説明

Fターム[3K107DD72]の内容

Fターム[3K107DD72]に分類される特許

61 - 80 / 507


【課題】容易にコントラストをつけることができ、かつ製造コストを下げることができると同時に、パターン化に用いる有機電界発光素子として正孔注入層にアリールアミン骨格を有する化合物以外の材料をも適用することが可能であり、材料選択の幅を広げることができる有機電界発光素子の製造方法。
【解決手段】窒素ガス及び希ガスのいずれかを含むガス雰囲気下で陽極を表面処理する表面処理工程と、前記表面処理工程により表面処理された陽極上に少なくとも正孔注入層と発光層とを含む有機電界発光素子を作製する有機電界発光素子作製工程と、有機電界発光素子の発光面の少なくとも一部に電磁波を照射して輝度を変化させる電磁波照射工程とを含むことを特徴とする有機電界発光素子の製造方法。 (もっと読む)


【課題】正孔注入または正孔抽出用電極としてn型有機物層を備えた電気素子を提供する。
【解決手段】電気素子は、正孔を注入または抽出する第1電極であって、導電層及び導電層上に位置するn型有機物層を備える第1電極、電子を注入または抽出する第2電極、及び導電層と第2電極との間に位置するp型有機物層を備える。p型有機物層は、n型有機物層とp型有機物層との間でNP接合を形成する。n型有機物層のLUMOエネルギー準位と導電層のフェルミエネルギー準位とのエネルギー差は、約2eV以下であり、n型有機物層のLUMOエネルギー準位とp型有機物層のHOMOエネルギー準位とのエネルギー差は、約1eV以下である。 (もっと読む)


【課題】所期の発光効率が得られる表示装置を提供すること。
【解決手段】表示パネル19では、陽極3と発光層5との間に第1電子注入層61が形成されるとともに、陽極3と第1電子注入層61との間に正孔注入層41が形成されている。換言すれば、陽極3上に、正孔注入層41、第1電子注入層61、発光層5の順に積層した構成となっている。この構成によれば、第1電子注入層61に用いられた電子注入材料が正孔注入層41内に拡散し、この拡散した電子注入材料が正孔注入層41内でのホール(正孔)の輸送を阻害もしくは促進することによって、発光層5へ輸送されるホール(正孔)の量が調整され、その結果キャリアバランスが改善される。よって、発光層と陽極との間の有機層に添加される材料の影響によりキャリアバランスが崩れて発光が阻害されていた従来の発光素子よりも、発光効率を向上させることができる。 (もっと読む)


【課題】重合性官能基を有する新規重合性単量体と、それを熱重合等で得られる塗布型の有機デバイス用材料、特に正孔注入輸送層を均一に形成できる正孔注入輸送材料として好適な重合体を提供する。
【解決手段】Zが下記式(2)で表わされる基であり、重合性官能基を含む基が、L、A、B、C、P及びQの少なくとも1つに結合する下記式(1)で表わされる重合性単量体。
(もっと読む)


【課題】長寿命で、コントラストと色純度が高く、消費電力の小さい有機EL表示装置を提供する。また低コストで製造するために、少ない部品構成で、大型基板を用いた生産性の良い有機EL表示装置の製造方法を提供する。
【解決手段】有機EL表示装置100は、ボトムエミッション型であって、透明基板2上に少なくとも隔壁としてのバンク部112で隔離された赤色、緑色、青色に対応する各透明画素電極111と、各透明画素電極111上に形成された正孔注入層110aと、正孔注入層110a上に形成されインクジェットで塗り分けられた赤色、緑色、青色それぞれの有機発光層110cと、これらの有機発光層110cを覆う対向電極12と、を備え、正孔注入層110aは有機発光層110cからの発光色と同色の光を選択透過する着色成分を含有されてなり、正孔注入層110aの膜厚が0.3μm以上、2μm以下であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】電荷注入輸送能が高く、且つ有機溶剤に対する溶解性に優れ、新規なアリールアミンポリマーと有機電界発光素子用組成物、更に駆動電圧が低く、また駆動寿命が長い有機電界発光素子、並びに高品質の有機EL表示装置及び有機EL照明を提供する。
【解決手段】下記式(1)で表される繰り返し単位を含むことを特徴とする、アリールアミンポリマー。


(式中、nは2〜3の整数を表し、Arは、置換基を有していてもよい芳香族炭化水素環及び/又は置換基を有していてもよい芳香族複素環を2〜5個連結してなる基を表し、Ar〜Ar4は、各々独立に、置換基を有していてもよい芳香族炭化水素環及び置換基を有していてもよい芳香族複素環基、並びに該芳香族炭化水素環及び/又は該芳香族複素環を2〜5個連結してなる基を表す。尚、上記式中のベンゼン環は、置換基を有していてもよい。) (もっと読む)


【課題】発光効率が高い発光素子を提供することを課題とする。また、低駆動電圧の発光素子を提供することを課題とする。さらに前記発光素子を用いて発光装置を作製することにより、消費電力の小さい発光装置を提供することを課題とする。また、前記発光装置を表示部として用いることにより、消費電力の小さい電子機器を提供することを課題とする。
【解決手段】一対の電極間に、第1の有機化合物と無機化合物とを複合してなる複合材料を含む層と、前記複合材料を含む層に接するように第2の有機化合物を含む層と、発光物質を含む層と、を有し、前記第1の有機化合物は、芳香族炭化水素であり、前記第2の有機化合物は、芳香族炭化水素またはカルバゾール誘導体であるである発光素子を提供する。 (もっと読む)


【課題】発光素子の長寿命化と発光効率の向上を達成することが可能な新規物質を提供する。
【解決手段】一般式(G1)で表される構造を有するカルバゾール化合物を提供する。なお、一般式(G1)における置換基(R、R、Ar及びα)としては、当該置換基の結合手を水素で置換した化合物のHOMO準位が深く、LUMO準位が浅い置換基をいずれも用いるものとする。また、一般式(G1)における置換基(R、R、Ar、及びα)としては、当該置換基の結合手を水素で置換した化合物のバンドギャップ(Bg)が広く、T1準位が高い置換基をいずれも用いるものとする。
(もっと読む)


【課題】有機発光素子を提供する。
【解決手段】下記化学式1で表示されるヘテロ環化合物及びこれを含む有機膜を具備した有機発光素子である:
[化1]


該化学式についての説明は、発明の詳細な説明を参照する。 (もっと読む)


【課題】基板上にバンクを有し、該バンクにより区切られた画素領域にインクジェット法等で有機物を含有する液体材料(塗布液)を塗布することを含む有機電界発光表示装置の製造方法において、バンクへの有機物の付着量を低減することができる有機電界発光表示装置の製造方法を提供すること。該有機電界発光表示装置の製造方法により製造された有機電界発光表示装置を提供すること。
【解決手段】液体の有機物若しくは液晶性を有する有機物を含有する塗布液、及び曲率を有するバンクを用いると共に、純水に対する接触角について所定の関係を満たす有機電界発光表示装置の製造方法、及び、該有機電界発光表示装置の製造方法により製造された有機電界発光表示装置。 (もっと読む)


【課題】青の画素に隣接する有機層の膜厚の均一性を向上させることが可能な有機EL表示装置およびその製造方法を提供する
【解決手段】赤色発光層16CRおよび緑色発光層16CGを塗布法、青色発光層16CBを蒸着法により共通層として形成する。赤色有機EL素子10Rおよび緑色有機EL素子10Gの各々を、少なくとも対向する2辺で同一画素10内または隣接画素10内の青色有機EL素子10Bと隣接させる。青色有機EL素子10Bに隣接している辺では、製造工程における塗布液の乾燥速度の不均一が抑えられ、乾燥後の赤色発光層16CRおよび緑色発光層16CGの膜厚の片寄りが低減される。よって、赤色発光層16CRおよび緑色発光層16CGの膜厚の均一性または対称性が向上する。 (もっと読む)


【課題】駆動電圧が低い発光素子を提供する。また、素子寿命の長い発光素子を提供する。また、製造歩留まりの高い発光素子を提供する。
【解決手段】有機材料と無機材料とを含む層を有し、有機材料と無機材料とを含む層の活性化エネルギーは0.01eV以上0.3eV未満である発光素子を提供する。より好ましくは、有機材料と無機材料とを含む層の活性化エネルギーは0.01eV以上0.26eV未満であることが好ましく、さらに好ましくは、0.01eV以上0.20eV未満であることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】発光効率を優れたものとするとともに、高電流密度の電流で駆動する場合においても、長寿命化を図ることができる発光素子、かかる発光素子を備えた発光装置、表示装置および電子機器を提供すること。
【解決手段】発光素子1は、陽極3と、陰極9と、陽極3と陰極9との間に設けられ、陽極3と陰極9との間に通電することにより発光する発光層6と、陽極3と発光層6との間に設けられ、正孔注入性を有する正孔注入層4と、正孔注入層4と発光層6との間に設けられ、正孔輸送性を有する正孔輸送層5と、正孔注入層4と正孔輸送層5との間に設けられ、正孔輸送性を有する正孔輸送性材料と、電子トラップ性を有する電子トラップ性材料とを含んで構成された電子中和層5Xとを有する。 (もっと読む)


【課題】光取り出し効率の改善のために散乱層を設けた有機電界発光素子において、散乱層を設けたことによるダークスポットの発生や陽極/陰極間の短絡の問題を改善する。
【解決手段】散乱層、正孔注入層、正孔輸送層、及び発光層を含む積層体を有する有機電界発光素子。該散乱層に含まれる散乱体が気泡或いはガラス粒であり、且つ該正孔注入層及び/又は正孔輸送層が湿式製膜法により形成されている。散乱層に近い正孔注入層及び/又は正孔輸送層を湿式成膜法で形成することにより、正孔注入層及び/又は正孔輸送層が散乱層表面の凹凸に追従する形で成膜され、保護膜としての機能を発揮し、この上に形成される各層の成膜欠陥を防ぎ、ダークスポットや短絡の問題のない高寿命の有機電界発光素子を実現することができる。 (もっと読む)


【課題】長寿命化を図ることができる発光素子、かかる発光素子を備えた発光装置、表示装置および電子機器を提供すること。
【解決手段】発光素子1は、陽極3と、陰極9と、陽極3と陰極9との間に設けられ、陽極3と陰極9との間に通電することにより発光する発光層6と、陽極3と発光層6との間に発光層6に接して設けられ、正孔輸送性を有する正孔輸送性材料と、電子トラップ性を有する電子トラップ性材料とを含んで構成された電子中和層5Xとを有する。 (もっと読む)


【課題】金属片や異物が電極層上に存在することに起因する有機層に生じる欠陥部の減少を図り、有機EL素子の耐電圧性の向上を図ることにより、短絡の発生が抑制された有機EL素子が得られる有機EL素子の製造方法を提供する。
【解決手段】透光性基板1上に設けられる透光性電極層2を含む1対の電極層と、該1対の電極層に挟持され、正孔注入層30、正孔輸送層30e、発光層及び電子輸送層とを有する有機層とを有する有機エレクトロルミネッセンス素子の製造方法であって、透光性基板上に形成した透光性電極層上に、正孔注入層材料、該正孔注入層材料及び正孔輸送層材料と、該正孔輸送層材料とを順次成膜し、これらの材料の成膜中又は成膜後、これらの材料のガラス転移温度以上の温度に加熱して、正孔注入層と、正孔輸送層と、これらの層間に介在する中間層30dとを形成する。 (もっと読む)


【課題】OLEDディスプレイとOLEDデバイスの短絡を減らすさまざまな構造を提供すること。
【解決手段】(a)基板と;
(b)この基板の上に配置された第1の電極層と;
(c)この第1の電極層の上に配置された無機短絡低減層と;
(d)この無機短絡低減層の上に配置された電荷注入層と;
(e)この電荷注入層の上に配置された有機EL素子と;
(f)この有機EL素子の上に配置された第2の電極層を備えていて、上記短絡低減層が、短絡に起因する漏れ電流と、それに付随する発光効率の損失とを減らすのに十分な厚さと抵抗率を持つように選択されているOLEDデバイス。 (もっと読む)


【課題】発光効率が高いタンデム型の有機エレクトロルミネッセンス素子、及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】有機エレクトロルミネッセンス素子1は、陽極12と陰極16との間に、発光層133を備える第一発光ユニット13及び発光層152を備える第二発光ユニット15を有し、第一発光ユニット13と第二発光ユニット15との間に中間ユニット14が設けられ、中間ユニット14は、陽極12側から、電子注入層141、亜鉛複合酸化物層142、及び正孔注入層143をこの順に備え、亜鉛複合酸化物層142に含まれる亜鉛複合酸化物は、亜鉛と亜鉛以外の金属元素Mとを含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】低コスト化を図りつつ表示画質を向上させることが可能な有機EL表示装置を提供する。
【解決手段】隔壁15が、濡れ性が異なる2種類以上の無機材料膜を有する積層構造からなるようにする。湿式法(塗付法)を用いて画素内に有機層(正孔注入層16A、正孔輸送層16Bおよび発光層16C)を形成する際に、撥液性膜15B1,15B2,15B3によって、有機材料溶液の充填位置正確性が確保されると共に、隔壁15の側面での濡れ上がりによる上部電極17とのショート不良や画素間リーク等の発生が抑えられる。また、親液性膜15A1,15A2,15A3によって、乾燥過程において有機材料溶液がはじかれることが抑えられ、有機層における膜厚のばらつきが低減する。更に、このような積層構造からなる隔壁15を、単一の工程にて連続的に形成することが可能となる。 (もっと読む)


【課題】積層構造体、電子デバイス用材料、特に正孔輸送及び/又は正孔注入材料として同じ電圧でより高い電流密度を確保できる新規な芳香族化合物、その製造方法、正孔注入及び/又は正孔輸送材料並びに電子デバイスを提供する。
【解決手段】基体と、カチオン中心を有する基の少なくとも1種を側鎖に有する芳香族化合物を含む正孔注入及び/又は正孔輸送層とを有する積層構造体;該積層構造体を有する電子デバイス;カチオン中心を有する基の少なくとも1種を炭化水素側鎖に有する芳香族化合物;脱離基を炭化水素側鎖に有する芳香族化合物;脱離基を炭化水素側鎖に有する上記芳香族化合物を、特定の窒素化合物、リン化合物もしくは硫黄化合物又はそれら化合物の2種以上の組み合わせと反応させることにより、該芳香族化合物をそのオニウム塩に変換することを含む、カチオン中心を有する基の少なくとも1種を炭化水素側鎖に有する上記芳香族化合物の製造方法。 (もっと読む)


61 - 80 / 507