Fターム[4C076DD08]の内容

医薬品製剤 (238,651) | 不活性成分 (46,520) | 界面活性剤 (3,877) | 非イオン性 (2,023) | OH基を有するもの(多価アルコールエステル) (511)

Fターム[4C076DD08]に分類される特許

1 - 20 / 511


【解決手段】(A)25℃における粘度が10〜100,000mm2/sである疎水性オルガノポリシロキサン、
(B)微粉末シリカ、
(C)界面活性剤、及び
(D)25℃で固体状の水可溶包括剤
を含有する粉末消泡剤であって、
前記成分(A)と成分(B)とを混合してなるシリコーンオイルコンパウンドと前記成分(D)を前記成分(C)の存在下に水に分散させた分散液を噴霧乾燥することによって得られ、前記シリコーンオイルコンパウンドを前記成分(D)を外殻として包括してなることを特徴とする粉末消泡剤。
【効果】本発明の粉末消泡剤によれば、スプレードライヤー法で製造されることにより水を含まない状態となっているため、エマルション型の消泡剤のような分離や腐敗といった問題がなく、保存安定性に著しく優れている。 (もっと読む)


【課題】前記の生薬と二酸化炭素を含有し、味が改善されるとともに、外観が良好で服用感にも優れた内用液を提供する。
【解決手段】(A)ショウキョウ、肝臓水解物、ゴミシ、シゴカ及びイカリソウから選ばれる1種又は2種以上、並びに(B)ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール及び/又はポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステルを含有し、(C)二酸化炭素を封入してなる炭酸含有内用液。 (もっと読む)


【課題】化粧品(医薬部外品を含む)、医薬品及び食品には、防腐防黴剤として、パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)、安息香酸類、サリチル酸類等が用いられることがある。近年、消費者の安全志向の高まりと相まって、上記したような防腐防黴剤を配合していない、もしくはその配合量を低減させた化粧品、医薬品の需要が高まっている。本発明は、そのままでも抗菌及び洗浄の用途に使えるほか、化粧品、医薬品及び食品などに配合して使用することができる抗菌性が増強され、かつ透明性に優れた抗菌組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】モノエステル含量が80%以上のグリセリン中鎖脂肪酸エステルと、HLBが15以上の親水性ノニオン系界面活性剤を含有し、平均粒子径が150nm以下のO/Wエマルジョンとすることで課題を解決する。 (もっと読む)


【課題】1日1回投与用のオキサカルバゼピン及びその誘導体の制御放出製剤の提供。
【解決手段】溶解度増強剤及び/又は放出増強剤を含む組成物であり、個人に合わせた(tailored)薬物放出プロファイル、好ましくはシグモイド放出プロファイルを提供する。該組成物を含む治療方法もまた開示される。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、製造時の成形性に優れ、良好な崩壊性を備える加味四物湯エキス末含有造粒物を提供することである。
【解決手段】加味四物湯エキス末とステアリン酸塩を併用して製剤化した加味四物湯エキス末含有造粒物は、製造時の成形性に優れ、良好な崩壊性を備えることができる。 (もっと読む)


【課題】患者に対して投与したときに改善された生体利用度を与えるCETP阻害化合物クラスの固体製剤の提供。
【解決手段】(a)式Iとして示す構造を有するCETP阻害化合物またはその医薬的に許容され得る塩、(b)濃度増大ポリマー、及び(c)場合により1つ以上の界面活性剤を含む。前記組成物はHDLコレステロールを上昇させ、LDLコレステロールを低下させる。
(もっと読む)


【課題】プラスチック材からなる容器は発熱性物質除去および滅菌に広く汎用される高温の加熱処理が困難なため、容易に加熱処理が出来るガラス材の容器にビスホスホネート成分を保存する注射溶液の提供。
【解決手段】少なくとも1つのビスホスホネート成分および非イオン性界面活性剤であるポリソルベート80を含有し、ガラス容器に保存するビスホスホネート溶液注射剤。 (もっと読む)


【課題】ポリエトキシ化されたヒマシ油を含有する処方物の使用(例えば、眼科用医薬における使用)に対して、特に、現在入手できる処方医薬に過敏な人のために重要な代替策を提供すること。
【解決手段】(a)0.001〜0.005w/v%の濃度のトラボプロスト;(b)0.3〜0.7w/v%の濃度のポリエトキシ化されたソルビトールのモノオレエートエステル;および(c)薬学的に受容可能なキャリアを含有する薬学的組成物。 (もっと読む)


【課題】生理活性物質などの油性成分の体内吸収性と経時安定性に優れたソフトカプセル製剤を提供する。
【解決手段】多価アルコール、リジン及びリジン塩酸塩の少なくとも一方、ポリグリセリン脂肪酸エステル、並びに油性成分を含有する自己乳化型組成物と、ゼラチン、多価アルコール、及び水を含有するカプセル皮膜と、を有するソフトカプセル製剤。 (もっと読む)


【課題】フェノフィブラートの溶出性を改善して、生物学的利用能を高いレベルで維持する。
【解決手段】(A)フェノフィブラートと(B)非イオン性脂肪酸エステル系界面活性剤とでフェノフィブラート含有組成物を構成する。前記非イオン性脂肪酸エステル系界面活性剤(B)のHLBは1〜20程度であってもよい。フェノフィブラート含有組成物は、フェノフィブラート(A)と非イオン性脂肪酸エステル系界面活性剤(B)とを共粉砕した粉粒状物を含有してもよい。フェノフィブラート(A)100重量部に対する非イオン性脂肪酸エステル系界面活性剤(B)の割合は、1〜10重量部程度であってもよい。フェノフィブラート含有組成物は、さらに、結合剤、賦形剤及び崩壊剤から選択された少なくとも一種を含有してもよい。 (もっと読む)


【課題】薬物の効力の増加、化合物の薬物動態の改変、および癌の処置および診断のための薬学的組成物の提供。
【解決手段】アプロチニン、生物学的に活性なアプロチニン断片、Angiopep-1、Angiopep-2、およびこれらの生物学的に活性な類似体、誘導体、または断片からなる群より選択される担体と、標識または薬物とを含む複合体の使用。 (もっと読む)


【課題】新規な可溶性の中性活性ヒアルロニダーゼ糖タンパク質(sHASEGP)の発見、製造方法、および他の分子の投与を容易にするためのまたはグリコサミノグリカン関連病状を緩和するためのその使用及びその含有組成物の提供。
【解決手段】可溶性の中性活性sHASEGPドメインのうちの最小活性ポリペプチドドメインは、機能的な中性活性ヒアルロニダーゼドメインに必要とされるアスパラギン結合糖部分を含む。sHASEGPの分泌を促進させる修飾アミノ末端リーダーペプチドが含まれる。食肉処理場に由来する天然に存在する酵素に対し安定性および血清薬物動態を増強させるためのシアル化型およびペグ化型の組換えsHASEGPをさらに含む。実質的に精製された真核細胞由来組換えsHASEGP糖タンパク質の適当な製剤であって、その至適活性に必要とされる適切なグリコシル化をもたらす製剤。 (もっと読む)


【課題】化合物aの良好な溶出性を維持しながら、高速攪拌造粒法により製造可能な化合物a含有経口投与用固形製剤を提供する。
【解決手段】(A)2−[4−[2−(ベンズイミダゾール−2−イルチオ)エチル]ピペラジン−1−イル]−N−[2,4−ビス(メチルチオ)−6−メチル−3−ピリジル]アセトアミド又はその酸付加塩、(B)クエン酸、(C)ワックス成分、及び(D)界面活性剤を含有する経口投与用固形製剤。 (もっと読む)


【課題】ゲムシタビンの放出率が持続的に極大化するようにして坑癌効果を高める薬物放出ステントコーティング剤の製造方法及びこれによって製造された薬物放出ステントコーティング剤の提供。
【解決手段】ポリウレタンをテトラヒドロフランに溶解させる段階1;プルロニックF−127をテトラヒドロフランに溶解させる段階2;ゲムシタビン化合物をエタノールに溶解させる段階3;前記段階1〜段階3で得られた溶液を混合して混合溶液を製造する段階4;前記段階4で得られた混合溶液をテフロンフィルムがコートされたステントに塗布させる段階5;前記段階5のステントを一定時間乾燥した後、ポリウレタンが溶解されたテトラヒドロフラン溶液に浸漬させる段階6;前記段階6で浸漬されたステントを引き上げた後に乾燥させる段階7を含む。 (もっと読む)


【課題】本明細書中における式I〜XXVIの少なくとも1つの化合物および少なくとも1つの界面活性剤を含有する医薬処方物を提供すること。
【解決手段】医薬上許容される担体および賦形剤を該処方に含めることもできる。本発明の処方物は単一単位用量で用いるのに適している。そのような処方物はHCVプロテアーゼおよび/またはカプテシン活性を阻害するのに有用であり得、かつ式I〜XXVIの化合物の吸収を容易とするという良好な溶解特徴を有する。 (もっと読む)


【課題】医薬上許容されるポリマー混合物を用いた射出成形単成分あるいは多成分投与形態の調製を提供する。
【解決手段】複数の薬剤物質含有サブユニットを含む単一または多成分医薬投与形態の射出形成に好適な医薬状許容されるポリマー組成物に関し、薬剤物質含有サブユニットは、カプセル区画および/または中実サブユブットであり、これは薬剤物質を含むポリマーの中実マトリックスを含み、サブユニットは組立投与形態の部材の間の溶接により組み立て投与形態において互いに結合している。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、(A)第四級アンモニウム塩系防腐剤を含有していながら、優れ
た安定性を有しており、使用感が良好で粘膜に適用可能な組成物を提供することである。更に、本発明の目的は、(A)第四級アンモニウム塩系防腐剤を0.02重量%以下の低濃
度で含有していながら、優れた安定性を有しており、使用感が良好で、粘膜の洗浄に好適に使用される粘膜適用組成物を提供することである。
【解決手段】(A)第四級アンモニウム塩系防腐剤、(B)エデト酸及び/又はその塩、並びに(C)ポリソルベートを含有する粘膜適用組成物において、(A)第四級アンモニウム塩系防腐剤1重量部に対して、(C)ポリソルベートが0.5〜110重量部であり、且つ(C)ポリソルベート1重量部に対して、(B)エデト酸及び/又はその塩が0.001〜1.5重量部
となる比率を充足するように設定する。 (もっと読む)


【課題】ボツリヌス神経毒を含む医薬組成物の提供。
【解決手段】本発明は、ボツリヌス神経毒複合体(A、B、C、D、E、FまたはG型)または高純度ボツリヌス神経毒(A、B、C、D、E、FまたはG型)及び界面活性剤を含む、固体または液体医薬組成物に関する。特に、本発明は、結晶性作用物質を含む、固体または液体医薬組成物に関する。 (もっと読む)


【課題】局所的または全身的な物質の経皮送達、いくつかの実施形態においては、不利な(hostile)生物物理学的環境による有益な物質の経皮送達、ある場合には、相互関係する製品、特定の課題に対する代替的解決法、ならびに/または1つ以上のシステムおよび/もしくは方法の複数の種々の使用を提供すること。
【解決手段】被験体の皮膚の一部に対して、不利な(hostile)生物物理学的環境中にある薬剤を含む送達ビヒクルを適用する工程;を包含する、方法。 (もっと読む)


【課題】化学療法によって誘発される手足症候群の治療または予防のための医薬組成物の提供。
【解決手段】皮膚への局所投与用医薬組成物であって、全組成物の1〜10重量%のアロプリノールまたはその薬学的に許容される塩を含み、ただし、メチルスルホニルメタンおよびセトマクロゴールとの組み合わせを含まない、医薬組成物。さらにピリドキシンを含むことができ、好ましくはクリーム、特に親水性クリームの形態で局所投与される。 (もっと読む)


1 - 20 / 511