説明

Fターム[3J106ED41]の内容

迅速・多重管継手 (11,587) | ロック部材のロック形状 (857) | 接合される2つの部分が同型のもの (12)

Fターム[3J106ED41]に分類される特許

1 - 12 / 12


【課題】パイプの差し込み前に差込空間を視認して継手部品の装着を確認することができると共に、パイプの差し込み時にパイプの差し込み状態を確認することができ、かつ構成を簡単にして製作を容易にすることができる継手を提供する。
【解決手段】継手10は、継手本体11の端部に透明樹脂で形成された連結筒体13の内端部が連結され、継手本体11と連結筒体13の内周方には継手本体11の内端部から外端側へ延びるインサート部材24が支持され、連結筒体13とインサート部材24との間には樹脂パイプ28が差し込まれる差込空間29を有し、連結筒体13の外端部にはキャップ41が連結され、連結筒体13とキャップ41との間には差込空間29に差し込まれた樹脂パイプ28を抜け止めする抜け止め機構を備えている。前記差込空間29には樹脂パイプ28の差し込みを案内する透明な差込ガイド49が配置されている。 (もっと読む)


【課題】衝撃や内部負圧が作用した場合における、がたつきや不所望な結合解除を防止する結合金具を提供することである。
【解決手段】一対の本体の夫々の嵌合突部8の先端面と相手側の本体の嵌合凹部7の奥壁面とは、鉤部9の係合面9aの係合中に相互接触し一対の本体の軸方向における相互接近を規制し、また上記本体が鉤部の相互係合方向に相対的に回動した場合、これら上記本体を軸方向における相互離間方向に付勢するよう傾斜したカム面30,31である。上記先端面のカム面は、嵌合突部において鉤部が形成されていない側面8a側の端から鉤部の突出端側の端に向かうにつれて嵌合突部の根元に向かうよう傾斜し、上記係合面は、上記カム面と同様に傾斜し、周方向に対する上記カム面の傾斜角度bは相互に同じであり上記周方向に対する上記係合面の傾斜角度aより大きい。 (もっと読む)


【課題】装着したパイプ断熱カバーのスリットが配管の接続部分で拡開し、この部分に開口が形成されないようにした配管接続金具を提供する。
【解決手段】配管の開口端部を相互に接続するにあたり、前記開口端部に形成されたフランジに装着する配管接続金具であり、前記配管フランジの外周に接面する平坦頂部、および該平坦頂部から配管外周の接線方向に延びる左右対称形状の一対の腕部の先端に前記配管フランジの外周に接面する平坦側部を形成し、且つ、前記腕部に配管フランジが臨む窓孔を形成することにより、配管フランジから突出する部分を最小限にとどめる。 (もっと読む)


【課題】管の接続作業が簡単で、しかも低コストな管継手を提供する。
【解決手段】継手本体2の内周に、コイルスプリング6とこのコイルスプリング6により軸方向外側へ付勢されるスリーブ7とが挿入される。継手本体2の内周面には奥部側が漸次大径となるテーパ面2cが形成され、スリーブ7にテーパ面2cと管3の外周面とに接触する複数のロック部材8を保持する。ロック部材8は軸方向両側面の中心に軸部8bが突設された円柱形であり、スリーブ7にはロック部材保持用の開口部7cが周方向に複数個形成され、開口部7cの内側面にはロック部材8の軸部8bを受ける受け溝7dが形成され、ロック部材8が開口部7cから内径方向に脱落するのを防止できる。 (もっと読む)


【課題】酸素バリア層を備えたパイプを提供することを目的とするものであり、パイプ抜け防止部材等によって表面にパイプ抜け防止部材の爪が食い込んだとしてもこの中間層にまでは達することがなく、酸素バリア性が永久に保たれることとなったものである。
【解決手段】内層11及び外層12とその間に挟まれる酸素バリア性を有する中間層13とよりなることを特徴とする酸素バリア層を備えたパイプであり、かかるの三層は樹脂材料であって、共押出し成形によって得られる。 (もっと読む)


【課題】消火作業中、何らかの原因によって送水ホースに高圧力が加わっても、その送水ホース等が破損することはなく、また安全性を向上できる安全機構付き接続金具を提供する。
【解決手段】軸方向の両端部にホース、配管あるいは流体機器と接続される接続部を有し、内部に流体通路52を形成した接続金具本体51と、接続金具本体に設けられ前記流体通路と連通する分岐通路56を有する分岐管55と、前記分岐管に設けられ前記分岐通路の内圧が設定圧を超えたとき内部流体を外部に放出させる安全機構としての破裂板62とを具備したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、着脱操作の円滑さと抜け止め機能と係合面の充分な耐久性とを維持しつつ、コストを抑えて製造することができる結合装置を提供する。
【解決手段】結合装置10は、同一形状の一対のカプラ10aを備える。カプラ10aは、カプラ本体11と嵌合部6と案内面31aと係合面41とを備える。嵌合部6は、基準円Kに沿ってカプラ本体11の先端部11bに交互に並んで設けられる凹部33と凸部30とを備え、互いに嵌合する。案内面31aは、軸心線Hを含む面に沿って凸部30に形成され、一対のカプラ10aの着脱操作時に互いに面接触し、嵌合部6どうしの嵌合を案内する。係合面41は、凸部30に形成され、一対のカプラ10aが互いに軸心線H方向に離れる方向に互いに面接触する接触部41aを有する。係合面41を、第1の側辺42から基準円Kに沿って奥側に亘って、凸部30の突出方向に傾斜する平面に形成する。 (もっと読む)


【課題】結合時に簡単にロックすることができ、また簡単にロック解除できる結合金具を提供するものである。
【解決手段】結合金具本体1a,1bのうち少なくとも一方の周壁に回動可能に枢支され、一対の結合金具本体1a,1bを結合状態にロックするロック位置と結合状態を解除するロック解除位置との間で移動可能なロックレバー40と、ロックレバー40に設けられ、該ロックレバーがロック位置の時、結合状態にある一方の結合金具本体1aの嵌合凸部8の凸部端面8cと他方の結合金具本体1bの嵌合凹部7の凹部端面7aとの間に挿入され、一対の結合金具本体1a,1bの軸方向の移動を規制して一対の結合金具本体1a,1bを結合状態にロックするロック爪44とを具備したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】継手本体の径が大きくなっても加工費用を従来よりも低減でき、複数の嵌合突部や係止鉤部の一部が破損しても上記一部のみの交換で良い、継手装置及びその製造方法を提供することである。
【解決手段】上記継手装置は、継手本体形成工程により形成された継手本体14、継手本体から独立して嵌合突部形成工程により形成された複数の嵌合突部16、そして、これらから独立して固定手段形成工程により形成された固定手段20を備え、複数の嵌合突部の夫々が突出端部において周方向の所定の一方向に突出した係止鉤部18を有し、嵌合突部固定工程において複数の嵌合突部が継手本体の端部の周方向の複数の所定位置から継手本体の軸方向に沿い突出するよう上記端部に固定手段により固定されている。 (もっと読む)


【課題】 ネジの締結作業や専用工具その他の工具を使用することなしに、挿入するだけで抜け止めが実現する金属管用の管継手を提供する。
【解決手段】 管を挿入するための開口部を有する継手本体と、管の外径よりも若干大きい内径を有する円筒状で継手本体方向に少しく移動可能な抜け止め片ホルダーと、抜け止め片ホルダーの切欠き部に該抜け止め片ホルダーの外方向に少しく移動可能に、かつ、接続する管の外周面に当接するように装着された抜け止め片と、抜け止め片ホルダーに外嵌されていて抜け止め片を管芯方向に押圧する抜け止め片押さえと、継手本体側から端部の管通過孔に向かって縮径するテーパ部を内面に有していて、該テーパ部が抜け止め片押さえに当接するように継手本体に係止されたテーパ外管とを備え、テーパ外管のテーパ部に抜け止め片押さえが当接することにより管継手に挿入した管が管継手から抜けて外れないようにする。 (もっと読む)


直径の異なるセクションを少なくとも2つ一列に有する配管具1’と複数の締結手段3からなり、各締結手段が、配管具の該当するセクションXに接続できる大きさを有するパイプ接続装置。

(もっと読む)


【課題】カプラーを液密状態で連結するためにOリングやボールベアリングなどの部品の装着を必要としないのでその内部構造が簡単で、また、洗浄の際に連結棒も必要としないので、細菌、エンドトキシンの混入や細菌繁殖の恐れが低減され、さらには簡易かつ確実に液密状態で連結可能な透析用カプラー、特に血液透析装置の配管系に使用するカプラーを提供簡易かつ確実な接続手段により一対のカプラー連結可能な手段を有する連結具付き透析用カプラーの提供。
【解決手段】1対のゴム状弾性を有する管状部材で構成され、かつ前記管状部材はそれぞれその内腔14に医療用被連結部材との密着部位、また、その接合側には下記カプラー連結具により液密に密着接合可能な軸方向垂直な平滑面15、16が形成されたカプラーと、前記1対のカプラー11,12上を摺動可能で、かつ、前記カプラーの軸方向垂直な平滑面15,16を液密に密着接合でき、かつ、はめ合わせ接合部位を互いに接合側に有する1対のカプラー連結具とを備えたことを特徴とする透析用カプラー。 (もっと読む)


1 - 12 / 12