説明

Fターム[3F321AA00]の内容

エスカレータ、移動歩道 (7,787) | 特定目的 (1,391)

Fターム[3F321AA00]の下位に属するFターム

Fターム[3F321AA00]に分類される特許

1 - 17 / 17


【課題】移動手摺をより好適に利用させることを可能とするエスカレータを提供することである。
【解決手段】エスカレータ10は、移動手摺20と、移動手摺20の内部に埋め込まれているテンションバンドと、移動手摺20の外部に設けられ、テンションバンドに流れる渦電流を発生させる渦電流発生装置50と、移動手摺20の表面温度Tが第1の温度よりも低いときに渦電流発生装置50を作動させ、移動手摺20の表面温度Tが第2の温度よりも高いときに渦電流発生装置50の作動を停止させる制御盤70を備える。 (もっと読む)


【課題】デッキ内にデッキ固定用のボルトやカラー、コロ等が配されていても、移動手摺の全長にわたって加温することができ、熱伝達効率の優れた移動手摺の凍結防止機能を備えた乗客コンベアを提供する。
【解決手段】乗客コンベアは、利用者を乗せ無端状に連結して走行する踏段と同期して走行する移動手摺1を備えた乗客コンベアにおいて、移動手摺1と接触する案内レール3内部に熱源10を組み込み、当該熱源10により移動手摺1を暖めることにより、移動手摺1の凍結を防止する移動手摺の凍結防止機能を備えた。 (もっと読む)


【課題】意匠性を損なわずに、耐震性の向上を図ることのできる乗客コンベアの提供。
【解決手段】上階建屋11と下階建屋間に、掛り代を備えた受け梁2aを介して設置された枠体2と、この枠体2の長手方向両端部に設けた乗降床と、これらの乗降床間を無端状に連結されて循環回動する踏段チェーンおよび踏段と、乗降床下近傍で踏段チェーンが巻き掛けられる主スプロケットおよび従スプロケットと、枠体に軸受け部を介して取り付けられるとともに、主スプロケットが固定される駆動軸と、この駆動軸を駆動スプロケットを介して駆動する駆動機Mとを備えた乗客コンベアにおいて、上階建屋側に位置する枠体2に、この枠体2の短手方向に突出する突出部21、45を設け、この突出部に対向する上階建屋側に、受け梁の掛り代より小さい隙間を有して突出部21,45と係合する阻止体9を設けたものである。 (もっと読む)


【課題】人間用搬送機器の搬送路にユーザーが乗った際のユーザーの位置を正しく求めるための新たな手法を提案すること。
【解決手段】位置算出システム1において、ナビゲーション装置2は、動く歩道の乗り口位置に設置された乗り口発信器3からの発信信号を受信することで、ユーザーが動く歩道に乗ったことを検出する。そして、乗り口発信器3から受信した動く歩道の搬送速度を積分し、歩行検出処理によってユーザーの一歩が検出されない場合には搬送速度を積分して得られる歩道の移動距離を用いて、ユーザーの一歩が検出された場合は搬送速度を積分して得られる歩道の移動距離及びユーザーの一歩の歩幅を用いて、動く歩道の搬送路上におけるユーザーの移動距離を算出する。 (もっと読む)


【課題】機械室内の温度上昇の低減を図ることができる乗客コンベアを提供する。
【解決手段】エスカレータ10のトラス12の端部内に配された機械室14と、機械室14に配されたモータ18と、モータ18をインバータ制御する制御装置40と、機械室14と、隣接する空間を仕切る仕切り板36とを有し、制御装置40における放熱部42が、仕切り板36によって隔てられた中間トラス30側に配されている。 (もっと読む)


【課題】踏段ガイドレールの高精度な曲げ加工を必要とせず、また、チェーンの張力に関わらず踏段の水平速度を一定に維持する乗客コンベアの踏段速度脈動抑制機構を提供する。
【解決手段】スプロケットと、上記スプロケットに噛み合って駆動される複数のローラおよび上記ローラを無端状に連結する複数のリンクを有するチェーンと、を備える乗客コンベアの脈動速度抑制機構において、上記チェーンが上記スプロケットより反転される手前で上記チェーンを水平に案内する踏段ガイドレールと、上記スプロケットと噛み合って牽引される上記ローラに後続する上記ローラが上記踏段ガイドレールに案内されて移動する速度が脈動しないように、上記牽引されるローラを案内して回転半径を変動する脈動抑制固定レールと、有する。 (もっと読む)


【課題】利用者の滞留に事前に対処して、日常的に発生する滞留状況を緩和することができるマンコンベアの制御装置を提供する。
【解決手段】マンコンベアの乗降口近傍に設けられ、乗降口での利用者の滞留状態を検出する滞留検出装置と、マンコンベアの運転速度を、予め区切られた複数の時間帯毎に記憶した記憶装置と、滞留検出装置が複数の時間帯毎に検出した利用者の滞留状態に基づいて、記憶装置に記憶されたマンコンベアの運転速度を、複数の時間帯毎に変更する速度変更手段とを備えた。 (もっと読む)


【課題】降り口における一対の欄干間の間隔を口開き状とし、仮に降り口の床板に乗り移った乗客の歩く速度が遅い場合でも、降り口まで搬送されてきた後続の乗客がその乗客を避けて歩けるスペースが確保され、降り口における混雑を解消できる乗客コンベアを得る。
【解決手段】欄干20は、上部水平部Aおよび中間傾斜部Cの領域では、欄干20間の距離を一定として互いに平行に延設されており、上部乗降口14の領域では、欄干20間の距離が上部水平部Aから湾曲部30を経て移動手摺り26の移動方向のエスカレータの外方に、すなわち下部乗降口から離反する方向に向かって徐々に広がる口開き状に延設されている。 (もっと読む)


【課題】マンコンベアで使用される移動手摺を簡単に且つ短時間で温めることができ、外気温の低下によって移動手摺が硬化しても、マンコンベアの通常走行を早期に再開することができるようにする。
【解決手段】マンコンベアの移動手摺の往路側及び帰路側を案内する往路側レール9及び帰路側レール10の各案内部15に、その長手に沿って電熱線16を設ける。そして、上記各電熱線16の両端部間に、加温制御装置14によってそれぞれ電圧を印加することにより、移動手摺の往路側及び帰路側を温めるための熱を電熱線16から発生させる。 (もっと読む)


【課題】災害時に、建築物内の人を効率的に避難させることができる乗客コンベアの制御装置を提供する。
【解決手段】各階間に乗客コンベア2を配置した建築物1の災害発生位置を検知する災害発生位置検知部7と、建築物1の避難口4の位置と災害発生位置とに基づいて、災害発生位置を避けるように乗客コンベア2を経由して、建築物1の各位置から避難口までの避難経路を検索する避難経路検索部8と、避難経路の進行方向に沿うように、各階間の乗客コンベア2を連動して運転する運転制御部9とを備える構成とした。 (もっと読む)


【課題】エスカレータ制御盤に供給されるAC100Vの電力線を利用した電力線搬送通信において、十分なS/Nを確保して安定した通信を行なう。
【解決手段】エスカレータ10の運転制御を行なうエスカレータ制御盤14と、このエスカレータ制御盤内に設けられ、供給されるAC200Vを電源としてエスカレータのモータ34を駆動するインバータ32と、エスカレータ制御盤内に電源として供給されるAC100V電力線20に接続され、この電力線を通信路としてエスカレータを遠隔管理する管理センタ38と通信する通信装置36とを備えて構成され、エスカレータ制御盤内のAC200V電力線のインバータが接続された位置より電源上流側にインバータから発生するノイズを抑制するノイズフィルタ72を設け、かつエスカレータ制御盤内のAC100V電力線の通信装置が接続された位置より電源下流側にローパスフィルタ74を設ける。 (もっと読む)


【課題】速度切換え式乗客コンベアの設置を要することなく、利用者の動線上での滞留を防止することのできる乗客コンベア装置の提供。
【解決手段】同一方向に運転される複数の乗客コンベア(1A〜1C)を建造物に設置し、所定位置から他の所定位置に向けて利用者が1つの動線を描くようにした乗客コンベア装置において、進行方向手前の少なくとも1つの乗客コンベアの踏段幅を、後続の乗客コンベアの踏段幅より小さく設定する。例えば、エスカレーター1Aは踏段幅Wa、エスカレーター1Bは踏段幅Wb、エスカレーター1Cは踏段幅Wcとし、踏段幅Wa、Wb、WcをWa<Wb<Wcという関係に設定する。これによって、手前の乗客コンベアより後続の乗客コンベアの搬送量を大きくし、利用者の動線上での滞留を防止するようにした。 (もっと読む)


【課題】コンベア装置のチェーンの水平走行速度の脈動を抑制する。
【解決手段】スプロケットに噛み合って駆動されるチェーンを備えたコンベア装置において、チェーンのピンを案内してチェーンの速度変動を抑制するガイドを備え、ガイドは、ピンを、或るリンクの第1のピンの中心から第2のピンの中心までの長さを半径として描いた円弧と、スプロケットの中心とスプロケットの或る溝の中心の位置とを結ぶ径方向直線との交点の軌跡に沿って案内し、もってチェーンの脈動を抑制するものである。
【効果】チェーンを用いたコンベア装置の脈動が抑制できる。 (もっと読む)


【課題】簡素な構成で、踏段に備わるローラや案内レールの異常を検出でき、さらに振動、騒音を抑制可能な自己発電型点検装置、点検方法、及びエスカレータシステムを提供する。
【解決手段】ローラ120cに非接触にて電力を発生する給電及び信号発生部130を備え、さらに上記給電及び信号発生部が送出する交流電圧波形信号に基づいてエスカレータの診断を行う診断処理部140を備えたことで、従来に比べ簡素な構成で、踏段に備わるローラや案内レールの異常を検出することができる。 (もっと読む)


【課題】建築物に対する耐震性を向上し得る建築物耐震用の乗客コンベア装置を提供する。
【解決手段】乗客コンベアの枠体5の上端部を建築物4に設けた強度部材3に連結手段16を介して固定すると共に、枠体5の下端部を地盤2に固定手段を介して固定した。 上記構成とすることで、建築物4の地震時の揺れを乗客コンベア1が損傷されるまで抑制することができ、その結果、建築物4の耐震性を向上し得る建築物耐震用の乗客コンベア装置を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】建築物に対する耐震性を向上し得る建築物耐震用の乗客コンベア装置を提供する。
【解決手段】乗客コンベアの枠体5の上部を建築物4に設けた強度部材3に連結手段16を介して固定した。 乗客コンベアの枠体の上部を建築物に固定することで、建築物4の地震時の揺れを乗客コンベアが損傷されるまで抑制することができ、その結果、建築物4の耐震性を向上し得る建築物耐震用の乗客コンベア装置を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】 車いす利用者25の待ち時間を短くし、延いては一般利用者26の利用不可時間を短縮することができる車いす用エスカレータを提供することを目的とする。
【解決手段】 一般利用者26を搬送する通常運転から車いす運転に切り替えられると、車いす利用者25が待機する一方の乗場1dに対する側の他方の乗場1u部分まで車いす用踏段7が巡回すると、一般利用者26の乗込みを阻止し、更に他方の乗場1u部分から一方の乗場1d部分まで略半周分巡回させることによって乗込みを阻止した時点で踏段6上に残留している一般利用者26を他方の乗場1uまで搬送すると共に、一方の乗場1dまで巡回した車いす用踏段7を通常形態から車いす搬送形態に変態させて車いす利用者25を搬送し、他方の乗場1u部分に繰り込まれる手前で車いす搬送形態に変態した車いす用踏段7を通常形態に復帰させるようにしたものである。 (もっと読む)


1 - 17 / 17