説明

Fターム[3H015BB02]の内容

スリーブ継手 (1,706) | 管の形式 (198) | スリーブ継手 (143) | スリーブ部分を別体として作るもの (81)

Fターム[3H015BB02]の下位に属するFターム

Fターム[3H015BB02]に分類される特許

1 - 20 / 20


【課題】接続部の外径が大きくなることを抑制し、構造が簡単で接続作業も簡単な管の接続構造をえる。
【解決手段】接続対象1,2はそれぞれ互いに当接する当接面14,24を有するとともに当接面から接続対象の軸線方向に遠ざかるにしたがい半径方向外側への突出量が小さくなる傾斜突起13,23を周方向の複数個所に有し、接続対象1,2の当接面14,24が互いに当接している状態で双方の各傾斜突起13,23に半径方向外側から窓孔が嵌ることにより双方の傾斜突起を互いに引き付ける向きの力を発生させる箍3と、箍3の両端部を引き付けながら結合する結合部材を有する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、簡単な作業にて管体同士を接合することができる新規な管体の接続構造を提供することを目的とする。
【解決手段】 二本の管体2それぞれに対して一対のフランジ継手3を各々外装させ、前記二本の管体2間の継ぎ目23を中子部材4にて覆い、前記一対のフランジ継手3の内周面に設けられたテーパ部313と前記中子部材4の外周面に設けられた短管当接部44とを摺接させながら、フランジ部32が互いに近づく方向に向けて移動させて各フランジ部32同士を接合させることによって、前記中子部材4に締め付け力を生じさせた状態にて、前記二本の管体2を接続する。 (もっと読む)


【課題】簡易に接続でき、かつ、適切に情報を表示可能な複合管及び複合管接続構造を提供する。
【解決手段】複合管10は、外面に標線12(情報)が表示された樹脂製の内管12と、内管12の外周に形成され、接続対象である管継手20に接続可能な外径とされ、内管12に表示された情報を外部から視認可能とする被覆層14と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】接続管が正常に接続されたことを示すインジケータ機能を有した管継手をより簡単な構成でなす。
【解決手段】接続管が挿入される受口11を有する継手本体10と、受口11の入口側にその一端が支持されるように配置された円筒状のパッキン20と、このパッキン20の奥側にあって、受口11の内周面に沿って軸方向に摺動可能な接続管を係合させるための抜止手段30と、抜止手段30の奥側に押圧手段40を備える。さらに、受口11の入口近傍には、パッキン20または抜止手段30の摺動に伴い、受口11の入口側に突出する突出手段22を有する。抜止手段30は、受口11の軸方向に摺動可能かつ受口11の入口方向に向かって窄まり状のテーパ面32が形成されたスペーサ31と、外面部36がテーパ面32に内接し内径側が接続管の外周面に係合される抜止部材34とからなる。 (もっと読む)


【課題】環状の密封要素がその間に配置される2つのパイプ端を、底部と2つの傾いた側壁を有する締め付けバンドを有する外形クランプで連結する方法を提供する。
【解決手段】連結組立部1は、お互いが面して配置された2つのパイプ端面2、3と、底部6と、端9、10を有する2つの傾いた側壁7、8とを有する締め付けバンド5を含んでいる外形クランプ4と、前記パイプ端面2、3のそれぞれ上に外側に突き出ているすくなくとも1つの周辺のひだ11、12とを含む。前記側壁7、8はお互いに離れて面している前記ひだ11、12の側面で前記ひだ11、12と噛み合う。 (もっと読む)


【課題】管継手内から取り出すことが可能なインコアを提供する。
【解決手段】インコア56を管継手10から引き出すときに、インコア56の鍔部60がシール部材32、36に接触した場合、鍔部60は内側に変形する。これにより、管継手10内に残ってしまったインコア56を取り出すことができる。 (もっと読む)


【課題】長期間安定したシール性能を確保することができる管継手を提供する。
【解決手段】管継手10は、内筒体14と、この内筒体14の径方向外側に配置され、当該内筒体14との間に管Pを挿入可能なスペースSを形成する外筒体15と、内筒体14に設けられ、スペースSに挿入された管Pの周面に密着する弾性シール部材36と、を備える。弾性シール部材36は、少なくとも軸方向に2つのシール部38a,38bを有し、2つのシール部38a,38bは、管Pの周面への密着による圧縮率が相互に異なっている。 (もっと読む)


【課題】ハウジングの収容溝に抜止め部材を精度良く効率的に挿入できる抜止め部材の挿入方法と抜止め部材の挿入装置を提供する。
【解決手段】流体管を取り囲んで装着される環状の受口部1に形成された収容溝4に抜止め部材6を挿入する抜止め部材の挿入方法において、収容溝4の径方向に対向する二箇所に抜止め部材6を仮置きする工程と、受口部1に挿入装置5をセットし、その挿入装置5が有する一対の押込み部51を収容溝4の内側に配置する工程と、挿入装置5のハンドル操作により一対の押込み部51を互いに離間する方向に変位させ、その押込み部51の各々によって仮置きした抜止め部材6を押圧して収容溝4に挿入する工程とを備える。 (もっと読む)


押込み嵌め式パイプフィッティングシステムは、パイプを受け入れるボアを形成する本体部分を有するフィッティングを備え、上記ボアには、このボア内でパイプを保持する把持手段が設けられる。上記押込み嵌め式パイプフィッティングシステムはさらに、パイプ及びフィッティングの間に密封をもたらすシールと、支持スリーブとを備える。支持スリーブは、パイプの端部を覆うノーズ部分と、パイプ内に位置するスピゴット部分とを有する。スピゴット部分には、半径方向外方に且つノーズ部分に向かう軸方向に延びる少なくとも1つの舌状部が設けられる。舌状部は、アーチ状の外形をもつ遠位端部を有する。
(もっと読む)


【課題】パイプを簡単に接続することができる管継手を提供する。
【解決手段】継手本体1と、この継手本体1に相対回転自在でかつ軸心方向移動不能に取り付けられた筒状の操作スリーブ2と、この操作スリーブ2の内周に設けられかつパイプPを挿入可能な内周面3aを有する環状のパッキン2とを備えている。パッキン3は、周方向に複数に分割された複数の分割パッキン4からなり、分割パッキン4は、周方向一方側へ向かって厚さが増大している。操作スリーブ2の内周面に、分割パッキン4の外面4aに接触するように周方向一方側へ向かって軸心Cからの距離が大きくなっている傾斜面5が複数形成されている。 (もっと読む)


【課題】耐水素脆化を確保しつつコストを低減させることが可能なレセプタクルを提供する。
【解決手段】水素ガス消費部に水素ガスを補給する際に補給ノズルが接続されるレセプタクル10において、内部に水素ガスの流路31、42、51が形成されたボディ11を有する。水素ガスが触れる流路31、42、51を構成するボディ11の内周部22が耐水素脆化材料により形成され、その他の部分であるボディ11の外周部21が高強度材料により形成されている。 (もっと読む)


【課題】ガス充填時にノズルをレセプタクルに差し込む際に、ノズル表面の異物がガス供給構造内のOリングへ付着することを防止可能なガス供給構造を提供する。
【解決手段】ガス供給構造100は、ガス供給路12を有するノズル10と、ノズル10が挿入接続される差込口22を有するレセプタクル20とを有し、レセプタクル20は、差込口22の近傍に設けられシールのための第1のOリング24と、第1のOリング24よりガス供給の下流側に設けられシールのための第2のOリング28とを備え、第2のOリング28は、接合材27によりその一部がレセプタクル20の凹部に接合され、第2のOリング28より差込口22側に位置するように、異物除去部材26が配設されている。異物除去部材26は、レセプタクル20の差込口22から延びる内周面に対し一部突出するようにレセプタクル20に設けられている。 (もっと読む)


【課題】流体機器の配置に自由度を持たせつつ、流体機器の接続部分を確実にシールすることができる流体機器の接続構造を提供すること。
【解決手段】第1流体機器(7A)の第1接続部(13A)と第2流体機器(7B)の第2接続部(13B)との間に配置したシール部材(20)を介して、前記第1接続部(13A)と前記第2接続部(13B)とをシールさせる流体機器の接続構造(X)において、前記第1接続部(13A)と前記第2接続部(13B)とが接続する接続部分の外周に配置される筒状のガイド部材(27)と、前記ガイド部材(27)を前記第1流体機器(7A)に固定する第1固定部材(28)と、前記ガイド部材(27)を前記第2流体機器(7B)に固定する第2固定部材(29)と、を有する。 (もっと読む)


【課題】常に、配管材の管端部をスムーズに、かつ、配管材が正しい姿勢を保持した状態で管継手に接続できるゴム輪およびこのゴム輪を用いた排水立管用管継手を提供することを目的としている。
【解決手段】管継手の受口に装着され、筒状をした本体部と、本体部の一端から他端に向かって徐々に縮径する略ラッパ状をした前記受口に挿入される配管材の外壁面に水密に密着するリップ部とを備え、前記リップ部を介してゴム輪内に入り込んだ配管材の管軸と、前記受口の管軸とが一致するように、配管材の外壁面を支持する本体部の軸に平行な3本以上のリブが、本体部内壁面に放射状に突設されているゴム輪を、他の配管材を接続して排水立管路を形成する排水立管用管継手の受口に装着した。 (もっと読む)


【課題】 外管部材及び内管部材の分離時に圧力流体の吹き出しを防止できるとともに、圧力流体の大気中への放出を抑制できる高圧用配管継手を提供する。
【解決手段】 外管部材22及び内管部材23の接合部24に、内部の流体通路21側に位置するO‐リング25と、大気側に位置し、O‐リング25より大きい外径を有するO‐リング27とを備え、外管部材22に、O‐リング25,27の外径よりそれぞれやや小さな内径を有する挿入穴33、32を設け、挿入穴32の軸方向の長さ寸法D1をO‐リング25、27間の軸方向の距離D2より大きく設定した。これにより、外管部材22及び内管部材23を分離する際、まずO−リング25が大径穴32内に移動して隙間が形成されるので、O‐リング25、27間に残留する冷媒ガスが流体通路21に放出される。 (もっと読む)


【課題】 排水主管と排水管との接続作業を床上から簡単に行うことのできる管継手を提供する。
【解決手段】 基礎52に配設され、建物51側へ垂直に立ち上げた排水主管12と、建物51に設置された水回り設備53の排水管13とを接続する管継手11を、排水主管13の上端部に装着される硬質材料からなる排水主管装着部材14と、排水管13の下端部を保持する弾性材料からなる排水管接続部材15とで構成する。排水主管装着部材14は、排水主管13の上端部に装着される小径筒部14aと、小径筒部14aの上部に拡開筒部14bを介して連設された大径筒部14cとを有し、排水管接続部材15は、大径筒部14cに装着される装着筒15aと、排水管13の下端部が挿入される保持筒15bと、保持筒15bの外周に装着されたリング部材16と、装着筒15aと保持筒15bとを連結する環状の弾性連結部15cとを備えている。 (もっと読む)


【課題】 配管の配管端末部を弁筐体に片手でワンタッチで接続することができる配管接続構造を提供する。
【解決手段】 内部に流路10を形成すると共にその両端部に接続ポート2を形成する弁筐体1と、流路10内に回転自在に配設されて流路10を開閉する球状弁体3と、接続ポート2に接続される配管端末部4からの駆動力を球状弁体3に伝達する一対の傘歯車5とで主体が構成され、一方の傘歯車5aを歯車内流路50が一方の接続ポート2aに連通するように回転自在に配設し、他方の傘歯車5bを回転自在に配設して球状弁体3を固定し、接続ポート2aに接続される配管端末部4の先端部の外周面に係合部40を設け、接続ポート2aの内面に係合部挿通部21を形成し且つ傘歯車5aの歯車内流路50の内面に係合部40が係合する被係合部51を設け、弁筐体1の流路10が閉の時に係合部挿通部21と被係合部51とが連通している。 (もっと読む)


【課題】パイプの接続状態や継手内部を外方より目視することができ、パイプ接続や内部部品の装着ミス等を未然に防止することは勿論、継手分解による部品の破損・紛失等を未然に防ぎ、しかも、溶剤や防蟻剤・防腐剤等が使用される環境下においても、その影響を受けることのない、長期に亘って安全に使用し得る管継手を提供する。
【解決手段】筒状の継手部材2と蓋部材3より成る継手本体1内に、抜け止め部材12とシールリング10,11を介して透視筒8を密封装着し、前記蓋部材3の外周面に確認窓4をあけた管継手である。前記蓋部材3の外周面を透視可能なシュリンクフィルム15で被覆し、このフィルム15の周面15aを前記確認窓4に係合保持させている。 (もっと読む)


【課題】 管体への密着性を向上させて、水密性を保持するとともに、管体の引き抜きを阻止する性能を向上した可撓管継手を提供する。
【解決手段】 建物の排水管などの管体の接続用管継手に使用するもので、管体の外面と継手部の内面との間に介装するため、弾性材によって形成されたパッキングについて、管体11の外面に嵌合可能な環状部21と、環状部21の一端から軸方向へ延びる一端部分22と、環状部21の他端から軸方向へ延びる他端部分23とを有するパッキング本体20を具備し、ボルト16による継手部18の接続時に、継手部18に設けられている内側斜面19と管体外面との間に介在する剛体球25を、上記一端部分22の周方向に複数個設け、かつ一端部分22が独立的に動き得るようにスリット26を設けて分割した構成を有する可撓管継手用パッキング。 (もっと読む)


【課題】 本発明の目的は、水膨張繊維からなる不織布の量をあまり増やさずとも必要な止水性を長期にわたって確保でき、また管体の外径が大きくなっても、管体への管継手の取り付けに際して、専用の締め付け工具やシリコンオイルの塗布が不要で、管体への取り付け作業が容易で、また管体及び管継手本体間のクリアランスのばらつきや管体へ管継手を取り付ける際のトルクのばらつきに関係なく、水の侵入時にゲル化した不織布が管継手の接合部から外部に流出することがなく、かつ低価格の管継手を提供することにある。
【解決手段】 本発明の管継手は、管体の接続部の外周面を覆う管継手1であって、この管継手1は管継手本体4、4と、管継手本体4,4の内面に設けられた吸水層5とを有し、この吸水層5は目付量が200〜400g/mであり、かつ水膨張繊維含有率が50〜70%である吸水性不織布からなることを特徴としている。
(もっと読む)


1 - 20 / 20