Fターム[4C076GG01]の内容

医薬品製剤 (238,651) | 製法 (8,769) | 固形製剤の製法 (6,384)

Fターム[4C076GG01]の下位に属するFターム

粉末化法 (1,795)
成形法 (2,250)
被覆法 (1,607)
後処理 (58)

Fターム[4C076GG01]に分類される特許

201 - 220 / 674


【課題】 皮膚への接着性、保型性などの基剤の基本物性と効率的な薬剤の放出性を兼ね備えた親水性基剤からなる貼付剤を提供する。
【解決手段】 (a)構成単量体の1〜30モル%が、2−アクリルアミド−2−メチルプロパンスルホン酸及び/又はその塩、スチレンスルホン酸及び/又はその塩、N−ビニルピロリドンから選択される1種又は2種以上の単量体であり、70〜99モル%がアクリル酸及び/又はその塩、並びに共重合可能なその他の単量体が0〜10モル%からなる単量体混合物を重合して得られる1種又は2種以上の水溶性共重合体であり、酸の20〜60モル%が中和され、微粉末で未反応単量体の含有量が0.5質量%以下である水溶性共重合体、(b)多価アルコール、(c)多価金属化合物、(d)界面活性剤及び(e)水を含有する貼付剤用基剤と、経皮吸収性の薬剤又は化粧料成分とを含む水性ゲル膏体を支持体上に施してなる貼付剤。 (もっと読む)


【課題】 非動物性原料を主原料としたカプセル皮膜組成物において、皮膜シート表面のべとつきを抑制し、ロータリーダイ式充填機等の工場生産における連続製造に耐え得る皮膜シート強度を与え、接着性の高い良好な軟カプセル剤の生産を可能とする軟カプセル皮膜組成物を提供すること。
【解決手段】 軟カプセル皮膜組成物であって、加工デンプンとネイティブ型ジェランガムと脱アシル型ジェランガムと可塑剤と水との混合からなり、ネイティブ型ジェランガムと脱アシル型ジェランガムの混合使用、ならびにその加工デンプンにデキストリンを配合するもの。 (もっと読む)


本発明は開口のあるシート層および、前述の開口のあるシート層の片面に設けられている、前述のシート層の開口の少なくとも一部と対応する開口のある接着剤塗装層、から成る通気性接着シート素材に関し、前述の接着剤塗装層における前述の開口は、保護シート層の除去の際に、保護シート層に接着されて残存することによりそれから離される、実質的に連続した接着剤塗装層の部分を構成する。本発明はまた、接着シート素材から保護シートを分離する際に、連続した接着層からの一部分を分離するために設けられた、除去可能な保護シート層を伴う接着シート素材から成る、複合シート素材に関する。本発明は更に、開口のあるシート層および保護シート素材の層に未硬化接着剤の層を適用し、そして開口のあるシート層、保護シート素材の層および未硬化接着剤の層を硬化作業に供し、その結果、接着剤の層を、開口のあるシート層の開口の外側に優先的に接着させ、そして保護シート層に前述の開口において接着させる工程、から成る、接着シート素材を製造する方法に関する。 (もっと読む)


【課題】頬、舌下及び歯肉の粘膜を介しての薬剤の吸収を高める発泡剤を含有する、薬剤経口投与用の薬剤組成物を提供すること。
【解決手段】口内粘膜を介してフェンタニルの増進した頬、舌下または歯肉投与に適したタブレットであって、(a)頬、舌下および歯肉投与を含む、口内粘膜を介する経口投与において有効量のフェンタニルまたはその医薬的に許容される塩;(b)当該フェンタニルの治療的に有効な濃度が非イオン化形態で存在することを可能にする量の少なくとも1種のpH調整物質;および(c)タブレット崩壊に必要な量以上であって、口内粘膜を介して当該フェンタニルの吸収を増進するに十分な量で存在する、少なくとも1種の唾液活性化発泡剤(effervescent couple)(ただし、当該少なくとも1種の発泡剤の量はタブレットの5〜80重量%である)を含む、タブレットにより解決される。 (もっと読む)


アモルファスのHMG−CoAレダクターゼ阻害剤、特にアモルファスのアトルバスタチンが記載されている。また、コレステロール吸収阻害剤またはフィブラートと組み合わせたアモルファスのHMG−CoAレダクターゼ阻害剤を含む医薬組成物が記載されている。さらに、熱溶融押出処理を用いた医薬組成物の製造方法が記載されている。 (もっと読む)


本発明は、レルカニジピンまたはその塩など、治療上有効な量のジヒドロピリジンカルシウムチャネル拮抗薬を、バイオアベイラビリティを高め溶解度を改善するAerosil(商標)などのコロイド状二酸化ケイ素と併せて含む固体剤形の製剤、および湿式造粒によるその調製方法に関する。
(もっと読む)


【課題】小胞体シャペロンポリペプチドおよび抗原性ペプチドを含むキメラ分子を用いて、抗原特異的細胞傷害性Tリンパ球(CTL)応答などの免疫応答を誘導および増強するための組成物および方法を提供する。
【解決手段】キメラ分子をコードする裸のDNAもしくは発現ベクターなどの核酸を投与することによってin vivoで作製されるポリペプチドにより誘導される免疫応答を増強する。個体において腫瘍の増殖を阻害する。in vivoで作製されたキメラポリペプチドにより誘導される免疫応答を増強するための新規の自己複製RNAウイルス構築物を提供する。 (もっと読む)


本発明は、生物学的利用能を向上させ溶解度を改善するためにアエロジルTMのようなコロイド状二酸化ケイ素と併用して、治療的有効量のレルカニジピン又はその塩のようなジヒドロピリジンカルシウムチャンネルアンタゴニストを含有する固形投薬形態の製剤、及び湿式造粒法によるその調製方法に関する。 (もっと読む)


【課題】黒鉛化筒状炭素化合物によって調合される医薬品、食品、栄養物、健康製品または化粧品組成物および該黒鉛化筒状炭素化合物の製造方法を提供する。
【解決手段】該黒鉛化筒状炭素化合物が、触媒で炭素源を触媒することによって製造される。また、本発明の組成物は50重量パーセントを超えない黒鉛化筒状炭素化合物を含み、該黒鉛化筒状炭素化合物は官能基を介してDNA分子、アミノ酸分子、ポリサッカリド分子、糖およびAgイオン、Auイオン、Ptイオン、Rhイオン、Feイオンなどを保持している。これらの有効成分保持黒鉛化筒状炭素化合物類は、薬品、栄養物、健康製品または化粧品組成物の原料とすることができる。さらに本発明の組成物は、多量の栄養物または汚れを効果的に吸着/解放することができる。 (もっと読む)


【課題】抗ヒスタミン剤や睡眠導入剤などとしての薬理活性を有し、かつ苦味が緩和された新規なジフェンヒドラミン誘導体、その製造方法及び該ジフェンヒドラミン誘導体を有効成分とする経口製剤を提供する。
【解決手段】式(I)


で表される構造を有するジフェンヒドラミン−アセスルファム付加物、水系媒体中において、ジフェンヒドラミンカチオンを有する水溶性塩とアセスルファムアニオンを有する水溶性塩とを接触させることにより、前記付加物を製造する方法、及び該付加物を含有する経口製剤である。 (もっと読む)


【課題】強化された特性を持つカプセルを生産する。
【解決手段】パウダー、たとえば薬剤のパウダーは、好ましくは機械的なパウダーの圧縮によって、また、材料(好ましくはヒドロキシプロピルメチルセルロース)によるフィルムの形成によって、上記圧縮されたパウダーの表面についての真空又は圧縮作動装置によって圧縮されコーティングされた圧縮パウダースラグを生産する。 (もっと読む)


【課題】イブプロフェン、特にイブプロフェン(2−(4−イソブチルフェニル)プロパン酸)及びトラネキサム酸(4−アミノメチルー1−シクロヘキサンカルボン酸)を含有する固形製剤において、イブプロフェンの昇華が抑制される固形製剤を提供すること。
【解決手段】イブプロフェンおよびトラネキサム酸を内層中に含有し、ポリビニルアルコール及びケイ酸を外層中に含有する固形製剤。密閉系保存容器に封入され、密閉保存されている固形製剤。 (もっと読む)


本発明は、以下のA)及びB)を含む凝集体の形態である医薬製剤に関する:
A) 合計すると100重量%となる以下の成分a)〜e)からなる添加剤;
a) 60〜97重量%の糖又は糖アルコール、
b) 1〜25重量%の崩壊剤、
c) 1〜15重量%の水不溶性皮膜形成性ポリマー、
d) 0〜15重量%の水溶性ポリマー、及び
e) 0〜15重量%の製薬上慣用される別の添加剤、並びに
B) 少なくとも1種の活性成分。 (もっと読む)


【課題】 球状の金微粒子よりも優れた増感効果を有しつつ金からなるロッド状ナノ粒子と比べて生体内に蓄積し難い造影剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】 金、銀、銅、白金のいずれかを含むロッド状ナノ粒子と、該ロッド状ナノ粒子の周囲に存在する700〜1200nmの波長領域内に吸光係数が0.1cm−1以下の波長が存在する材料と、からなり、粒子形状を有する造影剤。 (もっと読む)


【課題】5−メチル−1−フェニル−2−(1H)−ピリドン含有貼付剤を提供する。
【解決手段】経皮吸収製剤層を含有する貼付剤であって、
該経皮吸収製剤層は、有効成分として5−メチル−1−フェニル−2−(1H)−ピリドン又はその医学的に許容できる塩類、溶解剤及び水性基剤(又はゴム系基剤)を含有し、かつ該有効成分を、経皮吸収製剤層の総量に基づき、0.1〜30質量%含有することを特徴とする貼付剤。 (もっと読む)


【課題】実質的にアモルファスであるテルミサルタンの製造方法を提供すること。
【解決手段】a)テルミサルタンと少なくとも一種の塩基性物質とを含有する水溶液を調製する工程と、
b)前記水溶液を噴霧乾燥して噴霧乾燥顆粒を得る工程と
を含むことを特徴とする、実質的にアモルファスであるテルミサルタンの製造方法。 (もっと読む)


【課題】粒子径を制御することにより、所望の効果が発揮できるタンパク質からなるナノ粒子を含む皮膚外用剤を提供すること。
【解決手段】平均粒子サイズが200〜500nmである、活性成分を内包したタンパク質ナノ粒子を含む、皮膚外用剤。 (もっと読む)


【課題】経口医薬組成物におけるテルビナフィン処方で特別に困難なことの一つは、その不快な、例えば苦い味覚、および/または遊離塩基形態における低い物理的一体性である。さらに、幾人かの患者は味覚異常または味覚喪失を蒙りかねない。そこで、経口投与用の固体投与形態のテルビナフィンの医薬組成物、および特に真菌感染、とりわけ爪甲真菌症の断続的処置におけるそれらの使用を提供することが本発明の課題である。
【解決手段】被覆された、そして/または多粒状である、経口投与用のテルビナフィン固体投与形態を提供することにより解決する。 (もっと読む)


【課題】従来知られているSNRI製剤よりも吸収性が高く、効果の発現が早く、さらには経口投与が困難な患者に投与しやすいSNRI含有製剤の提供を課題とする。
【解決手段】本発明は、選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤及び粘稠化剤を含有する経粘膜投与用製剤を提供するものである。 (もっと読む)


【課題】光に対して不安定な薬物の光による変色及び分解を防止し、光に対する安定性を向上した経口固形製剤を提供することを目的とする。
【解決手段】主剤と、着色剤で着色された粉体又は造粒物状の添加剤とからなる経口固形製剤及び添加剤を着色剤で着色し、得られた添加剤を主剤と混合し、打錠する工程を含む経口固形製剤の製造方法。 (もっと読む)


201 - 220 / 674