説明

Fターム[4C076GG06]の内容

医薬品製剤 (238,651) | 製法 (8,769) | 固形製剤の製法 (6,384) | 粉末化法 (1,795) | 乾燥 (1,272) | 凍結乾燥法 (682)

Fターム[4C076GG06]の下位に属するFターム

Fターム[4C076GG06]に分類される特許

521 - 524 / 524


本発明は、塩基性pH値に調整及びシトラートの同時使用による5,10-メチレン-(6R)-, -(65)- 又は-(6R,S)-テトラヒドロホラートの安定な医薬調合物に関する。この安定化は還元剤の不在下で行われる。
本発明は、また凍結乾燥溶液及び凍結乾燥物又は乾燥粉末及び乾燥混合物を製造するのに特に適する。というのは安定なMTHF溶液を、高濃度で対応する容器, たとえば薬瓶, アンプル等々に充填することができるからである。凍結乾燥物は驚くほど長い貯蔵期間を有し、そして驚くほど安定である。これは水又は水溶液の添加によって問題なく再構成することができ, そして最後の澄明な注射溶液は再び優れた安定性を示す。
更に, 本発明は、MTHFの難溶性カルシウム塩又は酸性塩を高濃度で 、そして生理学的に適合しうる等張溶液として製造することさえも可能にする。 (もっと読む)


グルカゴン様ペプチドを含有する薬学的組成物の有効期間を増大させる方法であって、中性pHより高いpHで乾燥させたペプチド産物から調製する方法。 (もっと読む)


本発明は、関心ある化合物の粒子を生成するための方法に関する。本発明に従う方法では、関心ある化合物と溶媒との溶液が準備される。この溶液は、増粘またはゲル化され、粒子が形成される。本発明は、さらに、本発明によって得られる粒子に関する。 (もっと読む)


長期保存に適したTFPIまたはTFPI改変体の凍結乾燥組成物は、炭水化物またはアミノ酸ガラス形成剤でpHが約4ないし約8のTFPIまたはTFPI改変体の水性製剤を凍結乾燥することによって、形成することができる。これらの凍結乾燥組成物は、40℃で保存した場合、3ヶ月以上安定である。本発明は、(1)TFPIまたはTFPI改変体と、(2)炭水化物またはアミノ酸ガラス形成剤とを含むTFPIまたはTFPI改変体の凍結乾燥組成物を提供し、この凍結乾燥組成物は、約45%以上の凝集安定性を有する。 (もっと読む)


521 - 524 / 524