説明

Fターム[4B055DB09]の内容

加熱調理器 (33,613) | 加熱源の種類 (1,332) | 液体熱媒体(水、湯等)媒介 (12)

Fターム[4B055DB09]に分類される特許

1 - 12 / 12


【課題】 従来、発芽玄米を生成するについて、手間や時間を短縮し、しかも、水加減を良好として、得られる発芽玄米の質を落とすことなく、食しておいしい発芽玄米の生成方法及びその装置はなかったという点である。
【解決手段】 適宜量の玄米を洗米し、その玄米量に適合した時間を水に漬け、その漬けた玄米を水切りして、上面が開口した第一容器内に投入し、玄米量に適合した量のアルコール溶水を加え、その第一容器を閉蓋して、上面が開口した第二容器内に収納し、閉蓋し、その第二容器を保温器内に収納して玄米量に適合する時間寝かせることとする。 (もっと読む)


調理用具セットが、内側ならびに外側の容器および密封する形で外側容器を覆う蓋を有する。内側容器は外側容器より短く、それの中において、外側容器内の沸いている水によって生成されるスチームのための通路を伴ったリムのところで入れ子状に重なる。そのスチームが通路に入り、内側容器内に保持されている食物を調理するか、蒸すか、または温める。この組み合わせは、特に米の調理に適している。 (もっと読む)


【課題】容器に入った液体を素早く加温する液体加温装置の提供。
【解決手段】吸排熱シート1を太陽光に当て受熱させる。次に、液体の入った容器30に吸排熱シート1を巻きつけ、断熱部材10を介して人の手20で支持する。人の手20を動かし、容器30内部の液体を流動させ、加温する。 (もっと読む)


【課題】 アウトドア、特に車で荷物を運搬できない場所、たとえば山行ハイキングや登山などで、装備を軽くするための用品であり、重くかさばる金属製のやかんや鍋を丈夫な紙製のものとするとともに、その紙製炊事容器を支えるホールダーも折りたたみ式の軽量なものとし、使用後はどちらも折りたんでコンパクトに収納できるようにするものである。
【解決手段】 紙鍋ホールダーは、組み立てると箱状となる耐熱紙により構成される紙鍋が、底枠内に折り畳み収容自在であるとともに組み立てると底枠の四方に上部開口部が底面より拡開状に立設して箱枠を形成する耐熱ホールダーに収容自在とされ、かつ、当該ホールダーを構成する各枠が紙鍋ホールダー状でステンレスのごとき軽量耐熱性素材からなるものである。 (もっと読む)


【課題】短時間で効率よく均等に冷凍麺を解凍することである。
【解決手段】所定量の湯を蓄えた上方開口の湯槽30と、この湯槽30内の湯を加熱する加熱手段31と、前記湯槽30内に設けられて上向きの噴流を発生させる噴流発生手段35と、弁当箱状の直方体形状の冷凍麺1に合わせて上方開口の箱形状で底面は網板構造に形成されて前記冷凍麺1を入れた状態で前記湯槽30内の前記噴流発生手段35の上部に出し入れ自在に設置される麺籠22とよりなる冷凍麺解凍調理機である。 (もっと読む)


【課題】トング処理が容易に行うことができ、また料理を外部から視認できる卓上用保温鍋(湯煎鍋)を提供する。
【解決手段】枠状の台部11に適宜な脚部13を付設してなる枠状台に、適宜な加熱機構を付設した鍋部2を装着し、台部11の外周面対向位置に設けた軸部に、鍋部の上部を覆う蓋体31を煽り回動による開閉自在に装着してなる卓上用保温鍋において、軸部より前方となる台部の外周面適宜位置に、トング係止杆151を、枠状台に装着した鍋部の上端より高い位置まで突設し、蓋体閉塞時に当該トング係止杆の高さと対応する位置まで切欠したトング差込部314を蓋体に形成してなり、また前記蓋体31を透明樹脂体で形成する。 (もっと読む)


【課題】好みの燗温度までに短時間で酒を加熱できる湯せん式の酒燗器及び燗方法を提供すること。
【解決手段】本発明は、加熱容器11中に温水14を収容し、この温水14により燗用容器15を加熱して前記燗用容器15内の液体を所望の燗温度Tに加熱するための酒燗器10において、前記温水14を加熱する加熱手段21と、前記加熱手段21を作動させて前記温水を予め設定した所望の燗温度Tに保つ第1の制御手段と、前記燗用容器15を前記温水14の中に入れた際に、前記温水14の温度が前記所望の燗温度Tよりも2℃〜5℃高い設定温度Tに達するまで前記加熱手段21を作動させる第2の制御手段と、を備える。 (もっと読む)


【課題】注入された液体を品質を損なわないで、希望する温度に保持するための保温または保冷用の食器を提供する。
【解決手段】本発明による保温または保冷用の食器は、容器本体101と、前記容器本体101の底部に開口部をもち容器本体中心に突出する中空筒103と、前記中空筒の開口部104を密封する下蓋とから構成されている。前記中空筒内に保温または保冷用の媒体を封入して密封する。 (もっと読む)


【課題】炊飯時間を短縮するとともに炊きあげ良好な米飯を得る炊飯器を提供する。
【解決手段】トレイ状の内鍋1を用いて、内鍋1に上部から所定の温度の水を供給できる構成とし、更に上部に加熱手段3を配置して高温の熱風を内鍋に上部から供給する構成をとることにより、米に対して水を細かく拡散させることができるとともに米に均一に熱を伝えることができる。 (もっと読む)


【課題】必要でないところに発生している輻射熱を吸収し、さらにその余熱を有効利用してお酒も燗が出来るようにして串が焦げにくい網を備えた、水冷式の焼き鳥及びバーベキューの出来る炭火用焼き台を提供する。
【解決手段】輻射熱を軽減するには熱伝導率の良い材料で 水タンクと循環パイプ付き導管(6)を設けてその内部にある水によって必要外の輻射熱を吸収させて快適な作業が出来るようにする。其の時に発生する熱の有効利用でお酒も燗できるようにし、水タンクの中に徳利用メッシュ棚を設ける。手の甲が下の器材に触れにくい高さを設けた網(1)を設けて網目の手前からかがりが出てきたりしないようにかがりよけ金具(2)を施し、未経験者でも定位置に網が置けるように定位置用ガイド(15)を設ける。 (もっと読む)


【課題】燃料電池を使用して水が無いかほとんど無い場所でも或る程度の調理ができる、携帯可能な調理装置を提供する。
【解決手段】蒸し物を作るための料理の材料を入れるための容器1と、前記容器に対して固定的に又は着脱可能に取り付けられた燃料電池10と、前記燃料電池が発電するときに生成する水又は水蒸気を前記容器内の下方空間内に導くための流路23を形成するための流路形成部と、を備えている。さらに、前記容器内の前記下方空間の上方に配置された水蒸気通過板41であって、前記流路からの水蒸気が又は前記流路からの水により形成された水蒸気が前記蒸し物用の料理材料に向かうように、前記流路からの水蒸気を又は前記流路からの水により形成された水蒸気を通過させるための水蒸気通過板と、を備えている。 (もっと読む)


【課題】従来の保温鍋では、主である内鍋が従である外鍋に納めて保持されるので、内鍋は外鍋に対して大きく形成することができないので、内鍋に料理を盛り付けて食に供するには外鍋が差し障りとなり、料理が取りにくく味わいながら食するには向かなかった。
【解決手段】水を入れてコンロ等で外部加熱して湯煎する下鍋と、料理を置く上鍋とからなり、下鍋の口に上鍋の裏部とが合致する形成とし、かつ下鍋の水に接するように傾斜をつけ、浮力による浮き上がりを自重で保持させる上鍋を上に重ねるように構成した。これにより、煮付け等の料理の盛り付けされた状態で取りやすく、冷めずにゆっくりと味わいながら食することを得ることができる。また、湯量の点検調整を容易にするための点検口を設けた。 (もっと読む)


1 - 12 / 12