Fターム[4B024HA14]の内容

突然変異又は遺伝子工学 (218,933) | 遺伝子工学関連技術 (32,419) | 分析、診断方法及び装置 (14,818) | DNAプローブを用いるもの (9,764) | ハイブリダイゼーション条件 (5,155)

Fターム[4B024HA14]に分類される特許

2,101 - 2,120 / 5,155


本発明は、TREM−1発現活性/シグナル伝達および/またはDAP12/TyroBP発現および/または活性を阻害する/拮抗することによって対象の炎症性疾患/障害を治療する方法を提供する。対象またはそれから得られた試料におけるTREM−1および/またはDAP12/TyroBP発現および/または活性を検出することによって対象の炎症性疾患の存在を検出する方法であって、発現または活性の増加が炎症性疾患を示すところの、方法も含まれる。さらに、本発明は、分泌リンタンパク質1(SPP1)のレベルおよび/または患者もしくは患者からの試料における1種もしくは複数の他のバイオマーカーを検出することによって患者に投与されるTREM−1修飾剤の有効性を評価する方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】イネのアントラニル酸シンターゼ(ASA)の第2アイソザイムのαサブユニットをコードするDNAを提供する。
【解決手段】イネのアントラニル酸シンターゼ(ASA)の第1アイソザイムのαサブユニットであるタンパク質をコードできるDNA配列と、ASAの第2アイソザイムのαサブユニットであるタンパク質をコードできるDNA。前記のDNA配列を担うところのDNA断片をプロモーターの下流に組込まれて成る組換えベクターを構築し、これを導入した植物細胞を培養し、高いトリプトファン含量を有する形質転換植物を再生する。 (もっと読む)


前立腺癌及び前立腺上皮内腫瘍(PIN)の診断、予防、及び治療用組成物及び方法を開示する。
(もっと読む)


本発明は、増大したTAP−1発現を介した細胞障害性Tリンパ球細胞によって検出されるMHCクラスI表面分子の提示を増大させることにより、TAP−1発現欠失細胞の免疫原性を増強するための方法及び組成物を提供し、この方法は、細胞中のTAP−1遺伝子の転写を促進して細胞のMHCクラスI表面発現の増強を引き起こすTAP−1発現増加量の生体許容物質を、TAP−1発現欠失細胞に投与することを含む。生体許容物質は、トリコスタチンAなどのヒストンH3デアセチラーゼ阻害剤、固有のヒストンアセチルトランスフェラーゼ活性を有する転写コアクチベーター又はCBP/p300タンパク質ファミリーの少なくとも1つのメンバーを含むヒストンアセチルトランスフェラーゼであってよい。これらの方法及び組成物は、標的細胞、例えば腫瘍細胞の免疫原性を増大させて、細胞障害性リンパ球によるそれらの破壊を増強する。 (もっと読む)


MMP−9(マトリックスメタロプロテイナーゼ9)のヘモペキシンドメインの配列におけるアミノ酸変化の存在を検出する工程を含み、前記ドメインにおけるアミノ酸変化の存在が心筋梗塞後の心臓疾患に対する感受性の指標である、心筋梗塞後の心臓疾患に対する個体の感受性を測定するための方法を、薬剤設計の方法と共に開示する。
(もっと読む)


【課題】 生理活性物質又は生理活性物質と親和性を有する物質を基板表面上に均一形成させることで固定化量のバラツキを低減し、かつ、量産システムとして生産効率をあげることが可能なバイオチップ用基板の製造方法を提供する。
【解決手段】 基板表面に高分子物質を含む層が形成され、生理活性物質又は生理活性物質と親和性を有する物質を固定化し、生理活性物質を検出する際に用いられるバイオチップ用基板の製造方法であって、前記高分子物質を含む層をスプレーノズルを使用してスプレーコーティング法で形成する工程を含むことを特徴とするバイオチップ用基板の製造方法。 (もっと読む)


【課題】ダイヤモンド基板上にコーティング膜を均一に形成可能であり、かつコーティング膜とダイヤモンド基板を強固に結合可能なコーティング基板の製造方法を提供。
【解決手段】ダイヤモンド基板に難水溶性溶媒にシラン化合物を含有させた処理液、易水溶性溶媒にシラン化合物を含有させた処理液を順次塗布する。これによリ難水溶性処理液のシラン化合物とダイヤモンド基板表面とが化学結合して、ダイヤモンド基板表面に第1のコーティング層が形成され、さらに、前記易水溶性処理液のシラン化合物と前記第1のコーティング層表面とが化学結合して、第1のコーティング層表面に第2のコーティング層が形成される。これにより2層のコーティング膜が、前記ダイヤモンド基板表面に均一に形成され、表面との結合が強固となる。得られるコーティング基板は核酸やタンパク質等の生体物質を固定化したバイオチップと等として有用である。 (もっと読む)


本発明は癌の診断、研究、療法のための組成物および方法に関し、癌マーカーを含むが、それらに限定されない。特に、本発明は癌のADRB2マーカーに関する。 (もっと読む)


【課題】ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に関与する遺伝子の提供。
【解決手段】コルチコイド抵抗性ネフローゼ症候群に関与するタンパク質をコードするNPHS2遺伝子と称される新規遺伝子、並びに新規に同定されたヌクレオチド配列及びアミノ酸の診断的及び治療的使用を提供する。 (もっと読む)


本発明は、差分解析により取得されるトランスクリプトーム実験の結果を処理するための補正方法に関する。本発明は、
- 参照条件で遺伝子発現レベルの結果を取得し、前記遺伝子それぞれの平均発現レベルを算出する工程;
- 処理条件で前記遺伝子の発現レベルの結果を取得し、前記遺伝子それぞれの平均発現レベルを算出する工程;
- 前記遺伝子それぞれの発現レベルに対する調節係数を算出する工程;
- 各調節係数に関するp値を算出する工程、ならびに
- 参照条件における前記遺伝子それぞれの平均発現レベルの関数として、p値の等圧線を算出する工程;観察される各p値の等圧線におけるメジアン調節係数を算出し、関連付ける工程
を含む。本発明は特にDNAチップ上で実行される実験結果の処理に適用される。
(もっと読む)


【課題】ヒトに於ける、新規細胞外タンパク質の存在及び機能の同定及び上記タンパク質をコードする核酸分子配列を提供する。
【解決手段】新規ポリペプチド及びこれらペプチドをコードする核酸分子を対象としている。また、ここにおいて提供されるのは、これら核酸配列を含んでなるベクター及び宿主細胞、異種ポリペプチド配列に融合したポリペプチドを含んでなるキメラポリペプチド分子、ポリペプチドと結合する抗体、並びにポリペプチドを製造する。 (もっと読む)


【課題】炎症性腸疾患(IBD)のための処置の提供及びインターロイキン12(IL−12)の結腸炎誘導効果を阻害する物質についてスクリーニングする方法の提供。
【解決手段】炎症性腸疾患を有する被験体における確立した結腸炎の炎症応答を処置するための方法であって、炎症性腸疾患由来の確立した結腸炎と診断された被験体に、インターロイキン12の結腸炎誘導効果を減少させるに効果的な量の、インターロイキン12に対する抗体を投与する工程を包含する、方法。 (もっと読む)


試料中で、癌に対する素因又はその発生を検出するための方法は、NDRG4/NDRG2サブファミリー遺伝子、GATA4、OSMR、GATA5、SFRP1、ADAM23、JPH3、SFRP2、APC、MGMT、TFPI2、BNIP3、FOXE1、SYNE1、SOX17、PHACTR3、及びJAM3から選択される少なくとも1つの遺伝子のエピジェネティックな変化を検出するステップを含み、エピジェネティックな変化の検出は、癌に対する素因又はその発生を示す。癌に適した治療レジメンを決定するための遺伝薬理学的方法及び本発明の方法による患者の選択に基づいて、癌患者を治療するための方法もまた記載される。本発明はまた、試料、特に体液試料を収集し、処理し、分析するための、改良された方法に関する。これらの方法は、様々な疾患を診断する、ステージづける、又はその他の場合では特徴づけるのに有用である可能性がある。本発明はまた、癌、特に、結腸直腸癌、胃癌、及び食道癌などの胃腸癌を同定する、診断する、ステージづける、又はその他の場合では特徴づけるための方法にも関する。本発明の方法は、とりわけ、糞便試料及び血液ベースの試料からヒトDNA構成成分を単離し、分析することに関する。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、明確にかつ再現性よくタンパク質における繰り返しモチーフを識別することができる方法及びそのための試薬を提供することである。
【解決手段】特定配列(D)内に3’末端を有するプライマー(D1)と、 プライマー(D1)と互いの伸長産物が相互の鋳型となる性質を有し、 特定配列外の2つの領域のうちいずれかの領域に3’末端を有し、該タンパク質のファミリーをコードする核酸配列に共通のプライマー(P1)と、プライマー(P1)と互いの伸長産物が相互の鋳型となる性質を有し、特定配列(D)のバリアントである特定配列(C)内に3’末端を有するプライマー(C1)を用いて核酸増幅反応を行いタンパク質における繰り返しモチーフを識別する方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明は、ジスルフィド結合還元活性を有することを特徴とする、小胞体タンパク質を提供することを目的とする。また、該タンパク質によって、細胞内におけるミスフォールドタンパク質を分解および/または除去する方法の提供も目的とする。
【解決手段】本発明者らは、上記課題を解決するために、ジスルフィド活性を有するERdj5タンパク質を精製することに成功し、還元活性を示すことに成功した。また、細胞に直接この遺伝子を発現させることによって、ミスフォールドタンパク質の分解促進活性を直接示すことができた。すなわち、本発明者らは、既知の小胞体タンパク質ERdj5が従来報告されてきた結果と異なり、還元力を持ち、かつ細胞内においてミスフォールドしたタンパク質の分解を促進することを明らかにした。 (もっと読む)


ライゲーションに基づく指数関数的リボ核酸増幅と、それに続く、核酸ポリメラーゼの基質として3つまたはそれ以上のリン酸を含む末端リン酸標識ヌクレオチドを用いる、核酸ポリメライゼーション反応を使用する検出に関する、方法および試薬が、本明細書中で提供される。 (もっと読む)


本発明は、睡眠関連障害の治療に適した化合物としての候補化合物をスクリーニングするためにBRS−3を用いる方法に関する。本発明の逆アゴニストおよびアンタゴニストは、睡眠を促進するための、および不眠症等の、睡眠を促進することによって緩和される睡眠障害を予防もしくは治療するための治療剤として有用である。本発明のアゴニストおよび部分アゴニストは、覚醒状態を促進するための、およびナルコレプシー等に関連する過剰な眠気などの過剰な眠気を予防もしくは治療するための治療剤として有用である。本発明は、さらに、睡眠障害、不安障害、痙攣障害、偏頭痛、鬱病障害、精神病性障害または認識障害などのGABA関連神経学的障害のための医薬剤としての候補化合物をスクリーニングするためにBRS−3を用いる方法に関する。
(もっと読む)


【課題】本発明は、等温増幅法を用いた遺伝子検出法において、非標的塩基配列上からの相補鎖合成を様々な核酸配列においても確実に防止し、より正確な検出方法を提供する。
【解決手段】等温増幅法を用いた遺伝子の検出方法において、標的塩基配列に特異的にアニールしうるプライマーまたはオリゴヌクレオチドに人工的な変異核酸を含ませることにより、該標的塩基配列上からの相補鎖合成の特異性を高めることを特徴とする遺伝子検出方法。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、天然に存在する可溶性EPCRについて治療的および診断的使用を同定することである。本発明のさらなる目的は、天然に存在する可溶性EPCRを特徴づけることである。
【解決手段】カルボキシル末端システイン残基が、別のアミノ酸と置換されているか、またはパルミトイル化されていない、改変された内皮プロテインCレセプター。グリコシル化されていない、改変された内皮プロテインCレセプター。単離された、選択的にスプライスされた内皮プロテインCレセプター。膜貫通ドメインの前の天然に存在するタンパク質分解性切断部位で切断された、単離された可溶性内皮プロテインCレセプター。 (もっと読む)


【課題】非アシルアントシアニンとアシルアントシアニンを含む、新しいバイカラー等の複色花色の花卉を有する植物を提供する。
【解決手段】新規アシル基転移酵素タンパク質をコードする遺伝子中に挿入されたトランスポゾンとそれを利用したアシル基を有しないアシルアントシアニンである非アシルアントシアニンとアシル基を有しているアシルアントシアニンを含む花弁を有する植物を作成する方法。欠失等に関るトランスポゾンによる変異の有無を検出することができる。 (もっと読む)


2,101 - 2,120 / 5,155