説明

Fターム[4C002EE05]の内容

芳香剤容器 (3,407) | 発散部 (274) | 材料 (144)

Fターム[4C002EE05]の下位に属するFターム

 (9)
多孔質 (70)

Fターム[4C002EE05]に分類される特許

1 - 20 / 65


【課題】芯部材を薬液容器から取り外すことなく、薬液容器内に薬液を手軽に補給することができるうえ、薬液容器が倒れた場合でも薬液が外部に流出することを防止できる薬液揮散器を提供する。
【解決手段】薬液揮散器は、薬液容器2と、薬液を吸い上げて揮散させる芯部材3と、薬液容器2の上部開口20に設けられ、芯部材3の上端部を薬液容器2の外部に露出させた状態で芯部材3を保持する保持部材4と、保持部材4上に設けられるカバー部材5と、カバー部材5上に設けられるキャップ6とを備える。保持部材4は、薬液容器2の内部に薬液を注入可能な少なくとも1つの注入口46を有している。カバー部材5は、保持部材4の注入口46を開閉自在に塞ぐことが可能であり、かつ、芯部材3の上端部を挿通する挿通口53を有する。 (もっと読む)


【課題】芯部材を薬液容器から取り外すことなく、薬液容器内に薬液を手軽に補給することができるうえ、薬液容器が倒れた場合でも薬液が外部に流出することを防止できる薬液揮散器を提供する。
【解決手段】薬液容器2と、薬液を吸い上げて揮散させる芯部材3と、薬液容器2の上部開口20に設けられ、芯部材3の上端部を上方に露出させた状態で芯部材3を保持する保持部材4とを備えた薬液揮散器において、保持部材4は、可撓性のある材料で形成されており、上部開口20を塞ぐ栓部43と、芯部材3を保持する保持部44と、栓部43に設けられ、薬液容器2の内部に薬液を注入可能な少なくとも1つの注入口45と、栓部43に一体に設けられ、弾性力により注入口45を開閉自在に塞ぐ弾性片46とを備えている。 (もっと読む)


【課題】コスト高を招くことなく、液漏れを防止することができる揮散器を提供する。
【解決手段】容器体11内の液状薬剤2を吸い上げる吸上芯17を容器体11の口部12の開口部13に差し込んでセットする。口部12にキャップ14を装着して開口部13を閉鎖する。キャップ14に、吸上芯17が差し込まれる脆弱部37を設定し、脆弱部37に吸上芯17を差し込んで差込穴41を形成した状態で当該脆弱部37の一部が吸上芯17の周面42に密着する舌片43を形成可能とする。 (もっと読む)


【課題】揮散部での液垂れを未然に防止することができる揮散器を提供する。
【解決手段】容器体11に装着されたキャップ14の底面32に吸上芯17の突刺部81を突き刺して差込穴41を開口し吸上芯17を差し込む。容器体11内は、挿入された吸上芯17の体積分内圧が高められる。このとき、吸上芯17の周面42には逃がし溝93が形成されており、この逃がし溝93によって差込穴41の内縁91と吸上芯17との間に間隙92が形成される。このため、高められた容器体11内の圧力を、逃がし溝93で形成された間隙92より外部へ放出し、内圧の上昇を抑えることができる。 (もっと読む)


【課題】単位時間当たりの揮発性化合物の放出量を増加させる。
【解決手段】上方を開口した容器2と、容器2の開口部を閉塞する透湿非透水性シート3と、容器2の内部に複数個の小穴を有する中棚4とを備え、中棚4上に潮解性化合物5を収納し、中棚4上又は容器下部の少なくともいずれか一方に揮発性化合物が含浸されたポリ乳酸又はポリ乳酸共重合体(ポリ乳酸樹脂6)を収納する。 (もっと読む)


【課題】従来の香料揮発装置は、材料が森林保護に貢献するようなものではなく、また毛細管現象により香料を揮発する装飾媒体は予めかかる機能を有する構造と材料を選択しているため高価になり、更には、香料を揮発する速度を遅延制御しながら十分に長時間芳香させることが出来ない機構であり、また、組み立て構造や芳香を発揮する手順が複雑であり簡単に個人や家庭で組み立てて長期間の芳香状態を楽しめるものではなかった。
【解決手段】この発明は、間伐材よりなる基板と、基板に切り溝を形成して切り溝に着脱自在に構成すると共に、アロマオイル等の芳香剤の吸収揮発が容易で、かつ長期間の持続性を有するように構成した天然模造体または人工模造体に擬した間伐材よりなる装飾媒体と、基板上に載置したアロマオイル等の芳香剤収納のオイル容器の中に浸漬すべく装飾媒体の一部を下方に伸延した浸漬片とよりなるアロマオイル芳香等装置を提供するものである。 (もっと読む)


【課題】
芳香体を収納する袋本体が革シートの縫製により形成され、高級感、表面の滑らかな触感、ソフトな弾力感を備え、袋本体から芳香体が落下する虞がなく、種々の形態で製造することができる匂い革袋を提供する。
【解決手段】
匂い革袋1は、重ね合わされた2枚の革シート11,12の周囲が縫製されて形成された革袋本体2と、革袋本体2内に設けられた、香水、アロマオイル等の芳香液を含浸するための吸湿体6とからなる。匂い革袋1は、芳香液の香りが革袋本体2全体に浸透して裏面から表面に滲み出て芳香液の香りを楽しむことができる。 (もっと読む)


【課題】芯材の取り替え作業を容易に行うことができる薬剤揮散器を提供する。
【解決手段】薬剤揮散器1は、内部に液状の薬剤を収容する容器2と、吸上部30および揮散部31を有する芯材3と、芯材3を保持する芯材保持枠4とを備え、芯材保持枠4により揮散部31を容器2外部に引き上げることで、吸上部30で吸い上げた薬剤が揮散部31を介して容器2外部に揮散する。芯材保持枠4は、一対の側枠部材40,40と、側枠部材40の下端部に形成され、容器2内部の突出部25に係合して芯材保持枠4を抜止め状態とする係合突起48とを備える。揮散部31は、各側枠部材40の間に挟持されており、各側枠部材40は、上端部を支点として互いに反対方向に弾性的に揺動することにより芯材3の着脱が可能であり。各側枠部材40の上端部には、各側枠部材40を揺動させる開閉部材44が設けられている。 (もっと読む)


【課題】薬剤の詰め替えや芯材の取り替え作業時に、芯材保持枠を容器から容易に引き抜くことができる薬剤揮散器を提供する。
【解決手段】薬剤揮散器1は、首部20を備える容器2と、容器2内に収納される芯材3と、芯材3を保持する芯材保持枠4とを備える。容器2の首部20には、芯材保持枠4を引き上げた時に、芯材保持枠4を起立状態で保持するとともに、芯材保持枠4を起立状態より傾倒させることが可能な突出部25が設けられている。芯材保持枠4の下部には、芯材保持枠4を引き上げた時に、容器2内の突出部25に係合して芯材保持枠4を抜止め状態とする一対の係合突起48が設けられている。各係合突起48は、芯材保持枠4の傾倒により、傾けた側の一方の係合突起48と突出部25との係合が外れるように構成されている。 (もっと読む)


【課題】薬剤の詰め替えや芯材の取り替え作業時に、芯材保持枠を容器から容易に引き抜くことができる薬剤揮散器を提供する。
【解決手段】薬剤揮散器1は、首部20、肩部23および胴部22を備える容器2と、容器2内に収納される芯材3と、芯材3を保持する芯材保持枠4とを備える。芯材保持枠4は、一対の側枠部材40を備え、各側枠部材40には、芯材保持枠4を引き上げた時に、容器2の肩部23に係合可能な一対の外向きの係合突起48が設けられているとともに、各係合突起48の反対側に、互いに当接することで各係合突起48の内方への移動を規制する一対の内向きの規制突起49が設けられている。各規制突起49は、各側枠部材40に互いに逆の方向の力を加えることで位置ずれして、各係合突起48の内方への移動を許容する。 (もっと読む)


【課題】 コンパクト化を図りつつも、液体の蒸散能力を向上させることができる蒸散具を提供する。
【解決手段】 蒸散させるための液体が含浸される帯状の含浸体2を備え、含浸体2は、表面12,22同士が重なるように配置される蒸散具であって、液体が含浸体2の表面21,22を介して蒸散する際に流通する流通路Xを、含浸体2の表面21,22に沿って形成させるべく、含浸体2の表面21,22同士間に介在される介在体3を備えることを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】内包装用袋のヒートシール強度を容易に調整可能であり、ヒートシール部の特定の領域を破断できる薬剤蒸散容器を提供する。
【解決手段】薬剤蒸散容器1は、樹脂製の外容器2と、外容器2内に収納される内包装用袋3とで構成されている。内包装用袋3の収納部8には液状またはゲル状の薬剤4が充填されている。内包装用袋3の上部シール部10には、三角形状のシール抜き部30が上部シール部10の長手方向に沿って多数形成されている。また、隣接するシール抜き部30は、三角形の頂部30aを内包装用袋3の内側に向けたものと、三角形の底辺部30bを内包装用袋3の内側に向けたものとが交互に隣接して配置されている。 (もっと読む)


【課題】軟質包材を用いて、薬効の高い持続性を実現すると共に、転倒時等に薬剤の漏出を防止乃至低減することができる、正立型取り替え式の薬剤収納容器を提供する。
【解決手段】薬剤を上部の揮散体30から揮散させる正立型の薬剤揮散装置のための薬剤収納容器であって、軟質包材で形成され、薬剤揮散装置の容器支持部20に支持される容器本体11と、該容器本体に収容された吸液用の芯材12と、芯材の上端部をシールすると共に使用時に該シールの解除が可能な封止構造14とを備え、該封止構造は、芯材上端部が露出して揮散体への接触が可能となるように、芯材上端部がシール解除されることを特徴とする薬剤収納容器。 (もっと読む)


【課題】使用者にとって使いやすく、かつ、不具合の発生しにくい薬剤収容具を提供する。
【解決手段】薬剤収容具1は、揮発性を有する薬剤を収容する容器10と、容器10の開放部分を覆う蓋20とを備えている。蓋20は、揮発した薬剤を通し、かつ、揮発していない薬剤を通さないように構成された揮発薬剤透過フィルム21と、薬剤を通さないように構成された非透過フィルム22とを備えている。非透過フィルム22は、揮発薬剤透過フィルム21に対して剥離可能に一体化されている。揮発薬剤透過フィルム22は、容器10に対し、非透過フィルム22を揮発薬剤透過フィルム21から剥離させるときの力よりも強く固着されている。非透過フィルム22は、揮発薬剤透過フィルム21から剥離させるときに掴むための掴み部22aを備えている。掴み部22aは、揮発薬剤透過フィルム21よりも容器10外へ向けて延出している。 (もっと読む)


【課題】二酸化塩素ガスの有する種々の効果がより長期にわたって持続し得る二酸化塩素徐放剤および容器入り二酸化塩素徐放剤を提供する。
【解決手段】二酸化塩素が溶存している二酸化塩素溶存液を吸収してその径方向に膨潤し、かつ直径が1〜100μmである極細吸水性繊維1を備えた繊維材10を有する二酸化塩素徐放剤X、および、前記繊維材10をシート状に成形し、複数のシート状の繊維材10を少なくとも上下方向に積層した状態で収容容器20に収容した容器入り二酸化塩素徐放剤Y。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、収納容器体のケース体への装着により、収納容器体の密封を解除して芳香剤の放散を可能とすることにより、密閉強度の高い収納容器体を、シール機能部分をゴミにすることなく、簡単に開封することを目的とする。
【解決手段】 芳香剤を収納している収納容器体1の開口部を密閉するシート蓋13を、浸透シート14とシール膜15との積層構造とし、収納容器体1のケース体22への着脱自在な装着により、シール膜15を破断して破断孔16を開設し、この破断孔16に露出した浸透シート14に、収納容器体1に設けた浸透芯9を通して供給された芳香剤を、気散シート17に浸透させて放散する。この気散シート17は、収納容器体1の開口部に制約されることなく、その大きさを自由に設定することができるので、芳香剤の放散能力を所望程度に設定することが容易となる。 (もっと読む)


【課題】吸上芯の挿入を容易としつつ転倒時のこぼれを抑制することができる揮散装置を提供する。
【解決手段】容器体11の口部12に装着される装着ユニット13をキャップ21と装飾カバー22で構成し、保持空間23に被保持部材24を保持する。包囲部を構成する被保持部材24が液状薬剤2を吸収して膨潤するように、被保持部材24を構成する材質と液状薬剤2の成分との関係を設定する。これにより、被保持部材24が膨潤した際に、リング状に形成された被保持部材24の水平方向の肉厚が増大し、開口部101を縮径するとともに、外周面91に設定されたシール部93が装飾カバー22の内側面92に圧接されるように構成する。 (もっと読む)


【課題】芳香性を長く維持するのに効果的で嫌な臭いを消し、リラックス効果も高いヒバ材を用いた芳香器の提供を目的とする。
【解決手段】少なくとも部分的にヒバ材を用いて製作された容器に、ヒバを水蒸気蒸留して得られた、ヒバ精油又は/及びヒバ水を注入、あるいは、前記ヒバ精油又は/及びヒバ水を吸収させた膨潤材を収容したことを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】 従来の香水やアロマエッセンスなどの液状芳香材を手軽に美しく楽しむ手法があまりなく、また、気分に合わせ手軽に香りを変化させることも難しかった。
【解決の手段】 日本に古くからある折り紙と切り紙を応用し、1枚の紙を切って曲げるだけで形成される立体的な花形状で、中心部に香水やアロマエッセンスを垂らす皿状のへこみを持つ構造体とすることで、その時の気分に合わせ、手軽で見た目も美しい芳香器とすることができる。 (もっと読む)


【課題】トイレットペーパーホルダに対して容易に脱着が可能な芳香剤保持具を提供することを課題とする。
【解決手段】トイレットペーパー11を保持するホルダ本体122、及びトイレットペーパー11の上部を覆うカバー121を有するトイレットペーパーホルダ12に取り付けられる芳香剤保持具1であって、芳香剤10を保持するための保持部2と、保持部2から延びつつ保持部2との間でカバー121を挟持するよう折り返され、保持部2側に付勢された弾性変形可能な折り返し部3と、折り返し部3に設けられた、トイレットペーパー11を切断するための切断部33と、を備えている。 (もっと読む)


1 - 20 / 65