説明

Fターム[4C080JJ03]の内容

空気の消毒、殺菌又は脱臭 (45,720) | 薬剤、材の形態 (2,714) | 成型体 (597)

Fターム[4C080JJ03]に分類される特許

101 - 120 / 597


【課題】触媒フィルタを効率的に加熱であって、かつ、消費電力を低く抑えることができる脱臭装置を提供する。
【解決手段】脱臭ユニット3の触媒フィルタ40とヒータ50の通風面を覆うように通気性を有する第1断熱部材60,60で挟み込んで、加熱再生する際の加熱効率を高めて触媒フィルタ40の脱臭効率を高める。 (もっと読む)


【課題】圧力損失が小さく、吸着効率の高いフィルター及びフィルター装置を提供する。
【解決手段】導電性を有する基材1と、基材1の少なくとも片面に植毛された導電性を付与した高分子繊維からなる導電繊維糸2とを有している。 (もっと読む)


【課題】触媒フィルタを効率的に均一に加熱できる脱臭装置を提供する。
【解決手段】ヒータユニット50のベースフレーム51(放熱板)のヒータ支持部511を触媒フィルタ40に向けて凸となるように形成し、触媒フィルタ40とベースフレーム51と間に空隙を設けて通気性を確保する。 (もっと読む)


【課題】自己粘着力を発揮することにより、ステッカーやシール、室内装飾片などとして貼り付け使用できる便利な芳香性ゴムシートを提供する。
【解決手段】硬度が50度以下のシリコーンゴムと、その100重量%に対する5〜20重量%のシリコーンオイルと、同じくシリコーンゴムの100重量%に対する4〜10重量%の加硫剤並びに0.5〜2.0重量%の香料との混合材料を金型に入れて、所要時間だけ加熱・加圧することにより、所定の大きさ・形状を有するゴムシート(10)として成形・加硫し、その成形・加硫直後のゴムシート(10)を香料の液中へ所要時間だけ直かに漬け込んで、自己粘着力と芳香性を発揮させた。 (もっと読む)


【課題】触媒フィルタを効率的に均一に加熱できる脱臭装置を提供する。
【解決手段】シースヒータ52(熱源素子)のベースフレーム51(熱伝導板)に当接する平坦面521を残すようにシースヒータ52の外周面に断熱シート54を設けて、シースヒータ52の熱を効率的にベースフレーム51に伝達する。 (もっと読む)


本明細書では、とりわけ、真空掃除機の空気濾過カートリッジ用途に使用され得る改善された臭気制御のための複数の層を含んだ改良されたフィルター媒体構築物が開示される。このフィルター媒体は、カビの生育を防止する抗微生物ePTFE HEPAフィルター媒体を含む。フィルター媒体はまた、空気清浄器濾過、住宅および工業用建物の中央空気濾過(HVAC)、クリーンルーム、ならびに超小型電子デバイスにも使用され得る。1つの実施形態において、改良されたフィルター媒体構築物は、少なくとも、PTFE層と、二成分層と、ベース層とを含む。1つの実施形態において、PTFE層は、ePTFEを含む。1つの実施形態において、二成分層は、不織布ポリエチレン/ポリエチレンテレフタレート(PE/PET)を含む。さらに別の実施形態において、ベース層は、活性炭を含む。他の局面および実施形態も、本明細書において提供される。
(もっと読む)


【課題】コンパクトであって例えば冷蔵庫や下駄箱内に配置してもスペースを大きく低減することがない上に、消臭性能にも優れた消臭装置を提供する。
【解決手段】この発明の消臭装置1は、構成壁の少なくとも一部に通気開口部11aが設けられた断面形状が扁平な第1消臭容器2と、第1消臭容器2の内部に配置された第1消臭体と、構成壁の少なくとも一部に通気開口部13aが設けられた断面形状が扁平な第2消臭容器3と、第2消臭容器3の内部に配置された第2消臭体とを備え、第1消臭容器2の一端部と第2消臭容器3の一端部とが回動可能に連結され、該回動により、第1消臭容器2と第2消臭容器3とが互いに向き合って重なる折り畳み状態及び第1消臭容器2と第2消臭容器3とが互いに略直交する開き状態のいずれの状態にも移行できるものとなされている。 (もっと読む)


【課題】構成がシンプルであるのに、環境の変動により一度火花放電などの異常放電が起きても、速やかに正常な放電を再開できる放電装置の制御装置を提供する。
【解決手段】1以上の電極3及び1以上の対電極4とで構成する放電部5と、放電部5に所定の電圧を印加する電源6とからなり、放電装置2に、印加電圧値並びに電流値の急激な変動を招く異常放電を検知する検知部7と、放電部5と電源6との間に並列に配置したn個の抵抗Rと、異常放電情報により抵抗を切り替える制御部8と、を付加させてなり、放電部5と電源6との間に抵抗R1を接続時に検知部7が異常放電を検知した際、放電部5と電源6とを一旦遮断し、その後放電部5と電源6との間に抵抗値の大なる抵抗R2に切り替え電圧を印加し、以後設置した(n−2)個の抵抗だけ順次抵抗値の大なる抵抗R3〜Rnに切り替えて、異常放電後にも正常放電を継続するようにする。 (もっと読む)


【課題】簡単な構成で、且つ、効率良く空気中の細菌、ウィルス、カビ等を除去することが可能な空気清浄装置を提供する。
【解決手段】対向する2つの側面にそれぞれ複数の孔部13a穿設されたフィルタ装置13内に、多数の抗菌ペレット26を挿入する。また、ポンプ16を作動させて、貯水槽15内に貯留されている循環水25を、フィルタ装置13の上部に設けられた給水口14に導入し、フィルタ装置13内に循環水25を流下させる。従って、給気口11より導入された外部の空気は、このフィルタ装置13内を通過することにより、細菌、ウィルス、カビ等が除去されて、排気口側へ送り出されることになる。この際、循環水25は抗菌ペレット26と接触するので、効果的に細菌、ウィルス、カビ等を死滅させることができる。 (もっと読む)


【課題】燻煙後の臭気の残留が少なく、かつ、微生物抑制効果及び消臭効果に優れる燻煙剤組成物、燻煙装置及び燻煙方法を提供する。
【解決手段】銀を含有する薬剤と、有機発泡剤とを含有することよりなる。前記薬剤は、体積平均粒子径0.01〜1000μmであることが好ましく、前記有機発泡剤は、アゾジカルボンアミドであることが好ましく、発泡助剤として酸化亜鉛、炭酸亜鉛、ステアリン酸亜鉛、ステアリン酸マグネシウム、酸化マグネシウム、炭酸カルシウム及びリン酸カルシウムからなる群から選択される1種以上を含有することがより好ましい。本発明の燻煙装置10は、前記燻煙剤組成物を充填した燻煙剤部32と、加熱部20と、該加熱部で生じた熱を前記燻煙剤部に伝える伝熱部とを設けることよりなる。本発明の燻煙方法は、前記燻煙剤組成物を間接的に加熱することよりなる。 (もっと読む)


【課題】鉱石の粉末の粒子が集合して岩盤状になるようなことを好適に防止でき、鉱石の粉末全体としての表面積が制限されることがなく、鉱石の粉末が本来有する機能や特性を十分に発揮しうるような鉱石入りジェルとその製造方法を提供することを課題とする。
【解決手段】鉱石入りジェルの特徴は、鉱石の粉末と、ジェルとを含有することである。また鉱石入りジェルの製造方法の特徴は、鉱石の粉末をジェルに混合して製造することである。 (もっと読む)


【課題】塩基性ガスに対する消臭性能に優れる消臭剤を安定して製造でき、またタール等の副生物の発生を抑制できるため副生物処理を簡素化できると共に、消臭剤を製造する際の省エネルギー性に優れる消臭剤の製造方法を提供すること。
【解決手段】温度が180〜230℃の飽和水蒸気を木質系材料に接触させて加熱処理材を得る蒸煮工程を備えているので、木質系材料に含まれるヘミセルロースやリグニン等が分解されてカルボキシル基等の酸性官能基が生成される。塩基性ガスは酸性官能基に化学吸着するため、塩基性ガスに対する消臭性能に優れる消臭剤を製造できる。また、飽和水蒸気の温度が低いため省エネルギー性に優れると共に、蟻酸、酢酸、ホルムアルデヒド等の有機化合物やタール等の副生物の発生を抑制できる。 (もっと読む)


【課題】極めて高い除菌効率で、園芸施設内の空気に含まれる病害菌を除菌し、園芸施設内において病害が蔓延することを防止できる、製造が安価で且つその取付けも極めて容易な空気用除菌フィルターユニットを提供する。
【解決手段】細菌捕集用フィルター5の両側を光触媒4フィルターで挟み込むサンドイッチ構造を有し、それぞれの光触媒4フィルターの前面には、光触媒4を励起させる光源3を備え、細菌捕集用フィルター5として、静電フィルター、光触媒4として酸化チタン、光源3とし紫外光、又は可視光を使用できる。 (もっと読む)


【課題】安定化二酸化塩素、亜塩素酸塩等の弱い消臭力を改善し、短時間で抜群の消臭力を有する消臭剤及びその製造方法を提供する。
【解決手段】安定化二酸化塩素、亜塩素酸塩の一種以上の溶液に、光触媒及び空気触媒の一種以上を混合・含有させて製造する。 (もっと読む)


【課題】各種ランプを使用しないで、使用による時々刻々変化する条件下であっても、火花放電を防ぎつつ安定したストリーマ放電等を維持出来る放電装置を提供する。
【解決手段】導電性を有する担持体2に光触媒3を担持させ、且つその抵抗値を高抵抗とした光触媒担持体4と、この光触媒担持体4に互いにほぼ等間隔に立設した複数の針状電極5と、これら複数の針状電極5の先端部5aから0.1〜30mm離れた位置に光触媒担持体4とほぼ平行に設置した接地電極6とからなり、光触媒担持体4と接地電極6との間に電源7により±3〜±30KVの電圧を印加し、上記複数の針状電極5と接地電極6との間にストリーマ放電等を発生させるが、光触媒担持体4自体が高抵抗値を有しているから、火花放電を起こすことなく安定してストリーマ放電等を継続する。 (もっと読む)


【課題】通風条件下においても除去率および除去容量に優れ、アルデヒドの再放出が抑制できるアルデヒド除去薬剤を得る。
【解決手段】アミン類、ヒドラジン、ヒドラジド化合物、ヒドラゾン化合物、アミノ酸化合物からなる群より選ばれた少なくとも1種の化合物と、少なくとも一種のアルデヒドと閉環反応を生じる化合物とを併用したアルデヒド除去薬剤。 (もっと読む)


【課題】極めて優れた吸湿・吸水特性を実現する。敷きマットに使用して、全ての消炭で有効に吸湿脱臭して、居住環境や医療用に使用して最適な環境を実現する。
【解決手段】吸湿脱臭敷きマットは、通気性のある表面シート35の内側に炭層30を設けている。炭層30は、湾曲する形状に成形してなるカール繊維32を立体的に方向性なく所定の厚さに集合して交点を結合して、弾性変形する繊維弾性空隙マット31と、この繊維弾性空隙マット31のカール繊維32の空隙に充填してなる粒状炭33とからなる。粒状炭33は、木材チップ2を燃やして作られる消炭3である。吸湿脱臭敷きマットは、繊維弾性空隙マット31の表面に表面シート35を接着して、繊維弾性空隙マット31の空隙を消炭3が透過しない状態に閉塞しており、繊維弾性空隙マット31を厚さ方向に弾性変形させて、表面シート35に空気を通過させて強制換気している。 (もっと読む)


本発明は、空気及びガスを浄化するためのフィルタ材料であって、パルプ繊維より成る繊維層(2)を有しており、該繊維層(2)は、前記パルプ繊維を部分的に加圧し圧縮することによって形成された圧縮領域(4)において互いに結合されている。
(もっと読む)


【課題】異常放電をなくすようにする。
【解決手段】送風機3が配置された送風経路5内に、高電圧が印加されるプラス電極9とそのプラス電極9と対向するマイナス電極11と前記プラス電極9とマイナス電極11の間に配置された光触媒13とを設ける。
前記プラス電極9には、多数の貫通した孔を有する電極板15を所定の寸法に裁断して形成された裁断端部領域Aに端面19aが丸みのある電極カバー19によって被覆し、裁断端部から異常放電が起きるのを阻止する。 (もっと読む)


【課題】高圧ケーブルと導電性ケースの挿通穴の近傍部分との間にコロナ放電が発生しない対策を講じた脱臭装置を提供する。
【解決手段】本発明は、高圧、高周波の電源回路から高圧ケーブルにて高圧放電手段に高圧電力を給電し、高圧放電させることにより脱臭作用を発揮させる脱臭装置において、電源回路11を収容する導電性ケース21と、導電性ケースに設けられた挿通孔22を通して電源回路11と高圧放電手段6,7とに接続された高圧ケーブル20と、挿通穴22の部分において高圧ケーブル20を空気層23を介して被覆する絶縁性のスペーサ101とを備えた脱臭装置である。 (もっと読む)


101 - 120 / 597