Fターム[3J103AA01]の内容

ロール及びその他の回転体 (32,702) | ロールの構造 (8,613) | ロールの形状 (2,402)

Fターム[3J103AA01]の下位に属するFターム

Fターム[3J103AA01]に分類される特許

1 - 6 / 6


【課題】塗工欠陥による外観不良を抑えることで画像不良を防ぎ、高品質な弾性ローラを安定して製造することのできる弾性ローラの製造方法、および均一な表面層を備えた弾性ローラを提供する。
【解決手段】軸芯体と、軸芯体の外周に形成された弾性層と、弾性層の外周に形成された表面層とを有する弾性ローラの製造方法であって、表面層形成用の塗料を弾性層上に塗布する塗布工程を有する弾性ローラの製造方法において、塗布工程に先立って、弾性層の外面の表面自由エネルギーを、10mN/m以上に調整する工程を有する。この方法により製造された弾性ローラ。 (もっと読む)


【課題】発泡ローラーの良好なクラッシング及び設備の小型化を実現するクラッシング方法及び装置並びに発泡ローラー製造方法を提供する。
【解決手段】芯材と芯材の外周に形成された円筒状の発泡体層を有する発泡ローラーのクラッシング方法において、互いに平行に配置されたそれぞれ周面にエア噴出部を有する二つのロールからなるロール対を用意し、回転させた二つのロールの間に発泡ローラーをロール対に対して平行に配置し、発泡ローラーとロール対との間隔又は二つのロール同士の間の間隔を連続的又は段階的に変化させて発泡ローラーをロール対で押圧すると同時に、二つのロールのエア噴出部からそれぞれエアを噴出し噴出されたエアの風圧によって発泡ローラーの発泡体層全域をクラッシングする。この方法を行うに好適な装置。このクラッシング方法を含む発泡ローラーの製造方法。 (もっと読む)


【課題】たとえば電子写真装置等の画像形成装置に用いられた場合の電気的な均一性および安定性に優れるとともに、導電性能の使用環境による変動を低減することが可能なイオン導電性エラストマーブレンドおよびその製造方法、ならびに該イオン導電性エラストマーブレンドを用いた導電性ローラを提供する。
【解決手段】ポリアルキレンオキサイドとベースポリマーとを含有し、アルキレンオキサイド成分とベースポリマーとを含有する混合物において該アルキレンオキサイド成分を重合させることにより得られるイオン導電性エラストマーブレンドである。該混合物は、アルカリ金属塩およびアルカリ土類金属塩の少なくともいずれかをさらに含有することが好ましい。 (もっと読む)


【課題】 従来、マグネットローラの抗折強度を向上させるため、繊維状物質等を添加していたが、該添加物により磁気特性や成形性が悪化していた。
【解決手段】 強磁性体粉末と樹脂バインダーを主体とする混合物を成形した軸一体型マグネットローラにおいて、繊維径および繊維長を規定したガラス繊維を添加することにより、磁気特性や成形性を犠牲にすることなく、抗折強度を向上させることができる。また、上記樹脂バインダーを特定の数平均分子量のポリアミド樹脂としたことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡単な構造で、ローラ全体を確実にクリーニングすることのできるローラ装置を提供する。
【解決手段】軸廻りに回転駆動可能なローラと、該ローラと周面同士が隣接するクリーニングローラと、前記クリーニングローラを軸回りに回動する回動手段とを有し、前記ローラの外周面と前記クリーニングローラの外周面との前記回転駆動による摺接によって前記ローラ表面をクリーニングするようにしたローラ装置において、前記クリーニングローラの周面の周方向の一部は軸芯からの距離が周面の周方向の他部の軸芯からの距離より短く、前記クリーニングローラは、前記ローラの回転停止時には前記周面の周方向の一部が前記ローラと対向するように、前記回動手段により回動される。 (もっと読む)


【課題】 フッ素系コーティング剤又はフッ素樹脂系チューブとシリコーンゴム又は金属芯金とシリコーンゴムを接着させ、長期使用しても剥離を起こしにくいフッ素樹脂系被覆ロール用液状付加硬化型シリコーンゴム組成物の硬化物からなるシリコーンゴム層を有する定着ロールを提供する。
【解決手段】 芯金と、その外周に設けられたシリコーンゴム層と、そのシリコーンゴム層の上に形成されたフッ素樹脂系層を有する定着ロールにおいて、上記シリコーンゴム層を下記(a)〜(f)成分を含有してなる液状付加硬化型シリコーンゴム組成物の硬化物にて形成することを特徴とするフッ素樹脂系被覆定着ロールの接着耐久性を向上する方法:
(a)分子鎖途中の珪素原子に結合したアルケニル基を分子中に少なくとも2個有するオルガノポリシロキサン 100重量部、
(b)珪素原子に直結した水素原子を一分子中に少なくとも2個有するオルガノハイドロジェンポリシロキサン
(a)成分中の珪素原子に結合したアルケニル基に対する(b)成分中の珪素原子結合水素原子のモル比が0.4〜5.0となる量、
(c)有効量の白金系触媒、
(d)乾式シリカ 0.1〜10重量部、
(e)一分子中に少なくとも3個の珪素原子に結合したアルケニル基を含有する環状ジオルガノポリシロキサン 0.05〜5重量部、及び
(f)該(e)成分以外の反応制御剤。 (もっと読む)


1 - 6 / 6