Fターム[4B063QQ02]の内容

Fターム[4B063QQ02]の下位に属するFターム

Fターム[4B063QQ02]に分類される特許

121 - 140 / 1,802


【課題】Aβの蓄積、神経原線維変化、神経変性というヒトAD脳における一連の病理を再
現し得る新規ADモデルマウスを提供すること。
【解決手段】ヒト型Aβを産生し得るキメラAPP遺伝子を含むADモデル非ヒト哺乳動物であって、対応する野生型動物と比較して、8週齢におけるAβ42/Aβ40比が約7倍以上(ホモ
接合体においては約140倍以上)であることを特徴とする動物またはその生体の一部、さ
らに、対応する野生型動物と比較して、APPの発現量に有意な差がないことをさらなる特
徴とする、該動物またはその生体の一部。該動物またはその生体の一部を用いたアルツハイマー病予防・治療薬のスクリーニング方法。 (もっと読む)


【課題】視覚障害を処置するための方法および組成物を提供すること。
【解決手段】ヒトにおける加齢黄斑変性症の発生に関連するバリアントCFH遺伝子の存在について個体から得られた試料をアッセイする工程を含む、加齢黄斑変性症を発現する危険にある個体の同定もしくは同定を補助する方法または個体において加齢黄斑変性症を検出もしくは検出を補助する方法であって、バリアントCFH遺伝子の存在は、個体が加齢黄斑変性症を発現する危険にあることを示し、バリアントCFH遺伝子は、アミノ酸402にチロシンとヒスチジンの間の変異を含み、危険対立遺伝子がヒスチジンである、方法。 (もっと読む)


【課題】多くの薬剤が、アルツハイマー病に関連した行動に現れる症状(攻撃性、偏執章、妄想又は鬱)を治療するために使用されているが、4つの薬剤(コリンエステラーゼ阻害剤として知られている)のみが、ADと診断されたヒトの認知機能の改善を助けるのに利用することができる。これらの薬剤Cognex(tacrine)、Aricept(donepezil)、Exelon(rivastigmine)及びReminyl(galantamine)は、対症的な有益性のみ提供し、病気の経過を変更させることは見いだされていない。
【解決手段】本願発明は、正常な状態に比較して、アルツハイマー病において差異的に発現するタンパク質を含む、アルツハイマー病に関する方法及び組成物を提供する。更に、アルツハイマー病を治療又は予防するための化合物に対する潜在的な分子ターゲットである差異的に発現するタンパク質の同定のための方法、特に、実験的なパラダイムを提供する。また、アルツハイマー病の予防及び治療のための化合物の同定方法及びその治療上の使用を提供する。 (もっと読む)


【課題】配列決定を必要とすることなくサブタイプ内遺伝的分岐をまた与え得る、HCV遺伝子型分類およびサブタイプ分類のための正確な信頼できるアッセイを開発すること。
【解決手段】HCVを遺伝子型分類するための、ハイブリダイゼーションに基づいて2つ以上のウイルスゲノム間の遺伝的関係を決定する方法である、ヘテロ二本鎖トラッキングアッセイ(HTA)が開示される。HCVを遺伝子型分類するためのHTAは、HCVサブタイプ(1a、1b、2a、2b、および3a)に対するE1のコアのカルボキシ末端および一部に由来する、一本鎖プローブを用いて開発された。HTAは、HCVのサブタイプ分類についてRFLPよりも正確であり、そして新規の変異体を同定する能力を有し、そして疫学研究に有用である。 (もっと読む)


【課題】癌を早期に発見するための診断方法や治療方法等の評価に適する、遺伝子異常の検出に基づいた哺乳動物由来の検体の癌化度評価方法の提供。
【解決手段】哺乳動物由来の検体の癌化度を評価する方法であって、(1)哺乳動物由来の検体に含まれるZinc finger protein 540遺伝子のメチル化頻度又はそれに相関関係がある指標値を測定する第一工程、及び(2)測定された前記メチル化頻度又はそれに相関関係がある指標値と、対照とを比較することにより得られる差異に基づき前記検体の癌化度を判定する第二工程を有することを特徴とする評価方法。 (もっと読む)


【課題】GIST検出用マーカー、および該マーカーを用いたGISTの検出または診断方法、さらには、GIST検出用または診断用のキットを提供すること。
【解決手段】胃癌や胃の正常組織では発現レベルが低く、他方GISTにおいては発現レベルが上昇するカテプシンL1遺伝子および該遺伝子がコードするポリペプチドをGIST検出用マーカーとして用いる。本発明は、このGISTマーカー遺伝子に対する検出用プローブおよび該遺伝子がコードするポリペプチドに対する抗体を用いることにより、GIST検出用マーカーを検出し、GISTの検出または診断を迅速かつ確実に行うことができる。 (もっと読む)


【課題】エネルギー代謝調節活性または循環調節活性を有する新規なペプチドを提供する。
【解決手段】特定のアミノ酸配列からなるペプチドまたはその薬理学的に許容される塩、および該ペプチド等を有効成分として含むエネルギー代謝調節剤または循環調節剤。また該ペプチドまたはその塩を利用する、該ペプチドの活性を促進または抑制する物質あるいは該ペプチドの受容体に対するアゴニストまたはアンタゴニストのスクリーニング方法。 (もっと読む)


【課題】脊椎動物のDelta遺伝子のヌクレオチド配列、それらによりコードされたタンパク質のアミノ酸配列、並びにその誘導体(例えば、断片)および類似体を提供する。
【解決手段】特定の態様において、脊椎動物デルタタンパク質はヒト・タンパク質である。さらに、デルタタンパク質の細胞内ドメイン、細胞外ドメイン、DSLドメイン、DSLドメインのアミノ末端側のドメイン、膜貫通領域、もしくは1以上のEGF様反復ドメイン、またはこれらの任意の組合せを含むがこれらに限らない、デルタタンパク質の1以上のドメインを含むデルタの断片(並びにその誘導体および類似体)に関する。さらに、デルタ、その誘導体および類似体に対する抗体も示す。デルタタンパク質、その誘導体および類似体の、例えば組換え法による、産生方法も示す。治療および診断法、並びに医薬組成物も示す。 (もっと読む)


【課題】腫瘍細胞のゲノムにおいて増幅するADAM8遺伝子の同定に基づき、遺伝子増幅は、同型組織の正常細胞と比較して遺伝子産物の過剰発現に関連し、腫瘍形成に貢献しているので、増幅遺伝子によってコードされているADAM8タンパク質の発現を検出する。
【解決手段】(a)試験試料中のADAM8ポリペプチドの発現をインビトロで検出すること、及び(b)該試験試料中の発現レベルをコントロールと比較することを含み、このときコントロール試料と比較して該試験試料中の該ポリペプチドレベルの発現が高い場合に、試験試料を採取した該哺乳動物に腫瘍があることを示す、新生物性疾患のインビトロ検出方法。 (もっと読む)


【課題】生物学的特徴を検出するシステムおよび方法の提供。
【解決手段】メモリを有するコンピュータが、データを受け取るための命令を記憶し、このデータは、ある1つの種の試験生物内または種の生物の試験生体標本内で測定された複数の細胞成分のうちのそれぞれの細胞成分の1つまたは複数の特性を含む。このメモリは、複数のモデルのうちのある1つのモデルを演算するための命令を記憶しており、試験生物内または試験生体標本内の生物学的特徴の存在の有無を表すモデルスコアによって特性づけられる。このモデルの演算は、複数の細胞成分のうちの1つまたは複数の細胞成分の1つまたは複数の特性を使用してモデルスコアを決定することを含む。このメモリはさらに、演算するための命令を1回または数回繰り返すための命令を記憶しており、それによって複数のモデルが演算される。このメモリはさらに、演算されたモデルスコアを通信するための命令を記憶している。 (もっと読む)


【課題】肝実質細胞輸送タンパク質による胆汁中排泄への感受性に対する候補化合物取得のためのスクリーニング方法の開発。
【解決手段】輸送タンパク質を含む肝実質細胞の培養物を提供する段階、該培養物は、少なくとも1つの毛細胆管を有し;かつ該少なくとも1つの毛細胆管内の候補化合物の量を決定する段階を含み、少なくとも1つの毛細胆管中の候補化合物の量は、輸送タンパク質による胆汁中排泄に対する、候補化合物の感受性を示す。毛細胆管中の候補化合物の量を決定することは、輸送タンパク質の発現を阻害すること、及び輸送タンパク質の阻害の有無で、小管中の化合物の量を比較することを含む。小管中の候補化合物の量の差は、輸送タンパク質による胆汁中排泄に対する候補化合物の感受性を示す。輸送タンパク質の発現は、肝実質細胞内の輸送タンパク質をコード化している遺伝子のコード鎖に相当する配列を有するRNAの導入を介して阻害される。 (もっと読む)


【課題】UCPの活性またはレベルの調節を通じてVHLの活性またはレベルを増加させたり減少させたりすることにより、癌細胞の増殖または転移を阻害したり、血管の生成を増加させたりする方法の提供。
【解決手段】UCPのmRNAに相補的に結合する小さな干渉RNA(RNAi)、アンチセンスオリゴヌクレオチド、およびポリヌクレオチド;ペプチド、ペプチドミメティックス、抗体;ならびに低分子化合物からなる群より選択されたUCPの活性抑制剤。血管生成増加は、遺伝子伝達体によってUCP遺伝子が過発現して内因性VHLが減少してHIF−1αが安定化し、これによってHIF−1α安定化に基づくVEGF活性化が増強されることによってなされる。 (もっと読む)


【課題】細胞もしくは組織サンプル中の複数の核酸標的遺伝子または抗原を検出または局在化するためのオリゴヌクレオチドプローブおよびオリゴヌクレオチドプローブコレクションを提供する。
【解決手段】細胞もしくは組織サンプル中の特定の核酸標的遺伝子を検出または局在化するためのオリゴヌクレオチドプローブのコレクションもしくは「カクテル」を提供する。カクテルは、次のものを検出するために有用である:κ遺伝子;λ遺伝子;CMV(サイトメガロウイルス)遺伝子;EBER(Epstein−BarrRNA)遺伝子;Alu;ポリA;および検出テール。 (もっと読む)


【課題】毛成長サイクルの休止期を規程する内在性因子を決定し、当該内在性因子の活性もしくは発現を阻害する物質のスクリーニング、毛成長休止期短縮剤又は抜け毛防止剤の提供。
【解決手段】毛包に内在するFGF18は毛の成長サイクルの休止期を規程し、脱落期を開始させ、さらにヘアサイクルドメインを規定する制御因子である。FGF18活性阻害物質又はFGF18遺伝子発現阻害物質をスクリーニングして、毛成長休止期短縮剤、抜け毛防止剤及び毛並み調整剤の候補とする方法。また、FGF18の部分ペプチド、抗FGF18抗体などのFGF18活性阻害物質及び/又は発現抑制物質を有効成分として含有する毛成長休止期短縮剤、抜け毛防止剤及び毛並み調整剤。 (もっと読む)


【課題】生体組織の検査や分析に用いられる新たな組織アレイブロック作製方法および組織アレイシートを提供する。
【解決手段】組織アレイブロック作製方法は、組織ブロックよりスライス(薄切り)した組織片t1から中空針を用いて必要とする一部分をくり抜き採取する採取工程P2と、中空針内で採取された組織を積層する積層工程P3と、該積層物を融合させる融合工程P4と、融合物を基本ブロックに配列する空孔に軸方向で挿入する挿入工程を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】動物由来の複数の試料におけるLp−PLA2活性を測定する方法、および、該測定用キットの提供。
【解決手段】標識された血小板活性化因子(PAF)を含む溶液を調製する工程;複数の組織試料の各々を調製工程の溶液およびPAFのシークエスター(Sequester)分子と接触させ、PAF−シークエスター分子の複合体を形成する工程;該PAF−シークエスター分子の複合体を取り出す工程;およびLp−PLA2活性を検出する工程を含んでなる、試料中のリポ蛋白関連ホスホリパーゼA2(Lp−PLA2)酵素活性を測定する方法。 (もっと読む)


【課題】皮膚関連遺伝子を、被験者の遺伝子多型、年齢、性別及び肌の部位別の症状または各部位の症状の平均の相関関係を共分散構造分析により分析することにより検出する方法の提供。
【解決手段】被験者の遺伝子多型、年齢、性別及び肌の部位別の症状または各部位の症状の平均の相関関係を、相関係数rを下記式1により計算し、(式1)r=Σ(Xi−<X>)(Yi−<Y>)/sx/sy(式中、Xi、Yiは各々各サンプルの値を表し、<X>、<Y>は各々平均値を表し、sx、syは各々標準偏差を表す)、XとYに対するZの影響を下記式2の一次回帰式(式2)X=aZ+ex、Y=bZ+eyで捉え、exとeyの相関係数を求めることによりXとYの偏相関係数を計算して、共分散構造分析により分析する。 (もっと読む)


【課題】哺乳動物の腫瘍の診断と治療のために有用な物質の組成物と、同目的のためのそのような物質の組成物の使用法と提供する。
【解決手段】癌細胞中の腫瘍関連キナーゼポリペプチド(TASKポリペプチド)に結合するイムノコンジュゲートに接触させることにより癌細胞を死滅させる方法。上記癌細胞は、リンパ系癌細胞、精巣癌細胞、子宮癌細胞又は膀胱癌細胞である。 (もっと読む)


【課題】 シート状細胞培養物を移送するためのデバイス等のシート状細胞培養物がセットされるデバイスに、シート状細胞培養物が適正にセッティングされているか否かを検出する方法、および、不適正なセッティングを改善して適正なセッティングにする方法、並びにこれら方法を実行するシステムを提供する。
【解決手段】 シート状細胞培養物が移送用等のデバイスにセッティングされた状態で、シート状細胞培養物の輪郭の真円度を測定し、規定の真円度であるか否かで適正か否かを判定する。不適正な場合には、シート状細胞培養物に振動を与え、真円度を測定するという操作を真円度が改善するまで繰り返す。 (もっと読む)


【課題】紫外線曝露による皮膚損傷の程度を検査する方法を提供する。
【解決手段】非侵襲的に得ることができる皮膚のstratifinタンパクをコードする遺伝子の発現産物であるmRNAの発現量を指標にして、紫外線曝露による皮膚損傷の程度を簡便に検査することが可能である。皮膚損傷の程度を検査することができれば、化粧品の使用方法を提示することが可能になり、皮膚損傷を予防・改善することができるという利点がある。 (もっと読む)


121 - 140 / 1,802