説明

Fターム[4B018LB10]の内容

食品の着色及び栄養改善 (45,716) | 適用食品 (5,248) | その他 (932)

Fターム[4B018LB10]に分類される特許

161 - 180 / 932


【課題】生物由来のカルシウム含有物からカルシウム、つまり天然カルシウムをナノ化状態で提供すること。
【解決手段】天然カルシウム可溶化溶液の製造方法は、岩石及び有機酸を含有する水に対して、振動処理、好ましくは、超音波照射処理を施すことを特徴とする。これによって、天然のカルシウムが溶液状で安定化して含有するための天然カルシウム可溶化溶液を提供できる。特に、岩石は粉砕した花崗岩が好ましく、有機酸はクエン酸であることが好ましい。また、超音波照射処理の照射時間は約1時間以上、さらには5〜10時間施されることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】原料の安定供給が可能で且つ低コストにして、アレルギーを改善し、さらに整腸作用の働きも促すことができるアレルギー改善機能食品およびその製造方法を提供する。
【解決手段】藤の茎を切断してチップ状体とし、次に、該チップ状体を洗浄し、続いて、該チップ状体を微粒粉砕して微粒体又は粉末からなる粉粒体とし、その後、該粉粒体をそのまま食品用原料に加えて食品原料とし、該食品原料を加工して抗アレルギー機能を付与し、整腸作用をさらに付与する。 (もっと読む)


【課題】記憶増強作用を示すペプチドを含有する記憶増強剤および記憶力を増強する方法を提供する。
【解決手段】記憶増強剤は、Leu−Lys−Pro−Asn−Metで表されるペプチドを含有する。 (もっと読む)


【課題】従来の食用骨粉の製法とは異なる多孔質カルシウム含有栄養食品の製造方法を提供する。
【解決手段】豚の生骨を、粒状に粉砕した後、常圧下において沸騰した水で14時間以上煮沸を行うことにより多孔質カルシウムからなる多孔質カルシウム含有栄養食品を製造する。製造される多孔質カルシウムは、リン酸カルシウムがキレート化された状態となり、人体に吸収されやすい状態となる。また、煮沸の過程でキレート化されるため、簡単な方法でカルシウム体内吸収効率のよい多孔質カルシウム含有栄養食品を製造できる。 (もっと読む)


【課題】細胞のCGRP応答性を促進することができる素材の提供。
【解決手段】アスナロ、キュウリ及びそれらの抽出物からなる群より選択される少なくとも1を有効成分とする細胞のCGRP応答性促進剤。 (もっと読む)


【課題】ピノレン酸またはその誘導体を体重管理のために使用可能にする。
【解決手段】ピノレン酸は、例えば、食物サプリメント、医薬組成物または食品組成物の形態で使用可能である。 (もっと読む)


【課題】間引き西瓜等の西瓜の未成熟果実を活用して、特有の生理活性を持つ成分を含む新規な生理活性組成物、及び当該生理活性組成物を用いた食品や薬剤を提供する。
【解決手段】西瓜の未成熟果実を圧搾又は水抽出することにより、未成熟果実由来のアンジオテンシン変換酵素阻害成分を含む生理活性組成物を得るものとし、得られた生理活性組成物を用いて食品や薬剤を製造する。 (もっと読む)


【課題】バウヒニア属から得られる低血糖活性を有するバウヒニア属の植物抽出物、その製造方法及びそれを用いた食物補充剤組成物を提供すること。
【解決手段】バウヒニア・フォルティフィカタの葉を30〜70容積%の水を含むエタノールと水の混合物を溶媒として抽出することにより低血糖活性を有する植物抽出物を抽出し、それを用いて食物補充剤組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、飲用に際しての不快感、味が悪いなどの従来技術の問題点を解決し、少量で優れた便通改善効果を発揮する便通改善用組成物を提供することである。
【解決手段】塩類と高分子化合物としてポリデキストロースおよび/または難消化性デキストリン、および/または糖質として難消化性還元糖を含有する組成物において前記組成物の膠質浸透圧が20〜100mmHgであり、かつ前記高分子化合物および前記糖質のエネルギー換算係数が0〜2kcal/gであることを特徴とする便通改善用組成物によって達成できる。また、飲用時に茶カテキンを含有させることで、自然に近い感覚で優れた便通改善効果を得ることができる。 (もっと読む)


【課題】免疫力が強化された組成物の製造方法及びそれによる組成物の提供。
【解決手段】サンシュユ、クコ、タンポポ、ツルドクダミ、ケンポナシ、メシマコブ、エゾウコギ、ヤトリギ、スイカズラ及びドクダミを、自然乾燥及び洗浄した後、精製水とそれぞれ別々に混合することにより、それぞれの濃縮液を形成する原材料混合段階と、前記高濃縮液形成段階のサンシュユ高濃縮液、クコ高濃縮液、タンポポ高濃縮液、ツルドクダミ高濃縮液、ケンポナシ高濃縮液、メシマコブ高濃縮液、エゾウコギ高濃縮液、ヤトリギ高濃縮液、スイカズラ高濃縮液、及びドクダミ濃縮液を互いに混合し、75〜85℃の温度で加熱することにより、免疫力が強化された組成物を製造する。 (もっと読む)


【課題】オートインデューサー−2を阻害する活性を有し、感染症の予防及び治療等に有効な、オートインデューサー−2阻害剤を提供することを目的とする。
【解決手段】5−アミノ−n−吉草酸、ブタン−1,4−ジアミン、グアニン、アセト酢酸、γ−ヒドロキシ酪酸、ピペリジン、グルコン酸、3−ヒドロキシ−3−メチルグルタル酸、N8−アセチルスペルミジン及びウロカニン酸、並びにこれらの塩からなる群より選ばれる少なくとも1種を有効成分とする、オートインデューサー−2阻害剤。 (もっと読む)


【課題】ゼラチンを主体とすることにより、柔らかく、口溶けが良好で、かつ常温で6ヶ月以上保存しても離水しにくい、高蛋白、高脂質のゲル状栄養食品を提供する。
【解決手段】ゲル状栄養食品は、油脂類、ゼラチン、カラギナン、カゼイン塩及び乳化剤を含有する。ゼラチンとカラギナンの質量比(ゼラチン/カラギナン)は10〜25であり、カゼイン塩とカラギナンの質量比(カゼイン塩/カラギナン)は25超100以下であり、カラギナンの含有量は0.04質量%以上である。 (もっと読む)


【課題】酒粕中に含有される成分を有効利用することであり、DNA合成酵素阻害剤およびDNAトポイソメラーゼ阻害剤、もしくはヒト血管新生抑制剤、またはヒト癌細胞増殖抑制剤、もしくは同様な作用がある健康食品や化粧料とすることである。
【解決手段】酒粕を濃度99.5%エチルアルコールで抽出してなり、DNA合成酵素阻害活性、DNAトポイソメラーゼ阻害活性及びヒト血管新生抑制活性の少なくともいずれかの活性を有する酒粕抽出物である。 (もっと読む)


【課題】長期間にわたり安全に投与又は摂取が可能な薬用植物由来の肥満の予防又は治療剤、或いは抗肥満作用を有する食品組成物を提供する。また、長期間にわたり安全に投与又は摂取が可能な薬用植物由来の高トリグリセリド血症の予防又は治療剤、或いは血中中性脂肪(トリグリセリド)の低下作用を有する食品組成物を提供する。
【解決手段】チョウセンゴミシ水抽出エキスを有効成分として含有する医薬組成物、又は食品組成物は、優れた体重増加抑制効果、体脂肪増加抑制効果及び血中中性脂肪(トリグリセリド)低下作用を示し、副作用の恐れも少ないことから、肥満、高トリグリセリド血症の予防、改善、及び/又は治療用途に有用である。 (もっと読む)


【課題】オートインデューサー−2を阻害する活性を有し、感染症の予防及び治療等に有効な、オートインデューサー−2阻害剤を提供することを目的とする。
【解決手段】グリセロリン酸又はその塩を有効成分とする、オートインデューサー−2阻害剤。 (もっと読む)


【課題】優れた栄養的および技術的性質を有する新規のオキアミミール製品の調製。
【解決手段】以下の2段階の調理工程からなる。第1の段階では、タンパク質とリン脂質とをオキアミから取り出し、凝固物として沈殿させる。第2の段階では、リン脂質のないオキアミを調理する。この後、残留脂肪およびアスタキサンチンを、機械的分離方法を用いて、オキアミから取り除く。 (もっと読む)


【課題】腹部膨満、ガス発生、腹痛、及び/又は鼓腸を治療し又は予防する組成物の提供。
【解決手段】プレバイオティク炭水化物の新規な相乗混合物、特に、ガラクトオリゴ糖(GOS、例えばTOS)とポリフルクトース(例えばイヌリン)との混合物、並びにこれらを含む栄養組成物。ガラクト−オリゴ糖がトランスガラクト−オリゴ糖であり、及び/又はポリフルクトースがイヌリンである。ガラクト−オリゴ糖:ポリフルクトースの量が、5:95から95:5の比を有する。 (もっと読む)


【課題】人体に有害な有機溶媒を用いず、マスキング効果に優れた複合化粒子及びその製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】超臨界流体の存在下にある有効成分含有材料及び油脂を接触させた後、超臨界流体を除去して得られた複合化粒子及びその製造方法。 (もっと読む)


本発明は、有利には腸における2-モノアシルグリセロールの分解によってトリグリセリド合成を防止するのに使用するための、スブチリシンなどの少なくとも1種のタンパク質分解酵素と少なくとも1種の脂肪分解酵素との組み合わせを含む組成物に関する。薬物、化粧料、医療機器、食品組成物、栄養補助食品、または機能性食品として使用するための、特に、肥満、アテローム性動脈硬化症、2型糖尿病の予防もしくは処置において使用するための、または体重過多の防止もしくは低減において使用するための、そのような組成物も、本発明の主題である。 (もっと読む)


【課題】日常的に使用でき、安定かつ安全なIL−8発現抑制組成物と、これを含む皮膚外用剤、医薬品組成物及び食品組成物とを開発する。
【解決手段】本発明は、D−メチオニンと、その誘導体及び/又は塩とからなる群から選択される1種類又は2種類以上の化合物を含むIL−8発現抑制組成物を提供する。前記組成物は、皮膚外用剤と、皮膚疾患治療及び/又は予防用医薬品組成物と、食品組成物との場合がある。本発明の組成物は、IL−8は発現するが、IL−6及びTNF−αは発現しない疾患の治療に用いられる場合がある。 (もっと読む)


161 - 180 / 932