Array ( [0] => 生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定 [1] => 呼吸器機能の測定−目的 ) 生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定 | 呼吸器機能の測定−目的
説明

Fターム[4C038ST00]の内容

生体の呼吸・聴力・形態・血液特性等の測定 (31,718) | 呼吸器機能の測定−目的 (236)

Fターム[4C038ST00]の下位に属するFターム

Fターム[4C038ST00]に分類される特許

1 - 20 / 28






患者の呼吸は、呼吸数の中央値(MedRR)及び呼吸数の最大値(MaxRR)を含む呼吸測定を行うことから検出される。MedRR及びMaxRRに異常があるかどうかについて、判定が行われる。MedRR及びMaxRRにおける異常を判定することに応じて、患者の頻呼吸状態を示す出力が生成される。
(もっと読む)




【課題】ドライバの呼気の吹きかけ量を参照しながらアルコール量の検出を行うことにより、飲酒状態を精度よく検出することができる飲酒状態検出装置を提供する。
【解決手段】ルームミラー2におけるハーフミラー3の裏面側には、顔撮像カメラ11が配設されており、ルームミラー2の右側面にはアルコール検出センサ12が取り付けられている。顔撮像カメラ11では、ドライバの顔と、ハーフミラー3の表面における曇り具合を撮像している。ハーフミラー3の表面に曇りがある場合に、アルコール検知センサ12によってアルコール濃度を検知して飲酒状態検出を行う。 (もっと読む)


【課題】呼吸センサとパルスオキシメータとを組み合わせることで、測定する人に嫌悪感を与えることなく、簡易に装着することができ、かつ無呼吸又は低呼吸の回数を正確に測定する。
【解決手段】鼻呼吸センサ2と、口呼吸センサ3と、顔面の任意の部位における経皮的動脈血酸素飽和度及び脈拍数を計測するパルスオキシメータ7と、鼻呼吸センサ2及び口呼吸センサ3による検出結果と前記パルスオキシメータ7による計測結果とに基づいて無呼吸状態又は低呼吸状態の有無を検出し、検出された無呼吸状態又は低呼吸状態の回数に基づいて算出した無呼吸低呼吸指数を出力する制御部13とを備えた。 (もっと読む)










心拍や呼吸が、個体の体格(身長・体重)や年齢、性別、人種によって個体差があることに着目し、この心拍データや呼吸データを、簡易な構成からなるエアーセンサーによって高精度に検出し、該検出データを、予め採取してある各個体の基準心拍データや基準呼吸データやサーカディアンリズムデータと比較することで、センサーを装着していることを気付かせない自然な状態で、高精度に個体を判別することができる全く新規な個体を判別する方法及びその装置。
(もっと読む)


【課題】 診断対象者が上述の軽症の喘息を患っている場合に、その軽症の喘息を容易に発見することを可能とした喘息診断装置を提供することである。
【解決手段】 本発明の喘息診断装置は、基準データとしての軽症の喘息患者の笑い声を記憶する基準笑い声記憶部12と、診断対象者の笑い声を入力する入力部11と、前記基準データとしての笑い声と前記入力された笑い声との類似度を判定する類似度判定部13と、該類似度の判定結果を出力する出力部14と、を備える。 (もっと読む)


【課題】 小型動物を用いて、化学物質や天然物が直接気管や肺に到達したときの呼吸器感作性を、簡便且つ定量的に評価する感作性評価方法を提供する。
【解決手段】 本発明の呼吸器感作性評価方法は、体重70g以下の小型動物の気管内に、1回当たり100μl以下のサンプルを直接投与することにより気管又は肺における生体反応を評価することを特徴とする。本発明の呼吸器感作評価方法において、感作の段階及び/又は惹起の段階で、気管内に直接サンプルを投与する方法が好ましい。前記小型動物としてマウスを用いてもよい。本発明の方法は、小型動物の開口状態を保持しうる開口保持手段を用いて開口させ、小型動物の口からサンプル投与手段を挿入し、咽頭部を越えて気管内に直接サンプルを投与する方法により行うのが好ましい。 (もっと読む)


1 - 20 / 28