説明

Fターム[3K107FF15]の内容

エレクトロルミネッセンス光源 (181,921) | パラメータ (13,035) | 形状(長さ、厚さ、面積、角度など) (4,159)

Fターム[3K107FF15]に分類される特許

4,141 - 4,159 / 4,159


本発明は、柔軟な絶縁基板に埋め込んだ誘電球を用いたエレクトロルミネセンス表示装置に関する。球形誘電粒子の各々は、基板の上部面から突き出た第1部分と、基板の下部面から突き出た第2部分とを有する。エレクトロルミネセンス蛍光体層を各球形誘電粒子の第1部分に付着させると共に、連続的導電性の実質的に透明な電極層をエレクトロルミネセンス蛍光体層の上部面と、エレクトロルミネセンス蛍光体層の上部面同士の間に位置する上記柔軟な絶縁基板の領域に載せる。上記球形誘電粒子の第2部分と、球形誘電粒子の第2部分同士の間に位置する柔軟な絶縁基板の領域を連続的導電性電極層で被覆する。
(もっと読む)


【課題】ナノサイズの半球状凹部が形成された基板を用いた高効率の有機発光素子及びこの作製方法の提供。
【解決手段】本発明は、基板、第1の電極、有機物層、及び第2の電極を順次に積層してなる有機発光素子において、前記第1の電極と接する基板の上面には、複数の連続した半球状凹部が形成されたことを特徴とする有機発光素子を提供する。また、本発明は、a)少なくとも一面がアルミニウムからなる基板を酸溶液に浸した後、10〜400Vの酸化電圧を加えることでアルミニウムからなる基板の一面上にアルミニウム酸化膜を形成し、このアルミニウム酸化膜には複数の連続した凹部を形成し、前記基板とアルミニウム酸化膜との接触面には、前記アルミニウム酸化膜上の凹部の曲面と同じ方向の凹部を形成するステップと;b)前記アルミニウム酸化膜が形成された基板からアルミニウム酸化膜を除去し、前記基板の一面に複数の連続した半球状凹部を形成するステップ;及びc)前記半球状凹部が形成された基板の一面上に有機物層及び電極を形成するステップと;を含むことを特徴とする有機発光素子の作製方法を提供する。
(もっと読む)


本発明は、導電性のドープされたポリマーと有機半導体層との間に少なくとも1つの架橋可能なポリマーバッファー層、好ましくはカチオン架橋可能なポリマーバッファー層を挿入することにより、電子特性をかなりの程度まで改善することができる電子デバイスに関する。架橋が熱的に誘起されるバッファー層により、特に良好な特性が得られる。代わりに、フォトアシッドを添加することにより、架橋を放射により誘起することができる。さらに、このようなバッファー層は、印刷法、特にインクジェット印刷により好都合に塗布することができる。熱処理のための理想的な温度が材料のガラス転移温度から独立しているからである。次の層(有機半導体層)も異なる印刷法、特にインクジェット印刷により塗布することができる。バッファー層が架橋プロセスにより不溶にされ、このため、その後にバッファー層が溶解するのを防止するからである。 (もっと読む)


基材(2)および、薄膜技術によって基材上に設けられた少なくとも1つの電子薄膜構成要素(8)、を有する、薄膜アセンブリ(1)であって、ここでベース電極(4)が基材上に提供されており、その上に、薄膜構成要素の一部を形成する、ベース電極薄膜層(21)が、上部トップ電極(9)と併せて配置されており;
この基材(2)は、絶縁材ベース体(3)と、導体層(5)としての金属コーティングと、を有する、従来知られているプリント回路基板(2)から構成され、
この導体層(5)は、ベース電極(4)を形成し、そしてこの目的のために、少なくとも薄膜構成要素(8)の位置上はスムージングされており、および
接触層(18)が、スムージングされ、必要に応じて補強された導体層(5)と、薄膜構成要素(8)の積層薄膜層(21)と、の間に、薄膜技術によって提供されており、ここで接触層が、ベース電極(4)の表面に、物理的または化学的に吸着されている、薄膜アセンブリ。

(もっと読む)


本発明は基板(1)を含むパネルに関し、基板は、エレクトロルミネッセンスセル(21)に分割され、一方は透明で他方は不透明な電極の2つの層の間に挿入された有機エレクトロルミネッセンス層と、反射の使用を包含する光抽出子の層(3)とを支持し、各抽出子(31)は、透明材料から成り、各セル(21)のエレクトロルミネッセンス層の領域が複数の抽出子と光学的に結合される場所に、入射区画(32)と、出射区画(33)と、反射的な側壁(34)とを含む。光抽出能力が向上すると共に、製造上の制約を限定し、限定的な幅のパネルを維持する。
(もっと読む)


本発明は、有機エレクトロルミネッセンスディスプレイデバイスを製造するための方法であって、該方法は次のステップを有している:
導光性の基板を設け、
該導光性の基板に少なくとも1つの透明な電極を配置し、該透明な電極は導光性の導電膜から成っており、
サブアッセンブリに少なくとも1つ有機層を形成し、該少なくとも1つ有機層は有機エレクトロルミネッセンス媒体から成っていて、該少なくとも1つ有機層は前記電極を被覆しており、
前記少なくとも1つ有機層の全面に導電膜を形成し、かつ
該導電膜の少なくとも一部分を照射法を使用して除去して、相互に電気的に絶縁されておりかつ透明な電極に対して垂直である方向に延在しているストライプライクな電極が生成されるようにする
方法を開示している。
(もっと読む)


OLEDデバイスであって、発光画素アレイを含み、各画素が、光を生成する1つ以上の発光層を含む有機層と、離間した電極とを有するサブ画素を含み、そして、色ガモットを画定する色を生成する3つ以上のガモット・サブ画素と、該ガモット・サブ画素によって生成される色ガモット内の光を生成する1つ以上のサブ画素とがあり;そして該ガモット・サブ画素のうちの1つ以上が、マイクロキャビティを形成する機能を発揮するリフレクターと半透明リフレクターとを含む、OLEDデバイス。
(もっと読む)


基板10と、基板10の一側に互いに対向するように配置された第1の電極層12及び第2の電極層18と、これらの電極層間に配置された発光層20と、を備える有機EL素子において、第1の電極層12及び第2の電極層18の一方がホール注入電極層、他方が電子注入電極層であり、発光層20中に、電子注入電極層側に偏倚して、発光層14を構成する有機化合物とは異なる有機高分子化合物を含有する改質部16が形成されていることを特徴とする有機EL素子。 (もっと読む)


表示装置や照明装置に使用される発光素子は、従来平坦な基板上に形成されていたため、装置を大型化する場合に製造装置も大型化する必要があった。また、発光素子に1つでも欠陥があると装置全体が不良となり歩留まり向上が困難になるという問題があった。
本発明は、上記問題を解決するために、発光素子を線状の素子として形成し、該線状素子を組み合わせて平面状の発光装置を形成することとした。
これによって、良品の線状発光素子のみを選択して発光装置が作製可能となり、装置の大型化や歩留まりの向上が期待できる。 (もっと読む)


【課題】有機EL素子
【解決手段】第一電極と第二電極の間に有機多層を有する有機EL素子が開示され、該有機多層は、第一電極上に形成され、有機材料から選択された少なくとも一種と無機材料から選択された少なくとも一種の混合物にて形成された正孔注入層、正孔注入層上の少なくとも一層を有する正孔輸送層、及び正孔輸送層の上に形成された発光層を含む。 (もっと読む)


横方向に間隔取りされた複数の電極及びこれらの電極から垂直方向に離して間隔取りされた単数又は複数の電極を含むOLEDデバイスの開口率又は解像度を改善する方法。該方法には、横方向に間隔取りされた電極と間隔取りされた関係で、転写可能な有機材料を有する供与体を提供する段階及び、有機材料の実質的に全てが転写され有機材料のエッジテーパー領域が8μm未満となり、かくして横方向に間隔取りされた電極間の間隔の削減及びOLEDデバイスの開口率、解像度又はその両方の改善を可能にするような形で、横方向に間隔取りされた電極全体にわたり有機材料を転写するべく横方向に間隔取りされた電極の領域に対応するパターンで供与体に輻射熱を照射する段階が含まれる。
(もっと読む)


陽極(10)と陰極(2)との間に少なくとも2層以上の発光層(4)、(8)を有し、前記発光層(4)、(8)の間には中間電極層(6)が介在し、前記中間電極層(6)は、単一層、又は複数の層からなる積層体であり、この中間電極層(6)の少なくとも一層が、0.001〜10,000Ω・cmの抵抗率を示す半導体性材料からなる、有機エレクトロルミネッセンス素子。この有機エレクトロルミネッセンス素子及びそれを用いた表示装置は、高効率で長寿命である。 (もっと読む)


封止構造(3)と安定化層(5)とを含むディスプレイ装置のための封入構造が開示されている。封止構造(3)は、環境的に敏感な部分(2)とディスプレイ装置上の突出部(4)とを被覆する本質的に水/酸素不透過性膜である。安定化層(5)はディスプレイ装置、ディスプレイ装置上の突出部(4)、及び、耐引掻性を有する保護層を備えた封止構造(3)を被覆し、その結果、水/酸素不透過性及び耐引掻性を有する封入構造が得られる。
(もっと読む)


本発明は、大気中の汚染物質へのディスプレイ部品の露出を防止する周囲シールを組み込むシールされたエレクトロルミネセント・ディスプレイであり、また、同様のものを作るためのシール方法に関する。シールされたエレクトロルミネセント・ディスプレイは、基板、カバープレート、および基板とカバープレートと間のエレクトロルミネセント・ディスプレイ構造を有する。大気中の汚染物質へのエレクトロルミネセント・ディスプレイ構造の露出を防止するために基板からカバープレートに延在する周囲シールが提供される。周囲シールはシール材料の1つ以上の層を有し、その状況で、さらに少なくとも1つの層がゲッター材料を有する。 (もっと読む)


本発明は、使用者によって取り扱うことのできる、固体で耐久性のあるマトリックス中に分散された発光体を含む照明系に関する。当該照明系は、透過装置又は光拡散装置、特には一体の単一又は複合層のグレージングに適用される。 (もっと読む)


複数の光透過性フィルター、対応する複数の個別にアドレス可能な電極を規定する第1電極層、白色発光OLED材料の第1層、ドープ有機導体層、白色発光OLED材料の第2層、および複数のカラーフィルターと同延の単一電極を規定する第2電極層、を含む画素を有するOLED素子。
(もっと読む)


本発明は、少なくとも1つの発光手段(11,41,52,53)と、該発光手段(11,41,52,53)により形成可能な光線を反射させるための少なくとも1つのリフレクタ(14,42,51,101)とを備えた、自動車(1)に用いられるヘッドライト(2,10,20,30,40,50,100)またはランプに関する。本発明の構成では、当該ヘッドライト(2,10,20,30,40,50,100)が付加的にエレクトロルミネッセンス層(17,21,31,45,60,61,62,63,64,70,82,93)を有している。
(もっと読む)


両方とも駆動回路(3)に接続可能であり、下方から電気的にアクセス可能である下部電極層(10)と上部電極層(2)とを有するエレクトロルミネッセンス装置(1)について開示している。1つ又はそれ以上の機能層(5)が、エレクトロルミネッセンス領域を形成するように電極層(2、10)間に配置されている。その装置(1)は正に傾斜した絶縁性リブ(7)を有するレリーフパターンを有し、それらのリブ間に井戸(13)が形成されている。上部電極層(2)は少なくとも1つの正に傾斜したリブ(7)を覆う延長部を有し、井戸(13)は第1側面(7´)に備えられ、接触表面(4)は正に傾斜した絶縁性リブ(7)の第2側面(7´´)に備えられている。上部電極層(2)の延長部は前記上部電極層(2)により覆われている前記接触表面の少なくとも一部を備えている。それ故、上部電極層(2)は接触表面(4)において下方からアクセス可能になる。装置(1)は、アクティブマトリクスディスプレイにおける構造化陰極のために及び/又は透明/半透明陰極におけるシート抵抗を減少させるために用いられることが可能である。

(もっと読む)


少なくとも2つの電極と半導体層を含み、その半導体層は少なくとも一の正孔輸送半導体材料と少なくとも一の電子輸送半導体材料の混合物を含むものであって、少なくとも一の前記半導体材料が、少なくとも一の前記電極表面に付着していて且つ少なくとも一の前記の他の半導体性材料と接触している、半導体ポリマーブラシの形状を有する有機電子素子。また、少なくとも2つの電極と半導体層を含み、その半導体層は少なくとも一の正孔輸送半導体材料または少なくとも一の電子輸送半導体材料を含むものであって、前記少なくとも一の半導体材料が、少なくとも一の前記電極表面に付着している、半導体ポリマーブラシの形状を有する有機電子素子。前記素子の製造方法も提供されている。
(もっと読む)


4,141 - 4,159 / 4,159