Fターム[4B063QA12]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 測定,試験の目的 (30,339) | 構造解析 (2,786) | 制限部位,制限断片長,その多型性 (587)

Fターム[4B063QA12]に分類される特許

1 - 20 / 587



Notice: Undefined index: from_cache in /mnt/www/gzt_fterm_list.php on line 281

【課題】より簡便で実用的にハイブリダイズ産物の有無を検出できる標的ポリヌクレオチドの検出用剤を提供する。
【解決手段】一つの前記標的ポリヌクレオチドに予め関連付けられた少なくとも一つのオリゴヌクレオチドプローブ4を、そのオリゴヌクレオチドプローブ4を識別するためのパターン情報を含むプローブ識別情報を伴って固相担体2上に固定して備える検出用剤10とする。オリゴヌクレオチドプローブ4を固定するパターンにプローブの識別情報を付与することで、ハイブリダイズ産物を生成したプローブの位置の照合操作を省略できる。 (もっと読む)


【課題】ウシ個体における枝肉重量、または、体高を増加させる遺伝的能力を評価する遺伝子マーカー、及び、そのマーカーを用いた評価方法を提供すること。
【解決手段】配列番号1の塩基配列から成るウシPTPDC1遺伝子のcDNAの964番目の塩基に対応する塩基、配列番号2の塩基配列から成るFGD3遺伝子のcDNAの47番目、556番目、または、557番目の塩基に対応する塩基、あるいは、配列番号3の塩基配列から成るウシSUSD3遺伝子のcDNAの53番目の塩基に対応する塩基を決定し、順に、G、C、T、G、Aである時に、そのウシ個体の枝肉重量、または、体高を増加させる遺伝的能力が、各塩基が野生型であるウシ個体より高いと評価し、枝肉の重量が重く、体高が高いと予測する。 (もっと読む)


【課題】余分な経費を必要とせず、かつ非特異的プライミングおよびそれに伴う非標的核酸の増幅をおこさず、さらには検体中に多量の異なる型の核酸が混在している場合でも容易に特定の型の標的核酸を検出することができる核酸の検出方法および核酸検出用キットを提供する。
【解決手段】核酸の検出方法は、第1のプライマーおよび第2のプライマーを用いて検体における標的核酸を増幅し、増幅産物中の標的核酸の塩基配列とプローブとをハイブリダイズさせて、増幅産物中の標的核酸または標的核酸のいずれかの一本鎖塩基配列を検出する方法であって、プローブとハイブリダイズする側の標的核酸の塩基配列を複製する第1のプライマーまたは第2のプライマーの一方を、他方のプライマーに対し、3.5より大きく10倍量未満、検体を含む反応液に加えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】MDR1遺伝子のエクソン12におけるC1236T変異型を、高い感度で、簡便に検出することを可能にする多型検出用プローブを提供する。
【解決手段】P1及びP1’からなる群より選択される一種の蛍光標識オリゴヌクレオチドであるMDR1遺伝子の多型を検出するための多型検出用プローブ。 (もっと読む)


【課題】肝細胞増殖性障害を検出するか、または検出して区別する、あるいは結腸直腸細胞増殖性障害を検出するか、または検出して区別する方法、核酸およびキットを提供する。
【解決手段】被検者から単離された生物学的試料中のセプチン9(その転写変異体全てを含む)、FOXL2、SARM1、VTN、PRDM6、NR2E1、FATおよび特定の配列を有する少なくとも1つの遺伝子またはゲノム配列の発現レベルを決定することを含み、過小発現および/またはCpGメチル化が前記疾患の存在またはクラスの指標である被検者の細胞増殖性疾患を検出および/または分類する方法。 (もっと読む)


【課題】PIK3CA遺伝子の多型を、高い感度で、簡便に検出することを可能にする多型検出用プローブを提供する。
【解決手段】特定の配列を有する蛍光標識オリゴヌクレオチドであるPIK3CA遺伝子の多型を検出するための多型検出用プローブ及び多型検出方法。特定のプローブ及び試料中の一本鎖核酸を接触させて、前記蛍光標識オリゴヌクレオチド及び前記一本鎖核酸をハイブリダイズさせてハイブリッドを得ること、前記ハイブリッドを含む試料の温度を変化させ、前記ハイブリッドを解離させ、前記ハイブリッドの解離に基づく蛍光シグナルの変動を測定すること、前記蛍光シグナルの変動に基づいてハイブリッドの解離温度であるTm値を測定すること、及び前記Tm値に基づいて、前記試料中の一本鎖核酸における、PIK3CA遺伝子の多型の存在を検出することを含む多型検出方法。 (もっと読む)


【課題】シトクロムP2D6遺伝子の遺伝型分析のためのhtSNPs、及びそれを用いた遺伝子多重分析法を提供する。
【解決手段】本発明は、シトクロムP2D6(CYP2D6)遺伝子の遺伝型分析のためのhtSNP及びこれを用いた遺伝子分析チップに関し、より詳細には、ヒトCYP2D6遺伝子のハプロタイプ分析のためのhtSNPの選別方法、前記htSNPを用いて前記遺伝子の遺伝型を決定する方法及びそのための遺伝子分析チップに関するものである。 (もっと読む)


【課題】MDR1遺伝子の3435位遺伝子多型検査を迅速、正確、かつ安価に行うための方法及び試薬を提供する。
【解決手段】特定の配列で示されるプローブを用いる。 (もっと読む)


【課題】シトクロムP2A6遺伝子の遺伝型分析のためのhtSNPs、及びそれを用いた遺伝子多重分析法を提供する。
【解決手段】本発明は、シトクロムP2A6(CYP2A6)遺伝子の遺伝型分析のためのhtSNP及びこれを用いた遺伝子分析チップに関し、より詳細には、ヒトCYP2A6遺伝子のハプロタイプ分析のためのhtSNPの選別方法、前記htSNPを用いて前記遺伝子の遺伝型を決定する方法及びそのための遺伝子分析チップに関するものである。 (もっと読む)


【課題】C型慢性肝炎の治療率に関与する一塩基多型(SNP)を検出するためのプローブ、ならびに、該プローブを用いたSNPの検出方法およびSNPを検出するためのキットの提供。
【解決手段】特定の塩基配列を有するプローブを用いる。 (もっと読む)


【課題】本発明は、注意欠陥多動性障害の発病と有意の相関関係を有する特定の一塩基多型(Single Nucleotide Polymorphism、SNP)を選別し、これをマーカーとして利用して注意欠陥多動性障害の発病危険性を予測する技術に関する。
【解決手段】本発明によると、ヒトの17番染色体の24926101番目の塩基であるC/Tを含むポリヌクレオチド、GIT1遺伝子内のrs550818一塩基多型の塩基を確認して、注意欠陥多動性障害の発病危険性を予測する方法が提供される。また、前記一塩基多型を検出するためのプローブまたは前記染色体部位を増幅するためのプライマーを含む注意欠陥多動性障害の発病危険性を診断するための組成物及び前記プローブを表面に固定させた検診用キットが提供される。従って、本発明による予測方法、診断用組成物及びキットは、簡便且つ高感度で注意欠陥多動性障害の発病危険群を分類することができ、これらの危険群を予め予防したり早期発見できるようにする有用な技術である。 (もっと読む)


【課題】効率的なプローブハイブリダイゼーションを実現できる標的核酸の検出方法を提供する。
【解決手段】1又は2以上の標的核酸を検出する方法であって、前記1又は2以上の標的核酸のそれぞれ予め関連付けられ前記標的核酸を検出するための検出用配列を含む1又は2以上の検出用プローブと前記標的核酸の増幅断片とをハイブリダイズ可能に接触させるハイブリダイゼーション工程、を備え、前記検出用プローブは、水素結合数が9以上125以下の検出用配列を含む、方法。 (もっと読む)


【課題】2型糖尿病の遺伝的感受性を判定する決定的な遺伝的な因子を対象とした、正確、簡便かつ迅速に被験者の2型糖尿病に対する遺伝的感受性を検査する方法を提供する。
【解決手段】被験者から採取されたDNA含有試料において、EIF2KA4遺伝子に存在する1以上の多型を検出することを含む、上記被験者の2型糖尿病に対する遺伝的感受性の検査方法。 (もっと読む)


【課題】側弯症等の骨・関節疾患を検査する方法を提供する。
【解決手段】第10染色体長腕24領域(10q24領域)に存在する一塩基多型を分析し、
該分析結果に基づいて骨・関節疾患の発症リスクおよび/または発症の有無を検査する。 (もっと読む)


【課題】従来法よりもより詳細にもやもや病の発症のリスク、およびその重症度を予測することができる方法を提供する。
【解決手段】被験者のRNF213遺伝子におけるc.14576G>A多型を検出し、ホモ接合性の多型A/Aを持つ場合に、予後不良の重症型である、あるいは発症リスクが高いと判定する、もやもや病の検査方法。 (もっと読む)


【課題】慢性閉塞性肺疾患(COPD)増悪感受性の検査法の提供。
【解決手段】ヒト被験体由来の生物学的試料を用いて該被験体のシグレック14の遺伝子型を決定し、慢性閉塞性肺疾患の増悪感受性の指標とすることを含む、ヒト被験体における慢性閉塞性肺疾患の増悪感受性を検査する方法。 (もっと読む)


【課題】遺伝子多型による骨髄異形成症候群(MDS)検出のための検査方法、及び検出に用いるヌクレオチドの提供。
【解決手段】以下の20種の変異の核酸と検出方法:(1)SF3B1_E622D、(2)SF3B1_E622D、(3)SF3B1_H662D、(4)SF3B1_H662Q、(5)SF3B1_H662Q、(6)SF3B1_K666E、(7)SF3B1_K666N、(8)SF3B1_K666N、(9)SF3B1_K666T、(10)SF3B1_K666R、(11)SF3B1_K700E、(12)SF3B1_R625C、(13)SF3B1_R625L、(14)SRSF2_P95H、(15)SRSF2_P95L、(16)SRSF2_P95R、(17)U2AF35_Q157R、(18)U2AF35_Q157P、(19)U2AF35_S34F、(20)U2AF35_S34Y。 (もっと読む)


【課題】肥満を検査する方法を提供する。
【解決手段】第6染色体短腕22領域または第9染色体長腕21領域に存在する一塩基多型を分析し、該分析結果に基づいて肥満の発症リスクおよび/または発症の有無を検査する。 (もっと読む)


【課題】アレル特異的プライマーを用いたSNP判別方法において、非特異的な増幅反応を抑制し、より明確なSNP判別を可能とする方法を提供する。
【解決手段】二本鎖標的配列(1)は、一本鎖標的配列(1a)および相補的一本鎖標的配列(1b)からなり、 第1一本鎖DNA(6)は、3’末端−第1非増幅配列(6a)−前記一本鎖標的配列(1a)−第2非増幅配列(6b)−5’末端からなり、 前記第2一本鎖DNA(7)は、5’末端−第3非増幅配列(7a)−前記相補的一本鎖標的配列(1b)−第4非増幅配列(7b)−3’末端からなり、前記二本鎖標的配列(1)をASPを用いたPCR法で増幅する工程において、DNAポリメラーゼによる伸長反応のための起点として作用せず、前記第3非増幅配列(7a)の一部と相補的である、第1ブロック核酸(20)を混合する方法。 (もっと読む)


1 - 20 / 587