説明

Fターム[4B069KA08]の内容

果実、野菜の保存 (4,418) | 化学物質の使用目的 (415) | 防湿、保湿 (24)

Fターム[4B069KA08]に分類される特許

1 - 20 / 24


【課題】青果物の瑞々しい外観を保つことができることで長期間保存することができる青果物の保存容器および青果物の保存方法を提供する。
【解決手段】保存容器10は、苺Sを密閉状態で個々に収納する凹部20aが形成された容器本体20に、苺Sに接して水分を補給する保水材30を備えたものである。保水材30は、粒状に形成された吸水性ポリマーにシラスを混在させたものが使用できる。この凹部20aに苺Sを収納するときに、粒状に形成された保水材30に蔕Hが接するように、蔕Hを下にした状態で配置する。 (もっと読む)


【課題】防黴、防臭、エチレンガスの除去及び保湿等の効果を充分に発揮できる帯電微粒子水による食品保存方法及び食品保存装置を提供する。
【解決手段】食品収納庫内の空気を冷却することで結露水を生成する。この結露水を静電霧化して、ナノメータサイズで且つ活性種を含む帯電微粒子水Mを生成する。この帯電微粒子水を食品収納庫内に供給する。 (もっと読む)


約0.01%から約10%の樹脂、および約0.01%から約10%のポリマーを含有する、腸溶性コーティング組成物。医薬品、栄養補助食品、果実、野菜、農産物、または工業製品などの基材に腸溶性コーティング組成物を塗布して、基材上に腸溶性コーティングを形成させることができる。樹脂を含む第1成分、およびポリマーを含む第2成分を有する複数成分系も提供され、この第1成分と第2成分を混合することによって、約0.01% から約10%の樹脂、および約0.01%から約10%のポリマーを有する腸溶性コーティング組成物が作製される。腸溶性コーティング組成物で基材をコーティングするための方法も与えられる。 (もっと読む)


【課題】クレス種子抽出物の特性に基づいた種々の新規用途を提供する。
【解決手段】クレス種子抽出物の可食性組成物用物性改良剤としての用途、詳細には、耐熱性付与剤、冷凍組成物用増粘安定剤、酸性組成物用増粘剤、高濃度塩分含有組成物用増粘剤、分散安定剤、澱粉組成物用品質改良剤、保水性改良剤、液状組成物の流動性改良剤、食感改良剤、乳化安定剤としての用途。増粘剤組成物として、クレス種子抽出物とガラクトマンナン及び/又はグルコマンナンを含有する。 (もっと読む)


【課題】水を補給したりすることなく帯電微粒子水を生成し、余剰水の問題を解決できる静電霧化装置を提供する。
【解決手段】水粒子放出部1と、該水粒子放出部1に水Wを供給する水供給手段と、前記水粒子放出部1に高電圧を印加する電圧印加部3とを備えた静電霧化装置である。前記水供給手段は、結露水を溜める液溜め手段と、該液溜め手段に溜められた結露水が一定水位以上となった時に、余剰水として排出する排出手段と、を備えた冷却部16bからなる。 (もっと読む)


【課題】
乾燥果実表面に酸味成分を付与する際、酸味成分が吸湿することを防止するのに優れた、酸味成分被覆乾燥果実用の吸湿防止剤、酸味成分被覆乾燥果実及び酸味成分被覆乾燥果実の吸湿防止方法を提供する。
【解決手段】
酸味成分を被覆する乾燥果実に用いる酸味成分の吸湿防止剤であって、ビタミンCを有効成分とすることを特徴とする酸味成分被覆乾燥果実用の吸湿防止剤によって達成される。
(もっと読む)


【課題】新鮮な野菜(特に、切った野菜)を保存処理する方法であって、その外観、舌触り、歯切れ、風味および水分を保存するが、調理、乾燥または冷凍を必要としない方法の提供。
【解決手段】新鮮な切った野菜を保存処理する方法であって、以下の工程:a.以下を含有する保存剤溶液を提供する工程: 約0.1%〜約10%のカルシウムイオン;0.1%〜約30%のアスコルビン酸イオンまたはエリソルビン酸イオン;および水;ならびにb.該野菜保存剤を該切った野菜に塗布する工程、を包含し、ここで、該保存剤は、本質的に、金属イオン封鎖剤を含有しない、方法。 (もっと読む)


【課題】湿度調整、防カビおよびエチレンガスの分解を行い、根菜類や果物などの生鮮食料品の鮮度保持を簡易な構成により実現し、また、カップボード、キッチンキャビネット、パントリーなどへの組み込みを具体的に実現することのできる食料品保管庫を提供する。
【解決手段】前板5、背板6、左右両側板7および底板8により囲まれた上方に開放した食料品保管部9を有し、前後にスライド可能な引き出し2を収納する前方に開放した空間部3を内部に有する外箱4の内面の総面積の1/3を超える面積の内面部分に空間部内の湿度調整を行う調湿材16が配設されるとともに、外箱内部の空間部内または引き出し内部の上部にエチレン分解触媒17が設けられている。 (もっと読む)


【課題】従来の桜葉加工品のもつ外観上の問題や食感、保存性、作業性の問題を解消し、桜葉の芳醇で自然な風味を付与することができる溶解性に優れた桜葉エキス粉末を提供する。
【解決手段】乾燥塩漬け桜葉を、澱粉加水分解物を溶解させた水性溶媒で30℃〜99℃の範囲で抽出し、抽出液に粉末化基材としての賦形剤を桜葉エキス粉末中の乾燥塩漬け桜葉由来エキス分の割合が1〜50重量%になるよう添加し、乾燥させて桜葉エキス粉末を製造する。 (もっと読む)


【課題】野菜類に対し効果的に鮮度低下を防止できる、柔軟でしっとり感のある野菜類の鮮度保持シート及びその製造方法の提供。
【解決手段】ペーパータオル、キッチンペーパーなどの吸水性、保水性に優れた繊維ウェブ5であって、天然繊維又は再生繊維のパルプを主原料とする、坪量10〜50g/m2、厚み0.1〜0.25mmでかつ表面に凹凸を有する繊維ウェブを支持体とし、トレハロースが前記支持体に担持されていることを特徴とする野菜類の鮮度保持シート及びその製造方法。 (もっと読む)


【課題】野菜の食感の経時的な低下を防ぐことを可能にした加工野菜製品およびその製造方法、並びに該加工野菜製品を用いた巻き寿司製品およびその製造方法を提供すること。
【解決手段】食酢を含有したアルギン酸カルシウム被膜で被膜形成された加工野菜製品であって、食酢を含有したアルギン酸カルシウム被膜中のカルシウムと酢酸とのモル比が、1:0.1〜1.8である上記加工野菜製品およびその製造方法、並びに該加工野菜製品を用いた巻き寿司製品およびその製造方法を提供する。 (もっと読む)


【課題】保存性が良く、お湯や水を添加することで容易に復元することができる野菜又は果実類を主原料とする乾燥成型具材であって、非常にコンパクトで、壊れにくい乾燥成型具材の製造方法を提供する。
【解決手段】野菜又は果実類を原料とし、これをブランチング処理した後(ブランチング工程)、糖質又は食塩を吸着させる(水分活性低減工程)。次いで、水分含量が6〜60%になるまで一次乾燥し(一次乾燥工程)、一次乾燥したものに、糖質の溶液、好ましくは澱粉、増粘多糖類等の溶液を吸着させ(糖質添加工程)、圧縮成型する(圧縮工程)。圧縮成型後、水分含量が10%以下になるまで二次乾燥する(二次乾燥工程)。乾燥方法としては、いずれの乾燥も主に熱風乾燥法を用いることが好ましい。 (もっと読む)


【課題】野菜の長期保存に適する冷蔵庫を提供すること。
【解決手段】野菜の栄養分となる栄養液を野菜室に噴霧する冷蔵庫であって、栄養液ボトル4bの中の栄養液4aの残量に関する情報を報知する栄養液残量ランプ2、噴霧器9の噴霧タイミングを制御する噴霧器制御タイマー3、栄養液4aが入っている栄養液ボトル4b、栄養液ボトル4bをホルダー6に、液漏れなく、かつ、スムーズに脱着可能に載置するためのカートリッジ5、ホルダー6、栄養液供給パイプ7、及び噴霧器9を備える。 (もっと読む)


【解決手段】 本発明は、通気性を有する表面シートと裏面シートとの間に吸水性樹脂を配置し、キルティング加工を施した吸水性シートをフィルターポケットに収納した簡易保湿フィルターと、これを配置する箱型の配置部材で、冷蔵庫の野菜室内に配置することにより、野菜の鮮度を上げて保存期間の延ばす簡易保湿方法である。
【効果】 簡易保湿フィルターに水分を含ませ、野菜室に配置したり、野菜を覆ったりすることにより、外気や冷蔵庫の冷気が簡易保湿フィルターを通じて、野菜周辺の湿度を上げ、野菜を萎びさせることなく保存期間を延ばすことができる。 (もっと読む)


保護的食品コーティング方法であって、食品成分基体を準備し、少なくとも一部の前記基体を、ポリマー成分、乳化剤、粒子成分及びこれらの組み合わせの少なくとも1つに接触させ、各前記成分は、前記基体及び他の前記成分の少なくとも1つと相互作用親和が可能である保護的食品コーティング方法。
(もっと読む)


【課題】風味があって且つ濃縮された味の乾燥果物、野菜食品の提供。
【解決手段】キウイ、パイナップル、いちご、マンゴー、パパイヤ、りんご、梨、桃、花梨、メロン、西瓜、さくらんぼ、葡萄、バナナ、みかん、オレンジ、グレープフルーツ、レモン、ライチ、ざくろ、いちじく、杏、梅、プラム、とまと等の果物・野菜の可食部分を前処理した対象食品をネット或は多孔板上に並べて、設定温度30〜45℃、設定湿度8〜10%の乾燥室にて対象食品の含水率が20〜30%になるまで乾燥する一次工程と、この一次工程を経た対象食品を乾燥剤入り袋に密封して、含水率20〜28%になるまで冷暗所にて乾燥する二次工程と、二次工程を終えた対象食品を乾燥剤と脱酸素剤を入れた袋に吸引、密封する三次工程とによりなる乾燥果物・野菜食品の製造。 (もっと読む)


【課題】 新鮮な野菜を加熱し、次いで冷却し、或いは冷凍した野菜であって、野菜本来の組織の破壊が防止され、食するにあたって可及的に本来の野菜の風味や食感を保持するようにした保冷野菜を提供する。
【解決手段】 野菜本来の組織の破壊を極力防止して酵素を失活させた冷蔵或いは冷凍野菜に関し、電解質、好ましくは強電解質を含有するエチルアルコール溶液に野菜を浸漬させた後、従来技術よりも低い温度でより短時間加熱し、或いは、電解質、好ましくは強電解質を含有する水溶液に野菜を浸漬させた後マイクロ波加熱し、野菜中の酵素を失活或いは低減させて低温保存されている。 (もっと読む)


【課題】保存およびその後に電子レンジでのスチーム調理するための、包装および保存の間呼吸活動をする生鮮食品の下準備と包装の方法を提供する。
【解決手段】食品を洗浄水にオゾンを注入して洗浄し、洗浄した前記食品を容器の中に導入し、食品を収容した容器を1つ以上の蒸気を逃がす排気口を設けた透明な材料で熱シールし、その後、容器をその調整のために真空引きする。 (もっと読む)


【課題】 アルミニウム等の金属を使用することなく、透明で酸素バリア性および防湿性に優れ、米の変色や味変化がなく、米独特の香りを保つことができ、しかも含気包装形態であっても、包装体を屈曲させても、これら保存効果を長期間にわたって維持することができる米包装体品を提供する。
【解決手段】 バリア層を面上に設けてなる高分子フィルム(第1の高分子フィルム)と、該フィルムのシーリングのためのシール層を少なくとも有する複合フィルム(透明包装材)を用いて成形した包装体に、米を収容してなる米包装体品であって、前記複合フィルムの酸素透過度が3cm3/m2・day・atm(温度20℃、相対湿度70%)以下、および水蒸気透過度が6g/m2・day以下(温度40℃)である、米包装体品。 (もっと読む)


【課題】防黴、防臭、エチレンガスの除去及び保湿等の効果を充分に発揮できる食品収納庫を提供する。
【解決手段】水粒子放出部1と、該水粒子放出部1と対向する対向電極2と、水粒子放出部1に水Wを供給するための水供給手段と、水粒子放出部1と対向電極2との間に高電圧を印加する電圧印加部3とを備え、水粒子放出部1と対向電極2との間に高電圧を印加することで水粒子放出部1の水からナノメータサイズの帯電微粒子水Mを生成する静電霧化装置Aを構成する。キッチンに設けた収納庫4内に上記静電霧化装置Aを具備する。 (もっと読む)


1 - 20 / 24