説明

Fターム[4B065BB34]の内容

微生物、その培養処理 (127,014) | 微生物の培養1、培地 (8,268) | 発育促進剤、分裂促進剤 (458)

Fターム[4B065BB34]の下位に属するFターム

Fターム[4B065BB34]に分類される特許

201 - 220 / 427



本発明は、置換イミダゾピリミジン類およびトリアゾロピリミジン類、それらの製造方法、並びに、疾患の、特に血液疾患の、好ましくは白血球減少症および好中球減少症の処置および/または予防用の医薬を製造するためのそれらの使用に関する。 (もっと読む)



【課題】特有の細胞配置を保持した歯を効率よく得ることができる歯形成用間葉系細胞を提供すること、及びこれを用いて特有の細胞配置を保持した歯を効率よく得る。
【解決手段】全能性幹細胞、例えば胚性癌腫細胞を、ジメチルスルホキシドなどの分化誘導剤の存在下で培養して、分化誘導後の細胞集団から、CD44陽性且つCD29陽性細胞又はCD44陽性且つCD106陽性細胞を歯形成用間葉系細胞として選別する。また、間葉系細胞と上皮系細胞とのいずれか一方から実質的になる第1の細胞集合体と、いずれか他方のみから実質的になる第2の細胞集合体とを、細胞の接触状態を保持可能な支持担体の内部に混合することなく密着させて配置して培養する際、上記間葉系細胞を、歯形成用間葉系細胞を含むものとすることよって、特有の細胞配置を有する歯を得る。 (もっと読む)


HLA−E拘束性CD8T細胞により抗原活性化HLA−ET細胞の下方制御を阻害または増強する方法であって、HLA−ET細胞およびCD8T細胞を、(i)CD8T細胞の表面上のT細胞受容体(TCR)と(ii)HLA−ET細胞の表面上にHLA−Eにより提示される自己ペプチドとの間の結合をそれぞれ阻害または増強する薬剤と接触させることを含んでなり、それにより抗原活性化HLA−ET細胞の下方制御を阻害または増強する方法が提供される。(i)CD8T細胞の表面上のT細胞受容体(TCR)と(ii)HLA−ET細胞の表面上にHLA−Eにより提示される自己ペプチドとの間の結合をそれぞれ阻害または増強/活性化する薬剤を含んでなる組成物およびそのような薬剤を同定するための分析が提供される。 (もっと読む)


【課題】暗培養において高い増殖能力及びクロロフィル含有量を持ち、且つ、活性酸素消去効果が高いクロレラ属の新規株、および、活性酸素消去効果が高いクロレラを含有し、有用な生理活性を持つ組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】暗培養下で増殖可能であって、クロロフィル含有量並びに活性酸素消去能が高いことを特徴とする、クロレラ属J005株。並びに、クロレラ蛋白0.1mgあたりの活性酸素消去能がSOD蛋白45pgの活性酸素消去能と同等またはそれ以上であるクロレラを有効成分として含有する組成物。 (もっと読む)


【課題】癌幹細胞を選択的に培養することができる培養方法、該培養方法により選択された癌幹細胞、該癌幹細胞を用いた特異的発現遺伝子および選択的阻害物質のスクリーニング法、および、該スクリーニング法により選択された癌幹細胞の特異的発現遺伝子および選択的阻害物質を提供する。
【解決手段】少なくとも腫瘍増殖因子β(Tumor growth factor β(TGFβ ))と腫瘍壊死因子α(Tumor necrosis factor α(TNFα))を含む培養液を用いる癌幹細胞の選択的培養方法。選択された癌幹細胞を用いた特異的発現遺伝子および選択的阻害剤のスクリーニング法。 (もっと読む)


本発明は、a)有効量のエリスロポエチン、その誘導体またはアゴニストを、多系列骨髄系前駆細胞(CFU-GEMM)に投与する段階を含む、インビボおよびインビトロの両方で血小板を産生できる、巨核球前駆体細胞への、任意でさらに巨核球への、多系列骨髄系前駆細胞の分化を誘導するための方法に関する。 (もっと読む)


本発明は、SEQ ID NO: 3〜5、7〜9、12、15〜19、22、24、27〜30、37、67、または74のアミノ酸配列を含むFoxp3ペプチド、および1つ、2つ、またはいくつかのアミノ酸が置換または付加された前述のアミノ酸配列を含み、かつ細胞障害性T細胞誘導能を有するFoxp3ペプチドを提供し、また、これらのFoxp3ペプチドを含む、調節性T細胞を調節するための薬物も提供する。本発明のFoxp3ペプチドは、ワクチンとして使用される。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも2つの幹細胞集団を移植することによって、組織を修復、再生および再構築する方法に関し、個々で第1の幹細胞集団および第2の幹細胞集団は、約2〜約24時間の時間間隔を隔てて、被験体に導入される。第1の集団は臍帯由来の幹細胞を含む。第2の集団はALDHbr細胞を含む。これらのALDHbr細胞は、単離直後に患者に投与され得るか、または移植に先立って約2日間〜約7日間、サイトカインの組み合わせを使用して培養中で刺激され得る。本発明の方法は、骨髄破壊治療後の好中球生着および/または血小板生着および免疫再構築までの時間を加速するのに有用である。 (もっと読む)


【課題】骨髄液または臍帯血から分離される単核細胞分画から調製した中胚葉幹細胞、またはES細胞からの神経細胞またはグリア細胞への分化誘導する方法の提供。
【解決手段】培養する際、基礎的培養液に虚血脳抽出液を添加することによる、中胚葉幹細胞または該ES細胞から神経幹細胞、神経細胞またはグリア細胞へ分化誘導する方法。上記分化誘導方法によって得られた神経系細胞は、脳梗塞モデル、痴呆モデル、脊髄損傷モデル、脱髄モデルにおいて、神経再生能力がある。 (もっと読む)


生体スキャフォールドを、種々のゲル化系のゲル成分の混合物から形成させることができる。例えば、生体スキャフォールドは、少なくとも2種の異なる2成分ゲル化系の少なくとも2種の異なる成分を混合して第1の混合物を調製し且つ少なくとも2種の異なる2成分ゲル化系の少なくとも2種の異なる成分(第1混合物を構成する成分以外の)を混合して第2の混合物を調製することによって形成させることができる。細胞タイプまたは成長因子のような治療薬を、第1混合物または第2混合物のいずれかに添加することができる。ある実施態様においては、治療薬は、いずれの混合物にも添加しない。第1混合物を第2混合物と同時に注入して、梗塞領域内にその治療のための生体スキャフォールドを形成させることができる。 (もっと読む)



本発明は、O−アセチル化基について富化されたβ−1,6−グルカンを含有する組成物を提供する。ある実施形態では、前記グルカンは、少なくとも25重量%のO−アセチル化グルカンを含む。ある実施形態では、前記グルカンは、地衣類から単離される又は得られる。ある実施形態では、前記グルカンは、イワタケ科から単離される又は得られる。ある実施形態では、前記グルカンは、真菌から単離される又は得られる。ある実施形態では、前記グルカンは、酵母から単離される。他の実施形態では、前記グルカンは、化学的に合成若しくはアセチル化される。他の実施形態では、前記グルカンは、粒子と結合する。 (もっと読む)



【課題】 有用な治療法が今のところ存在しない網膜疾患に対して、実際に臨床応用できる可能性が非常に高い新しい治療法に応用できる網膜幹細胞、およびその分離取得手段を提供する。
【解決手段】 網膜幹細胞の分離を、哺乳動物の生体組織、又は血清代替物質の添加された培地で培養された哺乳動物の、生体組織の細胞の表面に発現している神経栄養因子の受容体であるp75、trkA、trkB又はtrkCをマーカーとして、それらに対する抗体を用いて分離する。 (もっと読む)


【課題】本発明は細胞を保持する装置(200)に関する。
【解決手段】装置は、動的制御された環境を有し、所望条件に維持された環境内で細胞を生長させ、動的制御され所望条件に維持された環境内で細胞が検査される細胞培養機構を具えている。装置はまた、細胞の状態を決定する機構を具えている。この決定機構は、前記細胞培養機構に連繋されている。本発明は細胞を保持する方法に関する。この方法は、動的制御され、所望条件に維持された環境内で細胞が検査され、該環境内で細胞を培養するステップを有している。さらに、細胞の状態を決定するステップを有している。 (もっと読む)



血液、特に末梢血(但しこれに限定されない)から成体幹細胞を増殖させるための方法であって、血液の幹細胞を採取直後に8〜15nMの濃度のMCSFでin vitro処理することによって増殖させる第一の段階と、増殖した幹細胞を精製する第二の段階とを含む方法。 (もっと読む)


本発明は、ほ乳動物細胞培養における組換えタンパク質、例えば抗体を製造する改善された方法及び組成物を記述する。また、本発明は、ほ乳動物細胞培養におけるタンパク質生産性の改善に使用することができる、改善された産生培地を含めた改善された細胞培地、供給溶液、及び組合せ供給液を提供する。 (もっと読む)


201 - 220 / 427