説明

Fターム[3J106BC11]の内容

迅速・多重管継手 (11,587) | 管継手の種類 (1,286) | 動きを許容する管継手 (30)

Fターム[3J106BC11]に分類される特許

1 - 20 / 30


【課題】ロータリージョイント装置において、外筒の各円筒ブロックを分解した後に再度組立する際に、分解前の組立状態と再組立後の組立状態とを高い精度で一致させることができる構成を提供する。
【解決手段】外筒61の外周面上における複数の位置に形成されると共に隣接する2つの円筒ブロック61a,61b,61cに跨がるかたちで外筒の外周面に露出するように形成された複数の取付溝81であって底面82が当該2つの円筒ブロックを組み合わせた状態で平面として加工された取付溝と、複数の取付溝に対し1対1で対応すると共に取付溝に対する前記軸線方向及び外筒の円周方向に関する取付位相が1種類に設定された複数の位置決めブロック80であって対応する取付溝の底面に対する取付面を平面に加工された位置決めブロックを備えるように構成する。 (もっと読む)


【課題】作業者の誤操作をし難く又は正常操作を促すための工夫を付加した管継手用のロックリングを提供する。
【解決手段】ソケット1とプラグ5との分離操作が、ソケットの外側に環装したロックリング4を一旦周回方向へ移動させてから軸方向へ移動させて行う管継手Aのロックリングにおいて、分離操作時にロックリングを把持した指先が引っ掛かる程度の直線状の当接部41aをロックリングの外側周囲に形成すると共に、該当接部のプラグ嵌合側の端部からの延長方向をロックリングの母線方向より分離操作時の周回方向へ傾斜させて形成する。当接部の傾斜角は、約30度と設定している。また、当接部は、ロックリングの外側に環装した摩擦リング41の外側周囲の母線方向に形成した溝41bあって、分離操作時のロックリングの周回方向側に所定幅をもった対向辺部として形成する。 (もっと読む)


【課題】従来の管継手のようなナット(押輪)を用いることなく、樹脂製短管を継手本体に抜止め状に簡易迅速に接続することができる管継手を提供する。
【解決手段】受口部4を有する継手本体1と、この継手本体1の受口部4に挿入された樹脂製短管2とを備える。受口部4の内周に、軸方向内方に向かって窄まり状のテーパ6aを有する環状の内向き爪部6が設けられる。樹脂製短管2の挿入側部の外周には、内向き爪部6に抜止め状に係合され先窄まり状のテーパ8aを有する環状の拡縮径変形可能な外向き爪部8が設けられている。 (もっと読む)


【課題】汎用の継手と組み合わせて任意の数の分岐流路を構成することができ、安定した状態で固定可能であり、コンパクト性を向上させて部品点数を少なく抑えることもできる両挿しチーズ継手を提供する。
【解決手段】チーズ本体2の管軸P方向の両端に継手挿口形状を呈する円筒部3をそれぞれ設けると共に、チーズ本体2のチーズ分岐位置にワンタッチ継手構造を有する樹脂管接合用の分岐受口4を設けた両挿しチーズ継手とこれを用いた回転ヘッダー並びにメータユニット用の分岐継手である。 (もっと読む)


【課題】ロータリー式充填装置等のロータリージョイントにおいて、ロータリージョイントの無給油軸受等の軸受が結露によって発錆しない軸受結露防止装置を提供する。
【解決手段】容器2に液体等を充填するロータリー式充填装置1等のロータリージョイント20,40において、該ロータリージョイント20,40の固定部に回転部を軸支する軸受に、前記回転部とともに回転する回転制御盤15等へ供給するドライエアの一部を、その配管系統16から分岐して供給するように配管系統を構成したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】ゴムホースによることなく、アーム間の回転を吸収可能な空気通路を構成する。
【解決手段】手首部に設けられたモータの回転をフランジに伝えるシャフト13に給気用環状溝23、排気用環状溝24を形成し、シャフト13に嵌合されたスリーブ17に両環状溝23,24に連通する中継路19,20を形成してこれら中継路25,26に手首部に設けられた給気用管路15と排気用管路16を接続する。また、シャフト13に両環状溝23,24に連通する中継路25,26を形成してこれら中継路25,26にフランジ8に設けられた給気用接続管29と排気用接続管30を接続する。Oリング溝36,38については、外側の隅角部Aの曲率半径を大きくして応力集中を緩和し、且つ隅角部A側に補填リング42,43を嵌める。 (もっと読む)


【課題】燃料供給に伴う下部配管と上部配管との接続、分離のための労力、並びに分離忘れによる配管等の破損の虞が無く、また、作動油が燃料に混入する虞も無い構成のセンタージョイントとこれを用いた作業機械を提供する。
【解決手段】外部円筒体42と内部回転体43とで作動油の回転式継手を構成する。内部回転体43の軸心部に燃料流路53を設ける。内部回転体43の下端の嵌合部43aと蓋体45に設けた嵌合部59とを回動可能に嵌合する。両嵌合部43a、59間に環状シール材60を設ける。外部円筒体の下面に固定される蓋体45に環状のドレン溝56を設ける。ドレン溝56に連通するドレン排出ポート62を設ける。シール材60が損傷して作動油の液漏れが生じても、ドレン溝56からドレン排出ポート62を経由して排出され、燃料に作動油が混入することはない。 (もっと読む)


【課題】流入ポートと流出ポートの間での不用意な流体の漏出を確実に抑制可能な流体ポート構造を得る。
【解決手段】流入ポート部材14の保持爪40により、流出ポート部材16は接続部30が垂直となる連通位置で維持され、流入ポート18から流出ポート20への燃料の移動が許容されるが、所定値以上の外力では保持爪40が屈曲されて接続部30が傾斜し流入ポート18と流出ポート20とが連通しなくなる。この状態で、流入ポート18の流出ポート側開口部分18Hは小径シールリング48によってシールされ、流出ポート20の流入ポート側開口部分20Hは小径シールリング48と大径シールリング50の間に位置して、これら2つのシールリング48、50とボール部28とでシールされる。 (もっと読む)


【課題】熱媒体による温度上昇に伴う膨張収縮を有効に吸収することができると共に高サニタリー性を確保し、容易に分解することができ、内部の点検及び内部の洗浄が可能な熱交換器を提供する。
【解決手段】外側管10と、上記外側管10よりも小径に形成され、外側管10内に軸方向に沿って配置された内側管11とを備え、上記内側管11と外側管10との間には高粘性流体が流通すると共に上記内側管11内には上記高粘性流体を熱交換しうる熱媒体が流通し、上記外側管10の周面部には、上記外側管10と上記内側管11との間を流通する高粘性流体製品を熱交換しうる熱媒体が流通する熱媒体流通部12が設けられた流体製品の熱交換器構造において、上記内側管11は、軸方向における伸縮を吸収しうると共に外気を密閉しうる接合部材26を介して上記外側管10の軸方向端部に着脱可能に固定されている。 (もっと読む)


【課題】部品点数ができるだけ少ないホース継手を提供する。錆などで係止能力を失う事態の生じ難い、軽量化し易いホース継手を提供する。
【解決手段】ホースを接合可能な一端を備えたニップル部材3と、機器側に接合可能な一端を備えた中間部材10とを備え、ニップル部材3と中間部材10の間に、両部材の他端どうしを軸心周りで回転可能に連結可能な係止機構30が設けられているホース継手であって、両部材3,10がいずれも樹脂で形成されており、係止機構30が、両部材の一方の外周部に形成された弾性係止片5bと、連結に際して、弾性係止片5bが係止されるように両部材の他方に形成された被係止溝10dとを備えているホース継手とした。 (もっと読む)


【課題】外部配管を接続する継手部の位置(角度)を変化させることが可能な管継手を提供する。
【解決手段】本体2の一端側に、継手部4を備え、他端側に、取付用ネジ部3を備える管継手1であって、前記本体2は、内部に流体が通過する管路20を有し、前記継手部4は、先端部に外部配管60が挿入される開口部42を有すると共に、内部に流体が通過する管路40を有して、該開口部42の中心軸と前記取付用ネジ部3の中心軸とのなす角度が変化する方向に回動可能なように、本体2の側面部に設けられる連結部24に連結され、前記継手部4の管路40は、一端が前記開口部42に連通し、他端が前記連結部24を介して前記本体2の管路20に連通する。 (もっと読む)


【課題】相手側管継手の傾斜を吸収しながら接続する構造においても、耐久性を低下させることのない管継手を提供する。
【解決手段】管継手本体11の軸心に対して相手側管継手20が傾斜した状態で挿入された場合でも、管継手本体11の揺動及び径方向の移動により、管継手本体11を相手側管継手20の傾斜に追従するように傾斜させたまま結合することができる。これにより、相手側管継手20の傾斜を矯正する負荷を増大させることがないので、相手側管継手20のガイドピン22の摩耗や変形に対する耐久性を向上させることができる。また、管継手本体11自体の揺動及び径方向の移動は可撓管11bの撓みによって吸収されるので、管継手本体11内の流体流通構造が管継手本体11の動作の影響を受けることがなく、シール性の低下による流体漏洩や早期破損に対する耐久性を向上させることができる。 (もっと読む)


【課題】連結時における管継手同士の芯ずれの調整量を大きくでき省スペース化も図れる管継手連結装置を得ること。
【解決手段】外周面に収納溝27を有する一方の管継手部材9と他方の管継手部材8と、一方の管継手部材を支持する支持部材7と支持部材を一方の管継手部材に設けた肩部とで挟持するカラー部材31とを備え、支持部材には一方の管継手部材の外径と略同一径の開口7aが形成され、収納溝には弾性部材29が収納されており、支持部材の開口縁部7bが収納溝に面し、開口縁部の一側側面7cが肩部に摺動自在に当接し、開口縁部の他側側面7dがカラー部材の端面31aに摺動自在に当接し、弾性部材により一方の管継手部材を変位自在にしており、収納溝の溝幅は支持部材の板厚よりも大きく形成され、管継手部材を連結する際には、支持部材の開口縁部で押圧された弾性部材が変形することにより一方の管継手部材が支持部材に対して変位する。 (もっと読む)


【課題】 ロックリングと挿入したパイプとが共回り可能にしてパイプの捩れに追随するようにし、しかも、挿入パイプをワンタッチで簡単に挿入することができ、一方、挿入されたパイプは、引き抜き阻止力が確実に発揮されて、極めて安定した状態で接続され、しかも漏水の心配もない管継手を提供すること。
【解決手段】 筒状の継手部材11と蓋部材12で継手本体10を構成し、この継手本体10内にシールリング17,18と挿入パイプ抜け止め用のロックリングを装着し、このロックリング15,16を挿入パイプ13と共回り可能に配置した管継手であり、前記ロックリングのリング部19を継手本体10の中心軸の直交方向に対して3〜7度傾斜させた管継手である。 (もっと読む)


【課題】従来の管継手のようなナット(押輪)を用いることなく、受口部を有する雌型部材を受口部に挿入される挿入側先端部を有する雄型部材に抜止め状にかつシール状に簡易迅速に接続することができる管継手を提供する。
【解決手段】相対回転可能に挿入接続される、受口部10を有する雌型部材2と、挿入側先端部5を有する雄型部材1と、受口部10と挿入側先端部5との重合面間に介在されるシールリング4、およびストッパーリング3を備える。雄型部材は挿入側先端部5の外周に抜止め溝7を円周方向に設ける。雌型部材は受口部10の外周にストッパーリング収容凹溝11を設け、溝底に爪挿通孔12を設ける。ストッパーリング3は内周に複数個の抜止め爪9を内向きに突設し拡縮変形自在なC形状に形成されて、ストッパーリング収容凹溝11に嵌め込まれ、該抜止め爪9の先端部9aが爪挿通孔12より受口部10内へ突出して抜止め溝7に係合される。 (もっと読む)


【課題】操作するのにより好都合な入れ子式ワンド組立体を提供すること。
【解決手段】家庭電気器具用ワンドであって、互いに内部で入れ子になるように寸法づけられた複数のチューブを備え、各チューブは、自身を隣接するチューブに対する伸張位置に固定するために作動可能でありかつ隣接する前記チューブに対して自身を入れ子式に摺動可能にするように解放可能であり、前記チューブが完全に後退した位置にある時に互いに隣接して位置するように前記固定機構が配置されている家庭電気器具用ワンドにおいて、各固定機構は、それぞれの前記チューブが後退した時に隣接する固定機構によって解放されることを特徴とする家庭電気器具用ワンドが提供される。 (もっと読む)


【課題】従来の管継手のようなナット(押輪)を用いることなく、樹脂製短管を継手本体に抜止め状に簡易迅速に接続することができる管継手を提供する。
【解決手段】受口部4を有する継手本体1と、この継手本体1の受口部4に挿入された樹脂製短管2とを備える。受口部4の内周に、軸方向内方に向かって窄まり状のテーパ6aを有する環状の内向き爪部6が設けられる。樹脂製短管2の挿入側部の外周には、内向き爪部6に抜止め状に係合され先窄まり状のテーパ8aを有する環状の拡縮径変形可能な外向き爪部8が設けられている。 (もっと読む)


【課題】内面にライニングのあるホースにもホースカプラを採用可能にする。
【解決手段】ホースカプラがアダプタに連結されるカプラ本体2と、ホース5の一端に取り付けられ、カプラ本体2の内側に挿入されるホースシャンク3とに分割され、カプラ本体2のボール溝29とホースシャンク3のボール溝32との間に多数のベアリングを充填することにより回転可能に結合する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、カップリング公差を補償するクイックカップリングを提供することにある。
【解決手段】本発明のクイックカップリングは、バルブ本体と突起部を有する雄部カップリングを備えている。突起部は、バルブ本体内で半径方向に移動可能で、突起部の端部に、バルブ本体内に収用されるフランジを設けている。バルブ本体内に設けた軸方向に移動可能な環状体が、バルブ本体の底部にあるバネで、フランジに対して押圧されている。軸方向に移動可能な環状体が、フランジに面する側に環状スロットを備え、フランジ内面に接するシールリングが環状スロットに係合している。軸方向に移動可能な環状体が、外周に外周スロットを備え、バルブ本体の内壁に接する外周シールリングが外周スロットに係合している。 (もっと読む)


【課題】同一平面内で入口側と出口側との角度を任意に調整できるようにする。
【解決手段】メス型の連結体本体61内に開口部63があり、その一方が係止用凹部62、他方が開閉弁65を備えた空室61aである。開閉弁はバネ66で付勢される。バネには付着防止用のカバー体67がかけられる。係止用凹部に設けられた球体68はスライドリング69によってその動きが規制される。取り付け口64は、対となる連結体60Bの連結方向とは直交する面内に形成される。オス型の連結体60Bは、対となるように構成される。係止用凸部162を係止用凹部に嵌合させると、凸条部65a,165a同士が衝合して開口部が開く。係止溝部175に球体が嵌合して両者はロックされるが、その周方向への動きは規制されていないので、取り付け口64に対する取り付け口164の向きを自在に設定でき、配設の屈曲が90度であるときでも90度の方向転換が可能になる。 (もっと読む)


1 - 20 / 30