Fターム[4B063QR69]の内容

酵素、微生物を含む測定、試験 (178,766) | 試薬 (61,469) | 作用表現の試薬(酵素等既出分は除く) (21,580) | 培地,培養基 (1,057)

Fターム[4B063QR69]に分類される特許

101 - 120 / 1,057


本発明は、安全性の高い多能性幹細胞の選択方法を提供する。すなわち、本発明は、(1) 多能性幹細胞を分化誘導させる工程、(2) 該細胞を未分化維持条件で培養する工程、(3) 該培養による未分化細胞の発生を検出し、対照と比較する工程、および (4) 検出した値が、対照発生値以下である多能性幹細胞を選択する工程を含む、分化抵抗性を示さない多能性幹細胞の選択方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】本発明の課題は、組織、生体液、細胞、細胞器官又はタンパク質複合体など、サンプル中の1若しくは複数の生体分子を精度よく定量すること、さらには、絶対定量することにある。
【解決手段】代謝的に同位体標識された生体分子を内部標準物質として添加し、質量分析計で測定することにより、サンプル中の1若しくは複数の標的分子を精度よく定量することが可能となった。また、質量分析の解析に際し、波形分離処理を実行することで、質量分析の高精度な定量的解析法を提供する。 (もっと読む)


【課題】真菌である酵母 Cyniclomyces
guttulatusは、その培養に特殊培地と通常ではない培養条件が必要なため、一般の真菌検査では分離培養が出来ない事情があった。本酵母はイヌの出血性下痢の原因菌とされ、その同定が急がれていた。しかしながら、1)培養のための準備が煩雑で小動物臨床現場(動物病院)で簡便に出来る検査ではなく、2)外注検査に真菌分離と指定して検体を提出しても炭酸ガス培養が必要なため、培養結果は陰性と判断される可能性があり、しかも3)本菌種の分離同定を取り扱っている検査業者がないため簡便な検査培地を入手することが出来ない、などの問題があった。
【解決手段】これらの問題を解決すべく、本発明のキットを開発した。このキットを用いる真菌の検査方法では、簡便で、炭酸ガス培養装置を必要とせず、かつ培地がキットに含まれている。 (もっと読む)


本発明の主題は、一般式(I)または(I’)によって示した化合物またはその薬理学的に許容可能な塩;これらの化合物のうちの少なくとも1つを含む薬学的組成物;これらの化合物のうちの少なくとも1つの作製方法;種々の癌および/または増殖障害の処置および/または防止のためのこれらの化合物のうちの少なくとも1つの使用方法;種々の癌に対する抗癌治療の有効性をモニタリングするためのこれらの化合物のうちの少なくとも1つの使用方法に関する。1つの実施形態では、主題は、熱ショックタンパク質70(Hsp70)に一定の特異性レベルで結合する化合物に関する。別の実施形態では、主題は、熱ショックタンパク質70(Hsp70)および熱ショック同族タンパク質70(Hsc70)の両方に一定の特異性レベルで結合して阻害する化合物に関する。
(もっと読む)


【課題】特異度及び感度に優れた、非侵襲的な尿路上皮癌の検出方法等を提供する。
【解決手段】尿検体中の細胞中のmiR-96及びmiR-183から成る群より選択された少なくとも一つのmiRNAの発現量の変動を測定することから成る、尿路上皮癌の検出方法、該検出方法と尿細胞検査とを組み合わせることを特徴とする、尿路上皮癌の検出方法、細胞中のmiR-96及びmiR-183から成る群より選択された少なくとも一つのmiRNAの発現量の変動に基づく、尿路上皮癌の治療又は予防に有効な物質のスクリーニング方法、及び、これら方法に用いるキット。 (もっと読む)


【課題】KIF11、GHSR1b、NTSR1、およびFOXM1遺伝子を利用した、非小細胞肺癌の診断方法の提供。
【解決手段】差異を伴って発現される遺伝子KIF11、GHSR1b、NTSR1、およびFOXM1を用いて非小細胞肺癌(NSCLC)を検出するための方法。KOC1とKIF11との、またはNMUとGHSR1bもしくはNTSR1との相互作用に基づいて、NSCLCの治療および予防のための化合物を同定する方法。 (もっと読む)


【課題】酵母の生理状態を、簡便かつ正確に評価することができる方法を提供することにある。
【解決手段】本発明による酵母の生理状態の評価方法は、目的とする酵母の細胞の外郭、核、およびアクチン細胞骨格を蛍光染色した染色画像を画像解析して、酵母細胞の形態学的な特徴に基づいて予め設定された形態パラメータについて、細胞形態定量解析値を求め、該解析値を、既知の生理状態の酵母細胞について予め取得しておいた細胞形態定量値からなるデータベースと比較することによって、目的の酵母の生理状態を判定することを含んでなる。 (もっと読む)


【課題】免疫モジュレーションにある役割を果たしているgp38ポリペプチド、およびこれらポリペプチドおよび核酸分子を用いた治療方法および診断方法の提供。
【解決手段】免疫モジュレーション性ヤタポックスウィルスgp38ポリペプチド。該ポリペプチドをコードする、前記核酸分子。gp38核酸分子およびポリペプチドの生物学的活性をモジュレートする化合物を同定する方法。これら化合物を用いた治療方法。 (もっと読む)


本発明はβ‐ラクタム抗生物質耐性機構を有するグラム陰性菌用の反応培地であって、
・β‐ラクタム抗生物質耐性機構のマーカーであるセフェピム、
・前記β‐ラクタム抗生物質耐性機構以外の耐性機構のインヒビターを含む反応培地に関する。 (もっと読む)


【課題】従来の培養液には多くのアミノ酸やタンパク質等の物質を含むため、薬効を評価する被検化合物との間で相互作用や吸着が多く起こり、正確な薬効評価ができなかった。
【解決手段】細胞の膜電位測定用の培養液において、アミノ酸及びタンパク質を添加せずに、セレン並びに/又は硝酸イオン及び鉄イオンを含むことによって、蛍光標識が阻害されず、薬効を評価する試験の際に薬効を評価する被検化合物との相互作用や吸着が起こらず正確な測定をすることができる。また、特にヒトiPS細胞由来の心筋細胞において、培養液にセレン並びに/又は硝酸イオン及び鉄イオンを含むことによって長期間の膜電位測定ができる。 (もっと読む)


【課題】翻訳後検定及び転写後検定における、改良されたベクター及びシステム、並びに遺伝子発現における変化のより一層実時間測定を可能にする検定法を提供する。
【解決手段】ヌクレオチド配列を導入するための複数クローニンブ部位、レポーター遺伝子、概転写可能なポリヌクレオチドの発現を調節するためのプロモーター及び/またはエンハンサー、ポリアデニル化配列、選択可能マーカー遺伝子、及び複製起点からなる群より選択される一つ以上の構成員を含む、転写可能なポリヌクレオチドに対応する転写物の安定性を調節するRNA因子をコードするヌクレオチド配列からなる該転写可能なポリヌクレオチド発現ベクターからなる。 (もっと読む)


バイオセンサ上の細胞を培養する方法と、PDE4モジュレータを識別する培養技術を使用する方法とが開示される。
(もっと読む)


【課題】支持細胞を使用することなくES細胞又はiPS細胞を内胚葉系へと分化誘導することを可能とするような新規なES細胞又はiPS細胞の分化誘導方法を提供すること。
【解決手段】生合成基底膜培養基質上で哺乳動物由来のES細胞又はiPS細胞を増殖因子の存在下で培養することを含む、ES細胞又はiPS細胞から膵臓系又は肝臓系細胞へと分化誘導する方法。 (もっと読む)


【課題】乳酸菌が存在する飲食品等の試料において、存在する乳酸菌の影響を受けずに乳酸菌以外の汚染菌の生菌数を迅速かつ精度良く測定する方法、及び該汚染菌の生菌数測定方法に用いる汚染菌の生菌数測定用寒天培地を提供すること。
【解決手段】乳酸菌が存在する飲食品等の試料において、存在する乳酸菌の影響を受けずに乳酸菌以外の汚染菌の生菌数を迅速かつ精度良く測定する方法として、乳酸菌増殖抑制剤として、塩化リチウム及びリン酸塩、硝酸リチウム、又は乳酸リチウムを添加した乳酸菌以外の汚染菌の生菌数測定用寒天培地を用いることにより、乳酸菌の増殖を特異的に抑制し、乳酸菌以外の汚染菌の生菌数を迅速かつ精度良く測定する。 (もっと読む)


【課題】検体中のセレウス菌グループの有無を正確に簡単に鑑別でき、しかも培地は安価で調製も簡便であるセレウス菌グループ検出用培地の提供。
【解決手段】検出可能な遊離性基を有するα−グルコシダーゼ基質、ポリミキシンB、トリメトプリム及びリンコマイシン系抗生物質を含有するセレウス菌グループ検出用培地。 (もっと読む)


本発明は、マイコバクテリウム増殖の増強された増殖と検出のための向上された培地および方法に関する。本発明はさらに、マイコバクテリアの増強された増殖と検出に使用することのできる、向上されたマイコバクテリア試薬システムまたはキットに関する。
(もっと読む)


本発明は試験試料中の抗菌剤の中和、結合、および/または不活化する方法および手段に関するものである。また、本発明は、一種以上の第1級アミン含有化合物を含む培養培地中で試験試料を培養することで、試験試料中の一種以上の微生物を検出する方法に関するものである。 (もっと読む)


【課題】新規の発毛・育毛促進剤のスクリーニング方法の提供。
【解決手段】発毛又は育毛促進剤をスクリーニングする方法であって、候補薬剤を結合組織鞘細胞(DSc)に作用させ、前記細胞のCD36の発現を亢進させる薬剤を発毛又は育毛促進剤として選定することを特徴とする方法。 (もっと読む)


【課題】染色体上に組み込まれた、ポリ(3−ヒドロキシアルカノエート)(PHA)形成に必要な遺伝子を含む、トランスジェニック微生物株を提供する。
【解決手段】チオラーゼ、レダクターゼ、PHBシンターゼ、PHAシンターゼ、アシル−CoAトランスフェラーゼ、およびエノイル−CoAヒドラターゼからなる群より選択されるPHAの合成に関与する少なくとも1つの遺伝子は、標準的な技術、好ましくは、トランスポゾン変異誘発を用いて組み込まれる。複数の遺伝子が組み込まれる好ましい実施態様において、この遺伝子は、オペロンとして組み込まれる。 (もっと読む)


本発明は、腫瘍抗原の共有エピトープを表すペプチドに基づいて、HLA-B*0702表現型を有する患者を効率的に治療する新規な方法および材料を提供する。特に、本発明は、1つの単独の多重遺伝子ファミリーからのいくつかの抗原に対する細胞傷害性応答を誘発できるHLA-B*0702拘束性ペプチドを同定するための方法と、いくつかのそのようなエピトープとに関する。 (もっと読む)


101 - 120 / 1,057