説明

Fターム[3L103DD54]の内容

ラジエータ、流路群を持つ熱交換装置 (16,910) | 構成 (6,710) | 板の形状 (774) | 板状でフィン付のもの (245) | 板状でコルゲート型フィン付のもの (165)

Fターム[3L103DD54]に分類される特許

1 - 20 / 165


【課題】軽量で、安価に製造することが可能である上、長期間に亘って損傷しない実用的なUターン型熱交換器を提供する。
【解決手段】Uターン型熱交換器1は、7個の伝熱管2,2・・、キャップ部材4、伝熱管2,2・・およびキャップ部材4を覆うアウターケースである外管3、他の装置、部品等に連結させるための連結部材5、および、外管3と連結部材5との間に介在させるラバーシール30等によって組み付け形成されている。また、外管3は、ポリアミド系樹脂によって形成されており、排出管6、導入管7、ブラケット44,44が一体的に設けられている。 (もっと読む)


【課題】 ヘッダレスタイプ熱交換器の組立てを容易に行える偏平チューブの提供。
【解決手段】 溝形の第1プレート1、第2プレート2の嵌着体で偏平チューブ4を構成し、各プレートの両端に膨出部3を設ける。そして、その膨出部3の両側壁に垂直壁部1b、2bを形成し、膨出部3以外ではその側壁1a、2aの断面を外側に湾曲する湾曲壁部7とする。そして、両プレートを嵌着したとき、第1プレート1、第2プレート2が互いに湾曲壁部7で弾性的に保持できるようにする。 (もっと読む)


【課題】冷却性能を向上しうるエバポレータを提供する。
【解決手段】エバポレータ1に、複数の熱交換チューブ9からなるチューブ列11,12が、通風方向に並んで2列設ける。両チューブ列11,12の上端部を、風下側および風上側上ヘッダ部5,6内に突出するように挿入した状態で両上ヘッダ部5,6に接続する。両上ヘッダ部5,6にそれぞれ複数の区画15,16,17,23,24を設け、各区画15,16,17,23,24に複数の熱交換チューブ9を通じさせる。風下側上ヘッダ部5の区画15と風上側上ヘッダ部6の区画23とが通風方向に並んで組をなす。風下側および風上側の両上ヘッダ部5,6間に、風下側上ヘッダ部5の区画15と風上側上ヘッダ部6の区画23とを通じさせる連通路32を設ける。連通路32の下端を、熱交換チューブ9の上端よりも下方に位置させる。 (もっと読む)


【課題】 フィンの位置合わせ機構を備えた熱交換器アセンブリを提供する。
【解決手段】 熱交換器が複数の層を備えたコアと、密閉棒と、を含む。層は積層状に配置されるとともに、隣接する層から第1の仕切り板および第2の仕切り板によって隔離された第1の層を含む。フィンが、第1および第2の仕切り板の間に配置されるとともに、1つもしくは複数のタブを形成する。密閉棒が、フィンに接続されるとともに、その1つもしくは複数のスロット内に1つもしくは複数のタブを収容する。 (もっと読む)


【課題】コルゲートフィン及び天板の形状を変形させることなくコルゲートフィン及び天板を接合させた冷却器を製造すること。
【解決手段】
フレーム12を密閉状態とする天板14と、冷却媒体が流れるフィン流路34を備える波形状のコルゲートフィン3と、天板14とコルゲートフィン3とを接合するコルゲートフィン接合ロウ材4とを有し、天板14をコルゲートフィン3に加圧し、天板14とコルゲートフィン3との間に加熱したコルゲートフィン接合ロウ材4が溶融し挿入し接合された冷却器1を製造する冷却器製造方法において、コルゲートフィン接合ロウ材4が薄板状のロウ箔であること、ロウ箔は山折り部41と谷折り部42が交互に繰り返される蛇腹折りの弾性体であること、山折り部41及び谷折り部42は、フィン流路34に対して直交方向に形成されていること、ロウ箔が弾性体であることにより、天板14とコルゲートフィン3を密着させることができる。 (もっと読む)


【課題】ドロンカップ型熱交換器の内圧変動に伴う積層方向の伸縮変形を抑制することによって、製品の信頼性の向上を目的とする。
【解決手段】ドロンカップ型熱交換器は、一対の連結孔が開口された第1のドロンカップと一対の連結孔が開口された第2のドロンカップと第1のドロンカップと第2のドロンカップをつなぐ流通路からなる複数のコアユニットと、多段に接合された複数のコアユニットの流通路の間に配設されたコルゲートフィンと、多段に接合されたコアユニットの初段側に設けられた第1のエンドプレートと、多段に接合されたコアユニットの終段側に設けられた第2のエンドプレートと、を備えている。ドロンカップの連結孔は隣接するコアユニットのドロンカップの連結孔と連通している。コアユニットはリンフリーの銅からなり、コルゲートフィンまたはエンドプレートはコバルト、ニッケル、スズ、亜鉛、リンを含む銅からなる。 (もっと読む)


【課題】
熱効率の向上および小型化を図れるようにした熱交換器を提供する。
【解決手段】
箱体1内に、入口4と出口5とに連通する一方の流体の流路6を形成し、前記箱体1に細管10を接合して他方の流体の流路11を形成してなる熱交換器であって、前記一方の流体の流路6は、前記箱体1の対向する一方の側部から他方の側部に渡って複数の蛇行流路が配され、かつ、それらが順次連通するように形成された流路であり、前記流路を構成する流路部材は、前記蛇行流路が順次連通する方向に複数の立ち上がり部723a〜723gを有するように連続して折り曲げられた連続コルゲート板72と、一方の側部から他方の側部に向かって立ち上がり部713a〜713tを有するように折り曲げられた複数の分割コルゲート板71とで構成した。 (もっと読む)


【課題】ハイブリッド自動車のパワーコントロールユニットなどに組み込まれる発熱体を冷却する冷却器において、寸法を縮小化しても伝熱性能が維持できる搭載性能を向上させた冷却器を提供する。
【解決手段】複数の冷却管6と、該冷却管の内部に冷却媒体を供給するための冷媒供給管7と、該冷却管の外部に冷却媒体を排出するための冷媒排出管7’とからなる冷却器であって、前記冷却管は、仕切り板3と、該仕切り板に対向して配置される一対の外装部材2、4と、仕切り板と外装部材との間に波状部材1を配置して形成される冷媒流路5で構成され、少なくとも前記仕切り板と前記一対の外装部材はアルミ系めっき鋼板からなり、ろう付けにより一体化されている。 (もっと読む)


【課題】冷却媒体をバイパスさせる機能を有しながらも、コンパクトな構成のもとで、バイパス通路の開閉のみならず、開弁位置および閉弁位置以外の中間位置での流量制御を可能とした熱交換器を提供する。
【解決手段】積層コア3と、積層コア3に対する流入口および流出口として機能する通流口と、それらの通流口に対する接続フランジ部15,16を有するバイパス管路12と、流入ポート13および流出ポート14と、バイパス管路12の開閉を含む流量調整を司るソレノイド22駆動の流量調整弁20とを備える。バイパス管路12と流量調整弁20およびソレノイド22の三者がバイパス配管ユニット4として予めユニットされていて、接続フランジ部15,16をもって積層コア3側の通流口に着脱可能に接続される。 (もっと読む)


【課題】外形寸法を小さくできるとともに適切にろう付けすることができる冷却器を提供する。
【解決手段】第1のプレート30は、本体部31と該本体部31の外周縁部から上方に延びる側部32とを有する。第2のプレート40は、本体部41と該本体部41の外周縁部から下方に延びる側部42を有する。第2のプレート40の側部42の端部の内表面と第1のプレート30の側部32の端部の外表面とがろう付けされ、第2のプレート40と第1のプレート30との間に冷媒流路80を形成する。第2のプレート40の側部42の端部の外表面は、ストッパ60と接触する。 (もっと読む)


【課題】熱交換の効率の低下を抑制しつつ、チューブ及びフィンの排水性を向上させた熱交換器を提供する。
【解決手段】所定の間隔をあけて対向する平面115を有するチューブ110と、折曲部122(122a,122b)及び平坦部121が長手方向に交互に形成され、折曲部122(122a,122b)がチューブ110の対向する平面115に接合されるフィン120とを備え、フィン120は、対向する平面115のうち一方の平面115に接する側の折曲部122aの短手方向の所定範囲(折曲部122c)が、対向する他方の平面115側に折曲し、該他方の面115に接合することで連通路125を形成していること。 (もっと読む)


【課題】使用環境の如何に拘わらず、安定した耐食性が得られる熱交換器を実現する。
【解決手段】熱交換器(コア1)の通路4内に露出するプレート2の表面及びコルゲートフィン3の表面によって構成される、一次伝熱面側の表面及び二次伝熱面側の表面の内、少なくとも一次伝熱面側の表面に、流体の流れ方向に沿って樹脂製の耐食層6を設ける。一次伝熱面側の表面に設けられた耐食層61は、二次伝熱面側の耐食層62の厚みよりも厚く形成する(T1>T2)。 (もっと読む)


【課題】 蓄熱材としての第3流体の流通を円滑に行い、伝熱性を向上させること。
【解決手段】 蓄熱材が流通する第3流路13の第3インナーフィン10を、その長手方向中央および幅方向中央に平面十字状のマニホールド用隙間16が形成されるように、第3インナーフィン10を平面4分割にする。さらに、第3流路13に介装される一対の第3スペーサ3に連通孔17を形成する。 (もっと読む)


【課題】 ヘッダプレートレス熱交換器の偏平チューブにおいて、ろう付け時に各溝状のプレート内面とインナーフィンとが均一にろう付けされること。
【解決手段】 溝状に形成された第1プレート3の両側壁1に段付き部7を形成し、同様に溝状に形成された第2プレート4の両側壁1の下端縁は、その長手方向両端を除いてそこに欠切縁8を形成する。そして、第1プレート3の段付き部7に第2プレート4の側壁1の両端部のみを接触させ、厚み方向に加圧した状態で一体的にろう付け固定する。 (もっと読む)


【課題】事前に処理された構成素材を用いることなく抗菌・防カビ効果を発揮できる熱交換素子及びその製造方法並びに熱交換換気装置を得ること。
【解決手段】平板状の仕切部材2と、波板状の間隔保持部材3とが交互に積層された積層構造体であり、仕切部材2の一方の面に沿って通過する気流と仕切部材2の他方の面に沿って通過する気流との間で仕切部材2を介して熱交換を行う熱交換素子であって、仕切部材2と間隔保持部材3とを接着する接着剤7は、抗菌・防カビ成分を含有する。 (もっと読む)


【課題】 水冷の車両用オイルクーラにおいて、コンパクトでさらに冷却性能の高いものの提供。
【解決手段】 各プレート3、6を浅い円錐台形状(皿状)に形成し、その周縁の円環状側壁4の開口縁に放熱用のフランジ部5を設け、すべてのプレート3、6を同一方向に積層する。そして、隣接するプレート3、6を互いに接触してろう付けするとともに、各プレート3、6の一枚おきに冷却水流通路7とオイル流通路8とを形成する。 (もっと読む)


【課題】被冷却流体通路内に被冷却流体側フィンを配設した沸騰冷却式熱交換器において、局所的なバーンアウトの発生を抑制すること。
【解決手段】被冷却流体通路21の上流部21aに対応する冷媒通路24内の領域であり、且つ冷媒通路24の下流部24bとなる領域に冷媒側フィン31を配設するとともに、隔壁19における被冷却流体側フィン30がろう材によりろう付けされた部位に対し、隔壁19における冷媒側フィン31がろう材によりろう付けされた部位を重合させる。 (もっと読む)


第1の流体(HP)と第2の流体(BP)との間の熱交換器(1)に関する。この熱交換器(1)は、それぞれが上部板(17)および下部板(19)から構成されている複数の熱モジュール(15、15a、15b、15c)と、連続した2つの熱モジュール(15、15a、15b、15c)の間に画定される少なくとも1つの循環空間(33)とを備えている。これら上部板(17)および下部板(19)は、それら間に第1の流体(HP)に対する第1の循環チャネルを形成する第1の内部キャビティ(21)を画定するように構成されている。循環空間(33)は、第2のフィン(35)と呼ばれる、50mmから130mmの間の長さ(L_IFBP)を有するフィンを含んでいる。 (もっと読む)


【課題】結露水を十分に吸収して、熱交換素子から結露水が滴下することを防止し、かつ、熱交換効率の良い全熱交換素子を提供する。
【解決手段】平面板材7と平面板材7に接着された波板状の間隔保持材6とから成る流路形成部材2に窓部8を打ち抜き形成し、窓部8に全熱交換用の仕切膜1を張設した熱交換部材10を、複数枚積層して成る全熱交換素子に於て、流路形成部材2は、紙で構成され、かつ、流路形成部材2の間隔保持材6は、剛性向上用の補強層が少なくとも一表面にコーティングされている。 (もっと読む)


【課題】蓄冷材に効率良く冷熱を蓄えることのできる蓄冷機能付きエバポレータを提供する。
【解決手段】蓄冷機能付きエバポレータは、冷媒流通路15および蓄冷材封入路16を有し、かつ互いに間隔をおくとともに幅方向を通風方向に向けて配置された複数の扁平中空管4と、扁平中空管4の冷媒流通路15が通じさせられる冷媒用ヘッダ部7と、扁平中空管4の蓄冷材封入路16が通じさせられる蓄冷材用ヘッダ部8とを備えている。蓄冷材封入路16を、冷媒流通路15の風下側に並んで設ける。扁平中空体4の蓄冷材封入路16に蓄冷材を封入する。 (もっと読む)


1 - 20 / 165