Fターム[4B063QR69]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 試薬 (61,469) | 作用表現の試薬(酵素等既出分は除く) (21,580) | 培地,培養基 (1,057)

Fターム[4B063QR69]に分類される特許

81 - 100 / 1,057


本開示は、液体試料中の微生物を検出するための物品を提供する。この物品は微多孔性膜及びバリア層を含み、試料と検出試薬との間の接触を選択的に調節する。使用方法も提供される。 (もっと読む)


ここに開示されているのは、無標識(Label-free)バイオセンサ(biosensor)を使用してヒト遅延整流性カリウムイオンチャネル遺伝子(hERG)のイオンチャネル変調剤(modulator)を分類する方法である。ここに開示されているのは、無標識の共鳴導波路回折格子型(RWG)バイオセンサを使用して、3種類の細胞株(内因的にhERGを発現する天然細胞株、hERGを含まない天然細胞株、及び安定的にhERGを発現した人工細胞株)におけるhERG変調剤のDMRシグナルのパターンを明らかにすることであり、さらに、マーカ/細胞のパネル上で作用するhERG活性剤(activator)に対する変調剤分子の対応する変調インデックス、特に上記2つのhERG発現性細胞株における既知の活性剤であるマロトキシン(mallotoxin)のDMRシグナルを明らかにすることである。
(もっと読む)


【課題】画像処理のパラメタ決定を高速化し薬の候補になる薬剤を高速に見出すことができる創薬スクリーニング装置を提供する。
【解決手段】薬剤と生体細胞に励起光を照射し、前記薬剤と前記生体細胞からの蛍光信号に基づき画像処理して得られる複数の特徴量および複数の前記薬剤の濃度から創薬スクリーニングを行う創薬スクリーニング装置において、前記特徴量の中の選択可能で代表的な特徴量に基づきZ’−factorを算出し、最大のZ’−factorまたは0.5よりも大きいZ’−factorが算出されたときの一または複数のパラメタの組み合わせと特徴量を抽出する第1のパラメタ抽出手段と、抽出された一または複数の前記パラメタの組み合わせごとに、前記蛍光信号に基づき画像処理して得られた全ての特徴量からEC50を算出し、最小のEC50が算出されるパラメタの組み合わせを抽出する第2のパラメタ抽出手段と、を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


本発明は、巨核球及び血小板を生成する方法を提供する。種々の実施形態では、方法は、巨核球及び血小板へと分化させるために、ヒト胚性幹細胞由来の血管芽細胞を無血清及び無間質条件下で使用することを伴う。この系では、hESCは、胚様体形成及び血管芽細胞分化を介して巨核球に向けられる。血小板輸血を必要とする対象体を治療する方法が更に提供される。本発明の他の実施形態は、血小板を生成する方法を提供し、その方法は:巨核球(MK)を提供すること;およびMKを培養して血小板に分化させることを含む。 (もっと読む)


本発明は、治療手段に対する、固形上皮腫瘍により引き起こされる腫瘍疾患の、患者における応答を予測するための方法であって、患者の体液からの上皮腫瘍細胞をそれぞれの場合において細胞培養培地中に取り込み、腫瘍細胞を含む細胞培養培地の試料からの腫瘍細胞を治療手段に曝露し、腫瘍細胞を含む細胞培養培地の対照試料からの腫瘍細胞には処置を施さないままとし、そして上皮腫瘍細胞の総計数における瀕死のおよび死滅した上皮腫瘍細胞の割合を試料および対照試料それぞれに対して決定し、応答の手段としての治療手段により引き起こされる上皮腫瘍細胞の瀕死率を決定するために用いる、前記方法に関する。
(もっと読む)


【課題】作業者の経験に頼ることなく精度よいカビ検査が可能であり、また、カビ検査作業が簡易で、特別な微生物検査施設や機器・器材を必要としないカビの発生した穀物の識別方法を提供することを目的とする。
【解決手段】カビ検出用培地が収容された樹脂製本体と、前記樹脂製本体の開口部を封止した樹脂製蓋体と、を備えたカビ培養用容器を用意する工程と、前記樹脂製蓋体により封止された前記樹脂製本体の開口部を開口する工程と、前記開口された開口部から、前記カビ検出用培地に、穀物を載置する工程と、前記開口された開口部を前記樹脂製蓋体にて覆ってから、前記カビ培養用容器を室温にて保管する工程と、を含むことを特徴とするカビの発生した穀物の簡易識別方法。 (もっと読む)


【課題】個体において骨形成を促進させること。
【解決手段】本発明は、GPR119受容体を用いて、個体において骨質量を増加させるために有用な化合物を同定する方法に関する。GPR119受容体のアゴニストは、骨粗鬆症のような低骨質量によって特徴付けられる状態を治療するためまたは予防するための、および個体において骨質量を増加させるための治療剤として有用である。GPR119受容体のアゴニストは、個体において骨形成を促進する。ある実施形態において、上記個体はヒトである。 (もっと読む)


【課題】4塩基コドンに応答してホモグルタミンを蛋白質に組込む蛋白質生合成機構の成分として、直交リシルtRNA、直交リシル−アミノアシルtRNAシンテターゼ、及びリシルtRNA/シンテターゼ直交対の組成物とその作製方法の提供。
【解決手段】蛋白質が野生型治療用蛋白質、診断用蛋白質、産業用酵素、又はその部分のアミノ酸配列に少なくとも75%一致するアミノ酸配列を含む、前記蛋白質がホモグルタミンを含む、組成物。直交リシル−アミノアシルtRNAシンテターゼ、及びリシルtRNA/シンテターゼ直交対の直交対の同定方法と、これらの直交対を使用してホモグルタミンを組込んだ蛋白質を生産する方法。 (もっと読む)


本発明は膵臓癌細胞中のCD95シグナル伝達阻害化合物に関する。さらに、本発明が意図するのは膵臓癌を予防および/または治療するためのかかる化合物を含む医薬品、ならびに膵臓癌を予防および/または治療する、癌細胞の遊走を予防する、および/または炎症反応を予防および/または治療するための医薬品を製造するためのかかる化合物の使用である。本発明はまた、CD95シグナル伝達阻害化合物を同定する方法、ならびにCD95シグナル伝達阻害化合物を同定する方法の諸ステップと前記阻害化合物を医薬品として製剤するさらなるステップを含む医薬品を製造する方法に関する。 (もっと読む)


【課題】 簡便な方法で大量のクッパー細胞を効率的に製造することを可能とする方法を提供すること。
【解決手段】 本発明により、肝臓由来の細胞集団の初代培養において、クッパー細胞を活発に増殖させることができる混合培養系を確立するとともに、この混合培養系を利用して大量の高純度クッパー細胞を効率的に製造する新規製造方法を確立することに成功した。 (もっと読む)


【課題】3次元培養皮膚モデルの紫外線に対する良好な反応性を引き出し、特に皮膚組織に対する紫外線の影響を感度よく検出することが出来る培地及び評価システムを提供することを目的とする。
【解決手段】人為的に作製した真皮層を有する3次元培養皮膚モデルであって、メラノサイトが表皮基底層に生着した培養皮膚モデルを提供する。更なる上で、この培養皮膚モデルを用いて紫外線照射の影響や紫外線照射に対する薬剤効果の試験を実施する際、培養皮膚モデルの培養培地が、(1)インシュリン、トランスフェリン、ハイドロコーチゾン、ウシ血清からなる群の中の少なくとも1種類の添加物を含有し、(2)更にメラノサイト活性化因子としてαメラノサイト刺激ホルモン、bFGF、イソブチルメチルキサンチンからなる選択群の中の少なくとも1種類の添加物を含み、かつエンドセリンを含まない培地、を提供する。 (もっと読む)


【課題】作業者の経験に頼ることなく精度よいカビ検査が可能であり、また、カビ検査作業が簡易で、特別な微生物検査施設や機器・器材を必要としないカビの発生した穀物の識別方法を提供することを目的とする。
【解決手段】カビ検出用培地が収容された樹脂製本体と、前記樹脂製本体の開口部を封止した樹脂製蓋体と、を備えたカビ培養用容器を用意する工程と、前記樹脂製蓋体により封止された前記樹脂製本体の開口部を開口する工程と、前記開口された開口部から、前記カビ検出用培地に、穀物を載置する工程と、前記開口された開口部を前記樹脂製蓋体にて覆ってから、前記カビ培養用容器を室温にて保管する工程と、を含むことを特徴とするカビの発生した穀物の簡易識別方法。 (もっと読む)


【課題】分泌タンパク質またはそれらをコードする遺伝子を使用することによって、医学的疾患、障害および/または状態を検出、処置、および予防すること。
【解決手段】本発明は、新規なヒト分泌タンパク質、およびそのようなタンパク質をコードする遺伝子のコード領域を含む単離された核酸に関する。ヒト分泌タンパク質を産生するためのベクター、宿主細胞、抗体、ならびにヒト分泌タンパク質を産生するための組換え方法がまた、提供される。本発明はさらに、これらの新規なヒト分泌タンパク質に関する疾患、障害、および/または状態を、診断および処置するために有用な診断方法および治療方法に関する。 (もっと読む)


【課題】 植物の維管束を構成する組織において機能するプロモーターなどの探索を、形質転換個体の作出を行うことなく短時間で簡易に行うことを可能とする、伴細胞などにおけるDNAの機能解析方法を提供すること。
【解決手段】 本発明は、維管束の摘出単離が可能な植物から摘出単離した維管束に遺伝子銃を用いてDNAを導入し、導入したDNAの維管束を構成する組織における機能解析を行う方法である。 (もっと読む)


【課題】GIP上昇抑制剤を評価又は選択する方法の提供。
【解決手段】以下の工程(A)〜(D):
(A)FAT/CD36遺伝子又はFAT/CD36蛋白質が発現可能な哺乳動物由来の組織又は細胞に、被験物質を接触させる工程、
(B)当該哺乳動物由来の組織又は細胞におけるFAT/CD36遺伝子又はFAT/CD36蛋白質の発現量を測定する工程、
(C)上記(B)で測定した発現量を、被験物質をFAT/CD36遺伝子又はFAT/CD36蛋白質が発現可能な哺乳動物由来の組織又は細胞に接触させない対照群におけるFAT/CD36遺伝子又はFAT/CD36蛋白質の発現量と比較する工程、
(D)上記(C)の結果に基づいて、FAT/CD36遺伝子又はFAT/CD36蛋白質の発現量を減少させる被験物質をGIP上昇抑制剤として評価又は選択する工程、
を含む、GIP上昇抑制剤の評価又は選択方法。 (もっと読む)


【課題】種々の供試物質のなかからTat分泌系を標的とする、すなわち、Tat分泌系を阻害する活性を有する物質をスクリーニングする。
【解決手段】Tat(Twin Arginine Translocation)分泌系を有する微生物における、薬剤排出ポンプを構成するサブユニットにおける成熟領域をコードする遺伝子と、Tat分泌系を介して分泌されるタンパク質のシグナル配列を含む領域をコードする遺伝子とを融合させた融合遺伝子を発現し、上記サブユニットがTat分泌系を介して輸送され上記薬剤排出ポンプを形成する。 (もっと読む)


【課題】 プロテアーゼ阻害剤に対する耐性度の評価に利用できる、ウイルス等に由来するプロテアーゼ活性の測定方法の提供。
【解決手段】被検プロテアーゼ、プロテアーゼ基質、そしてマーカー遺伝子を共通のプロモーターの制御下に発現させ、生成するマーカー遺伝子とプロテアーゼによる切断生成物を測定する。マーカー遺伝子の発現量が基質蛋白質の発現量を反映するので、正確な測定が可能となる。HIVのプロテアーゼ阻害剤耐性度の評価に有用である。 (もっと読む)


アルツハイマー病を診断する方法が提供される。少なくとも5つの方法の診断的測定が示される:方法1:集積スコア;方法2:凝集の数あたりの平均凝集面積;方法3:細胞遊走分析;方法4:フラクタル分析;方法5:空隙性分析。ある実施形態において、対象の皮膚のサンプルが、繊維芽細胞のネットワークを提供し、それは撮像され、画像のフラクタル次元が算出される。フラクタル次元は、年齢が一致するコントロール(非アルツハイマー病細胞)データベースに対して比較されて、対照がアルツハイマー病を有するか否かが決定される。繊維芽細胞のネットワークは、マトリックス、例えば、タンパク質中で培養されてよい。 (もっと読む)


【課題】微生物を含み得る表面におけるサンプリング状態を向上させること。
【解決手段】方法は、分析する表面(45)に物質(7)を施与するステップを含み、この物質は、微生物との親和性を有し、前記施与するステップ中に運ばれた微生物を同定し、計数するために培養されるように適合されており、この物質は、少なくとも施与するステップの最後において、水または食塩水などの水性液体で湿潤される親水性合成材料の、微生物学的分析のための微多孔膜(7)である。
装置は、表面(45)に存在し得る微生物との親和性を有する物質(7)と、前記物質(7)を水または食塩水などの水性液体で湿潤するための手段(6)と、前記物質(7)を前記表面(45)に施与するための手段(12)とを備え、前記物質は、親水性合成材料の、微生物学的分析のための微多孔膜(7)である。 (もっと読む)


【課題】 自動器機による培養基盤にサンプルを塗抹する方法。
【解決手段】 この発明は、ほぼ液体のサンプルをペトリデッシュ上の培養基盤に塗抹するための方法に関係する。培養基盤に互いに平行である少なくとも二本の線(99)を含むパターンを描く。その線はいくつかのグループを形成する円であり、各々のグループはそれぞれサンプルの密度があるのが好ましい。このような方法により、分析結果をより簡単により確実に得ることができる。 (もっと読む)


81 - 100 / 1,057