Fターム[4B063QA19]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 測定,試験の目的 (30,339) | 病気,病状の診断 (4,937)

Fターム[4B063QA19]に分類される特許

4,921 - 4,937 / 4,937


活性化単核食細胞により生産されたエンセファロトキシンは、アルツハイマー病(AD)、HIV−1関連痴呆(HAD)、クロイツフェルト−ヤコブ病、軽度認知障害、プリオン疾患、軽度認知/運動機能不全、急性脳卒中、急性外傷、または神経−AIDSのような神経変性疾患および神経炎症疾患を含む神経学的疾患を有する個体に存在する。本発明の方法によるエンセファロトキシンの生化学的検出は、初期の前徴段階で神経学的疾患の診断を可能とし、これにより疾患の進行に早期に介入し、ならびに神経変性疾患を発症する危険性がある個体または群の同定を可能とする。また本発明の方法は、神経疾患の進行および処置を監視するメカニズムも提供する。
(もっと読む)


ヒトFACL遺伝子はRB経路のモジュレーターとして同定されており、したがってこれらは欠陥RB機能に関連する疾患の治療上の標的である。FACLの活性を調節する作用剤を探すためにスクリーニングすることを含む、RBのモジュレーターを同定する方法が提供される。 (もっと読む)


本発明は、慢性関節リウマチに関連する遺伝子多型の発見に基づく。特に、本発明は、多型を含む核酸分子、このような核酸分子によってコードされる改変タンパク質、多型核酸分子およびタンパク質を検出するための試薬、ならびに核酸分子およびタンパク質を用いる方法、ならびにこれらの検出のための試薬の使用方法に関する。特に、本発明は、ヒトゲノムにおける特定の一塩基多型(SNP)、ならびに慢性関節リウマチおよび関係する病理とのそれらの関連に関する。正常個体に対しての、慢性関節リウマチ患者集団における対立遺伝子頻度の違いに基づいて、本明細書において開示される天然に存在するSNPは、診断試薬の設計および治療剤の開発のため、ならびに疾患関連分析および連鎖分析のための標的として、使用され得る。
(もっと読む)


本発明は、泌尿器科障害の診断および処置のための方法に関する。具体的には、本発明は、泌尿器科障害に関する組織において、正常かもしくは非泌尿器科障害状態におけるその発現と比較するか、そして/または、泌尿器科障害に関する処置への応答における、特定の遺伝子の差次的な発現を同定する。本発明は、種々の泌尿器科疾患の診断的評価および予後のため、そして、このような状態への素因を示す被験体の同定のための方法を記載する。本発明はまた、泌尿器科障害を処置し得る化合物を同定するための方法を提供する。本発明はまた、泌尿器科障害の処置としての化合物の同定および治療的使用のための方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、本明細書においてタンパク質デフェンシンファミリーのメンバーとして同定された、INSP108およびINSP109と称される新規タンパク質、ならびに疾患の診断、予防および治療におけるこれらのタンパク質およびコードしている遺伝子由来の核酸配列の使用に関する。
(もっと読む)


EGFRモデュレーターの投与を含む癌の治療法に治療的に応答する哺乳動物を同定する方法であって、(a)該哺乳動物をEGFRモデュレーターに暴露し、(b)工程(a)の暴露後、該哺乳動物において少なくとも一つのバイオマーカーのレベルを測定することを含み、その際、該EGFRモデュレーターに暴露されていない哺乳動物で測定した該少なくとも一つのバイオマーカーのレベルと比較した工程(b)で測定した該少なくとも一つのバイオマーカーのレベルの相違が、該哺乳動物が該癌の治療法に治療的に応答するであろうことを示すことを特徴とする方法において有用なEGFRバイオマーカー。

(もっと読む)


本発明は、癌(特にリンパ腫)を検出、診断および処置する際に使用するための新規配列に関する。本発明は、その発現が癌と関連する癌関連(CA)ポリヌクレオチド配列を提供する。本発明は、細胞表面上に提示され、そして癌に対する新規な治療標的を提示する癌と関連するCAポリペプチドを提供する。本発明は、さらに、癌の診断組成物および癌の検出のための方法を提供する。本発明は、CAポリペプチドに特異的なモノクローナル抗体およびポリクローナル抗体を提供する。本発明はまた、診断ツールおよび治療組成物、ならびに癌のスクリーニング、予防および処置のための方法を提供する。 (もっと読む)


本発明は、狭窄に関連する遺伝子多型の発見に基づく。特に、本発明は、多型を含む核酸分子、このような核酸分子によってコードされる改変タンパク質、多型核酸分子およびタンパク質を検出するための試薬、ならびに核酸分子およびタンパク質を用いる方法、ならびにこれらの検出のための試薬の使用方法に関する。特に、本発明は、ヒトゲノムにおける特定の一塩基多型(SNP)、ならびに狭窄および関係する病理とのそれらの関連に関する。正常個体に対しての、狭窄患者集団における対立遺伝子頻度の違いに基づいて、本明細書において開示される天然に存在するSNPは、診断試薬の設計および治療剤の開発のため、ならびに疾患関連分析および連鎖分析のための標的として、使用され得る。 (もっと読む)


本発明は、心筋梗塞に関連する遺伝子多型の発見に基づく。特に、本発明は、多型を含む核酸分子、このような核酸分子によってコードされる改変タンパク質、多型核酸分子およびタンパク質を検出するための試薬、ならびに核酸分子およびタンパク質を用いる方法、ならびにこれらの検出のための試薬の使用方法に関する。特に、本発明は、ヒトゲノムにおける特定の一塩基多型(SNP)、ならびに心筋梗塞および関係する病理とのそれらの関連に関する。正常個体に対しての、心筋梗塞患者集団における対立遺伝子頻度の違いに基づいて、本明細書において開示される天然に存在するSNPは、診断試薬の設計および治療剤の開発のため、ならびに疾患関連分析および連鎖分析のための標的として、使用され得る。
(もっと読む)


【課題】くすぶり型のATLをも容易に検出することができる、ATLの検出方法及びそのための試薬を提供すること並びにATL以外の白血病をも容易に検出することができる、白血病の検出方法及びそのための試薬を提供すること。
【解決手段】生体から分離した白血球細胞表面上のSF−25抗原を測定することを含む白血病の検出方法を提供した。
【効果】白血球細胞上のSF−25抗原を癌マーカーとして用いることにより、発症後のATLのみならず、くすぶり型のATLをも検出することができる。また、白血球細胞上のSF−25抗原を癌マーカーとして用いることにより、B細胞性慢性リンパ性白血病、急性リンパ性白血病及び急性骨髄性白血病のような、ATL以外の白血病をも検出することができる。 (もっと読む)


本発明は、細胞増殖性疾患を治療するための治療的化合物およびこれらの治療的化合物の使用の方法に関する。本発明はまた、ポロ様キナーゼの3次元構造、およびこれらの構造を用いて小分子阻害剤を設計または選択するための方法、およびそのような化合物の治療的使用を提供する。本発明はまた、新規なリンペプチド結合ドメインを同定するための方法を含む。 (もっと読む)


【課題】歯周病の進行予測を的確に行うことができる歯周病の検査方法及び検査診断薬を提供すること。
【解決手段】歯周病によって流出量が増加することが知られている歯肉溝滲出液に発現することが判明した破骨細胞の分化誘導に関与するγ−グルタミルトランスペプチダーゼの活性を測定する歯周病の検査方法を提供するとともに、とともに、前記γ−グルタミルトランスペプチダーゼと反応する物質、例えば抗γ−GTP抗体を少なくとも含有する歯周病の検査診断試薬を提供する。 (もっと読む)


【課題】 新規の抗がん剤、虚血性疾患治療薬の開発に有用であるES細胞株及び非ヒト哺乳動物を提供する。
【解決手段】 ポリ(ADP-リボース)グリコヒドロラーゼ遺伝子のいずれか一方または双方が不活化されていることを特徴とする胚性幹細胞株及び非ヒト哺乳動物。 (もっと読む)


【課題】ヒトアデノウイルスの血清型の迅速かつ簡易な同定法を提供する。
【解決手段】ヒトアデノウイルス遺伝子のヘキソン領域の、配列番号1に示す塩基配列の塩基番号739〜3499に相当する領域内から選ばれる、塩基番号2518〜2897に相当する領域を少なくとも含む塩基配列に基づいて分子系統解析を行うことによりヒトアデノウイルスの血清型を同定する。 (もっと読む)


【課題】 DNAあるいは蛋白質等の生体物質サンプルを基板に共有結合により強固に固定化することにより、従来遺伝子解析のための処理を進める際(例えばハイブリダイスの際)にスポットが抜け落ちるといった問題点を解決すること。
【解決手段】 オリゴヌクレオチドまたはDNA断片を表面に担持可能なスライドグラスにおいて、炭化ハフニウム、炭化ニオブ、炭化珪素、炭化タンタル、炭化トリウム、炭化チタン、炭化ウラン、炭化タングステンまたは炭化ジルコニウム等の表面処理層が形成されていることを特徴とするスライドグラス。また、表面処理層の被膜上に、オリゴヌクレオチドまたはDNA断片を担持させたスライドグラス及びスライドグラスの表面に遺伝子を担持させて遺伝子を解析する方法。 (もっと読む)


【課題】 NAIP遺伝子のプロモーター配列およびサイレンサー配列に相当するポリヌクレオチドと、このポリヌクレオチドの利用発明を提供する。
【解決手段】 配列番号1の−765番塩基から−416番塩基の塩基配列からなり、遺伝子発現を促進するポリヌクレオチド、配列番号1の−2218番塩基から―766番塩基の塩基配列からなり、遺伝子サイレンサーとして機能するポリヌクレオチド、および配列番号1の−421番塩基から296番塩基の塩基配列からなり、遺伝子サイレンサーとして機能するポリヌクレオチド、ならびにこれらのポリヌクレオチドを用いた方法発明。 (もっと読む)


【課題】 ウシClaudin-16欠損症の診断法を提供する。
【解決手段】 ウシClaudin-16欠損症の原因がClaudin-16遺伝子の一部を含む約30 kbに及ぶDNA欠損に起因することを見出し、かかる欠損により、該遺伝子を含む領域が特定のPCRプライマーの使用により増幅できたり、できなかったりすることなどを利用して、該疾患を遺伝子診断する。具体的には対象遺伝子の周辺の領域を特異的に増幅せしめ、当該欠損を検知することにより、診断を行う。ウシのClaudin-16欠損症及びそのキャリアーを簡便かつ迅速に検出し、診断することが可能である。 (もっと読む)


4,921 - 4,937 / 4,937