説明

Fターム[3K007CB00]の内容

電場発光光源(EL) (25,498) | 透視電極 (428)

Fターム[3K007CB00]の下位に属するFターム

Fターム[3K007CB00]に分類される特許

1 - 20 / 65


【課題】有機ELパネルから発する輻射雑音を大幅に低減し、また、余分なコストアップを招来することのない有機EL照明装置を提供する。
【解決手段】透明の基板2上に透明電極3、有機発光層4、背面電極5が順次積層された有機ELパネル1を備え、この有機ELパネル1の発光面を除く部分が導電性の筐体6で全体的に覆われており、かつ、有機ELパネル1を構成する透明電極3と背面電極5とが有機ELパネル1の発光駆動用の駆動電源7に接続されるとともに、透明電極3が接地されている。 (もっと読む)


【課題】トップエミッション型有機電界発光素子作製において、配線抵抗の低抵抗化、高い可視光透過性を実現する透明電極成膜技術の確立が重要な課題となる。本発明は透明電極成膜において有機薄膜上に透明電極をスパッタリング法により直接成膜するのではなく、ITO簡易剥離法により形成した透明電極と有機薄膜を形成した支持基板とを貼り合せることで素子作製を行う方法を提供する。
【解決手段】ITO簡易剥離法及び本方法により作製した2枚の支持基板を貼り合せることで素子作製を行う方法であって、有機薄膜上に直接スパッタリング法により透明電極形成を行う必要がないことから、素子のスパッタダメージがフリーとなる。 (もっと読む)


【課題】低い印加電圧で駆動でき、高輝度および高い発光効率を示すと共に、大画面化が可能な有機発光素子を提供することにある。
【解決手段】本発明に係る有機発光素子は、基板、陽極、正孔注入層、有機発光層および陰極を含む有機発光素子において、前記正孔注入層がP型無機半導体を含み、前記有機発光層が燐光発光性高分子化合物を含み、前記燐光発光性高分子化合物が、重合性置換基を有する燐光発光性化合物から導かれる構造単位と、重合性置換基を有するキャリア輸送性化合物から導かれる構造単位とを含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、マルチフォトン素子における発光の取り出し効率が向上し、高輝度発光が得られる有機電界発光素子を提供することである。
【解決手段】一対の電極間に膜厚方向に複数の発光層を有し、該発光層からの発光の取り出し側に光の半透過性且つ半反射性の金属電極を有することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 有機発光材料を用い、大気中で製造可能な発光装置を提供する。
【解決手段】
基板上の発光機能領域内部に、下部電極層、有機発光層、および上部透明電極層を積層した発光装置において、下部電極層と有機発光層の界面に、導電性金属のナノコロイダル粒子から形成される補助電極層を形成することにより、下部電極層は平滑化され、発光効率が高まる。また、下部電極層を透明電極層とし、その上に有機発光層、補助電極層および上部電極層を積層する構造でも同様の効果が得られる。さらに、金属アルコキシドを用いたゾル−ゲル法によってガラスを生成し、このガラスによって前記発光装置を封止すると、発光をより持続させることが可能である。 (もっと読む)


【課題】耐熱性が高く、光学特性と力学物性に優れており、かつ線熱膨張係数が低く、高温での熱変形量が小さいフィルムおよびその製造方法、並びに、これを用いた画像表示装置を提供する。
【解決手段】ガラス転移温度(Tg)が250℃以上であり、50μm厚換算の膜厚における400〜700nmの波長の光線透過率が70%以上であり、50℃〜250℃の線熱膨張係数が−30〜40ppm/℃であり、かつ、250℃での熱変形率が−100〜100ppm/時間であることを特徴とするフィルム。 (もっと読む)


【課題】特に高温高輝度駆動時における発光寿命を向上させることが可能な有機EL素子を提供する。
【解決手段】有機EL素子は、少なくとも正孔注入層(正孔注入輸送層)5a及び発光層5bを有する有機層5を陽極と陰極との間に積層形成してなる。前記陽極のイオン化ポテンシャルが正孔注入層5aのイオン化ポテンシャルよりも高い値であり、前記陽極のイオン化ポテンシャルと正孔注入層5aのイオン化ポテンシャルとの差が0.2eV以下であることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】優れた初期特性が長期間維持された発光素子、例えば有機EL発光素子、を得ることができる導電性基板を提供する。
【解決手段】基板、導電層および発光促進層をそれぞれ少なくとも1層有し、前記発光促進層と前記導電層とが隣接して配置されてなることを特徴とする導電性基板、およびこの導電性基板からなる電極基板、有機EL発光素子用導電性基板および発光素子。 (もっと読む)


【課題】有機EL素子への電子注入性を向上させることにより駆動電圧を低下させ、また有機層及び電子注入層に欠陥が生じることを防ぎ、信頼性を向上させ、その結果として消費電力が小さく長期駆動が可能である有機エレクトロルミネッセンス素子を提供する。
【解決手段】陽極と、発光層を含む有機層と、電子注入層と、陰極とがこの順に積層された有機エレクトロルミネッセンス素子であって、上記有機エレクトロルミネッセンス素子は、陰極が島状構造を有し、陰極の電子注入層と面しない側に電子注入補助層が設けられた有機エレクトロルミネッセンス素子である。 (もっと読む)


【課題】膜厚ムラや塗布ムラの無い平坦な膜を形成することが可能な膜形成方法及び電気
光学装置の製造方法を提供すること。
【解決手段】基体上の有機EL素子内に親液性領域70及び撥液性領域80のパターンを
形成する工程の後、不活性気体の雰囲気において、親液性領域に紫外線を照射する工程を
有しているので、撥液性領域を形成する際、親液性領域の一部に撥液性のフッ素原子が結
合した場合であっても、紫外線によって当該フッ素原子を除去することができる。これに
より、親液性領域の親液性が低下することは無く、良好な状態の正孔注入層を形成するこ
とが可能となる。 (もっと読む)


【課題】本発明は上記課題を解決するためになされたものであり、抵抗の小さい電極を上部電極(第二電極)として用いても表示ムラ、輝度低下、発光寿命の短縮等の特性の劣化を受けることがなく、低消費電力の有機EL表示装置を提供することを課題とする。
【解決手段】画素毎に形成された第一電極と、第二電極と、両電極間に配置された有機発光媒体層と、前記第一電極に接続された薄膜トランジスタを備えたアクティブマトリクス駆動型有機エレクトロルミネッセンス表示装置であって、前記第二電極の非画素領域において電気的に接続されている導電性部材を当該第二電極上方に備えることを特徴とする有機エレクトロルミネッセンス表示装置とする。 (もっと読む)


【課題】 従来のようにセラミック膜を繰り返し積層しなくとも、高いバリア性能を達成できるガスバリアフィルムを得ることにあり、また該ガスバリアフィルムを有機エレクトロルミネッセンス用樹脂基材として用いることにあり、また、該有機エレクトロルミネッセンス用樹脂基材を用いて、ガスバリア性が高く、光取り出し効率が高い有機エレクトロルミネッセンス素子を得ることにある。
【解決手段】 樹脂フィルム上にセラミック膜を少なくとも1層以上有するガスバリアフィルムにおいて、該樹脂フィルムがポリシクロオレフィンフィルムであることを特徴とするガスバリアフィルム。 (もっと読む)


【課題】 発光輝度が均一な有機EL素子を提供することにある。
【解決手段】 光学手段が設けられている有機エレクトロルミネッセンス素子において、透明電極層と金属電極層の間に電力を供給することにより発光する有機発光層の発光面に対応した透明電極層の外周部に接触して、透明電極層の電気抵抗よりも低い電気抵抗を有する金属層を設けてなる。 (もっと読む)


【課題】 発光装置において、複数の画素部で夫々、発光素子の温度制御を精度良く行う。
【解決手段】 基板と、該基板上に、所定パターンで配列され、夫々発光素子を含む複数の画素部と、基板上における発光素子が形成された側に設けられた温度制御部とを備える。温度制御部は、基板上で平面的に見て前記発光素子に夫々少なくとも部分的に重なるように又は発光素子を夫々少なくとも部分的に囲むように配置された発熱体を含み、該発熱体に対する通電を行うことで前記発光素子の温度制御を行う。 (もっと読む)


【課題】 画素ごとに異なる波長の光共振器を備え、比較的に容易にかつ高精度に形成することができるEL装置、EL装置の製造方法および電子機器を提供する。
【解決手段】 トップエミッション型の有機EL装置1であって、陽極層12の下層側に反射層19を備えた光共振器構造を有し、反射層19と陽極層12の間において反射層19全体を覆うように形成された絶縁保護層18を有し、絶縁保護層18は、画素100(R),(G),(B)の形成領域ごとに、該画素の色に対応関係を持つ屈折率(n)となっていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 発光効率を向上せしめるトップエミッション型有機EL素子、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 基板上に、AgもしくはAlまたはそれらの合金からなる反射膜と、透明陽極と、少なくとも有機発光層を含んでなる有機EL層と、透明陰極とを順次形成してなる、前記透明陰極側から光を取り出す有機EL素子であって、前記有機発光層の最短発光波長をλとしたとき、前記透明陽極の膜厚がλ/4以下であり、前記透明陽極の前記有機EL層に対する最大突起高さをh、前記有機EL層の膜厚をdとするとき、h/d<0.5を満たす有機EL素子。 (もっと読む)


【課題】
精細度が高く、製造コストが低いEL素子および電界発光表示装置を提供すること。
【解決手段】
(a)基板と、
(b)該基板上の一部に形成された、光触媒を含有する光触媒層と、
(c)該基板(a)と該光触媒層(b)とを備える基材の上表面に形成された、該光触媒の作用により分解され得るパターニング層と
を備える基材を露光することにより、該光触媒層上の該パターニング層(c)を分解除去し、該光触媒層の上表面の少なくとも一部を露出させるパターニング工程を含むことを特徴とするパターニング方法、該パターニング方法を用いた成膜方法、該成膜方法を用いたEL素子の製造方法、ならびに該製造方法により得られるEL素子および電界発光表示装置。 (もっと読む)


【課題】1画素内での輝度均一性に優れた有機EL表示装置及びその製造方法の提供。
【解決手段】基板1上に複数の画素が配置され、各画素が画素電極と発光層を含む有機材料層5と上部電極6との積層体を有する有機EL表示装置において、画素内で画素電極及び有機材料層5が複数に分割されている。画素電極を分割した分割画素電極3の端面が有機材料層5によって被覆されている。分割画素電極3の各々に対し有機材料を含む溶液をインクジェット法で滴下することにより、溶液を選択的に塗布し、有機材料層5を形成する。又は、複数の分割画素電極3からなる分割画素電極群の各々に対し溶液をインクジェット法で滴下した後、滴下された溶液を各分割画素電極3に対応して分離させることにより、溶液を選択的に塗布する。分割画素電極3下に撥液性表面を有する下地層2を形成する。溶液を滴下する前に、分割画素電極3間に露出する下地層2表面の撥液性を高める。 (もっと読む)


【課題】 発光性能を可能な限り向上させることが可能な有機発光素子を提供する。
【解決手段】 青色有機EL素子16B、緑色有機EL素子16Gおよび赤色有機EL素子16Rにおいて、下部電極層161B,161G,161Rと上部電極層164との間に設けられた有機層163が、複数の発光層が積層された積層構造を有している。特に、(1)下部電極層161B,161G,161Rの反射面と複数の発光層のうちの各発光層の発光面との間の距離(第1の光学的距離)が所定の関係式を満たし、(2)下部電極層161B,161G,161Rの反射面と反射面規定層165,166の界面との間の距離(第2の光学的距離)が他の所定の関係式2を満たし、(3)下部電極層161B,161G,161Rと有機層163との間の距離が青色有機発光素子16Bおよび赤色有機発光素子16Rよりも緑色有機発光素子16Gにおいて大きくなっている。 (もっと読む)


【課題】EL素子を発光部とした発光装置において、複数の発光領域を選択的に発光可能、かつ全面発光状態又は見かけ上全面発光状態において暗線を目立たないようにする。
【解決手段】発光装置11は透明電極13と対向電極15との間に有機EL層14が挟まれた有機EL素子16を発光部17とし、複数の第1の領域19及び第1の領域19に挟まれた第2の領域20を備えている。第2の領域20は、非発光領域20a及び発光領域20bがそれぞれ複数存在する状態に形成されている。非発光領域20aは、透明電極13の一部に孔13bを形成することにより構成されている。孔13bはその存在密度が第1の領域19の透明電極13の端子13aに近いほど高くなるように形成されている。 (もっと読む)


1 - 20 / 65