説明

Fターム[3J106ED43]の内容

迅速・多重管継手 (11,587) | ロック部材のロック形状 (857) | 締め付けのためのテーパー部材を持つもの (13)

Fターム[3J106ED43]に分類される特許

1 - 13 / 13


【課題】ワンタッチ操作で接続と解除を行えると共に、ロック状態を保持できる機構を付設した配管用クランプ継手を提供する。
【解決手段】一対のクランプバンド6a,6bの下端部同士を連結金具7を介して回動可能に連結する。一対のクランプバンドの自由端部側に一対の緊締部9a,9bを形成する。緊締部9aの両側にピン10を介してリンク板11,11を回動自在に取付け、当該リンク板の先端部にピン12を介して基端部に圧接カム部14を形成した操作レバー13を回動自在に付設する。当該圧接カム部14が圧接するカム受け凹部16を、緊締部9bに凹設する。前記一対のリンク板の先端部に一対のガイド板17,17を突成し、当該一対のガイド板に長孔19,19を穿設して、当該長孔内をスライドし得るロックピン18を配設すると共に、このロックピンに係合し得る係合部20を、前記操作レバーの基端部に形成してある圧接カム部14の近傍に形成した。 (もっと読む)


【課題】パイプの差し込み前に差込空間を視認して継手部品の装着を確認することができると共に、パイプの差し込み時にパイプの差し込み状態を確認することができ、かつ構成を簡単にして製作を容易にすることができる継手を提供する。
【解決手段】継手10は、継手本体11の端部に透明樹脂で形成された連結筒体13の内端部が連結され、継手本体11と連結筒体13の内周方には継手本体11の内端部から外端側へ延びるインサート部材24が支持され、連結筒体13とインサート部材24との間には樹脂パイプ28が差し込まれる差込空間29を有し、連結筒体13の外端部にはキャップ41が連結され、連結筒体13とキャップ41との間には差込空間29に差し込まれた樹脂パイプ28を抜け止めする抜け止め機構を備えている。前記差込空間29には樹脂パイプ28の差し込みを案内する透明な差込ガイド49が配置されている。 (もっと読む)


【課題】管の接続確認が容易で、接続信頼性の高い管継手の提供を目的とする。
【解決手段】継手本体と、当該継手本体の内周面と管の外周面の間をOリングでシールする、管の挿入接続用継手であって、継手本体の内周部に配設し、管の先端部にて押圧挿入される押込リングと、当該押込リングの後部にOリングを配設するとともに当該Oリングの後部に当接し、且つOリング押込み方向に付勢された押圧リングと、管の外周側に位置するロック部材とを有し、管の挿入差し込みにより押込リングが押圧前進するとそれに伴いOリングが押圧リングに押圧され前進するようになっていて、管接続前の状態では継手本体の内周面とOリングとの間に漏水用隙間部を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】簡易な加工方法により低コストで工具レスの管継手を製造することができる管継手の製造方法を提供すること。
【解決手段】金属管Pを接続するための係止部材30が内蔵された管継手10の製造方法において、円筒状の継手本体20内の開口部21側を縮径または開口部22側を拡径する第1成型工程と、継手本体20の開口部22側から係止部材30を挿入する係止部材挿入工程と、継手本体20の開口部21側に第1治具100、開口部22側に第2治具200を挿入する治具挿入工程と、第1治具100と第2治具200とを近接させ、継手本体20の開口部22を係止部材30の外径よりも小径に縮径する第2成型工程とを備える。 (もっと読む)


【課題】構造をより簡易にし、設計、製作を容易にすることができるとともに、装置自体のコンパクト化を図ることが可能な流体荷役装置における緊急切り離し装置を提供する。
【解決手段】開閉弁が設けられて互いに連結される一対のカップラー2、2と、一対のカップラー2、2同士を連結するクランパー3と、カップラー2、2の弁軸4a、4aを回転操作した後に、クランパー3の連結機構8を操作して連結を解除する流体荷役装置における緊急切り離し装置1において、シリンダ装置24に接続された連結ロッド25の前進又は後退に従動して開閉方向に回転可能なカム21、21を備え、該カム21、21による弁軸4a、4aの閉弁方向への回転が停止されると同時に、連結ロッド25が連結機構8を操作するように構成する。 (もっと読む)


【課題】ノーズやボディーの磨耗、変形等によるノーズの抜けや、ノーズの斜め挿入によるボディーへの引っ掛かりを抑制する。
【解決手段】ボディー12には、ノーズ40が挿入される凹状挿入部14が設けられている。凹状挿入部14には、ノーズ40の外周面の周溝44に係合される凸状部22Cを備えた樹脂製のコレット22が配設されている。ボディー本体16の外周側には、カバー26が設けられており、カバー26はロック位置Aとロック解除位置Bとの間を周方向に回動する。ロック解除位置Bでは、カバー26の凹部27Cとボディー本体16の突起部30が係合し、コレット22を奥側に押し込むことで凸状部22Cと周溝44の係合が解除される。カバー26をロック位置Aからロック解除位置Bへ回動させる際には、ボディー本体16の外周面の第1の凸部32と、カバー26の内周面の第2の凸部28が当たり、カバー26の回動が規制される。 (もっと読む)


【課題】接続管の所定長さの差込み状態を人目で容易に確認できるものとする。
【解決手段】継手本体2の受口部12に接続管11の端部が差し込まれる差込式管継手において、継手本体2に確認孔18が内外貫通状に設けられ、継手本体2内に接続管11を所定長さにまで差し込むと確認孔18に露出するマーキング21が接続管11の外周面につけられている。 (もっと読む)


【課題】管の接続作業が簡単で、しかも低コストな管継手を提供する。
【解決手段】継手本体2の内周に、コイルスプリング6とこのコイルスプリング6により軸方向外側へ付勢されるスリーブ7とが挿入される。継手本体2の内周面には奥部側が漸次大径となるテーパ面2cが形成され、スリーブ7にテーパ面2cと管3の外周面とに接触する複数のロック部材8を保持する。ロック部材8は軸方向両側面の中心に軸部8bが突設された円柱形であり、スリーブ7にはロック部材保持用の開口部7cが周方向に複数個形成され、開口部7cの内側面にはロック部材8の軸部8bを受ける受け溝7dが形成され、ロック部材8が開口部7cから内径方向に脱落するのを防止できる。 (もっと読む)


【課題】 接続管の抜け出しが防止される管継手を提供する。
【解決手段】 シール部材4を内蔵する継手本体2と、一端側が継手本体2に固着されかつ他端側から接続管11が挿入されるナット状本体3と、管端部に拡管部12を有する接続管11の挿入動作の過程で拡管部12により押される複数の抜止部材6を円周方向に沿って保持する可動部材5と、この挿入動作により圧縮される弾性部材7とを有する。接続管11が継手本体2の奥まで挿入されると、弾性部材7の復元力により、可動部材5は元の位置に押し戻されて、抜止部材6が拡管部12に嵌まり合う。 (もっと読む)


【課題】ワンプッシュタイプの継手の改良であって、パイプの抜け防止機能と共に、特に酸素不透過機能を付与したパイプ継手を提供するものである。
【解決手段】二つの段部2、3を形成した継手基体1と、大径の段部2内に止水用Oリング4及びパイプ抜け防止部材5を内蔵し、これらの抜けを防止するキャップ6を継手基体1に装着されたパイプ継手であって、前記止水用Oリング4と並列に酸素不透過性Oリング7を周溝内に備えたことを特徴とするパイプ継手。 (もっと読む)


【課題】比較的弱い力で燃料噴射部へ挿入することができる循環用コネクタ及び循環用コネクタの接続構造並びに燃料循環システムを提供する。
【解決手段】燃料噴射部を備えた内燃機関における、燃料噴射部から燃料を燃料タンクに還流させるための燃料循環システムに使用され、燃料噴射部と燃料循環用ホースとの間に介在するとともに、燃料噴射部に対して接合される循環用コネクタであって、燃料噴射部の連結部に挿入された状態で連結部に設けられた第1の溝部とともにクリップ部材によって係止される第2の溝部と、第2の溝部から挿入方向に向けて直径が小さくなるテーパ部と、を有するとともに、テーパ部における、第2の溝部に近い側の、挿入方向に対する傾斜角度を、第2の溝部から遠い側の、挿入方向に対する傾斜角度よりも小さくする。 (もっと読む)


【課題】本発明は、着脱操作の円滑さと抜け止め機能と係合面の充分な耐久性とを維持しつつ、コストを抑えて製造することができる結合装置を提供する。
【解決手段】結合装置10は、同一形状の一対のカプラ10aを備える。カプラ10aは、カプラ本体11と嵌合部6と案内面31aと係合面41とを備える。嵌合部6は、基準円Kに沿ってカプラ本体11の先端部11bに交互に並んで設けられる凹部33と凸部30とを備え、互いに嵌合する。案内面31aは、軸心線Hを含む面に沿って凸部30に形成され、一対のカプラ10aの着脱操作時に互いに面接触し、嵌合部6どうしの嵌合を案内する。係合面41は、凸部30に形成され、一対のカプラ10aが互いに軸心線H方向に離れる方向に互いに面接触する接触部41aを有する。係合面41を、第1の側辺42から基準円Kに沿って奥側に亘って、凸部30の突出方向に傾斜する平面に形成する。 (もっと読む)


【課題】 パイプ同士の接続を強固、確実に行い、配管を構成するパイプの接続作業を、耐圧性を得るべく軸方向の押圧・締付けで行ないながら、極めて容易化、迅速化し、さらに回転部材、カム部という簡素な構成で実現し得るパイプの接続装置を提供する。
【解決手段】 パッキン10を介して液密的に一体的に接続される一対のパイプと、パイプの突合わせ対向端部の一端を他端に押圧する締結手段20とからなり、各パイプの端部外周には、突合わせ鍔部3,7を備え、一方のパイプの鍔部には、該パイプを他方のパイプに押圧するカム12を放射状に複数個備え、締結手段は、他方のパイプの端部に設けられ、軸方向に規制された範囲で摺動可能であり、締結手段の枠体内周の押圧ローラ27をカムのカム面に臨ませ、締結手段を回転させることで、押圧ローラをカム面に係合させ、各パイプの突合わせ端部相互を軸方向に押圧し、ロックするようにしたパイプの接続装置。 (もっと読む)


1 - 13 / 13