説明

Fターム[3J103AA02]の内容

ロール及びその他の回転体 (32,702) | ロールの構造 (8,613) | ロールの形状 (2,402) | 円筒状 (2,325)

Fターム[3J103AA02]に分類される特許

2,021 - 2,040 / 2,325


【課題】 支軸の端部に塗布液が付着することを防止し、把持手段に対して支軸を容易に着脱することを可能にする。
【解決手段】 支軸11の端部を覆う被覆部3と、この被覆部3に連結されて設けられ支軸11の端部の外周面を把持する把持部4とを備える。そして、把持部4は、支軸11の端部外周に圧接される複数の第1リブ5と、各第1リブ5の間に位置され第1リブ5が支軸11の外周に付与する圧接力よりも小さい当接力で支軸11の端部外周を支持する複数の第2リブ6とを有する。 (もっと読む)


溶射により、異物の付着防止が可能な超親水性ロールとその製造方法および使用方法を提供する。そのためには、ロール表面に、金属、合金、セラミックスまたはそれらの混合物からなる耐食性に優れるアンダーコート層を形成し、さらに該層の上面に接触するようにアナターゼ型二酸化チタン粒子を主体とする溶射材料を半溶融状態にして溶射し、アナターゼ型の比率が50%以上である二酸化チタン膜を形成する。光触媒性を有するロール表面を紫外線照射することにより、光励起した触媒表面が高度に親水化され、ロール表面に薄い水膜を均一に形成することができ、ロール表面の異物付着防止効果を発現し、自己浄化性を維持できる。 (もっと読む)


【課題】 導電性芯金の外周上に接着剤層を介してゴム層を有する導電性ゴムローラおいて、例えば高温多湿のような環境下でも接着不良やそれによるゴム層剥離によるローラ形状の変形が発生することなく、画像形成装置に組み付けた際に画像形成性能を低下させない導電性ゴムローラを提供する。
【解決手段】 少なくとも受酸剤を含む接着剤層を芯金と導電性ゴム層の間に設ける。 (もっと読む)


【課題】 ウレタン原料を発泡硬化させる際に使用する成形型を最適なものとし、脱型性及びセル開口性を両立させたトナー供給ローラの製造方法を提供する。
【解決手段】 エチレングリコールの接触角が85°以上になる型内表面を有するローラ成形型を用いて成形する。型の離型層としては、少なくともフッ素化合物、ワックス及びシリコーンオイルを含む。またワックス成分が、融点40℃以上120℃未満である。ローラ表面のセル開口率が50〜90%である。 (もっと読む)


【課題】良好なトナー供給性能を有すると共に優れた耐久性を有するトナー供給ローラ及びクリーニングローラを提供する。
【解決手段】本発明によるトナー供給ローラは、金属のシャフト(10)と、金属のシャフト上に形成され、相互に連通する多数の空孔が形成されている連泡性ゴム材料の第1の弾性ゴム層(11)と、第1の弾性ゴム層上に積層され、表面領域に多数の凹部が形成され、内部領域には相互に連通する多数の空孔が形成されている連泡性ゴム材料の第2の弾性ゴム層(12)とを具える。内側の第1の弾性ゴム層(11)は、その平均空孔径が、外側の第2の弾性ゴム層(12)に形成されている空孔の平均空孔径よりも大きい連泡性ゴム材料で構成する。外側の第2の弾性ゴム層に形成されている空孔と内側の第1の弾性ゴム層に形成されている空孔とは相互に連通する。外側の第2の弾性ゴム層の表面から侵入したトナーは、大きな空孔径の内側の弾性ゴム層に容易に移行するので、目詰まりを有効に防止できる。 (もっと読む)


【課題】機械による複雑な機構を持たずに、太さや厚みの異なる不定形圧搾物に対応し、衝撃や騒音の少ない圧搾装置を得ること。
【解決手段】中心のシャフトと外側のローラー外皮との間を軟質材で充填し、軟質材の弾性によって偏心する多層構造ローラーを創り使用して、各ローラーのシャフト位置を変化させる複雑な機械装置を必要とせずに不定形物圧搾を可能にし、同様の多層構造を持つ多層構造歯車と多層構造カップリングを創り使用して、衝撃・騒音を緩和する。 (もっと読む)


【課題】トナー搬送性を確保しつつ、かぶり現象の発生を簡単に抑制することができる現像ロールの製法およびそれに用いる成形用金型ならびにそれを用いて得られた現像ロールを提供する。
【解決手段】成形用金型10として、その型面10aが、ピットPが形成された、無電解複合めっき層12の表面によって形成されているものを用いて、軸体の外周面に弾性層を形成することにより、その弾性層の外周面を、上記成形用金型10の型面10aの転写面に形成し、粗面に形成する。 (もっと読む)


【課題】 分散性、硬度、抵抗安定性が良く、電圧依存性の小さい弾性ローラ、この弾性ローラを備えた現像装置及び画像形成装置を提供することである。
【解決手段】 軸芯体の外周面に少なくとも1層以上が形成されたローラの、そのいずれか1つ以上の層において、主成分がゴム又は樹脂であり、該層から取り出し単離したカーボンブラック成分を遠心沈降分析により測定したアグリゲート特性で、ストークス相当径の分布曲線の最多頻度値(Dst)に対する分布曲線の半値幅(ΔD50)の比(ΔD50/Dst)が1.40以下の条件を満たすものであることを特徴とする弾性ローラ、該弾性ローラを備えた現像装置及び画像形成装置。 (もっと読む)


転写装置が開示されている。少なくとも1つの転写装置は、ハウジングと、ハウジングに回転可能に取り付けられた供給ロールと、ハウジングに回転可能に取り付けられた巻取ロールと、塗布ヘッドとを備えている。供給ロールは、一巻の供給ライナーを有し、ライナーは接着剤が上に提供された接着剤担持表面を有する。巻取ロールは、ライナーの少なくとも端部が結合されており、それによって、巻取方向に巻取ロールが回転すると、供給ロールから引き出された部分のライナーが巻取ロールに巻き取られるようになっている。塗布ヘッドは、互いに間隔を置いて配置されたほぼ平行な軸の周囲で回転可能な複数のローラと、装置の外側に面している転写表面を提供するように、複数のローラの周囲に位置づけられた閉ループ・ベルトを備える。
(もっと読む)


【課題】導電性ローラ基体部の表面への塗料の塗装後に塗膜層からの液だれを生じることがないトラバース塗装工程時の塗膜硬化方法を提供することを目的とする。
【解決手段】回転するパイプ型ローラ2等の基体部5の表面に塗料を塗布するトラバース塗装工程時の塗膜硬化方法において、塗装工程の直後に連続してランプ18’等にて前記ローラ1の塗膜層4をトラバース照射して硬化させ、次いで、別工程にて紫外線照射手段あるいは電子線照射手段18”により前記ローラ1の塗膜層4を硬化・架橋することにより、トラバース塗装の利点を活かして、塗装直後の塗膜層4をその場でランプ18’等にて硬化させることができるので、塗膜層4の液だれを懸念することなく、パイプ型ローラ2等を次工程である紫外線照射手段あるいは電子線照射手段18”を用いた硬化・架橋工程に持ち込むことができる。 (もっと読む)


【課題】外周寸法精度を犠牲にすることなく、弾性層を安価に形成し製品のコストを大幅に低減することができ、しかも、弾性層の寸法が変わっても同じ装置でこれを形成することのできる、導電性ローラおよび導電性エンドレスベルトの製造方法を提供することを目的とする。
【解決手段】紫外線照射により硬化して弾性体を形成する化合物をダイコータ20で回転する被塗布物に塗布して前記化合物の塗布層5を形成し、該層5に紫外線を照射して硬化させる。 (もっと読む)


【課題】トナー搬送性やトナー帯電性に優れ、長期間使用してもトナーフィルミング等による画像不良を生じず、耐久性に優れる現像ロールを提供する。
【解決手段】軸体の外周面にベースゴム層2と、上記ベースゴム層2の外周に直接もしくは他の層を介して形成された中間層3と、上記中間層3の外周に形成された表層4とを備え、上記中間層3に表面粗さ形成用の粒子1が分散されている現像ロールであって、上記表層4が、下記の(A)と(B)とを構成成分とするブロック共重合体を用いて形成されている。
(A)シリコーンポリマーから誘導される構造単位。
(B)アクリルポリマー、ポリウレタンおよびポリカーボネートからなる群から選ばれた少なくとも一つから誘導される構造単位。 (もっと読む)


【課題】繊維やウィスカーなどを用いずに、耐摩耗性に優れ、長期間使用した場合であっても低摩擦係数を維持しうるウェイトローラー、および耐熱性に優れたウェイトローラーを提供すること。
【解決手段】遠心式変速機の駆動プーリーに使用されるウェイトローラーであって、その外周面に架橋樹脂からなる表面層が形成されてなるウェイトローラー。 (もっと読む)


【課題】 細い帯状の金属箔が巻き取られる際に、この金属箔への幅方向の折曲げ応力の加わらないスプール構造を提供する。
【解決手段】 原反ローラ1から繰り出された板材(ステンレス箔)2を複数の帯状に分離するためのスリッター加工が施されて形成される金属条7を、複数のスプール単体Aaからなるスプール複合体Aに巻き取るスプール構造であって、スプール単体Aaは、円周状にコーナRを備えた2枚のスプール板と、スプール板の間に挟持されたスペーサと、これらをボルト・ナットで固定するために、スプール板に設けられた固定用の孔と、スプール板に互いに反対面に配置された同一形状の座グリ穴部と、スプール板に円周状に180°の間隔で対向して配置された巻き取り準備用の孔とを備え、この座グリ穴部が、スプール板に円周状で交互に等間隔に配置される。 (もっと読む)


【課題】電圧が変化に対し抵抗が安定し、高温高湿及び低温低湿の両環境における抵抗変化を小さくでき、さらに、安定的に高画質を得ることのできるバイアスロール及びそれを用いた画像形成装置を提供することである。
【解決手段】少なくとも金属のロール軸100と、該ロール軸の外周面に設けられたフォーム状の導電性弾性層120と、該導電性弾性層の外周面を被覆する導電性チューブ130とを有し、前記ロール軸と前記導電性弾性層とが前記導電性チューブの内側に圧入され、さらに該導電性チューブ長手方向の両開放端におけるロール軸と導電性チューブとの隙間を、絶縁性シール材140で密閉したバイアスロールであって、密閉された導電性チューブ内の前記導電性弾性層における空隙気体中の水分量を0.0005〜0.0075kg/kg(DA)の範囲としたことを特徴とするバイアスロールである。 (もっと読む)


【課題】画像に横すじもかぶり現象も生じないようにすることができる現像ロールを提供する。
【解決手段】軸体1と、この軸体1の外周面に沿って形成された中間層3と、この中間層3の外周面に沿って形成された表層4とを有する現像ロールであって、上記中間層3に粗面形成用の粒子Gが分散し、その分散粒子Gの分布により上記表層4の表面が粗面に形成され、上記表層4において、軸方向両端部分Aの平均厚みが、その軸方向両端部分Aに挟まれた軸方向中央部分Bの平均厚みよりも薄くなっている。 (もっと読む)


【課題】 高画質化を図り、画像耐久性に優れ、トナーの変質や劣化を生じさせることがなく、現像スジなどを発現させずにトナーを均一に供給し高品位の画像形成ができ、高画質、省エネ、安定した画像の形成が要請される電気写真装置に好適に搭載することができる現像ローラを得ること。
【解決手段】 軸芯体の周囲に導電性弾性層と、該導電性弾性層の外周に樹脂粒子を含む導電性樹脂層とを有する電子写真装置用またはプロセスカートリッジ用現像ローラであって、軸方向の長さ1cm当たり0.20Nの荷重でガラス平面に圧接したときのガラス面に接触している面積が、該ガラス面とのニップ面積に対してA%、軸方向の長さ1cm当たり0.82Nの荷重でガラス平面に圧接したときのガラス面に接触している面積が、該ガラス面とのニップ面積に対してB%のとき、10≦A≦40 且つ A≦B/2である。 (もっと読む)


【課題】発泡ゴム層のセル分布が均一で且つ、硬度、抵抗ムラの無い導電性ゴムローラーの製造方法およびこの方法で製造した導電性ゴムローラーを基層部材とする電子写真装置用ローラーを提供する。
【解決手段】導電性芯材上に発泡ゴム層を有する導電性ゴムローラーの製造方法において、エピクロルヒドリンゴム、アクリロニトリルブタジエンゴムまたはその混合物と、アゾジカルボンアミドを含むゴム組成物からゴム組成物チューブを成形する工程、および、昇温加熱手段により1.5分以上2.5分以下の時間に100℃以上250℃以下の温度に昇温し、この間のガス発生量が2.0〜20.0ml/gとなるように加熱昇温して該ゴム組成物チューブを発泡・加硫して発泡ゴムチューブを形成する工程を含むことを特徴とする導電性ゴムローラーの製造方法。 (もっと読む)


【課題】 熱膨張率が小さく、熱劣化が少ない他、安定したシートの搬送能力を維持することができるようにローラ表面の摩擦力が一定の範囲にあるシリコーン発泡体と、このシリコーン発泡体を用いた定着ローラ、及びこの定着ローラを内蔵した電子写真画像形成装置の定着装置を提供する。
【解決手段】 シリコーンゴムを発泡加硫してなる発泡体のシリコーンゴムが、シリコーンゴムコンパウンド100質量部に、細孔容積0.3ml/g以上の多孔質フィラーを5〜50質量部含有し、熱膨張率が6%以下となるように設定する。 (もっと読む)


【課題】弾性層が電気的に低抵抗で低硬度であり、また、弾性層に用いる導電性ゴム組成物がゴム練り加工性や押出加工性に優れた導電性ローラを提供する。
【解決手段】該導電性ローラの導電性弾性層が、下記条件を満たすファーネスカーボンブラックを、ゴム成分100質量部に対し、20〜100質量部含有するゴム組成物から構成される。
(1)CTAB値が100m/g〜170m/gであること
(2)DBP吸油量が110ml/100g〜170ml/100gの範囲にあり、24MDBP吸油量が110ml/100g以下であり、かつDBP吸油量−24MDBP吸油量が20〜60ml/100gであること
(3)NSA値−CTAB値が15〜100m/gであること (もっと読む)


2,021 - 2,040 / 2,325