説明

Fターム[4C081CG00]の内容

医療用材料 (84,041) | 金属材料 (2,810)

Fターム[4C081CG00]の下位に属するFターム

Fターム[4C081CG00]に分類される特許

1 - 7 / 7


【課題】脈管内の事前に狭窄した部位を開いたままにし、かつ、そのような部位において組織残屑が脈管を閉鎖することを最小化するための脈管内デバイスを提供する。
【解決手段】このデバイス10は、複数の開口13を有する骨格12によって画定される実質的にチューブ状の拡張性本体11を含む。このデバイスは、更に、それぞれの開口に広がる構造デザインを有する可撓性ネットシステム14も含む。そのようなデザインは、ネットシステムが骨格におけるそれぞれの開口と共に拡張してその部位における組織残屑の放出が脈管腔を閉鎖することを最小化することを可能にする。このネットシステムは、脈管内の流体流と脈管壁とのコミュニケーションを可能にする複数の孔、および特定の疾患の治療または予防に関する少なくとも一種類の薬物療法薬を含み得る。このデバイスの注目の部位への配置方法も更に提供する。 (もっと読む)






改良された管腔内デバイス。本デバイスは、少なくとも、周囲のシースに接続された(ガイドワイヤなどの)制御要素と、制御要素とシースの間に形成された、バイアス力の変更を制御するための弾性バイアスセクションとを含む。デバイスの近位端に外力を加えることにより、形状を、変形形状と変形されない形状の間で種々の程度に変更することができる。このように、体管腔中への挿入および管腔への固定化を共に促進することができる。組立体の遠位端は、操向可能性、固定性、またはその両方を改良するために形状を変更することができる。特定の形態では、固定化セクションは、浮遊するパラシュート状のデバイスとして働き、流れにより組立体を体管腔中に進めることができるが、さらに特定の形態では、浮遊パラシュート状デバイスを、塞栓を閉じこめるためのフィルタとして働くように変更することもできる。
(もっと読む)


非浸出接着剤系及び光ディスク用の原型の浸漬書き込み用の液浸対物系におけるその使用を開示する。その接着剤系は、アクリラート及びメタクリラート単量体、アリル系の単量体、ノルボルネン単量体、化学的に異なる重合性基を含有する、それらのハイブリッド単量体、並びに、前記の非チオール単量体の少なくとも一つとの組み合わせで使用されるとの条件で、多官能性のチオール単量体の群の間より選択された、少なくとも一つの単量体、並びに、重合開始剤を含む。チオールではない、前記の単量体の少なくとも一つには、架橋された重合体のネットワークを得るために、少なくとも二つの官能性の重合性基が提供される。その重合開始剤は、好ましくは、熱的に及びUV放射の両方で活性化することができる開始剤である。その接着剤系は、反応性希釈剤をさらに含有してもよい。さらに、液浸対物系を取り付ける際における本接着剤系の使用を開示する。 (もっと読む)


1 - 7 / 7