説明

Fターム[3J106BD05]の内容

迅速・多重管継手 (11,587) | 管継手の接続操作 (760) | 流体圧で操作 (8)

Fターム[3J106BD05]に分類される特許

1 - 8 / 8


【課題】大掛かりな設備を要することなく継手同士の接続及び切り離しを行う。
【解決手段】第1継手本体22に設けられたスライドブッシュ26を相手方継手J2と接続される接続位置と相手方継手J2から離間する離間位置とで進退動可能とするとともに、このスライドブッシュ26を接続位置側に付勢するようにし、このスライドブッシュ26の中心孔に挿通された第1弁軸34を駆動手段を用いて後退させることにより第1弁軸34の弁部36をスライドブッシュ26の座部に着座させて内部流路を塞ぐとともに該スライドブッシュ26を圧縮コイルばね30の付勢力に抗して前記離間位置まで後退させる一方、第1弁軸34を駆動手段を用いて前進させることにより前記付勢力でスライドブッシュ26を前記接続位置まで前進させるとともにスライドブッシュ26の座部から弁部36を離座させるようにした。また、第1弁軸34の駆動を補助するアシスト流路52を設けた。 (もっと読む)


【課題】雌雄のカプラーを損傷する虞がなく、両カプラーを確実に円滑に接続可能であり、両カプラーを自動的に接続可能にした流体通路接続装置を提供すること。
【解決手段】流体通路接続装置30は、静止側のベース部材に付設された雄カプラー81と可動部材20に付設された雌カプラー83とを有し、雌雄のカプラー81,82が接続可能となるように、ベース部材に対して可動部材を位置決めする位置決め機構40と、ベース部材に対して可動部材を固定する為にスプリング64の弾性力でクランプ駆動し且つ油圧シリンダの油圧力でクランプ解除するクランプ機構60とを備え、雄カプラー81は油圧で退入駆動され且つスプリングで進出駆動される接続スリーブ84を有し、その油圧作動室89と油圧シリンダのアンクランプ油室61aとを連通する油路90を設けた。 (もっと読む)


【課題】構造をより簡易にし、設計、製作を容易にすることができるとともに、装置自体のコンパクト化を図ることが可能な流体荷役装置における緊急切り離し装置を提供する。
【解決手段】開閉弁が設けられて互いに連結される一対のカップラー2、2と、一対のカップラー2、2同士を連結するクランパー3と、カップラー2、2の弁軸4a、4aを回転操作した後に、クランパー3の連結機構8を操作して連結を解除する流体荷役装置における緊急切り離し装置1において、シリンダ装置24に接続された連結ロッド25の前進又は後退に従動して開閉方向に回転可能なカム21、21を備え、該カム21、21による弁軸4a、4aの閉弁方向への回転が停止されると同時に、連結ロッド25が連結機構8を操作するように構成する。 (もっと読む)


押し込み式アダプター(1)は、第1端部(81)と第2端部(82)とアダプター本体(3)を完全に貫通するボア(7)とを含むアダプター本体(3)と、第1端部(81)に配置された第1押し込み保持構造(91)とを含む。第1端部(81)は第1の空気圧叉は液圧の構成要素に押し込まれるようになっている。押し込み式アダプター(1)は、第2端部(82)に配置された第2押し込み保持構造(92)を更に含む。第2端部(82)は第2の空気圧叉は液圧の構成要素に押し込まれるようになっている。 (もっと読む)


【課題】ホースなどの管体を簡単な操作で着脱することができる継手を提供する。
【解決手段】継手本体12には、ホース40の内管44A、44Bが挿入される支持部12A、12Bが設けられている。継手本体12の周面の突出部14の一方には、流体24が封入された2つのゴム製の第1袋状部18が配置されている。突出部14の他方には、支持部12Aと内管44Aとの間、及び支持部12Bと内管44Bとの間に、流体24が封入された環状体からなる2つのゴム製の第2袋状部20が配置されている。各々の第2袋状部20と第1袋状部18とは連結管22で連通されている。継手本体12にはナット16が設けられており、ナット16を突出部14側に締めることで第1袋状部18が押し潰される。これにより、流体24が連結管22を通って第2袋状部20に移動し、第2袋状部20が膨張して内管44A、44Bの壁部をそれぞれ押圧する。 (もっと読む)


【課題】カップラーの開閉弁をしっかりとした締め切り力によって閉じることができ、開閉弁の閉弁後に速やかに前記カップラーの連結を解放する。
【解決手段】流体荷役装置における緊急切り離し装置1は、クランパー3によるカップラー2,2どうしの連結を解除する操作機構33が、シリンダ装置25と、一方のカップラー2の開閉弁の弁軸4aに固定されており、シリンダ装置25のロッド25aの先端に当接されロッド25aの伸長により弁軸4aを閉弁方向に回転させ、開閉弁の閉弁後に弁軸4aの回転を停止させた状態でロッド25aの伸長を許容するカム面21aを有するカム21と、カム21による弁軸4aの回転が停止された後に、ロッド25aの伸長によって作動されて連結機構8のばねケース17に当接され、連結機構8によるクランパー3の端部クランプ部材どうしの連結を解除するプッシャー31とを備えている。 (もっと読む)


【課題】あらかじめ充填された、ハイドロリック式のシステムの部分コンポーネントをできるだけ簡単な差込み接続部により即座に、かつ確実に互いに接続する。
【解決手段】弁(28,48)が、差込み部材(16,26)と差込みブシュ(17)とをつなぎ合わせた場合に開放されるようにした。 (もっと読む)


【課題】両継手の分離状態において雌継手の副開閉弁から流体が滲み出るのを簡単な構造で確実に防止し、雌継手内部の流体に残圧があっても常圧付近であっても空気を含む流体を確実にシールすることができるようなカップリング装置を提供する。
【解決手段】雄継手3とこの雄継手3に着脱可能に接続される雌継手4とを備え、雌継手4の筒状部材70の先端部分に、接続状態のとき、雄継手3の突出筒部13と筒状部材70間を封止する環状シール部78aと筒状部材70の弁体部73を形成する環状シール部78bとを一体形成した環状シール部材78を装着した。 (もっと読む)


1 - 8 / 8