説明

Fターム[4B059AA03]の内容

Fターム[4B059AA03]に分類される特許

41 - 47 / 47


【課題】 食材を傷めることを極力防止することが可能であり、その構成が複雑でなく、かつ生産性が高く低コストで、しかも洗浄作業も容易であり簡単に清潔を保つことができる調理器具の蓋を提供する。
【解決手段】 調理器具1としての鍋等の蓋2であって、前記蓋2の少なくとも一部領域に複数の通気手段としての複数の開孔24を網目状に形成する。各開孔24は、加熱調理後の鍋内に通気性を与え、鍋内の食材が傷むことを極力防止することが可能である。 (もっと読む)


【課題】片手で簡単に材料をこぼさず、水切りや油切りができるフライパンや鍋などの調理器具を提供する。
【解決手段】フライパンや鍋の側面上部に複数の穴やスリットを開けることにより材料をこぼすことなく、簡単に水分、油分を切ることができる。 (もっと読む)


【課題】 調理用材料の投入時に油や熱湯等が飛散するのを確実に防止して、火傷等が発生するのを防止することができる安全な調理用鍋を提供すること。
【解決手段】 上部開口部(2a)から内部に調理用材料(10)が収納される鍋本体(2)と、前記鍋本体(2)の上部開口部(2a)を覆う蓋(3)とを備えた調理用鍋(1)において、前記蓋(3)は、下部開口部(6a)から内部に調理用材料(10)が収納可能な筐体(6)と、前記下部開口部(6a)を開閉する開閉部材(7)と、前記筐体(6)の下部に設けられ、前記鍋本体(2)の開口部周縁(2b)に当接する当接部(6d)とを備えた。 (もっと読む)


【課題】フライパンで調理する際、難しさを伴う調理作業や手間のかかる作業を改善することを課題とする。
【解決手段】従来のフライパンと併用することにより調理作業を改善できる補助フライパンを発明した。図1に示すように、補助フライパン1の取っ手部の高さ1Tは、併用するフライパン2の深さ2B以上の寸法で構成し、補助フライパン1の重心はフライパン2との接触平面内に位置させ、調理面2Aに水平に置くことができるように構成されている。また、補助フライパン1の深さ1Bは、併用するフライパンより薄形に形成されている。 (もっと読む)


本発明は、付着防止コーティングで被覆された金属支持体を含む調理器具に関し、前記コーティングは、調理器具の少なくとも内側表面を形成するように設計され、かつ少なくとも1つの層を含み、前記層は、フッ素樹脂を単独で、または少なくとも200℃の温度に耐える第2の耐熱性樹脂と混合された状態で含む。前記少なくとも1つの層は、1つまたは複数の前記樹脂の焼結温度よりも高い温度に耐え、かつ抗菌性を有する無機化合物を含む。 (もっと読む)


【課題】 収納に便利な調理器および調理器用保持具を提供する。
【解決手段】 調理器本体1をその外底面5が鉛直方向に沿った姿勢に載置保持する保持部材4を、調理器本体1の壁部3に備え、さらに、この保持部材4を調理器本体1の壁部3に着脱自在にする。 (もっと読む)


【課題】調理時間を短縮させ、熱損失を最小にし、調理時の油煙の発生を防止することができる両面平鍋を提供する。
【解決手段】それぞれ把手15,25を有し、開閉可能に結合された下部平鍋10と上部平鍋20からなる両面平鍋1において、前記下部平鍋及び上部平鍋の周縁に、下部平鍋及び上部平鍋の中央部に形成された焼皿部11,21から区分された火炎導入室16,26を設け、該火炎導入室の一方には、外部からの火炎を導入するための火炎導入口を形成し、他方には前記焼皿部に連通する通孔17を形成している。 (もっと読む)


41 - 47 / 47