Fターム[4B064AG32]の内容

微生物による化合物の製造 (77,679) | 生産物−ペプチド、タンパク質 (8,409) | ペプチド、タンパク質 (8,405) | 抗原 (552) | ウィルスタンパク (199)

Fターム[4B064AG32]の下位に属するFターム

Fターム[4B064AG32]に分類される特許

61 - 80 / 164


ポテックスウイルスであるMalvaモザイクウイルス(MaMV)、およびMaMVの外被タンパク質を含むウイルス様粒子(VLP)の、免疫原性特性が開示される。MaMV外被タンパク質から調製されるVLP、VLPを調製するための方法、MaMV外被タンパク質ポリペプチドおよび外被タンパク質をコードするポリヌクレオチドが教示される。さらに、MaMVまたはMaMVの外被タンパク質を含むVLPのみを、またはこれと1もしくは2以上の抗原とを組み合わせて含む免疫原性組成物、および前記組成物の、動物においてワクチン接種する、および/または免疫反応を誘発するための使用もまた教示される。
(もっと読む)


【課題】後天性免疫不全症候群(AIDS)の療法のため、抗原性HIVポリペプチドをコードするポリヌクレオチド、その免疫原性組成物中の処方物およびこれらの使用を含め、これらのポリヌクレオチドおよびポリペプチド生成物の使用法の提供。
【解決手段】免疫原性HIVポリペプチドをコードするポリヌクレオチド、免疫、パッケージング細胞株の産生、およびHIVポリペプチドの産生を含む適用におけるポリヌクレオチドの使用、抗原性HIVポリペプチドをコードするポリヌクレオチド、これらのポリヌクレオチドおよびそれら由来のポリペプチド産物の使用、特定の実施形態において、HIVポリペプチド(Env、Gag、Pol、Prot、RT、Int、Vpr、Vpu、Vif、Nef、Tat、Revならびに/またはそれらの組み合わせおよびフラグメント)をコードする、単離された野生型のポリヌクレオチドおよび/または発現カセット。 (もっと読む)


本発明は、バキュロウイルスベクターにおいて反復コード配列が使用される昆虫細胞におけるタンパク質の産生に関する。特に、本発明は、遺伝子治療において使用できるパルボウイルスベクターの産生、及びパルボウイルスベクターの生産性を増大させるウイルスrepタンパク質の発現の改良に関する。
(もっと読む)


本発明は、シュードモナス(Pseudomonad)起源の細菌細胞において、可溶性組織化ウイルス様粒子(「VLP」)をインビボ生産するための改善された方法を提供する。このシュードモナス細胞は、インビボにおける、二十面体ウイルスキャプシドタンパク質(「CP」)からのVLPの組織化を支持し、モノマー又はコンカテマーとして、VLP内に大きい組換えペプチドを封入することを可能にする。本発明は、具体的には、シュードモナス・フルオレッセンス(Pseudomonas fluorescens)細菌系において可溶性CP融合物を高収量で生産するCCMV CPに修飾を導入することによる、可溶性組織化ササゲクロロティックモトルウイルス(「CCMV」)VLPのインビボ生産のための改善された方法を提供する。続いて、これらの可溶性VLPは、精製され、ワクチンとして使用され得る。 (もっと読む)


本発明は、a)少なくとも1つの開始コドンが除去されているアルファウイルス5’複製認識配列と、b)アルファウイルス構造タンパク質をコードするヌクレオチド配列と、c)アルファウイルス3’複製認識配列とを含む単離されたRNA分子であって、当該RNA分子が、(b)のヌクレオチド配列の転写を誘導するプロモーターを含まず、(a)および(c)のアルファウイルス5’および3’複製認識配列が、アルファウイルス非構造タンパク質の存在下において、当該RNA分子の複製を誘導する、RNA分子を提供する。
(もっと読む)


本発明は、ヒト・パピローマウイルスE7抗原、ウイルスカプシドタンパク質及び分子シャペロンタンパク質を含む融合タンパク質に関する。本発明は、前記融合タンパク質によって凝集された免疫原性を有する巨大分子を提供する。前記巨大分子の粒子形態が、ウイルス様粒子のものと異なる。前記巨大分子は、ヒトパピローマウイルス関連疾患の治療に使用できる。 (もっと読む)


本発明は、抗原に対する結合剤に特異的に結合し得るパルボウイルス変異構造タンパク質を同定する方法、パルボウイルスにとって異種である少なくとも1つのB細胞エピトープを含むパルボウイルス変異構造タンパク質、該タンパク質を含む多量体構造、該タンパク質をコードする核酸、該タンパク質を含むウイルスまたは細胞、該タンパク質を調製する方法、該タンパク質、核酸、または多量体構造を含む薬剤およびその使用に関する。 (もっと読む)


【課題】ゲノムの本質的でないまたはその一部が欠失された、外来性DNAを含む組換え型アデノウィルス、好ましくは組換え型イヌアデノウィルスのタイプ2(CAV2)を提供する。
【解決手段】CAV2遺伝子のE3領域に欠失部分を含み、且つ(i)CAV2遺伝子のE3領域、(ii)CAV2遺伝子のE4領域と右ITR領域の間の領域、(iii)上記(i)および(ii)の両方の領域、に外来DNAが挿入されている組換えCAV2および上記組換えCAV2を含むベクター。 (もっと読む)


本発明は、特定の配列の新規なペプチドおよびシグナルペプチドまたは膜固定ペプチドとしてのそれらの使用を提供する。本発明はまた、1以上のこのようなペプチドと目的のポリペプチドを含むキメラポリペプチド、ならびにこのようなペプチドおよびキメラポリペプチドをコードする核酸分子、ベクター、感染性ウイルス粒子および宿主細胞に関する。本発明はまた、このような要素と薬学上許容されるビヒクルを含む医薬組成物に関する。本発明はまた、特に細胞外で、または原形質膜の表面に固定された目的のポリペプチドを発現させるために、このようなペプチドを用いてポリペプチドを組換え的に生産する方法も提供する。 (もっと読む)


本開示は、ブタ繁殖呼吸障害症候群(PRRS)ウイルスに対する免疫応答を誘発するための組成物及び方法を含む。本開示は、部分的に、それぞれがPRRSVのGP5タンパク質外部ドメイン由来の相異なる配列を有する2つ以上のペプチドドメインの使用に基づく。前記2つ以上のドメインを含むポリペプチド又はそれらをコードする核酸を含む組成物及び方法が記載される。 (もっと読む)


【課題】病原体の感染、特に病原体の一次感染の検出での試験抗原として好適な融合タンパク質、及び病原生物の感染により生じる抗体、特にIgM抗体の検出と鑑別測定(differentially determining)のための方法を提供する。
【解決手段】IgM抗体の検出と鑑別測定の為には、検出対象の抗体が結合しうる複数のエピトープコピーより成る有効エピトープ密度を有する多量体型試験用抗原の多重抗原を使用する。 (もっと読む)


本発明は、ウイルスワクチンの開発および製造に関する。特に、本発明は、ウイルスベクターおよびワクチンの工業生産の分野、より具体的には、ウイルスベクターおよびウイルスを生産するための、鳥類胚性幹細胞、好ましくはアヒル胚性幹細胞由来のEBx(登録商標)細胞株の使用に関する。本発明は、ヒトおよび動物のウイルス感染を予防するためのウイルスワクチンの工業生産に特に有用である。 (もっと読む)


本発明は、生物学的サンプル中のヒト免疫不全ウイルス(HIV)の存在を検出するための方法に使用する、多重エピトープ結合性融合ポリペプチドを提供する。さらに本発明は、多重エピトープ結合性融合ポリペプチドの製造方法も提供する。 (もっと読む)


C型肝炎ウイルス(HCV)に結合する単離されたヒトモノクローナル抗体、ならびにこれに関連する抗体ベースの組成物および分子が開示される。ヒト抗体は、V−D−J組換えおよびアイソタイプスイッチングを受けることによって多数のアイソタイプのヒトモノクローナル抗体を産生し得るトランスフェクトーマまたは非ヒトトランスジェニック動物(例えば、トランスジェニックマウス)において産生され得る。また、ヒト抗体を含む薬学的組成物、非ヒト抗体を産生する非ヒトトランスジェニック動物およびハイブリドーマ、ならびに、ヒト抗体の治療的および診断的な使用方法もまた開示される。 (もっと読む)


【技術課題】組換えアドヘシン(rHia)を提供すること。
【解決手段】完全長でN末端が切断されている形の、インフルエンザ菌の分類不能型菌株のHiaタンパク質の組み換え生成物、分類不能型およびc型インフルエンザ菌のさまざまな菌株のHia遺伝子の核酸およびアミノ酸配列を提供する。 (もっと読む)


本明細書に記載の発明は、HCMV感染に対するヒトB-細胞応答に関与するHCMVタンパク質の抗原領域を同定するための方法、キメラ融合生成物の形態にあるかかる抗原領域を組合せるための方法、ならびに診断および免疫原性薬としてのそれらの使用に関する。
(もっと読む)


開示するのは、免疫原性応答を被検者又は宿主において誘導するのに有用な組成物及び方法である。特に、該組成物及び方法は、炭水化物HIVワクチンと、HIVエンベロープ糖タンパク質、gp120及びgp41のグリカンの模倣体へ抗原性の糖を導入することによって炭水化物HIVワクチンを産生する方法へ向けられる可能性がある。
(もっと読む)


本発明は、例えば、B型インフルエンザ菌に由来するDタンパク質などのTヘルパーエピトープを提供する免疫学的融合パートナーに連結されたいわゆる腫瘍拒絶抗原PRAME (DAGEとしても知られる)から誘導された抗原を含む融合タンパク質、Dタンパク質の断片を含む融合パートナータンパク質、それを調製する方法およびワクチンを製剤化する方法ならびに様々な癌を治療するためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)


【課題】HIV−2型ヒトレトロウイルスのトランスメンブランエンベロープ糖タンパク質の抗原及び該抗原に免疫類似性を有する抗原、特にヒトレトロウイルスHIV−2の感染のある時期に限って存在する抗原を提供する。
【解決手段】 該糖タンパク質は、HIV−2型レトロウイルスによる感染に特異的な機能を有すると考えられ、この糖蛋白質はHIV−2型レトロウイルスによる特異感染の検出に有用な手段と考えられる。また、生体内におけるかかる抗原の形成または解離を遮断することによってHIV−2の感染を抑制することができる。 (もっと読む)


本発明はHIVのNC蛋白質発現用ベクター及びこれを利用したNC蛋白質の生産方法に関する。より詳細には、本発明はイントロン配列、NC遺伝子、その下流にmRNA安定化因子を順次連結させたことを特徴とするHIVのNC蛋白質発現用ベクター及びこれを利用したNC蛋白質の生産方法に関する。本発明のイントロン配列、NC遺伝子、その下流にmRNA安定化因子を順次連結させたことを特徴とするHIVのNC蛋白質発現用ベクターは、動物細胞において天然型のNC蛋白質を発現させることができ、その発現効率が従来技術に比べて向上されるという効果を有する。

(もっと読む)


61 - 80 / 164