説明

Fターム[4B029BB20]の内容

微生物・酵素関連装置 (40,912) | 生物材料 (8,496) | その他 (2,555)

Fターム[4B029BB20]に分類される特許

2,001 - 2,020 / 2,555



化学的又は生化学的作用物質のこのような作用物質に応答する系に対する効果を生じさせるための方法及び装置が開示されている。本発明の方法を実施する際に、系は、スペクトル分析において複数の作用物質特異的なスペクトルピークにより特徴付けられる低周波時間領域信号が印加される電磁変換器の磁場の領域内に置かれる。これらのスペクトルピークは、低周波時間領域信号のスペクトルプロットから識別され、この信号は、(i)そのような化学的又は生化学的作用物質を磁気遮蔽と電磁遮蔽の両方を持つ容器内に入れる工程と、(ii)時間領域信号のスペクトルプロットにそのような識別可能なスペクトルピークを生じさせる有効なノイズレベルのノイズを試料に注入しつつ試料からの低周波時間領域信号を記録する工程により生じる。試料は、印加される信号電力で、系内において系に対し作用物質特異的な効果を生じさせる十分な期間にわたって、変換器により発生する磁場に曝される。 (もっと読む)


本発明は、担体上に配列された生物機能化ナノ粒子からなる微細構造を含む機能的要素、それら機能的要素の製造方法及びそれら要素の使用に関する。 (もっと読む)




【課題】完全相補鎖とSNPとの間で非常に大きな電気化学応答の差として現れ、ほぼデジタル的なon/off応答が得られるような新たなDNAプローブ、及び該プロ−ブを用いる相補鎖核酸分子配列検出方法並びにSNP検出方法を提供すること。
【解決手段】π電子が共役可能なスペーサーを介して結合した電気化学活性部位と核酸塩基から構成される非天然ヌクレオシド又はそのホスホロアミダイト誘導体、それを含むDNAプローブ。 (もっと読む)


本発明はプロテアーゼ活性を有するポリペプチド、前記ポリペプチドをコードする核酸並びに前記ポリヌクレオチドおよびポリペプチドを製造および使用する方法を目的とする。本発明のポリペプチドは種々の診断薬、治療薬および工業関係で用いることができる。本発明のポリペプチドは、例えば洗剤、食品加工および逆反応を利用する化学合成のための添加物として用いることができる。さらにまた、本発明のポリペプチドは食品加工、醸造浴添加物、アルコール製造、ペプチド合成、鏡像選択性、皮革工業における皮革製造、廃棄物処理および動物の分解、写真工業における銀の回収、医療、絹の脱ガム、バイオフィルムの分解、バイオマスのアルコールへの変換、生体防御、抗菌剤および消毒剤、身だしなみおよび化粧品、バイオテク試薬、トウモロコシの湿潤混練りの澱粉収量の増加、並びに医薬品(例えば消化促進剤および抗炎症(抗燃素)剤)で用いることができる。
(もっと読む)


【課題】 肥満改善及び/又は脂質代謝促進効果のある物質(食材や薬剤)に対して発現量が有意に変化し、肥満改善及び/又は脂質代謝促進の指標となりうる遺伝子を見出し、これらの遺伝子を利用して抗肥満物質を高感度にかつ短期間にスクリーニングする方法を提供すること。
【解決手段】 次の工程を含む、抗肥満物質のスクリーニング方法。
(1) 被験物質を哺乳動物由来の小腸培養組織又は細胞と接触させる工程
(2) 上記小腸培養組織又は細胞における、少なくとも1種以上の脂質代謝関連酵素遺伝子の発現量を測定する工程
(3) 被験物質を接触させない哺乳動物由来の小腸培養組織又は細胞における、対応する脂質代謝関連酵素遺伝子の発現量を測定する工程
(4) 上記(2)で測定した発現量が、上記(3)で測定した発現量より増加した被験物質を選択する工程 (もっと読む)


本発明は、Pol IIIα変異体、これを含む改変Pol IIIレプリカーゼ、種々の核酸複製反応のための改変Pol IIIレプリカーゼの使用方法を提供する。 (もっと読む)


担体の表面に選択結合性物質を固定化した選択結合性物質固定化担体であって、担体表面が、下記一般式(1)で表される構造単位を全モノマー単位の10%以上含有しているポリマーを有し、選択結合性物質は担体表面に生成したカルボキシル基との共有結合にて固定化されていることを特徴とする選択結合性物質固定化担体である。


(一般式(1)のR、R、Rは、アルキル基、アリール基もしくは水素原子を表す。)
(もっと読む)


本発明は、遺伝子セットを提供し、この遺伝子セットの発現は、乳癌の診断および/または予後診断において重要である。1つの局面において、本発明は、乳癌患者の、乳癌の再発がない長期生存の可能性を予測する方法に関する。別の局面において、本発明は、浸潤性乳癌と診断された患者の、乳癌の再発がない長期生存の可能性を予測する方法に関する。さらなる局面において、本発明は、エストロゲンレセプター(ER)陽性浸潤性乳癌と診断された患者の、乳癌の再発がない長期生存の可能性を予測する方法に関する。なお別の局面において、本発明は、エストロゲンレセプター(ER)陰性浸潤性乳癌と診断された患者の、乳癌の再発がない長期生存の可能性を予測する方法に関する。 (もっと読む)




本発明は、試験試料の異なる成分を磁気分離するための磁気分離器に関する。当該磁気分離器は、細胞を分離するために用いることができる。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、5種以上の呼吸器疾患ウイルスのうち一つ以上を増幅させることができるプライマーセットを提供すること。
【解決手段】配列番号1〜配列番号26の配列に存在する10個以上の連続塩基の断片を含むオリゴヌクレオチドから選択される5種以上の呼吸器疾患を引き起こすウイルスの標的配列を同時に増幅させることができる核酸プライマーセット、該増幅された産物を検出するためのプローブオリゴヌクレオチド、該プライマーセットおよび該プローブオリゴヌクレオチドを利用したウイルスの同時検出方法である。 (もっと読む)


本発明は、標的遺伝子に相補的な領域及び1つ以上の自己相補的な領域を含む新しい核酸分子、並びに遺伝子発現を調節し、種々の疾患及び感染症を治療するためのそのような核酸分子及びそれらを含む組成物の使用を対象とする。本発明は、遺伝子発現の調節において有用な自己保護オリゴヌクレオチドを含む新しい組成物及び方法を提供する。一実施形態において、本発明は、標的mRNA配列に相補的な配列を有する領域及び1つ以上の自己相補的な領域を含む単離された自己保護ポリヌクレオチドを含む。特定の実施形態において、オリゴヌクレオチドは、2つ以上の自己相補的な領域を含む。
(もっと読む)


サンプルを分析するためのマイクロ流体デバイス(90)。本マイクロ流体デバイスは、サンプルを収容するためのチャンバ(102)を少なくとも部分的に画定する基板部分(94)を含む。基板部分(94)は、表面(96)を有する基板(98)を含む。基板部分(94)は、表面(96)に隣接して基板(98)上に形成される複数の薄膜層(110)も含む。薄膜層(110)は、複数の電子デバイスを形成する。電子デバイスの少なくとも2つはそれぞれ、異なる組の薄膜層(110)により形成される。少なくとも2つの電子デバイスは、1)チャンバ(102)内の流体の温度を制御するための温度制御デバイスと、2)チャンバ(102)内の流体の特性を感知または変更するように構成される他の電子デバイスとを含むことができる。
(もっと読む)


転写因子が結合し得るエレメント配列を含む少なくとも1つのポリヌクレオチドが基板上に固定化されてなるトランスクリプションチップ。
(もっと読む)


【課題】親和性を有する核酸との親和性を失活することなく再利用できる核酸を固定化した固相担体を提供すること。
【解決手段】固相表面に第1の核酸を固定化し、第1の核酸と親和性を有する第2の核酸を捕獲して検出する際に用いられる固相担体であって、固相材質がプラスチックからなり、検出目的となる第2の核酸を捕獲した後、界面活性剤処理、酸処理、アルカリ処理、加熱処理をすることなく、水溶液中に接触させることにより捕獲された第2の核酸を取り除くことができ、再度第2の核酸を捕獲することが可能であることを特徴とする固相担体。 (もっと読む)


本発明は、急性骨髄性白血病(AML)、B細胞型急性リンパ性白血病(B−ALL)、およびT細胞型急性リンパ性白血病(T−ALL)に特異的な診断用マーカーを開示する。また、前記マーカーの存在を検出する製剤を含む組成物およびキット、並びにこれを用いてAML、B−ALLおよびT−ALLを診断する方法を開示する。
(もっと読む)


2,001 - 2,020 / 2,555