説明

Fターム[4B017LG11]の内容

非アルコール性飲料 (16,715) | 植物質原料 (3,082) | そば (29)

Fターム[4B017LG11]に分類される特許

1 - 20 / 29


【課題】GABA及び/又はタウリンを高含有する発芽種子、及びその製造方法を提供すること、さらには上記発芽種子を用いる食品の製造方法を提供すること。
【解決手段】γ−アミノ酪酸(GABA)含有量が、50mg/100gドライウェィト(DW)以上であり、かつ水分含量が15%以下である発芽種子。タウリン含有量が、50mg/100gDW以上であり、かつ水分含量が15%以下である発芽種子。種子を発芽処理に供して発芽種子を得る工程、得られた発芽種子をGABA及び/又はタウリンを含有する水溶液に、GABA及びタウリンのいずれか一方または両方の濃度が50mg/100gDW以上となる時間浸漬する工程、及び得られた発芽種子を水分含量が15%以下になるまで乾燥する工程
を含む、上記発芽種子の製造方法。上記発芽種子を用いる食品の製造方法。 (もっと読む)


【課題】ビタミン含有組成物が、PETやガラス瓶などの透明あるいは実質的に透明な瓶に入っている場合、光への曝露によって起こるその中のビタミンAを含むビタミン類の分解を防ぐ。
【解決手段】ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12およびこれらの組合せからなる群から選択されるビタミンと、C6-C3フェニルプロペンカルボニル構造を有する少なくとも一種類のビタミン安定剤と、を含むビタミン強化組成物を提供する。ビタミン安定剤は、飲料中におけるビタミン安定剤の量が10ppmから500ppmまでの範囲で供給されるための十分な量で含まれる。さらに、ビタミン強化組成物におけるビタミンの分解を防止する方法も併せて提供する。 (もっと読む)


【課題】長期間保存しても色調が変化(褐変)しにくい容器詰茶飲料及び容器詰茶飲料の褐変抑制方法を提供する。
【解決手段】本発明の容器詰茶飲料は、1,2,4−ベンゼントリオールが10ppm未満であることを特徴とする。該容器詰茶飲料は、例えば、活性炭又はPVPPを用いて1,2,4−ベンゼントリオールを10ppm未満に調整することにより製造することができる。 (もっと読む)


【課題】優れた呈味を有し且つ沈殿の発生が抑制された容器詰ソバ茶飲料、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】ソバ実を焙煎する工程と、前記焙煎されたソバ実を抽出して抽出液を得る工程とを具備する容器詰ソバ茶飲料を製造する方法であって、前記焙煎が、前記抽出液に含有される(R)ルチンと(Q)ケルセチンの重量比率A[(R)/(Q)]が25〜64の範囲内となり、且つ、下記(I)式を満たすように行われることを特徴と容器詰ソバ茶飲料の製造方法:
0.5≦ B/A ≦1.5 (I)
ここで、Bは該抽出液に含有される(S)スクロースと(G)グルコースの含有重量比率[(S)/(G)]である。 (もっと読む)


【課題】カラム式抽出機を用いて抽出時に閉塞することなく安定に茶抽出液を製造すること。
【解決手段】本発明の茶抽出液の製造方法は、カラム式抽出機内に装着された茶保持板上に、沈降度が異なる複数の茶原料を沈降度が低い順に仕込む第1の工程と、上記抽出機の下部又は上部より抽出用水を供給し、該抽出用水を上記茶原料と接触させる第2の工程と、茶抽出液を排出する第3の工程を含むことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】非重合体カテキン類を高濃度で含む混合茶飲料を容器詰した容器詰飲料であって、茶本来の風味を損なうことなく色調が改善された容器詰飲料を提供すること。
【解決手段】本発明の容器詰飲料は、次の成分(A)、(B)及び(C):
(A)非重合体カテキン類:0.05〜0.6質量%、
(B)でんぷん、
(C)α−サイクロデキストリン又はγ−サイクロデキストリン
を含有し、当該容器詰飲料100g当たりの成分(B)の含有量が10mg以上であることを特徴とするものである。 (もっと読む)


【課題】コレステロール低下物質であるモナコリンKを含有する紅麹と、血管を強くし、血圧降下に有効とされるルチン、さらには、動脈硬化の原因となるLDL−コレステロールの酸化を抑制する抗酸化力を有するポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富である蕎麦を原料とした、モナコリンK、ルチン、ケルセチンを含有する蕎麦紅麹、及びその製造方法を提供する。
【解決手段】従来よりも、コレステロール低下物質であるモナコリンKの産生量が高い紅麹菌株を玄蕎麦に植菌、培養することにより、紅麹中にモナコリンK含量が高く、蕎麦由来のルチン、ケルセチンも含有されている蕎麦紅麹を製造することができる。 (もっと読む)


【課題】高濃度ルチンを含有しつつ、沈殿の発生が抑制された容器詰高濃度ルチン含有飲料を提供することを目的とする。
【解決手段】ルチン濃度が70〜1100 ppmの範囲であり、且つ、(A)ルチンと(B)ケルセチンの重量比率[(A)/(B)]が3.7〜58.0であることを特徴とする、容器詰高濃度ルチン含有飲料を提供する。 (もっと読む)


【課題】歯ぐきの健康を維持し、歯肉の健康を維持し、歯を支える組織の健康を維持し、歯周病を予防、治療または改善し、歯周組織の健康を維持し、または歯槽骨の吸収を抑制する剤を提供する。更には、これらの作用効果を有する有効成分を含む飲食品、口腔用組成物および医薬組成物を提供する。
【解決手段】レイシ、アカショウガ、ドクダミ、ソバ、ギムネマ、バナバ、ニーム、アーティチョーク、オリーブ、コメ、クルミ、ヘマトコッカス藻およびマタタビから選ばれる少なくとも1種の抽出物を含む歯ぐきの健康維持剤、歯肉の健康維持剤、歯を支える組織の健康維持剤、歯周病予防/治療/改善剤、歯周組織健康維持剤、歯槽骨吸収抑制剤および抗歯肉炎剤、ならびにそれらを含む飲食品、口腔用組成物および医薬組成物。 (もっと読む)


【課題】 生活習慣病に対して優れた効果を発揮するように水溶性食物繊維と不溶性食物繊維からなるダイエット組成物とダイエット食品及びペットフードを提供する。
【解決手段】 イヌリンを主成分とする水溶性食物繊維粉末に対しふすま、ぬか、又はおからから選ばれる不溶性食物繊維粉末を2倍重量部以上20倍重量部以下配合してなり、1食分100キロカロリ前後換算で、食物繊維を合計少なくとも10グラム前後、食物繊維中少なくともイヌリン1gを含む優れたダイエット食品組成物を提供する。イヌリンを主成分とする水溶性食物繊維を予め水と油脂によりホイップ組成物としておくことにより全体の水分バランスを調整でき、良好な味覚の焼き上がりとすることができる。グルテンを配合する時はグルテン組織を形成した後、このグルテン組織を不溶性食物繊維粉末に配合するので、グルテン組織が破壊されることなく、均一発酵され、良好な発泡食品を製造できる。 (もっと読む)


【課題】ルチンを高濃度に含有する韃靼そば茶飲料において、韃靼そば特有の生臭さ、苦味及び後味の悪さ(ぬめり)が低減された、風味の良い韃靼そば茶飲料を提供すること。
【解決手段】40ppm以上のルチンと、10〜105ppbのインドールとを含有する飲料。 (もっと読む)


【課題】機能性物質であるルチンを高濃度に含有する韃靼そば茶飲料であって、韃靼そば特有の苦味や後口の悪さを低減し、そば茶飲料特有の香ばしい香りを向上させた、まろやかですっきりした風味の韃靼そば茶飲料を提供すること。
【解決手段】そば微粉砕焙煎穀粒の抽出物と、場合によりそば甘皮抽出物を韃靼そば茶飲料に含有させる。 (もっと読む)


【課題】アンセリン含有ペプチドに固有の不快臭を抑制した飲料を提供すること。
【解決手段】アンセリン含有ペプチドと、以下の(a)〜(e)、
(a)茶葉の不発酵物、半発酵物または発酵物
(b)茶葉の不発酵物の焙煎物
(c)ハト麦、玄米および大麦からなる群から選ばれる穀物の焙煎物
(d)ドクダミまたはクマザサの乾燥物
(e)ゴマ、ソバ、ダイズおよびケツメイシからなる群から選ばれる種子の焙煎物
からなる群から選ばれる植物の加工物の抽出物および香料の少なくとも1種とを配合することを特徴とする飲料。 (もっと読む)


【課題】穀類の持つまろやかさや香味を損なわずに、穀類由来のベタツキ感を抑制した、すっきりとした後味を有する穀類茶飲料の提供。
【解決手段】平均粒子径が1μm以下の超微粉砕茶葉を添加することにより、穀類茶特有の適度な焙煎香とまろやかさを有し、でんぷん質の糊感が低下された、呈味が改善された茶飲料であって、次の工程を含む。1.穀類の溶媒抽出液を得る工程2.超微粉砕茶葉分散液を得る工程3.上記穀類の溶媒抽出液と、上記超微粉砕茶葉分散液を混合する工程 (もっと読む)


【課題】滑らかな食感を有し、ルチン含量の多い新規なダッタンソバスプラウトピューレを効率的に得る。また上記ダッタンソバスプラウトピューレ含有飲食品を得る。
【解決手段】ダッタンソバスプラウトを加熱し、破砕部の間隙が0.7〜3.0mmの破砕機で破砕した後、0.3〜1.5mmの目開きの篩で篩別して、ソバ殻含量が2.6%(w/w)以下であり、ルチン含量が0.4%(w/w)以上であるダッタンソバスプラウトピューレを得る。また飲食品の製造工程において、上記ダッタンソバスプラウトピューレを添加し、毛細血管強化作用、高血圧予防作用、酸化防止作用などの生理活性が期待できる高機能性食品を得る。 (もっと読む)


【課題】少ない使用量で飲食品の好ましくない風味を十分に低減できる風味改善剤を提供すること。また、かかる風味改善剤を用いた風味改善方法及び飲食品を提供すること。
【解決手段】本発明の風味改善剤は、飲食品の風味改善のために使用されるものであって、甘蔗由来のエキスと、ヒマワリ種子抽出物、γ−アミノ酪酸、テアニン、ルチン、ルチン誘導体、ヘスペリジン及びヘスペリジン誘導体からなる群より選ばれる少なくとも一種の補助添加成分と、を含有する。 (もっと読む)


【課題】普通種のそばの葉や茎に由来するルチンを多く含有し、いつでも手軽に飲用できるそば飲料、そば飲料に含有させるそばエキスの製造方法、及びそば飲料の原料の製造方法を提供する。
【解決手段】そばエキスの製造方法は、普通種のそばの葉及び茎を3〜5mmの長さに切断する切断工程S6と、切断されたそばの葉及び茎を水分含量7〜8重量部まで乾燥させる乾燥工程S7と、乾燥されたそばの葉及び茎を焙煎する焙煎工程S8と、焙煎されたそばの葉及び茎から、95℃以上の熱水を用いてそばエキスを抽出する抽出工程S9とを具備する。 (もっと読む)


【課題】副作用がなく、より安全で摂取の容易な、血管拡張作用を有し、血液循環に伴う諸症状、すなわち、血圧のみではなく、肩こり、頭痛、脳循環、お血の軽減及び緩和作用を有する新規素材の提供、及び当該機能性を有する食品あるいは医薬品を提供すること。
【解決手段】ソバ属植物の水性溶媒浸出物及び該浸出物を分配して得られる特定の画分、より詳しくはソバ水性浸出物からルチンを除去して得られる粗精製物及び該粗精製物を分配して得られる高極性画分に存在する血管拡張作用を有する非ルチン化合物及び該化合物を含有する組成物、医薬品及び飲食物に関する。本発明は、副作用が少なく、優れた血管拡張作用を有する。 (もっと読む)


【課題】焙煎にかかる温度を下げると共に、その香り、風味、味わい及び抽出液の色を向上させ、さらに生理活性を増強させた付加価値の高いソバの実を用いた飲食品及びその製造方法を提供すること。
【解決手段】日本ソバや苦ソバ(ダッタンソバ)、宿根ソバ等のソバの種子の殻を取り除いて得たソバの実、もしくはソバの種子を蒸熱してアルファー化し、殻を取り除いて得たソバの実、又はこれらの粉砕物と、ショ糖、ブドウ糖、果糖、麦芽糖、乳糖等の単糖類及び二糖類からなる群から選ばれる少なくとも1種以上の糖類を含む糖液とを混合して焙煎、好ましくは200〜250℃で4〜6分間焙煎し、アルキルピラジン類の含量が増強されたソバを原料とした飲食品を製造する。 (もっと読む)


【課題】ソバの実を焙煎もしくは蒸熱して製造する飲食品において、従来のソバ飲食品よりも優れた栄養性、機能性を持つソバ飲食品を提供すること。
【解決手段】普通ソバ、ダッタンソバ、宿根ソバ等のソバの種子の殻を取り除いて得たソバの実、もしくはソバの種子を蒸熱してアルファー化し、殻を取り除いて得たソバの実を粉砕し、この粉砕物の中で20重量%以上、好ましくは30重量%以上のタンパクを含む高タンパク質区分を篩い分けにより分取し、この粉砕物に麹菌を接種、培養して麹化させ、焙煎又は蒸熱することにより、ソバを原料としたγ−アミノ酪酸(GABA)の含量が増強された茶飲料等の飲食品を製造する。 (もっと読む)


1 - 20 / 29