状態を検出し、かご戸、及び乗場戸の開閉制御に反映させるエレベーター装置において、かご内の乗客の位置を検出し継続的に追跡する降車動作検出手段、及び乗場の待客の位置を検出し継続的に追跡する乗車動作検出手段のそれぞれをかご内に設置したものである。 (もっと読む)


【課題】2方向出入ロエレベーターにおいて、かご内が満員などの状況で運転盤操作者が背面側ドアの乗降を確認できない状態でも、より少ない構成部品でテレビモニターが映す映像の出入口方向が直感的にわかり視認性のよい内監視装置を備えたエレベーター乗りかごの監視装置を提供することにある.
【解決手段】2方向出入ロエレベーターにおいて両方の出入口が映るように天井に設置するテレビカメラ6と正面側出入口の近傍に設置した運転盤3aの上部に正面側出入口が上に映るように取り付けられたテレビモニター4aと、前述の出入口と相反する方向に設けた背面側出入口の近傍に設置した運転盤3bの上部に前述のテレビモニター4aと上下を反対に取り付け背面側出入口が上に映るようにテレビモニター4bを取り付ける構成としたものである。 (もっと読む)


【課題】 戸袋部を形成する必要がなく、したがって開閉方向の幅をコンパクトに形成することが可能なエレベータ装置を提供する。
【解決手段】 建物躯体1の昇降路2中に昇降自在に内装してあるエレベータ籠3の側壁に出入口4を設けるとともに該出入口4に内扉5を開閉自在に装着し、建物躯体1の各階に上記エレベータ籠3の出入口4に対応する乗降口6を設けるとともに該乗降口6に外扉7を開閉自在に装着して成るエレベータ装置において、上記の内扉5及び外扉7を折畳自在な折戸8を用いて形成し、折畳み時の内扉5と外扉7とが出入方向Aに並設されるように設けるとともに、内扉5と外扉7の折戸8の折畳み時の突出方向を互いに離れる方向に設ける。 (もっと読む)


1 - 3 / 3