Fターム[4B029CC03]の内容

微生物・酵素関連装置 (40,912) | 生物材料の存在状態 (7,687) | 固定 (1,880)

Fターム[4B029CC03]の下位に属するFターム

吸着 (88)
包括固定 (51)

Fターム[4B029CC03]に分類される特許

161 - 180 / 1,741


【課題】検出感度が、従来技術と比較して有意に高い生体分子固定化アレイを提供する。
【解決手段】生体分子が固定された親水性ゲルからなる担体、好ましくは柱状の前記生体分子固定化担体を基板上にアドレス可能に配置することで、検体中のターゲット分子と生体分子固定化担体中のプローブとが相互作用するまでに要する時間が短縮され、プローブと検体溶液との接触の効率が極めて向上し、検出感度が有意に向上することを見出した。 (もっと読む)


【課題】保管装置内の対象物に処理を施す際の対象物の遠隔搬送を省略可能であり、しかも対象物の受け渡しに関する、時間の短縮と操作や機構の単純化を実現できる処理装置及び対象物保管装置を提供する。
【解決手段】処理を施す対象物を設置する移動可能なステージ2と、当該ステージ2に設けられたロボットアーム4を備えた処理手段144と、を有する処理装置と、対象物を収納する搬送用コンテナ1と、前記搬送用コンテナ1ごと対象物を保管し、受け渡し位置までスライド可能なストッカと、振動を減衰しつつ移動可能に前記搬送用コンテナ1を支持する支持機構3と、を有する対象物保管装置13と、前記ステージ2及び前記ストッカに設けられた前記搬送用コンテナ1の位置決め保持機構と、前記ステージ2及び前記ストッカに設けられたガイド機構と、を含んで構成される処理装置15及び対象物保管装置13。 (もっと読む)


【課題】運動負荷による疲労状態を客観的かつ高精度に評価する方法を提供する。
【解決手段】被験者の運動疲労状態を評価する方法であって、運動疲労に比例して相対発現頻度が変動する、前記被験者の末梢血中の遺伝子の相対発現頻度を測定する工程と、前記測定した相対発現頻度を、予め用意された遺伝子発現頻度プロファイルを用いて解析する工程と、前記解析した結果に基づき、前記被験者における運動疲労状態を評価する工程と、を有する方法。 (もっと読む)


【課題】保管装置内の対象物に処理を施す際の対象物の遠隔搬送を省略可能であり、しかも対象物の受け渡しに関する、時間の短縮と操作や機構の単純化を実現できる処理装置及び対象物保管装置を提供する。
【解決手段】対象物に処理を施す処理装置であって、処理を施す対象物を設置する移動可能なステージ2と、当該ステージ2に設けられたロボットアーム4を備えた処理手段144と、を有する処理装置と、対象物を保管し、前記処理装置のステージとの間で対象物の受け渡しを行う対象物保管装置13であって、対象物を収納する搬送用コンテナ1と、前記搬送用コンテナ1ごと対象物を保管し、受け渡し位置までスライド可能なストッカと、前記ステージ2及びストッカに設けられ、移動可能に、或いは振動を減衰しつつ移動可能に前記搬送用コンテナ1を支持する支持機構3と、を有する対象物保管装置13と、を含んで構成される処理装置15及び対象物保管装置13。 (もっと読む)


【課題】ゲノムDNAに含まれるSNP等の多型の検出効率に優れたDNAマイクロアレイにおけるプローブを提供する。
【解決手段】本発明に係るプローブの設計方法は、対象とする生物由来のゲノムDNAに含まれる、制限酵素が認識する制限酵素認識部位によって挟み込まれる断片について、当該断片内の少なくとも一部をカバーする1又は複数の領域を特定するステップ、特定した1又は複数の領域を、供試生物における上記断片を検出するためのプローブとして設計するステップを含む。 (もっと読む)


【課題】特に核酸分析のためのシステムでは、汚染の故にピペット先端部の再使用が制限される。
【解決手段】第1位置において、ピペット先端部により液体サンプルをマルチウェル・プレートへと移し換える段階と、同一の位置において先端部用ラックにおける複数の先端部を交換する段階と、液体を吸引かつ供与するために各ピペット先端部を再使用する段階とを備えて成る、分析対象物を分離して分析する方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】複数の遺伝子型を有するHIV、HCV、HBV、PvB19及びWNVの5種類のウイルスを高い特異性及び感度で検出するための網羅的な検出方法、ウイルス検出用プライマーセット、マイクロアレイ及びウイルス検出用キットを提供する。
【解決手段】型特異的なプライマーを用いて複数の遺伝子型を有するHIV、HCV、HBV、PvB19及びWNV遺伝子をPCRにより増幅し、PCR増幅物をDNAマイクロアレイとハイブリダイズさせて検出する。ウイルス検出用プライマーセット及びプローブセットを用いることで複数の遺伝子型を有するHIV、HCV、HBV、PvB19及びWNVの5種類のウイルスを高い特異性及び感度で迅速かつ簡易に検出する。 (もっと読む)


【課題】誤検出的な試験を回避するためには、処理及び検出に先立ち、サンプルの汚染を阻止する予防措置が取られねばならない。斯かる汚染は、たとえば系内へと流入する汚染空気により外部から、又は、たとえば各サンプル間における相互汚染により内部から、導入されることがある。本発明は、分析対象物を単離かつ分析する優れた方法及びシステムに関する。
【解決手段】各モジュールの内の任意のひとつのモジュールの空気流は制御され、少なくとも、分析対象物を単離して精製するモジュールと、分析対象物を分析するモジュールとの間の空気流は分離される、複数の別体的なモジュールを備えて成る、自動的な核酸分析方法及び分析システムが記述される。 (もっと読む)


【課題】 高分子化合物またはその複合体の細胞透過性を簡便かつより正確に評価する装置および高分子化合物またはその複合体の細胞透過性を簡便かつより正確に評価する方法を提供する。
【解決手段】 高分子化合物またはその複合体の細胞透過性を評価する装置であって、高分子化合物またはその複合体を投入する第1領域部と、この第1領域部に隣接されており当該第1領域部から透過される高分子化合物またはその複合体を収容する第2領域部と、第1領域部と第2領域部との境界上に配置された透過性基材とを有しており、透過性基材は、ゼラチンを用いた電界紡糸法により作製された繊維で構成されているとともに、第1領域部側の片面に密着結合した単層細胞を形成可能であって高分子化合物またはその複合体を透過可能に構成されている。 (もっと読む)


【課題】公知のFAD依存性グルコースデヒドロゲナーゼの欠点を克服し、広い温度域において十分な反応性を有し、且つ、基質特異性に優れた改変型FAD依存性グルコースデヒドロゲナーゼを提供すること。
【解決手段】FAD依存性グルコースデヒドロゲナーゼを遺伝子レベルで改変することで、改変前のFAD依存性グルコースデヒドロゲナーゼよりも温度依存性が改善し且つ、キシロース作用性が低下した改変型FAD依存性グルコースデヒドロゲナーゼ。 (もっと読む)


本発明はアレイ、アレイを構築する方法、およびそのようなアレイの使用方法を提供する。本発明のアレイは、基材の面上に、任意選択によりリンカー分子によって結合された2つ以上の別々の構築物または構築物の別々のセットを有する基材を含む。構築物は、目的のペプチドおよび親和性タグをコードする領域および非翻訳領域を含むオリゴヌクレオチド、目的のペプチドおよび親和性タグの両方を含む融合ペプチド、ならびに親和性タグと結合対を形成する捕獲剤を含む。 (もっと読む)


【課題】低コストに得ることができ、比表面積が大きく、更に取扱い性や強度に優れると共に、担持微生物の特定の機能を十分に発現することができる、培養微生物を増殖する上で好ましい導電性炭素繊維又は導電性炭素粒状物に微生物を担持させてなる生化学反応用炭素電極を提供する。
【解決手段】ESCAによる表面分析でC1S及びO1Sピーク面積から求める元素数比O/Cが0.10以下の平均粒径1mmφ以上の粒状炭素又は該粒状炭素の集合体からなることを特徴とし、好ましくは、前記粒状炭素は、ラマン分光スペクトルにおける1590cm−1ピーク強度(P1)と1350cm−1ピーク強度(P2)の比(P1/P2)が0.85以上であることを特徴とし、より好ましくは、前記粒状炭素は、X線回折ピークにおける002回折ピークの半値幅が2.8°以下であることを特徴とする生化学反応用炭素電極。 (もっと読む)


【課題】血中のコレステロール濃度測定の反応時間を改善でき、しかも、遠心力によって測定チャンバーに向かって試料液を移送する分析用デバイスに適した分析用試薬を提供することを目的とする。
【解決手段】コレステロールエステラーゼ、コレステロールデヒドロゲナーゼ、ジアホラーゼ、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド、テトラゾリウム化合物などで構成されている分析用試薬に、環状糖化合物が添加されていることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】リコンビナーゼ−ポリメラーゼ増幅(RPA)と称するDNAの増幅方法を提供すること。
【解決手段】本開示において、リコンビナーゼおよび関連するタンパク質の特性を利用し、DNAポリメラーゼ反応の配列特異的なプライミングを可能にする単鎖相同性DNAを有する二本鎖DNA侵入する、標的DNAのRPAに関連する新規な方法を記載する。開示する方法は、熱サイクリングまたは好熱性酵素を必要とせず、したがって、他の増幅方法よりも容易で手ごろな実施および携帯性を提供するという利点を有する。さらに、RPA反応のリアルタイムモニタリングを可能にする条件、光を用いてRPA反応を調節する方法、あるいは、増幅種の性質をゲル電気泳動の必要なく測定する方法、RPA反応におけるシグナル対ノイズ比を改善および最適化する方法、ならびにオリゴヌクレオチドプライマー機能を最適化する方法等を開示する。 (もっと読む)


【課題】バックグランドノイズを低減可能なバイオチップ用基板を提供する。
【解決手段】被検対象の生体物質と特異的な化学反応をするプローブを設けたバイオチップ用基板であって、表面に複数の水酸基を導入可能な第1の層と、第1の層上に配置され、第1の層に達する複数のウェル及びウェルを連結する複数の流路のそれぞれが設けられ、第1の層と異なる材料からなる第2の層とを備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】遺伝子多型を利用して、薬剤刺激応答を予測する方法の提供及び該方法に利用する薬剤多型を検出するマーカーの提供。
【解決手段】ソラフェニブ刺激でアレル間における発現量に違いが生じる以下の(a)〜(h)のいずれかの遺伝子における、発現量の違いを判定することができる遺伝子多型をin vitroで検出し、ソラフェニブを投与する被験体のソラフェニブの応答性を予測する方法:
(a) dihydropyrimidine dehydrogenase(DPYD)遺伝子;
(b) CD247 molecule遺伝子;
(c) phospholipase A2, group IVA (cytosolic, calcium-dependent)(PLA2G4A)遺伝子;
(d) interleukin 1 receptor, type II(IL1R2)遺伝子;
(e) dedicator of cytokinesis 2(DOCK2)遺伝子;
(f) estrogen receptor 1 (ESR1)遺伝子;
(g) complement component 5(C5)遺伝子;
(h) phospholipase C, beta 1 (phosphoinositide-specific)(PLCB1)遺伝子;
(i) pancreatic lipase-related protein 3(PNLIPRP3)遺伝子;及び
(j) lipase, hepatic(LIPC)遺伝子。 (もっと読む)


【課題】バックグランドノイズを低減可能なバイオチップ用基板の製造方法を提供する。
【解決手段】被検対象の生体物質と特異的な化学反応をするプローブを設けたバイオチップ用基板であって、第1の層上に配置された第2の層の一部を選択的にエッチングし、第1の層を表出させるステップと、第1の層をナトリウム溶液に浸し、第1の層表面に複数の水酸基を導入するステップとを含むバイオチップ用基板の製造方法。 (もっと読む)


【課題】試料中の少なくとも2種の互いに異なる核酸分子の同時検出方法の提供。
【解決手段】第1工程において多重PCRが行なわれ、第2工程においてマイクロアレイに固定化されたプローブとのハイブリダイゼーション反応が行なわれる。次に、ハイブリダイゼーションしたPCR生成物が検出され所望により定量され、ハイブリダイゼーション反応に適用されるプローブは互いに異なる核酸にそれぞれ特異的にハイブリダイゼーションするものであり、多くとも互いに2℃、好ましくは多くとも互いに1℃異なる融解点を有する、検出方法。 (もっと読む)


【課題】現在利用可能なDNA配列決定技術に対して、オリゴヌクレオチドブロックの連続的な連結により1つ以上のプライマーを段階的に伸長することによってテンプレートにおけるヌクレオチドを同定する方法を提供する。
【解決手段】ポリヌクレオチド中のヌクレオチド配列を同定する方法であって、以下の工程:(a)開始オリゴヌクレオチドを、オリゴヌクレオチドプローブと該開始オリゴヌクレオチドとを連結することによってポリヌクレオチドに沿って伸長させ、伸長した二重鎖を形成させる工程;(b)該ポリヌクレオチドの1つ以上のヌクレオチドを同定する工程;および(c)ヌクレオチドの配列が決定されるまで工程(a)および(b)を繰り返す工程、を包含する、方法。 (もっと読む)


【課題】人間の五感では「透かし」自体を施したことを検出することが出来ないような透かしの読取装置の提供。
【解決手段】対象物に付着された複数種類の材料を検出する検出手段と、検出手段に受容された物質の組成を特定する制御手段(90)とを有し、検出手段は、材料と生化学反応を行う生体材料が固定された複数のバイオセンサ(50、50C、50L、50−1〜50−N)を備え、制御手段(90)は、どのバイオセンサから出力された検出信号及び材料の濃度を判定する分析手段(104)と、バイオセンサの出力信号が飽和する所定時間が経過した後に、分析手段による比較及び判定を開始させる計時手段(103)と、分析手段の判定結果に基づいて、検出コード決定手段(108)による透かしの組成と予め記憶手段(106)に記憶された組成とを比較して透かしの真偽を判定する比較判定手段(110)とを備える。 (もっと読む)


161 - 180 / 1,741