説明

Fターム[3F321CF01]の内容

エスカレータ、移動歩道 (7,787) | 手すり (325) | 手すりベルト (197)

Fターム[3F321CF01]の下位に属するFターム

Fターム[3F321CF01]に分類される特許

1 - 20 / 45


【課題】移動手摺耳部に発生、残存したバリを自動で除去するとともに、除去痕が残らない美麗な手摺を製造出来る乗客コンベア用移動手摺の仕上げ加工装置を得る。
【解決手段】熱可塑性材から成る移動手摺の両端部を接続加工して無端ループ状の移動手摺を形成する際に、その接合端部において移動手摺の長手方向側面に発生するバリを除去する乗客コンベア用移動手摺の仕上げ加工装置であって、バリを加熱溶融することによってバリを除去する加熱部を有する仕上げ加工ユニットを設けたものである。 (もっと読む)


【課題】移動手摺の張力を増減させることができる乗客コンベヤの移動手摺張力調整装置を得る。
【解決手段】手摺レール12に案内される移動手摺3の張力を調整する移動手摺張力調整装置22であって、移動手摺3の張力が増大する方向に手摺レール12を押圧するレール押圧部23と、移動手摺3の張力が減少する方向に移動手摺3を押圧する手摺押圧部24と、レール押圧部23および手摺押圧部24を支持する支持部26と、支持部26に設けられ、レール押圧部23の手摺レール12への押圧力を計測するテンションゲージ27とを備えている。 (もっと読む)


【課題】移動手摺をより好適に利用させることを可能とするエスカレータを提供することである。
【解決手段】エスカレータ10は、移動手摺20と、移動手摺20の内部に埋め込まれているテンションバンドと、移動手摺20の外部に設けられ、テンションバンドに流れる渦電流を発生させる渦電流発生装置50と、移動手摺20の表面温度Tが第1の温度よりも低いときに渦電流発生装置50を作動させ、移動手摺20の表面温度Tが第2の温度よりも高いときに渦電流発生装置50の作動を停止させる制御盤70を備える。 (もっと読む)


【課題】マンコンベアを利用する乗客の手を確実に除菌することができ、乗客が安心して移動手摺を掴むことができるようにする。
【解決手段】本マンコンベアは、ステップ1と同期して移動する移動手摺4と、吹出口から移動手摺4を掴む乗客の手に向けて消毒剤を放出する除菌装置6とを備える。除菌装置6は、その吹出口を移動手摺4に近接して設け、例えば、吹出口を移動手摺4の上面高さよりも僅かに低い位置に配置して、移動手摺4の側方から移動手摺4の上方位置に向けて斜め上方に消毒剤を放出する。 (もっと読む)


【課題】熱可塑性エラストマー樹脂を主原料とする複数の層からなる乗客コンベア用移動手摺の補修において、従来は小型の熱プレス型で補修していたが、補修後に金型のエッジ痕が付く問題があった。
【解決手段】熱可塑性エラストマーを用いた乗客コンベア用移動手摺の表面部の損傷部分を、加熱手段を備えたプレス金型を用いて加熱溶融させ補修する際に、上記プレス金型10と上記損傷部分Bとの間に、上記移動手摺1の外周面を覆うように形成され該移動手摺の長手方向の寸法が上記プレス金型の両端部からそれぞれ所定長はみ出された薄板17を挟み込んで加熱加圧するようにしたものである。 (もっと読む)


【課題】大規模店舗等に設置されたエスカレーターや動く歩道等を利用する利用者に対して、所定階の広告や行き先等の案内表示を表示する簡易な装置であって、前記エスカレーターや動く歩道等の移動手摺の動力を利用して動く広告等の表示装置を提供することを目的とする。
【解決手段】エスカレーター又は動く歩道の近傍に設置される筐体21と、前記筐体21内部に広告や案内表示を表示する表示部36を備える表示装置20であって、前記筐体21から突出すると共に、前記移動手摺17に圧接して前記移動手摺17の回転に伴い回転する入力軸29と、前記入力軸29と連結して前記表示部36を駆動する出力軸24を備えるよう構成した。 (もっと読む)


【課題】エスカレータの手摺にシールを貼り付ける際、シールに加わる力の変化を抑えつつ貼り付け作業を行えるシール貼り付け方法を提供する。
【解決手段】傾斜した手摺3に沿って下階へ降りる方向にシール貼り付け装置1を動かしながらシール7の貼り付けが行われる。シール貼り付け装置1を下階へ降りる方向に動かす場合、作業者は、シール貼り付け装置1を支える力が幾分小さくなるようにして、重力に任せて下降させればよいので、比較的小さい力でシール貼り付け装置1を移動させることができる。そのため、シール7の張り具合の微妙な加減を調節し易くなり、シール7に加わる力を安定させることができる。 (もっと読む)


【課題】移動手摺の湾曲形状部を容易に展開することができ、補修作業の負荷を軽減することが可能な移動手摺補修用器具を提供することである。
【解決手段】補修用器具10aは、展開側支持部11a及び保形側支持部12aから構成される支持部と、湾曲当接板16、締結部17及び回動支持部18を含む作動部13aと、バンド19及び引張り駆動部20を含む移動機構部14aと、を備える。また、展開側支持部11aは、第1支持部30と、第2支持部31と、を有する。 (もっと読む)


【課題】可とう性と、耐久性とを有し、搭載するドライバーICの破損のないエンドレスベルト及び回転搬送体を提供する。
【解決手段】パネル基板11の裏側(外側)に駆動回路側との接続用電極が配線されたL字型フレキシブルケーブル24を配置し、このL字型フレキシブルケーブル24の一端とパネル基板12の情報表示画面領域外側に形成された接続用電極とを、異方導電接続部材で接続し、このL字型フレキシブルケーブル24のもう一方端とパネル基板11の情報表示画面領域外側に形成された接続用電極とがパネル構造体の同じ1辺であって、短辺側に配置されるようにパネル基板11,12およびL字型フレキシブルケーブル24が接合されるように構成するとともに、短辺側のL字型フレキシブルケーブル24とパネル基板11の接続用電極とにドライバーIC32をその長手方向がエンドレスベルトの進行方向と直交するよう装着した。 (もっと読む)


【課題】 手摺ベルトの表面に広幅の粘着シートを貼付けたものにおいて,この粘着シートの端部が乗客のいたずらではがされないような構成としたエスカレーター用手摺ベルトを提供する。
【解決手段】 手摺ベルト5表面の平坦部5Aと両縁部5Bにかけて略C字形に広幅で長尺の第1の粘着シート6Aを設ける一方,この第1の粘着シート6Aの端部と両縁部5Bの一部にかけて狭幅で長尺の第2の粘着シート6Bを貼付けて設ける構成とした。 (もっと読む)


【課題】往路側での移動手摺りの移動を利用して欄干頭部の上面を簡易にきれいに清掃できる乗客コンベアの欄干頭部の清掃方法およびそれに用いられる欄干頭部清掃具を得る。
【解決手段】まず、一対のブラシ保持部を、C字状の内周面を移動手摺り26の両湾曲部26aの外周面に向けて、移動手摺り26の幅方向の外側から移動手摺り26に装着し、基体の復元力により一対のブラシ保持部を移動手摺り26に弾性支持させ、かつブラシを両湾曲部26aに相対する案内レールフレーム22の上面に接するように欄干頭部清掃具を移動手摺り26の往路側の一側に取付ける。ついで、欄干頭部清掃具が移動手摺り26の往路側の他側に移動するように移動手摺り26を走行させる。そして、欄干頭部清掃具が移動手摺り26の往路側の他側に移動した後、移動手摺り26の走行を停止し、欄干頭部清掃具を取り外す。 (もっと読む)


【課題】マンコンベアで使用される移動手摺を簡単に且つ短時間で温めることができ、外気温の低下によって移動手摺が硬化しても、マンコンベアの通常走行を早期に再開することができるようにする。
【解決手段】マンコンベアの移動手摺7の表面に、移動手摺7の長手に沿って電極13a及び13bを設ける。また、この移動手摺7の内部に複数の電熱線14を埋め込み、各電熱線14を電極13a及び13bに接続する。そして、電極13a及び13bに電圧を印加することによって各電熱線14に電流を流し、移動手摺7を温めるための熱を各電熱線14から発熱させる。 (もっと読む)


【課題】乗降口部付近では遅く、中間部では速いコンベアステップに同期した中間高速乗客コンベアの違和感のない形態の移動手摺を提供する。
【解決手段】移動手摺方向に配され無端状に循環移動するローラチェーン8の2リンク毎の片側に回転自在な手摺ローラ7と、手摺ローラを回転可能に案内するコの字状の手摺ローラガイド5を有し、隣接する手摺ローラ間の中間の1リンクに手摺ローラと反対側に回転自在な補助ローラ10と、補助ローラを回転可能に案内するコの字状の補助ローラガイド4を有し、手摺ローラ部のローラチェーンのリンクの両外側に手摺側に向けられ回転自在なローラアタッチメント3と、乗客が掴む移動手摺を伸縮自在な弾性体1とし、弾性体に付属した弾性体金具2とを固定し、手摺ローラガイドと補助ローラガイドとの間隔を変化させて隣接する手摺ローラ間の距離をも変化させ弾性体で構成された移動手摺を伸縮させる。 (もっと読む)


【課題】ベルトの表面に形成された保護膜の端部の継ぎ目が目立たなく且つ保護膜全体を均一な厚さに形成する。
【解決手段】一側部のベルト2aの露出部分の表面に、露出部分の一端側から他端側へ向かって表面保護用コーティング剤を塗布して一側第一保護膜層6を形成し、一側第一保護膜層の上に、一側第一保護膜層の両端部6a,6bより内側に表面保護用コーティング剤を塗布して一側第n保護膜層を形成してn層からなる一側の保護膜を形成し、その後、手すりベルト2を回転移動させ、露出した他側部のベルト2bの表面に、一側第一保護膜層の両端部間に表面保護用コーティング剤を塗布して他側第一保護膜層を、この他側第一保護膜層の両端部一側第一保護膜層の両端部と重なるように形成し、一側第n保護膜層の両端部間に表面保護用コーティング剤を塗布して他側第n保護膜層を、この他側第n保護膜層の両端部が一側第n保護膜層の両端部と重なるよう形成した。 (もっと読む)


【課題】加圧ローラの弾性体部の亀裂や脱落を速やかに検知して、移動手摺表面の損傷を防止できるエスカレータシステムを提供することである。
【解決手段】エスカレータシステム10は、加圧ローラ18の弾性体部20の亀裂等を検出する検出部21と、加圧ローラ18に供給する圧力を調整する圧力調整アクチュエータ22とを備え、制御部28は、取得された検査データと検査基準とを比較検討することにより、所定の亀裂等の有無を判定し、亀裂レベルを解析する診断モジュール31と、解析されたレベルに応じて緊急度を判定する緊急度判定モジュール32と、判定された緊急度に応じて警告の方法を選択し、選択された警告を行う警告モジュール33とを有する。さらに、判定された緊急度に応じてエスカレータ12の運転を停止させ、加圧ローラ18に供給する圧力を解除させる第1運転規制モジュール34を有する。 (もっと読む)


【課題】乗客コンベアを動作して手摺ベルトが移動しても、手摺ベルトに設けられた乗客コンベアの進行方向を示す標章が静止しているように見え、視認性が良好な進行方向表示装置を提供する。
【解決手段】進行方向表示装置は、無端状に連結された複数の踏段からなる乗客コンベアの周回動作に同期して周回する無端状の手摺ベルトの上記乗客コンベアの乗り込み口付近に設けられる進行方向表示装置において、上記手摺ベルトの全周の表面に固定されるとともに上記乗客コンベアの進行方向を示す標章を表示する電子ペーパと、上記手摺ベルトの移動速度を検出して手摺ベルト速度検出信号を発生する速度検出手段と、上記手摺ベルト速度検出信号に従って上記標章をスクロールする移動信号を発生するスクロール手段と、上記乗り込み口に到来したときの上記電子ペーパに上記移動信号に基づいて上記標章を静止しているように表示する静止表示手段と、を備えた。 (もっと読む)


【課題】 作業時間を短縮するとともに、手すりベルトの表面と保護膜との高い密着性を確保しつつ、高い光沢度を得る手すりベルトのコーティング方法を得る。
【解決手段】 手すりベルトの表面を洗浄した後、この手すりベルト表面を研磨材で平滑に仕上げ、平滑に仕上げた手すりベルトの表面にウレタンディスパージョンを主成分としたコーティング剤を塗布して手すりベルトの表面に保護膜を形成し、この保護膜を、その表面温度が35℃以上となるように加熱することにより、手すりベルトの表面を平滑にした状態で、手すりベルトの表面と保護膜との高い密着性を確保し、しかも、手すりベルトの表面を平滑にした状態で保護膜を形成することにより、少ない塗り回数で高い光沢を得る。 (もっと読む)


【課題】本発明は、接続加工作業を簡素化させることができ、接続加工時の作業効率を向上させることができる乗客コンベアの移動手摺、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】第1先端面1dと第2先端面1eとが互いに突き合わされことによって、帯状体第1端1bの表面層2dの除去箇所と、帯状体第2端1cの表面層2dの除去箇所とによる一連の接続用窪み部1fが形成される。その接続用窪み部1fに、帯状体第1端1bと帯状体第2端1cとを渡すように、手摺接続体5が嵌め込まれる。帯状体第1端1b、帯状体第2端1c及び手摺接続体5の組み合わせ箇所が、加熱用型で加熱されることによって、帯状体第1端1b及び帯状体第2端1cの第1芯体2と、手摺接続体5の第2芯体6とが相互に熱融着し、その後、冷却されることによって無端状の移動手摺1が形成される。 (もっと読む)


【課題】本発明は、保守作業員による手摺駆動用伝達条体のテンションの確認作業を不要とすることができ、乗客コンベアの保守点検の作業効率を向上させることができる乗客コンベアの手摺駆動用伝達条体の変調検出装置を得ることを目的とするものである。
【解決手段】テンション監視ユニット16は、トラス1に固定された取付板17、第1摺動板18、第2摺動板19、第1歯車20、第2歯車21、一対の引張ばね22、カム23、及び第1スイッチ24を有している。引張ばね22は、第1摺動板18と第2摺動板19とを互いに接近する方向へ引っ張る。第1スイッチ24の開閉接点の開閉状況は、制御盤によって監視されている。第1スイッチ24の開閉接点が開放又は短絡すると、制御盤によって、第1手摺駆動チェーン12が不良テンション状態になったことが検出される。 (もっと読む)


エスカレーター、動く歩道、他の輸送装置で使用するための改良された手すりが提供される。手すりは、厳しい屈曲条件下でケーブルのバックリングを減らす、伸び防止材としてのケーブルアレイのための構成を含むことができる。手すりは、歪みや曲げ応力を減らし、繰り返し荷重条件下での疲労破壊寿命を伸ばす、リップ部分における第1および第2の熱可塑性樹脂層のための構成も含むことができる。手すりは、第1の層内における浸透と接着を可能にし、フレッティングまたは腐食の発生を減らすことが可能な、太い外側ストランドと細い内側ストランドからなるケーブルを伸び防止材に使用することも含むことができる。
(もっと読む)


1 - 20 / 45