Fターム[4B063QA19]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 測定,試験の目的 (30,339) | 病気,病状の診断 (4,937)

Fターム[4B063QA19]に分類される特許

1,921 - 1,940 / 4,937


【課題】癌の存在を同定するのを助け、NOTCHシグナル伝達のインヒビターに応答する癌細胞を同定することにおいて診断上有用であり、NOTCHシグナル伝達経路インヒビターによる直接的で合理的な癌処置を可能にする、ヒト腫瘍における新規な変異を同定する方法を提供する。
【解決手段】実質的に精製された変異NOTCH−1レセプターであって、当該変異NOTCH−1レセプターは、特定のアミノ酸配列を含み、ただし、当該アミノ酸配列は、アミノ酸1571〜1622および/または1674〜1730および/またはアミノ酸2311〜アミノ酸2556に1以上の変異を有し、その結果、当該変異NOTCH−1レセプターは、γ−セクレターゼとのインキュベーションに応じて、変異していないNOTCH−1と比べて増強したシグナル伝達を示す、実質的に精製された変異NOTCH−1レセプター。 (もっと読む)


癌の診断および/または予後に、そして癌、例えば前立腺癌における治療決定をするために少なくとも有用なバイオマーカーが開示される。 (もっと読む)


【課題】ザルコシンオキシダーゼ活性を有する蛋白質を蛋白工学的手法により改変することにより得られる、プロリンに対する作用性が低減したザルコシンオキシダーゼ、その製造法および用途の提供。
【解決手段】特定な配列からなるアミノ酸配列の89番目のリジンがアルギニンに、94番目のバリンがグリシンに、166番目のアスパラギンがリジンに、204番目のメチオニンがアラニンに、213番目のセリンがプロリンに、250番目のグルタミン酸がグルタミンに、それぞれ置換されていることを特徴とする改変型ザルコシンオキシダーゼ。 (もっと読む)


(i)チップおよび基材表面を提供する工程、(ii)チップ端にパターニング組成物を配置する工程、(iii)チップから基材表面にパターニング組成物の少なくともいくらかを堆積させ、基材表面上に配置される堆積物を形成させる工程を含み、パターニング組成物は少なくとも1つのパターニング種、パターニング種とは異なる少なくとも1つの担体、ならびにパターニング種および担体とは異なる少なくとも1つの添加物を含む方法を提供する。

(もっと読む)


【課題】ザルコシンオキシダーゼ活性を有する蛋白質を蛋白工学的手法により改変することにより得られる、プロリンに対する作用性が低減したザルコシンオキシダーゼ、その製造法および用途の提供。
【解決手段】特定な配列からなるアミノ酸配列の89番目のリジンがアルギニン、94番目のバリンがグリシンに、213番目のセリンがプロリンに、250番目のグルタミン酸がグルタミンに、それぞれ置換されている改変型ザルコシンオキシダーゼ。 (もっと読む)


本発明は、1つ又は複数の一塩基多型(SNP)座位における個体の遺伝子型に基づく、個体のQT間隔を増加させることが可能な化合物の投与後のQT延長の予測、並びにこのような予測に基づく患者の治療に関する。 (もっと読む)


癌の発病を阻害し、癌の診断および治療のための方法および組成物が提供される。該治療法は、転写正因子4(PC4)のレベルまたは機能の阻害を含む。また、PC4の発現または機能の阻害に基づいて癌阻害剤をスクリーニングする方法が提供される。 (もっと読む)


【課題】幹細胞に由来するヒト病態、例えば慢性骨髄性白血病、B細胞系急性リンパ母細胞性白血病、T細胞系急性リンパ母細胞性白血病に関連する染色体異常や、造血幹細胞または胚幹細胞の移動に関連する染色体異常などを再現する遺伝子導入哺乳動物の提供。
【解決手段】Sca−1細胞において導入遺伝子の発現を導くプロモータを使用して、前記ヒト病態に関与する遺伝子の発現の一使用方法に関して、前記遺伝子導入動物は前記疾病を研究するためかつ前記疾病を治療および/または予防するための化合物を評価するために使用するモデル。 (もっと読む)


例えば、腫瘍を有している被験体について処置を選択するために使用することができる、放射線治療に対する腫瘍の感受性を予測するための数学的モデルと方法(例えば、コンピューターによって実行される方法)が記載される。1つの態様では、本発明によって、選択された放射線治療の線量に対する細胞(すなわち、生存している細胞、例えば、腫瘍細胞または正常(非腫瘍)細胞、あるいは培養された細胞)の感受性を予測するための方法(例えば、コンピューターによって実行される方法)が提供される。この方法には、細胞中での2つ以上のシグネチャー遺伝子(signature gene)の発現レベルに基づいて、その細胞に対して放射線感受性指数(radiation sensitivity index)を割り当てる工程が含まれる。ここでは、放射線感受性指数は、その細胞が放射線治療に感受性があるかどうかを示す。
(もっと読む)


【課題】miRの異常な発現と疾患またはその素因との相関を同定することである。
【解決手段】本発明は、微小胞およびその中のmiRを含有するサンプルを検討することによる、障害の診断、予後および治療のための新規方法および組成物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、血液などの試料物質中の病原菌を測定する方法及び手段に関する。本方法において、細菌DNAは最初に試料物質の全DNAから濃縮され、次いで濃縮されたDNAは特定のプライマー対を用いて増幅される。得られた増幅産物の検出により、試料物質中に含まれる細菌及び真菌並びにこれらの耐性菌の正確な同定が可能になる。本発明の方法及び手段は、特に未発見の感染症(SIRS)を含む炎症性疾患並びに敗血症、特発性細菌性腹膜炎及び心内膜炎などの感染性疾患の早期診断を可能にする。 (もっと読む)


【課題】高い精度で早期に診断でき、例えば末梢血などの、サイトカインの含有量が微量な検体でも診断可能な、膠原病診断方法を提供すること。
【解決手段】(a)採取された末梢血に含まれるTh17と、Th1及びTh2の少なくとも1つとを刺激する工程と、(b)刺激された前記Th17と、Th1及びTh2の少なくとも1つとにより産生されるサイトカインの発現量として、前記サイトカインのmRNAレベルの発現量を測定する工程と、(c)測定された前記Th17により産生されるサイトカインの発現量と、測定された前記Th1及びTh2の少なくとも1つにより産生されるサイトカインの発現量との比率を算出し、前記比率を指標として膠原病であるか否かを診断する工程と、を含むことを特徴とする膠原病診断方法である。 (もっと読む)


癌性腫瘍は、化学療法剤に対する応答が極めて多様である。現在、投与の間または投与後に、化学療法レジメンに対する腫瘍の応答性のレベルを確実に評価することは難しい。化学療法剤に対する腫瘍の感受性のバイオマーカーはこれまでのところわかっていない。そのようなバイオマーカーは、非応答性の患者の同定を促進し、そしてこのような患者は、他のおそらくより有効なレジメンへと変更される可能性がある。本発明は、化学療法剤に対する腫瘍の応答性を測定するための方法を提供し、本方法において、RNAが化学療法の前、間、および後に患者の腫瘍細胞から単離される。RNAの品質は、キャピラリー電気泳動およびRNA完全性の数値(RIN)の割り当てによって測定することができる。化学療法の間および/または後のRIN値は、腫瘍の応答性レベルに反比例する。腫瘍RINは、化学療法に対する腫瘍応答性の容易にアクセスできるバイオマーカーである。腫瘍RINはまた、化学療法レジメンの有効性を評価するためにも用いられてよい。

(もっと読む)


本発明は、表10および/または表11から選択される少なくとも1個、2個、3個、4個、5個、6個、7個、8個、9個、10個、11個、12個、13個、14個、15個、16個、17個、18個、19個、20個、21個、22個、23個、24個、25個、26個、27個、28個、29個、30個、31個、32個、33個、34個、35個、36個、37個、38個、39個、40個、41個、42個、43個、44個、45個、46個、47個、48個、49個、50個、55個、60個、65個、70個、75個、80個、85個、90個、95個、および、場合により、100個、105個、110個の遺伝子もしくはタンパク質、もしくはセット全体、または、これらの遺伝子によってコードされたタンパク質に対して向けられる抗体(またはその超可変部分)を含むか、または、それらからなる遺伝子セットまたはタンパク質セットに関する。 (もっと読む)


【課題】前立腺癌および関連する癌について、診断および治療をさらに改善するためのさらなるマーカーおよび治療標的の提供。
【解決手段】前立腺ガンおよび他のガンにおいて高度に過剰発現される新規の遺伝子(PHOR−1と命名された)、ならびにそのコードされるタンパク質が提供される。PHOR−1は、嗅覚に関係しているレセプターに対して相同性を有するGタンパク質結合レセプターである。正常なヒトの組織中のPHOR−1は前立腺に制限され、そしてこの遺伝子は前立腺ガンにおいて、ならびに腎臓、子宮、頚部、胃、および直腸のガンにおいて高度に過剰発現される。結果として、PHOR−1は、前立腺ガンの診断および/または治療標的。 (もっと読む)


毒素を産生する(毒素原性)クロストリジウム・ディフィシレ菌株を検出するためのプライマーおよびプローブ、ならびにこれらのプライマーおよびプローブを使用して毒素原性菌株を検出する方法。C.ディフィシレの毒素原性菌株は、毒素B(TcdB)遺伝子に結合する特定のプライマーおよびプローブを使用して、核酸に基づく増幅法によって検出される。これらのプライマーおよびプローブを使用して臨床試料中のC.ディフィシレ核酸を増幅することによりこれらの毒素原性菌株の存在を決定する。 (もっと読む)


本発明は、蛍光色素分子、siRNA、DNA、及び量子ドットを、培養下の細胞及びインビボの網膜及び眼組織に、透過及び送達する能力を備えるペプチド−PODを提供する。PODは、アデノウイルスベクターと結合することができ、特定細胞への指向性を高め、分子を眼及びその他の組織にインビボで送達するためのより安全でより有用な方法を潜在的に提供する。 (もっと読む)


個体からの生体サンプル中の少なくとも1つの分泌抗原のレベルを測定し、少なくとも1つの当該分泌抗原の測定レベルを所定の値または所定の値の範囲と比較することにより、壊死性腸炎および関連障害のリスクがある個体が同定されうる。測定されうる分泌抗原としては、H−1抗原、H−2抗原、ルイスb抗原およびルイスy抗原、並びにこれらの誘導体(例えば、シアル化型のルイスa、ルイスx、ルイスb、ルイスy;H−1、H−2、ルイスa、ルイスx、ルイスbまたはルイスy))が挙げられる。 (もっと読む)


本発明は、免疫および非免疫ベースの治療薬の生産並びに疾患診断のための新規の標的に関する。より具体的に、本発明は、共刺激ファミリーメンバーと予想され、肺癌、卵巣癌および結腸癌を含む癌に差次的に発現されるVSIG1、ILDR1、LOC253012、AI216611、C1ORF32またはFXYD3抗原に対する治療抗体、並びに診断および治療の用途を提供する。また、B7共刺激を調節するため、自己免疫の治療などの関連する治療のための、これら抗体の利用も提供される。さらに、本発明は、免疫療法、癌治療、および薬剤開発のための適切な標的である、VSIG1およびその変異体、FXYD3およびその変異体、ILDR1およびその変異体、LOC253012およびその変異体、AI216611およびその変異体、並びにC1ORF32およびその変異体の細胞外領域の発見に関する。 (もっと読む)


【課題】卵巣癌の治療に対する相当な研究にもかかわらず、卵巣癌はいまだに効果的診断および処置が困難であり、患者に見られる死亡率は、疾患の診断、処置および予防の改善が必要であることを示している。
【解決手段】本発明は、卵巣癌の診断、予後診断および治療のための新規な方法および組成物を提供する。また、本発明は、抗癌剤を同定する方法を提供する。 (もっと読む)


1,921 - 1,940 / 4,937