Fターム[4B063QA19]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 測定,試験の目的 (30,339) | 病気,病状の診断 (4,937)

Fターム[4B063QA19]に分類される特許

2,001 - 2,020 / 4,937


本発明は、結腸直腸癌を有することが疑われる患者から得られた生物試料のアポリポタンパク質AI腫瘍マーカーの存在を決定することによる結腸直腸癌のインビトロ診断のための方法であって、アッセイが比濁法でないことが理解される方法に関する。前記方法は、結腸直腸癌に関する早期診断、スクリーニング、フォローアップ治療及び予後診断のために、更に再発診断のために用いられることができる。 (もっと読む)


本発明は、結腸直腸癌を有することが疑われる患者から得られた生物試料のアミノアシラーゼ1腫瘍マーカーの存在を決定することによる結腸直腸癌のインビトロ診断のための方法に関する。前記方法は、結腸直腸癌に関する早期診断、スクリーニング、フォローアップ治療及び予後診断のために、更に再発診断のために用いられることができる。 (もっと読む)


本発明は、乳癌、結腸直腸癌、食道癌、胃癌、前立腺癌及び子宮癌の治療、スクリーニング、診断、予後及び治療のための方法並びに組成物、乳癌、結腸直腸癌、食道癌、胃癌、前立腺癌及び子宮癌の治療の効果をモニタリングするための方法並びに組成物、並びに創薬のための方法並びに組成物を提供する。 (もっと読む)


【課題】 メタボリック症候群を予測するための検査方法を提供する。
【解決手段】 ミオシンIXA(MYO9A)遺伝子上に存在する塩基の一塩基多型または該塩基と連鎖不平衡にある塩基の一塩基多型を分析し、該分析結果に基づいてメタボリック症候群を検査する。
(もっと読む)


胃腸粘膜試料又は胃腸粘膜を排出するセンチネルリンパ節由来の試料において活動性と不活動性のIBDを識別する方法であって、試料から単一細胞の懸濁液を調製するステップと;懸濁液を、直接標識された蛍光DC69抗体を用いてCD4+ヘルパーT細胞の炎症活性化マーカーCD69の発現について分析するステップと;試料中のDC69を発現しているヘルパーT細胞の数を、対応する健常個体の試料から得られる数と比較するステップとを含み、CDD69を発現しているヘルパーT細胞のレベルの有意な増大が活動性IBDの存在を表し、ヘルパーT細胞の有意な増大レベルが低いことが不活動性IBDの存在を表す方法。また、潰瘍性大腸(UC)とクローン病(CD)を識別する方法、UC及びCDを検出する方法、並びにIBD患者のステロイド治療に対する感受性を決定する方法も開示する。 (もっと読む)


本発明は、コラーゲン模倣3重らせん及びその原線維に非共有的自己集合できる、N−及びC−末端に疎水性アミノ酸を有するコラーゲン関連ペプチド(CRP)、並びにその合成、使用方法及び組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】NmのDNAおよびそれらを取得する手段をそれらNm特異性DNAからもっぱらなるバンク(ライブラリ−)を構築することによって、提供する。
【解決手段】本発明のDNAは、髄膜炎菌に存在するが淋菌にもナイセリア・ラクタミカにも存在しないところの、読み取り相をもつ遺伝子(ただし、多糖性莢膜、frpA、frpC、opc、porA、ロ−タマ−ゼ、配列IS1106、IgAプロテア−ゼ、ピリン、PilC、トランスフェリンに結合する蛋白質、および混濁蛋白質の生合成に関わる遺伝子を除く)の全部または一部である。 (もっと読む)


本発明は、遺伝子型決定を使用して、ニューロン代謝減少に関与する認知機能減少、例えばアルツハイマー病を治療するのに有効な量で、ケトン体濃度を上昇させうる化合物を用いた治療のために、患者を選択する方法に関する。
(もっと読む)


【課題】 肥満を予測するための検査方法、および肥満の予防又は治療薬のスクリーニング方法を提供する。
【解決手段】 MTMR9遺伝子上に存在する塩基の一塩基多型または該塩基と連鎖不平衡にある塩基の一塩基多型を分析し、該分析結果に基づいて肥満を検査する。また、MTMR9の発現量を変化させる物質を選択することにより肥満の予防又は治療薬のスクリーニングを行う。
(もっと読む)


本発明は、哺乳動物のメラニン形成細胞におけるRACK1タンパク質の過剰発現の検出、及びRACK1タンパク質の過剰発現からメラノーマの存在を差し引くことを含む、哺乳動物におけるメラノーマを診断する方法に関する。本発明はまた、メラニン形成細胞におけるRACK1タンパク質の過剰発現、及びRACK1タンパク質の過剰発現から該メラニン形成細胞の腫瘍状態を差し引くことを含む、哺乳動物のメラニン形成細胞の腫瘍状態を決定する方法に関する。 (もっと読む)


【課題】生活習慣病改善、介護予防等を目的とした運動処方に対する感受性の個人差が遺伝素因に起因するとの予測に基づき、このような感受性の遺伝子診断に用いることができる運動処方反応性遺伝子群を同定し、そのような運動処方反応性遺伝子群に基づき感受性を予測する方法を提案すること。
【解決手段】本発明者らは、運動処方反応性遺伝子群として、例えば、運動処方による収縮期血圧(最高血圧)の改善効果の予測に利用可能な次のものを見出した。
β2アドレナリン受容体(以下「ADRB2」という)遺伝子において、当該ADRB2の第175番目のアルギニン残基をコードするコドンがCGGであるかAGGであるかの一塩基多型
被験者の遺伝子から、このような運動処方反応性遺伝子を同定することにより、被験者の運動処方による効果改善性を予測でき、予測に基づき、被験者に最も適した運動処方を提案できる。 (もっと読む)


LY6Kは、肺癌及び食道癌などの癌の診断に有用な、有望なバイオマーカーとして本明細書において同定される。同様に、これら疾患を有する患者の予後予測にも有用である。本明細書において詳細に述べられているように、LY6Kは試験されたほとんどの肺癌及び食道癌組織において特異的に過剰発現しており、これらの腫瘍を有する患者の大部分の血清中で上昇している。従って、LY6Kは、癌の診断の感度を有意に改善するため、その他の腫瘍マーカーと組み合わせて使用してもよい。LY6Kに対する低分子干渉RNA(siRNA)が癌細胞の増殖を抑制するという事実によって示されるように、LY6KはESCC細胞の治療において使用されてもよい。さらに、LY6K分子はまた、抗体治療など、新規治療方法の開発の有力な候補である。

(もっと読む)


本発明は、ゲノムDNAのサンプル中におけるメチル化ヌクレオチドの道程に関する。本発明は、特定のメチル化ヌクレオチドを同定することによる特定状態の診断方法に関する。
(もっと読む)


【課題】心臓及び骨格筋におけるマイクロRNAの関与について詳述する。
【解決手段】 本発明は、速骨格筋収縮タンパク質遺伝子を抑制する2種のマイクロRNA、miR−499及びmiR−208bの特定に関する。miR−499及び/又はmiR−208bの発現を使用して、筋骨格系障害の治療において速筋線維遺伝子を抑制し、遅筋線維遺伝子を活性化することができる。miR−499及び/又はmiR−208bの阻害は、心臓肥大、心筋梗塞、及び/又は心不全の治療として提示される。miR−499及びmiR−208b機能の拮抗薬及び作動薬を含む医薬品組成物も開示される。 (もっと読む)


本開示は、リシルオキシダーゼ又はリシルオキシダーゼ様タンパク質の処理形の阻害剤、LOXの阻害剤及びLOXLの阻害剤、或いは他の治療薬と併用するLOX又はLOXLの阻害剤の相乗作用的な組合せを用いることにより、異常な細胞増殖、血管新生及び線維症に関連する様々な疾患を予防及び治療するための革新的な方法並びに関連組成物及びキットを提供する。上皮間葉移行(EMT)状態にある細胞を候補物質と接触させ、細胞のEMT状態の変化を検出することにより、腫瘍浸潤、血管新生及び転移を予防又は阻害する薬剤を選択する革新的な方法も提供する。LOX又はLOXLの処理形を特異的に認識する分子又は物質を用いることにより、異常な細胞増殖、血管新生及び線維症に関連する様々な疾患を診断又はモニタリングするための方法並びに関連組成物及びキットも提供する。LOX又はLOXLの阻害剤を含む組成物により線維症に関連する様々な疾患及び状態を治療又は予防するための方法並びに関連組成物、医療機器、システム及びキットも本開示で提供する。そのような疾患又は状態は、高血圧、高血圧性心疾患、心筋梗塞、アテローム性動脈硬化症及び再狭窄などの病的心血管状態及び疾患、肝線維症、腎線維症、肺線維症、皮膚瘢痕化及びケロイド、並びにアルツハイマー病などである。
(もっと読む)


【課題】
病原性大腸菌、例えば腸内病原性大腸菌(EPEC)及び腸内出血性大腸菌(EHEC)により分泌されたEspAポリペプチドを提供する。
【解決手段】
a)腸内病原性または腸内出血性大腸菌からの分泌タンパク質であり、b)SDS-PAGEにより測定して約25キロダルトンの分子量を有することを特徴とする単離されたEspAポリペプチド、EspAをコードする単離された核酸配列、組換えEspAの製造方法、EspAに結合する抗体、EspA生産大腸菌の検出用キット、宿主をEspAで免疫化してEspAに対する防御免疫反応を誘発する方法。
(もっと読む)


本発明は、心血管イベントを発症する対象のリスクを予測する方法であって、前記対象の心血管系(の試料)中の少なくとも1つのバイオマーカーを検出するステップを含み、前記バイオマーカーが、腫瘍壊死因子α前駆体、リソソーム膜タンパク質(1)、インターロイキン5前駆体、インターロイキン6前駆体、C−Cモチーフケモカイン(2)前駆体、C−Cモチーフケモカイン(5)前駆体RANTES、カテプシンL1前駆体、アデニル酸キナーゼ(1)、ロイコトリエンB4受容体(1)、補体因子D、分泌性リン酸化タンパク質(1)、小分子誘導性サイトカインA17前駆体、C−X−Cモチーフケモカイン(10)前駆体、腫瘍壊死因子リガンドスーパーファミリーメンバー(11)(RANKL)、C−Cモチーフケモカイン(18)前駆体、72kDa IV型コラゲナーゼ前駆体、好中球コラゲナーゼ前駆体、脂肪酸結合タンパク質(4)、カルパイン(2)、(m/II)大サブユニット、マクロファージ遊走阻害因子、カテプシンS前駆体、インターロイキン(13)前駆体および可溶性ICAM−1からなる群から選択される少なくとも1種のタンパク質を含む方法に関する。
(もっと読む)


【課題】前立腺がんを検出するための他の診断方法と一致したメチル化遺伝子の調査、および、これらの方法を用いるためのキットの提供。
【解決手段】尿サンプルで、S100遺伝子のみ;GSTP1遺伝子、APC遺伝子、および、RARβ2遺伝子からなる群から選択される更にもう1個の遺伝子のみ;ならびに、1個もしくはそれ以上の対照遺伝子;のメチル化状態を検出することを含む、尿サンプルにおける前立腺がんを検出するための方法、およびキット。 (もっと読む)


本発明は、LOS生合成に関わる遺伝子のうち1つ以上の、機能性遺伝子および/または遺伝子産物の存在を判定することによる、ナイセリア属(Neisseria)菌株のLOS分子タイピングの方法を開示する。 (もっと読む)


【課題】ヒトを含む哺乳動物における血管形成及び/又は心臓血管形成を刺激又は阻害するための組成物及び方法の提供。
【解決手段】製薬組成物は、これらの用途の一又は複数について同定されたポリペプチド又はそれに対するアンタゴニストに基づく。ここでの組成物により診断、予防又は治療される疾患は、創傷等の外傷、種々の癌、及びアテローム性硬化症及び心臓肥大を含む血管疾患を含み、新規なポリペプチド及びこれらのポリペプチドをコードする核酸分子を対象とする。またここで、これらの核酸配列を含むベクター及び宿主細胞、異種ポリペプチドに融合したポリペプチドを含むキメラ分子、ポリペプチドに結合する抗体、及びポリペプチドの製造方法。 (もっと読む)


2,001 - 2,020 / 4,937