説明

Fターム[3J103AA85]の内容

ロール及びその他の回転体 (32,702) | ロールの構造 (8,613) | 数値限定又は長さや面積等の大小関係 (276)

Fターム[3J103AA85]に分類される特許

1 - 20 / 276


【課題】従来の、イオン導電剤や導電性カーボン、金属粉末などを用いた場合のような種々の問題を生ずることなく、ローラに導電性を付与することができる技術を提供する。また、これにより、所望の導電性を有するとともに、通電耐久性にも優れた現像ローラを提供する。
【解決手段】シャフト1と、シャフト1の外周に順次配設された弾性層2、中間塗膜層3および表層塗膜層4と、を備える現像ローラ10である。中間塗膜層3が、アゾ系金属錯体を、樹脂成分100質量部に対し0.1〜5質量部含有する。 (もっと読む)


【課題】表面電位の減衰速度が速く、電荷の蓄積に起因する画像不具合の発生のない現像ローラを提供する。
【解決手段】シャフト1と、その外周に担持された弾性層2と、その外周面に形成された少なくとも1層の塗膜層3,4と、を備える現像ローラ10である。弾性層および塗膜層の各層の体積抵抗率が、外周側の層より内周側の層において小さく、かつ、弾性層と塗膜層のうち最も外周側に位置する層との体積抵抗率の差が、2.8〜4.3(LogΩcm)の範囲である。 (もっと読む)


【課題】熱硬化性ポリウレタンを用いながらも生産効率に優れた導電性弾性体の製造方法を提供し、ひいては製造容易な電子写真装置用ローラーを提供すること。
【解決手段】熱硬化性ポリウレタンに導電剤を分散させた分散液を作製し、該分散液を硬化させて導電性弾性体を作製する導電性弾性体の製造方法であって、前記導電剤として、pH7.5以上、DBP吸収量50ml/100g以下、揮発分1.1質量%以下のカーボンブラックと樹脂被覆カーボンブラックとを用いることを特徴とする導電性弾性体の製造方法などを提供する。 (もっと読む)


【課題】厚肉に形成した場合においても、寸法精度、特には振れ精度の良い弾性ローラの製造方法を提供する。
【解決手段】(1)内周面の全周にわたって形成された液状材料を吐出するための環状スリットを有する環状塗工ヘッドと軸芯体とを鉛直方向に相対的に移動させつつ、前記環状スリットから第一および第二の液状材料を吐出させて塗膜の積層体を軸芯体の周面に形成する工程と、(2)該積層体を硬化させる工程と、を有する、軸芯体とその周面に第1及び第2の弾性層を有する弾性ローラの製造方法。環状塗工ヘッドは、上流側から順に、2つの液状材料の供給口、第一及び第二の環状流路、連結流路、環状スリット(吐出口)を有し、連結流路の長さは1.0〜50mmである。液状材料Bの吐出時の温度における降伏応力Y2は、液状材料Aの吐出時の降伏応力Y1より小さく、かつ、Y1及びY2は共に20Pa以上600Pa以下の範囲内である。 (もっと読む)


【課題】高剛性を有するリブ付き薄肉芯金を効率的に製造する方法を提供する。
【解決手段】一対の回転ローラ41,51の間に、中子31を内包した中空円筒状の薄肉芯金素材62を配置し、回転ローラ41,51を回転させながらローラ間距離を狭め、一方のローラ41に設けた凸条群42を前記薄肉芯金素材62に押し当てることにより、薄肉芯金素材62の内面に凸条が転写されたリブを形成する。中子31には、前記凸条群に対応する凹溝群が設けられており、ローラの凸条群42を薄肉芯金素材62に押し当てるときには、中子31の凹溝群を前記凸条群42に対応する位置に配置する。この操作を必要回数繰り返すことにより、中子31の凹溝に対応する配置で薄肉芯金素材内面にリブを形成できる。 (もっと読む)


【課題】非磁性トナーを用いたジャンピング現像方式の画像形成装置において、ネガゴーストと呼ばれる画像不具合の問題を解消できるトナー供給ローラおよびそれを用いた画像形成装置を提供する。
【解決手段】非磁性トナーを用いたジャンピング現像方式に用いられるトナー供給ローラである。22.5℃55%RHでの、100Vの電圧印加時における電気抵抗値が6.0〜8.2(logΩ)である。非磁性トナーを用いたジャンピング現像方式の画像形成装置である。上記トナー供給ローラと、表面粗さ(Sm)が200〜300μmである現像ローラと、を備える。 (もっと読む)


【課題】低温湿熱環境下の使用においても画像不具合が発生しない帯電ロールを提供すること。
【解決手段】軸体の外周面上に導電性ゴム発泡体層が設けられ、更にその外側に表層が設けられてなる帯電ロールにして、前記導電性ゴム発泡体層が、開口率が0.5〜20%であるスキン層を表層部に有するものであり、前記表層の表面粗さを10〜80μmとした。 (もっと読む)


【課題】表層の耐摩耗性を高め、潤滑性を向上させることで、長期に亘って表面の変化が少なく、高画質を維持することができる現像剤担持体を提供する。
【解決手段】基体と表層とを有する現像剤担持体であって、該表層は、Si−O−Sr結合を有する高分子化合物又はSi−O−Ta結合を有する高分子化合物を含み、該高分子化合物が、一般式(1)で示される構成単位及びSrO2/2で示される構成単位を有する化合物、又は一般式(1)で示される構成単位及びTaO5/2で示される構成単位を有する化合物である。
【化1】
(もっと読む)


【課題】低硬度化を達成しつつ、連続画像形成時に生じる現像ローラの電流値の低下、ブリード抑制が良好な現像ローラを備え、画像形成に優れた現像装置、電子写真プロセスカートリッジ及び電子写真装置を提供する。
【解決手段】導電性芯体と、弾性層と、被覆層とを有し、該被覆層にトナーを担持する現像ローラと、該現像ローラ上のトナー量を制御する現像ブレードと、現像ブレードのバイアス印加手段とを有する現像装置において、該現像ローラの弾性層がポリアルキレン構造を主鎖に含む架橋ゴムを含有し、かつ該弾性層中に飽和炭化水素化合物を含有しかつ、飽和脂肪族ヒドロキシカルボン酸を含有する現像ローラを使用したことを特徴とする現像装置。 (もっと読む)


【課題】低硬度の発泡弾性層を備えているにもかかわらず耐久性と表面平坦性とを高い水準で両立することのできる弾性ローラ、及び、この弾性ローラを研磨処理等の表面処理が不要となる高い製造効率で製造可能な製造方法、並びに、現像剤の定着性と耐久性とに優れた定着装置及び画像形成装置を提供すること。
【解決手段】発泡弾性層3と接着剤層5を介して発泡弾性層3の外周面を被覆するチューブ4とを備え、表面における輪郭曲線の平均最大断面高さWtが4μm以下である弾性ローラ1、接着剤を介して発泡弾性層3の外周面をチューブ4で被覆した被覆体8を発泡弾性層3の最大膨張外径未満の内径で十点平均粗さRzが50μm以下の内周面を有する管状部材の内部に同軸に配置し、発泡弾性層3の膨張を規制しつつ被覆体8を加熱する弾性ローラの製造方法、並びに、弾性ローラ1を備えてなる定着装置及び画像形成装置。 (もっと読む)


【課題】昇温時間を短縮するための断熱層をローラに用いた場合の定着性能の低下を防止できる構成を備えた定着装置を提供する。
【解決手段】記録媒体上のトナー像に接触する定着部材30Aと定着部材30Aに対向当接して記録媒体を加圧する加圧部材30Bとを備えた定着装置30において、前記加圧部材30Bとして、芯金30B1とこれの外周に一体化されている炭化コルク粒から成る断熱層30B2を備えた加圧ローラが用いられ、前記炭化コルク粒は耐熱硬質樹脂を結着剤として上記芯金30B1に接合されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】弾性層の加圧部材長手方向の熱伝導性を向上でき、かつ弾性層の厚み方向の断熱性を向上できるようにした加圧ローラの提供。
【解決手段】像加熱装置に用いられる加圧ローラ(24)であって、芯金(24c)と、平均長さが0.05mm以上1mm以下、熱伝導率が500W/(m・K)以上である針形状フィラー(24d)を含有する弾性層(24a)と、を有し、前記弾性層の中には空孔部(24e)が分散していることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】定着装置または画像形成装置において、加熱部材の表面における離型性の低下を抑制しつつ消費電力を抑える。
【解決手段】加熱ローラ22では、ハロゲンヒータ313を内包するように、中空円筒状の芯金223が設けられている。芯金223の外周上には、弾性層222、低放射層225、離型層221が順に設けられている。ハロゲンヒータ313から放射される熱は、芯金223から弾性層222、低放射層225へと順に伝送される。加熱ローラ22では、弾性層222の外側に、放射率の低い低放射層225が設けられていることから、低放射層225に到達した熱が効率良く離型層221に送られる。 (もっと読む)


【課題】ゴムローラ用のシャフトにゴムチューブを圧入してゴムローラとする際に、ゴムローラの端部のはね上がりがなく、しかもゴムチューブの端部カットという工程とは別工程でゴムローラ自体にはね上がり防止のための加工をする必要がないゴムローラ用シャフト及びゴムローラを提供する。
【解決手段】シャフト本体11の端部から所定長さ離れた位置にはね上がり防止溝12を形成してゴムローラ用シャフト13とし、そのゴムローラ用シャフト13にゴムチューブ14を圧入し、前記はね上がり防止溝12上で、ゴムチューブ14の両端部をカットしてローラゴム15を形成したものである。 (もっと読む)


【課題】低硬度でありながら、圧縮永久歪みが生じにくく、また、長期の使用によっても弾性層に破断や亀裂が生じにくい現像ローラの提供。
【解決手段】軸芯体とその外周に設けられた弾性層を有する現像ローラであって、
該弾性層は、軸芯体の外周上の設けられた第1弾性層と、その外周に設けられた第2弾性層とからなり、該第1弾性層及び該第2弾性層は、シリカ及び導電剤を含有する付加反応型シリコーンゴムを含み、
該第1弾性層及び該第2弾性層のデュロメータA硬さを各々、A1及びA2とし、該第1弾性層中のシリカの含有量(シリコーンゴム100質量部に対する質量部)をB1、該第2弾性層中のシリカの含有量(シリコーンゴム100質量部に対する質量部)をB2としたとき、A1、A2、B1及びB2が特定の関係を満たすことを特徴とする現像ローラ。 (もっと読む)


【課題】記録媒体の曲げ剛性を向上させることにより、記録媒体の分離性を向上させることが可能な定着装置を提供する。
【解決手段】互いに加圧されてそれらの間に定着ニップNを形成する一対のニップ形成部材61,62は、それぞれ芯材61a,62aとその芯材61a,62aの表面に配設された弾性層61b,62bを有する。一方のニップ形成部材61は、弾性層61bの厚さを軸方向に渡って変化させて表面が波打つように形成されている。他方のニップ形成部材62は、表面を軸方向にストレート状に形成されたものである。波打つように形成されたニップ形成部材61の製品硬度を70度以上に設定すると共に、ストレート状に形成されたニップ形成部材62の製品硬度を40度以下に設定した。 (もっと読む)


【課題】金属製軸の外周部に略円筒形状のセラミックス製ローラを配置した搬送用ローラの割損の問題を解消し、長期にわたって安定して使用できるセラミックス製ローラおよびこのセラミックス製ローラを用いたセラミックス製ローラ装置を提供する。
【解決手段】金属製軸の外周部に隙間ばめで配置される略円筒形状のセラミックス製ローラにおいて、該ローラの内径部が該ローラの両端面に向かって内径が滑らかに大きくなる傾斜部を有し、傾斜部の長さL1と前記ローラの全長Lの比L1/Lを0.15〜0.5とする。 (もっと読む)


【課題】複写機・レーザビームプリンタ等の電子写真プロセスに使用される、特にフルカラー用画像形成装置の中間転写ベルトの内側に用いられる、トナーの再転写や転写抜けなどの画像不良を低減できる転写ローラを提供する。
【解決手段】導電性軸体の外周上に少なくとも2層の導電性発泡ゴム層を有する転写ローラであって、最外層の発泡ゴム平均セル径が10μm以上100μm未満であり、内層の発泡ゴム平均セル径が100μm以上500μm以下であり、かつ、23℃/55RH%環境下におけるローラの抵抗値Rx[Ω]が、LogRxで5.6以上7.0以下であり、内層の抵抗値Ry[Ω]が、LogRyで5.0以上7.0以下であること。 (もっと読む)


【課題】軸の外周にスポンジ、シリコンゴムなどを円筒状に装着したものは使用を続けていると表面の磨耗や損傷が生じコンタミが発生し、耐久性が低い。また、外径に金属パイプを使用したものは外径が太くて、適用できるところが少なかった。
【解決手段】薄肉金属パイプと、該薄肉金属パイプの軸芯を通り、それより細くて長く中央に軸直角に貫通孔を有する中空軸と、該薄肉金属パイプ両端部の内径と該中空軸との間に設けた二個のシールリングと、該中空軸の一方の端に敷設された気体送気口バルブと、該中空軸の他方の端に敷設した安全弁とで機密空間を構成し、該気体送気口バルブを通して外気から該機密空間に気体またはわずかな液体を含む気体を送気して大気圧以上の圧力で封入封入する弾性ロールを提供する。 (もっと読む)


【課題】長期間にわたって現像剤の漏れを防止することに貢献する導電性ローラ及び長期間にわたって現像剤が漏れることのない現像装置を提供すること。
【解決手段】軸体2の外周面に形成された弾性層3と、弾性層3の外周面に形成されたコート層4とを備えて成る導電性ローラ1であって、コート層4は、その両端に、軸体2の軸線方向に交わる方向に延在する溝を有し、かつ、前記軸線方向における凹凸の平均間隔Smが20〜150μmとなる表面を有する端部4A及び4Bを、備えていることを特徴とする導電性ローラ1、並びに、この導電性ローラ1と、導電性ローラ1の端部4A及び4Bに当接する現像剤シール部材とを備えてなることを特徴とする現像装置。 (もっと読む)


1 - 20 / 276