説明

Fターム[3G013BB00]の内容

内燃機関の潤滑 (8,837) | 潤滑油給送手段を持つもの (1,495)

Fターム[3G013BB00]の下位に属するFターム

Fターム[3G013BB00]に分類される特許

1 - 5 / 5


【課題】この発明は、ターボ過給機の軸受部を潤滑するオイルが排気管や触媒コンバータの熱で加熱されて劣化することを防止し、軸受部の潤滑性を向上させてターボ過給機の耐久性を高めることを目的とする。
【解決手段】この発明は、ターボ過給機付エンジンの幅方向一側にターボ過給機を補機の鉛直方向上方に配置し、ターボ過給機のタービンの出口部に接続される排気管および触媒コンバータをターボ過給機および補機のベルトと離間する端部の側方に鉛直方向に並ぶように配置し、ターボ過給機付エンジンのオイル供給口とターボ過給機の軸受部とをオイル供給管によって連結したターボ過給機付エンジンの潤滑装置において、オイル供給口をターボ過給機付エンジンの幅方向一側かつ鉛直方向で補機と重なる高さ位置に配置し、補機によってオイル供給管の一部を覆ったことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】部品点数の増加を招くことなく、トランスアクスルの熱を効率よく内燃機関を潤滑するオイルに伝達する。
【解決手段】オイルパン7により、トランスアクスル2を潤滑するオイルを循環させる第1オイル回路と内燃機関1を潤滑するオイルを循環させる第2オイル回路との一部が共有化され、それらオイル回路内を循環するオイルとして共通のオイルが用いられるため、トランスアクスル2の熱が効率よく内燃機関1を潤滑するオイルに伝達される。すなわち、トランスアクスル2の熱が同トランスアクスル2だけでなく内燃機関1も潤滑する上記共通のオイルに直接的に伝達されるため、トランスアクスル2の熱を効率よく内燃機関1を潤滑するオイルに伝達することができる。また、トランスアクスル2から上記オイルへの熱の伝達の際に熱交換器等を用いる必要はないため、上記熱の伝達を行うために新たな熱交換器を設けなくてもよい。 (もっと読む)


【課題】オイルシールへの給油用の格別な部材を不要として、部品点数を増加することなく簡単な構造で且つ低コストの装置で以って、オイルシールへのオイル供給を十分に行なって該オイルシールの過熱及びこれに伴うオイルの漏洩さらにはオイルシールの焼損の発生を防止したエンジンのオイルシール潤滑装置を提供する。
【解決手段】クランク軸の軸端部に取付けられたディスクの側面に摺接して該ギヤ室と外部との間の流体のシールを行なうオイルシールをそなえたエンジンのオイルシール潤滑装置であって、クランクケースの内部に設けられたメインギャラリーに連通し、該メインギャラリーからのオイルを前記オイルシールの摺接部に向けて噴出するオイル噴出ノズルを前記クランクケースの端部に設けたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】沈着物を形成しないか、又は従来よりも沈着物の形成を減少させるディーゼルエンジンシステムを提供すること。
【解決手段】クランクケース潤滑油を含有するクランクケース、空気取入口、空気圧縮器、流出液タービン、アフタークーラー、及びブローバイガスを空気取入口に再循環する手段を有するブローバイガス再循環システムを備えたディーゼルエンジンを有するディーゼルエンジンシステムであって、該クランクケース潤滑油は、飽和物含有量が99重量%を超え、かつ粘度指数が120を超えるイソパラフィン系基油と、性能添加剤包装システムと、粘度調整添加剤とを含有する該ディーゼルエンジンシステム。 (もっと読む)


本発明は、2ストロークエンジンにおける燃料消費及び環境への影響を低減する方法及びこれに対応するシステムに関する。当該方法及びシステムは、少なくとも1つのエンジン(300)からシステム油/消費性システム油(301’)を得る工程と、上記得られたシステム油/消費性システム油(301’)の少なくとも一部に少なくとも1つの摩擦調整剤(101)を添加し、この少なくとも1つの摩擦調整剤(101)の添加により上記得られたシステム油/消費性システム油(301’)の摩擦係数が減り、その結果、摩擦の低減したシステム油(301’’)が得られる工程(102)と、上記摩擦の低減したシステム油/消費性システム油(301’’)を上記少なくとも1つのエンジン(300)に供給する工程とを含む。このようにして、システム油/消費性システム油の汚染によって引き起こされる摩擦損失(通常、システム油を使用する際に生じ、他の場合では効率を大幅に下げ、燃料消費を増大させ、また、排出を増大させる)が回避されるか又は最小限にとどめられる。さらに、本発明は、システム油/消費性システム油をシリンダ油に転換する方法及び対応するシステムに関する。最後に、本発明は、消費性システム油がシリンダ油に転換される際に消費性システム油を用いる方法に関する。これにより、さらに、消費性システム油が、より低性能の添加剤パッケージ及び/又はより低い添加剤処理比を有することが可能となる。したがって、経済的節約及び環境的改善が大幅に達成される。
(もっと読む)


1 - 5 / 5