説明

Fターム[4C076DD61]の内容

医薬品製剤 (238,651) | 不活性成分 (46,520) | 有機化合物 (33,060) | 複素環式化合物 (2,589) | 異項原子として硫黄含有 (389)

Fターム[4C076DD61]に分類される特許

161 - 180 / 389


【課題】抗ヒスタミン剤や睡眠導入剤などとしての薬理活性を有し、かつ苦味が緩和された新規なジフェンヒドラミン誘導体、その製造方法及び該ジフェンヒドラミン誘導体を有効成分とする経口製剤を提供する。
【解決手段】式(I)


で表される構造を有するジフェンヒドラミン−アセスルファム付加物、水系媒体中において、ジフェンヒドラミンカチオンを有する水溶性塩とアセスルファムアニオンを有する水溶性塩とを接触させることにより、前記付加物を製造する方法、及び該付加物を含有する経口製剤である。 (もっと読む)


【課題】苦味成分のマスキング効果に優れたフィルム状製剤およびその製造方法を提
供すること。
【解決手段】メキタジンまたは塩酸ロペラミドを含む薬物含有層の両面に、直接又は中間層を介して積層された、アセスルファムカリウムまたはスクラロースを含む水膨潤性ゲル形成層を有することを特徴とするフィルム状製剤およびその製造方法である。 (もっと読む)


β−L−チミジン/2’−デオキシ−L−チミジン(テルビブジン)、薬学的に好適な溶媒系、1種以上の矯味/味マスキング剤、保存系およびバッファー系を含む、薬剤安定性と保存性の両方を可能とするために好適な、経口投与に好適な医薬溶液。 (もっと読む)



本発明は、フィブリノーゲンと反応するとフィブリンを形成できるタンパク質分解酵素組成物、酵素的に許容される濃度の可視化剤を含むフィブリン糊キットおよびフィブリン糊製剤と、癒着を防止および/もしくは軽減する方法、ならびに/または、血液凝固を促進し、身体表面をシールするか、もしくは塞ぐ方法における、それらの使用法と、に関する。 (もっと読む)



【課題】本発明は、非晶質化(部分的な非晶質化も含む)したトリアゾール系抗真菌剤であるイトラコナゾールまたはサペルコナゾールをシクロデキストリンまたはその誘導体を使用して可溶化させることで、pHが低pHに限定されることなく、安定な医薬組成物を提供することを課題とする。
【解決手段】シクロデキストリンまたはその誘導体によりイトラコナゾールまたはサペルコナゾールを可溶化するにあたり、該抗真菌剤をその融点以上に加熱し、溶融させて得た非晶質(部分的な非晶質化も含む)化合物を使用することで、溶媒臭や苦みの元となっているアルコール系共溶媒を添加せず、かつ、強酸により低pHとしなくても可溶化させることができる。 (もっと読む)


本発明は、脱色素沈着組成物およびその使用に関する。特に、本発明による組成物は、色素沈着の皮膚疾患的または化粧的処置に、先行技術組成物の欠点を伴うことなく、改善された効果を示す。本発明は、生理学的に許容される媒体中に、ルシノール(rucinol)またはその塩から選択される少なくとも1種の化合物、および少なくとも1種のレチノイドを含む皮膚疾患用または化粧用の組成物に関する。本発明は、皮膚の色素沈着過剰症を皮膚疾患として予防および/または処置するための本組成物の使用、さらには皮膚または外皮の光誘発性または加齢性の老化に本組成物を化粧品として使用することにも関する。 (もっと読む)


天然由来のセルラーゼの活性を阻害する、キレート剤の存在に起因する、不安定性の低下を示す、セルロース性ポリマー及び天然ハチミツを含む組成物を記載する。天然ハチミツをキレート剤と混合する工程と、所望によりその混合物を加熱する工程とを含む、天然ハチミツを処理して、セルラーゼ活性を阻害する方法を提供する。天然ハチミツと、キレート剤と、所望によりキャリアから成るフレーバ組成物を更に記載する。 (もっと読む)


希釈した形態の濃縮エスモロール製剤と識別可能な濃縮エスモロール製剤が提供される。一実施形態では、この濃縮エスモロール製剤によって、濃縮物をラベルの付いた最初の容器の外に移した後でも、濃縮物であることの識別が可能になる。濃縮エスモロール製剤は、約25〜約1000mg/mlのエスモロール塩酸塩と、緩衝剤と、着色添加剤とを含有するものでよい。インドシアニングリーン、フェノフェイレン、ヘモグロビン、シアノコバラミン、パテントブルー、インジゴカルミンビタミンB2、天然に存在するビタミンおよびミネラルなど、含めることのできる着色添加剤はいくつもある。製剤中に含める量は、選択される着色添加剤に応じて決まるところが大きい。着色添加剤は、濃縮エスモロール製剤が濃縮物の少なくとも約1:4の希釈物と容易に識別されるだけの十分な量で含めるべきである。 (もっと読む)


押出プロセスは、加熱時に流動可能である材料を押し出すステップと、そのように形成された押出物をノズル10に通過させて該押出物を実質的に均一な形状の複数のエレメント、例えば、ミニ球体又はミニカプセル、にするステップとを、含む。
(もっと読む)



本発明は、VX−950、ならびに4−ヒドロキシ安息香酸、4−アミノサリチル酸、フェニルアラニン、スレオニン、酒石酸、アジピン酸、スクシニックアセテート(succinic acetate)、プロリン、メチル4−ヒドロキシベンゾエート、アントラニル酸、およびd−ビオチンからなる群から選択される共結晶形成体をそれぞれ含む、組成物および共結晶体に関する。また、該組成物および共結晶体の製造方法および使用も、本発明の範囲内である。 (もっと読む)


本発明は、組成物における味覚変容物質としての少なくとも1つのタイプの水分散性カロテノイドナノ粒子の使用;少なくとも1つのタイプの水分散性カロテノイドナノ粒子を組成物に添加することを含んでなる組成物の味覚変容方法;ならびに(A)少なくとも1つのタイプの水分散性カロテノイドナノ粒子と、(B)少なくとも1個のアゾ基を有する少なくとも1種のアゾ化合物とを含む、組成物のための味覚変容物質に関するものである。 (もっと読む)


【課題】投与方法の選択肢を広げ、患者の服薬コンプライアンスの向上を図るため、痴呆症(認知症)の治療薬として既に利用されているドネペジルの新たな医薬組成物を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明は、ドネペジルまたはその薬理学的に許容され得る塩と、天然高分子物質と、を含む医薬組成物であって、エデト酸塩、亜硫酸塩、ジブチルヒドロキシトルエンまたはブチルヒドロキシアニソールのいずれか1種以上を含む医薬組成物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、酵素の選択性を増加させるための方法に関し、該方法は、エチレングリコール、プロピレングリコール又はグリセロールの一つから選択される促進化合物の存在下で反応を実施させることを含んでなる。 (もっと読む)


本発明は少なくとも1種の高甘味度甘味料(HIS)を含む組成物の味を調整する方法に関するものであって、前記方法は味調整剤として少なくとも2種のアゾ化合物を0.1〜30ppm又は0.1〜30mg/Lの総濃度で、少なくとも1種のHISを含む組成物に添加することを特徴とする。 (もっと読む)


【課題】アミノ酸、糖、銅およびヨウ素イオンを含む総合輸液製剤であって、保存中に銅とヨウ素イオンが沈殿を生成しない総合輸液製剤を提供すること。
【解決手段】空気透過性である輸液容器が、実質的に酸素の非存在下に、ガスバリヤー性の外袋に封入されており、輸液容器が連通可能な隔壁手段で区画された複室からなり、輸液容器の第1室にアミノ酸含有溶液が、第2室に糖含有溶液がそれぞれ収容され、かつアミノ酸含有溶液および糖含有溶液のいずれか一方が銅を含有しており、他方がヨウ素イオンを含有していることを特徴とする銅とヨウ素イオンを含有する栄養輸液製剤。 (もっと読む)


本発明は、等温において、外部から加えられる物理的な力などによって粘度が変化してゲル/ゾル/ゲル状態に連続的に転移できる揺変性を有する薬学組成物に関する。本発明の揺変性薬学組成物は、薬理学的活性を有する活性物質と所定の揺変性を有する生適合性増粘剤と選択的に親水性増粘剤とを含み、組成物の粘度が比較的に迅速に且つ適正範囲内で変化し、投与する薬物の計量が容易であり、それにより、患者に正確な量の薬物投与が可能で、患者の服薬順応度が高いだけでなく、製造が容易である。
(もっと読む)


【課題】角質や皮膚への浸透性に優れたアダパレン含有外用剤組成物を提供する。
【解決手段】(a)アダパレン、並びに(b)リボフラビン、ニコチン酸アミド、パンテノール、アスコルビン酸又はその塩、及びビオチンの少なくとも1種、を含有することを特徴とする外用剤組成物。 (もっと読む)


161 - 180 / 389