説明

Fターム[4C082AE05]の内容

放射線治療装置 (15,937) | 照射形態 (953) | 人体内からの放射 (116)

Fターム[4C082AE05]に分類される特許

1 - 20 / 116


【課題】組織内に近接照射を行う拡開可能な装置を提供する。
【解決手段】組織間内へ導入する大きさの近位端32と遠位端34を有し、放射線源を受ける経路を有する複数の細長部材を担持する細長ボディを具える、ターゲット組織領域へ近接照射を送達する装置10。細長部材は、折りたたんだ構造と拡開した構造の間で移動可能である。使用中は、組織を通る管が形成され、細長部材を担持している細長ボディをその管を通してターゲット位置へ、細長部材を折りたたんだ構造で進める。細長部材はターゲット位置において拡開構造に向けられ、例えば、一またはそれ以上の放射線源を経路に沿って導入するなどして、放射線を送達してターゲット位置において組織を治療する。この装置は、細長部材の過剰拡開を防ぐ、及び/又は、細長部材の迅速な折りたたみを容易にする特徴を具えている。 (もっと読む)


【課題】小線源治療(ブラキセラピー)用のストランドのための要素を供給するためのカートリッジ、アセンブリ、及び方法を提供する。
【解決手段】カートリッジは、類似の複数の要素を収容するように構成されたハウジング101と、前記ハウジングの内側のトラック112と、を有することができる。前記トラックは第1の方向に延在し、プランジャは、前記トラックに沿って第1の方向にスライド可能であるとともに、前記要素を前記ハウジングの第1の端部に向って付勢するように構成されている。前記カートリッジは、前記ハウジングに取り付けられたゲートを含むことができる。前記ゲートは、前記要素が前記ハウジングから取り出されることを防止する第1の位置と、前記要素の1つを前記ハウジングから取り出し可能にする第2の位置との間を移動可能である。前記ゲートは、前記1つの要素を前記プランジャによる付勢から解放するように構成されている。 (もっと読む)


【課題】患部挿入用の放射線源の強度を効率良く測定することが可能な放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法を提供する。また、放射線源の取り違えを検出することができる放射線源強度測定装置及び放射線源強度測定方法を提供する。
【解決手段】放射線源の強度を求める放射線源強度測定装置は、微小放射線源挿入装置1の微小放射線源の挿入位置毎に測定パラメータを記憶する記憶部を備えるコンピュータ33と、微小放射線源の挿入時に、微小放射線源挿入装置1のガイド針21中を移動中の微小放射線源からの放射線の強度を測定する放射線センサ31とを備える。コンピュータ33は、挿入位置に基づいて記憶している測定パラメータを特定し、特定した測定パラメータと放射線センサ31により測定された放射線強度とに基づいて、微小放射線源の強度を求める。 (もっと読む)


【課題】紫外線レーザを用いるタイプのX線発生装置は内視鏡に組み込んで生体内へ挿入可能であり、かかる使用時において安全性を確保する。
【解決手段】紫外線レーザ発生装置から放出される紫外線レーザを電子線放出素子103の紫外線レーザ受光面に照射し、電子線放出素子において紫外線レーザ受光面と異なる電子線放出面から放出される電子線を金属片104へ照射し、該金属片からX線を発生させるX線発生方法において、紫外線レーザとして、単位パルス強度を1000μジュール以下とし、単位パルスの幅を100ns以下のものを使用し紫外線レーザ受光面の物質の変性を防止する。電子線放出素子をアースすることによりX線の発生を停止できる。 (もっと読む)


【課題】内視鏡に組み込んで生体内へ挿入可能な、紫外線レーザを用いるタイプのX線発生装置を用いた治療器を提供する。
【解決手段】紫外線レーザ発生装置51から放出される紫外線レーザを電子線放出素子20の紫外線レーザ受光面21に照射し、電子線放出素子において紫外線レーザ受光面と異なる電子線放出面23から放出される電子線を金属片25へ照射し、該金属片からX線を発生させるX線発生方法において、紫外線レーザとして、単位パルス強度を1000μジュール以下とし、単位パルスの幅を100ns以下のものを使用し紫外線レーザ受光面の物質の変性を防止し、かかるX線発生装置とともにX線照射部位から放出される各種の光を検出する検出器を備える構成とする。 (もっと読む)


【課題】紫外線レーザを用いるタイプのX線発生装置は内視鏡に組み込んで生体内へ挿入可能であり、かかる使用時において新たな用途の開発が求められる。
【解決手段】紫外線レーザ発生装置51から放出される紫外線レーザを電子線放出素子の紫外線レーザ受光面21に照射し、電子線放出素子において紫外線レーザ受光面と異なる電子線放出面23から放出される電子線を金属片へ照射し、該金属片からX線を発生させるX線発生方法において、紫外線レーザとして、単位パルス強度を1000μジュール以下とし、単位パルスの幅を100ns以下のものを使用し紫外線レーザ受光面の物質の変性を防止する。かかるX線発生装置とともにX線照射部位から放出される各種の光を検出する検出器を備える。 (もっと読む)


【課題】現行のX線治療は、悪性腫瘍治療に有効であるが、同時に健常部まで損傷し、多くの副作用が伴う。体内透過性が10〜20mm程度のエネルギーのX線を悪性腫瘍の直近傍で発生させ、Pin-pointで治療する手段が要求されている。
【解決手段】レーザーを細い可撓型パイプ内部や光ファイバー内を通して腫瘍患部の直近傍で集光して固体の表面に高温プラズマを生成してX線を発生させることはよく知られているが、本発明では 1.真空中ではなく大気中で生成可能、2.レーザー光の進行方向に強いX線発生が可能、3.光の進行方向に強い指向性をもっていることを特色とし、小型軽量で悪性腫瘍により有効にPin-point治療を可能にすることができる。 (もっと読む)


【課題】リモートアフターローデイングシステムによる密封小線源治療時の密封小線源配置位置及び強度分布を記録できる密封小線源配置画像記録装置を提供する。
【解決手段】リモートアフターローデイングシステムによる密封小線源治療時の線源配置画像記録装置であって、放射線遮蔽材料にて放射線被ばく面を被覆された筐体と、該筐体の放射線被ばく面側中央に設けられ着脱可能なピンホール部材と、該ピンホール部材と対向する前記筐体の他端側に設けられた放射線画像記録部材と、から構成される。 (もっと読む)


【課題】術者への負担を軽減し、術中における人体組織への影響を緩和する。
【解決手段】内視鏡の挿通チャンネルに挿脱自在なマイクロ波プローブであって、前記マイクロ波プローブは、患部を加温するための加温部5aが設けられたマイクロ波アンテナからなるアンテナ部5と、アンテナ部5における加温部5aを前記患部へと導くための誘導部7であって、前記アンテナ部5に対して自在に相対移動する誘導部7と、誘導部7に沿った方向へとアンテナ部5の移動方向を規定する方向規定部8と、マイクロ波プローブの末端に設けられた末端部9と、を具備し、前記末端部9は、先細りのテーパー形状であり且つ可撓性を有する。 (もっと読む)



【課題】放射線源チェーンを連結するためのデバイス及びシステムを提供する。
【解決手段】少なくとも2つのチェーンコンポーネントは、放射性放射線源19を含む。デバイスは、筐体と、この筐体の第1軸に沿って延びるワーキングチャネルと、このワーキングチャネルに接続され且つチェーンコンポーネントマガジン用の少なくとも2つの収容デバイスと、収容されたマガジンからチェーンコンポーネントをイジェクトする少なくとも1つの手段とを含むローディングユニットと、チェーンコンポーネントを連結するための連結ユニットを備え、少なくとも1つの収容デバイスは、放射線源マガジンを収容するように構成される。少なくとも2つの収容デバイスは、そこに収容されるチェーンコンポーネント用マガジンが第1軸に沿って間隔が空けられ且つ前記ワーキングチャネル上方に垂直に配置されるように、配置される。 (もっと読む)


【課題】放射線源を有するチェーンのチェーンコンポーネントためのマガジン及びシステムを提供する。
【解決手段】放射線源を有するチェーンのチェーンコンポーネント用のマガジン1は、筐体7と、この筐体7内に回転可能にマウントされ且つチェーンコンポーネントを収容するための凹部を有する、チェーンコンポーネントを収容する第1手段と、チェーンコンポーネントを収容するための手段を駆動するための引張バネ20,21と、チェーンコンポーネントを収容するための手段へ回転可能に結合された且つ筐体7内の回転位置内にマウントされたスプロケット13と、放射線源のイジェクションためのイジェクター10を備える。さらに、マガジン筐体7内に回転可能にマウントされたイジェクションレバー4を備え、第1位置では、イジェクションレバー4は、スプロケット13に噛み合い、第2位置では、これは、イジェクター10をブロックする。 (もっと読む)


【課題】中実器官(solid organ)の悪性疾患の処置のために、付属的な治療法と組み合わせた近接照射療法を提供する。
【解決手段】インプラント可能癌治療用デバイス14は、放射性治療要素16および付属的な治療要素の隣接セグメント12を備える。放射性治療要素および付属的な治療要素のセグメントは、所定の空間的アレイで交互に配置され得る。インプラントは、永久的または一時的であり得る。デバイスは、実質的に円筒状のフィラメントであり得るか、または付属的な治療要素で重ねられた複数の間隔をおいて配置される放射性シードであり得る。デバイス18はまた、付属的な治療要素を含むモノフィラメントであり得、このモノフィラメントは、長さを示し、切断を容易にするための間隔をおいて配置されるくぼみを有する。 (もっと読む)


【課題】負荷負担(load bearing)領域における転移病変の治療のための小線源治療アプリケーターの提供。
【解決手段】アプリケーターは、近位端および遠位端を有し、開いている内側領域を規定する細長い管本体を含む。管の外側部分に配置されている固定要素によって、アプリケーターは標的領域と関係する位置に固定され、所定の線量の治療放射線を送達することが可能になる。固定要素はアプリケーターを組織および/または患者内に埋め込まれた安定化要素に固定することができる。細長い本体内に位置決めされている放射線源は、アプリケーターの埋め込み前、埋め込み中または埋め込み後に、治療放射線を提供する。 (もっと読む)


小線源治療方法及び装置は、少なくとも1つの放射線源又は放射線種を受け取るチャネルを有するアプリケータを、照射されるべき標的領域(40)に隣接する軟部組織へ注入する手順を有する。前記アプリケータを含む前記標的領域(40)の高解像度透視像(64)が生成される。前記高解像度透視像(64)は、3次元治療用概略図(66)を決定するのに用いられる。前記標的領域(40)及び3次元治療用概略図(66)に関する前記アプリケータの位置が追跡される。前記位置の追跡は、形状検知によって、前記少なくとも1つの放射線源又は放射線種を受け取るチャネルの位置及び形状を測定する手順を有する。
(もっと読む)


【課題】近接照射療法およびX線写真術ターゲット保持デバイスを提供すること。
【解決手段】複数のターゲットプレート(102)を含むターゲット保持デバイス(100。各ターゲットプレート(102)は、第1の表面と、反対側の第2の表面とを有し、第1の表面は、複数の穴(202)を有する。あるターゲットプレート(102)の第1の表面が隣接するターゲットプレート(102)の第2の表面に接触するような、ターゲットプレート(102)の位置合わせおよび接合を容易にするために、シャフト(108)を使用することができる。ターゲット保持デバイス(100)は、適宜、ターゲットプレート(102)をそれらの間で挟持するように配置されたエンドプレート(106)、および/またはターゲットプレート(102)と交互に配置されたセパレータプレート(104)を含むこともできる。 (もっと読む)


【課題】原子炉内の中性子束にばらつきがあっても、ターゲットに均一に中性子束を照射する方法を提供する。
【解決手段】均一放射能ターゲット600を製造するため、アレイ状配置コンパートメント202の中のターゲット600の配置に基づいて原子炉心の既知の中性子束へのターゲット600の適切な暴露を容易にするよう、既知の中性子束に基づいて各ターゲット600を1つのコンパートメント202に割り当てることにより、アレイ状配置コンパートメント202を有する保持装置に複数のターゲット600を配置する。ターゲット600を照射するための保持装置は、原子炉心内部で位置決めされ、ターゲット600が相対的に均一な放射能を有するように原子炉心内部で密封小線源治療用ターゲット及び/又はX線撮影用ターゲット(例えば、シード)を製造するために使用される。 (もっと読む)


【課題】密封小線源療法の放射性シード用のマガジンを提供する。
【解決手段】シードマガジン10は、ハウジング15、シードホルダ20、およびプッシャ25部品を含み、且つ任意で、ユーザを照射から保護するための滑動可能なシールドを有する。 (もっと読む)


【構成】様々な構成の光励起性保存蛍燐光体および読み出し装置を使用して、放射線被曝を検出/モニタリングするための方法および装置を開示する。本発明の適用分野は国土安全保障、緊急事態対応、および医療分野である。一つの形態による装置は受信用の携行式線量測定装置、および複数の蛍燐光体素子で構成するため、大量被曝が発生した場合に住民スクリーニングを実施することができる。医療用途の別な形態は、挿入可能なプローブおよび接着性蛍燐光体パッチで構成するため、医療分野またはイメージング分野における放射線被曝を検出するために使用できる。 (もっと読む)


【課題】濃縮235Uを使用せず、高強度で半減期の長い放射性廃棄物を多量に発生させることなく、効率よく廉価に放射性同位元素の安定供給ができる技術を提供する。
【解決手段】固体又は液体の原料ターゲットに加速器からの高速中性子を照射し、1個の中性子の照射により3個の中性子を放出する(n,3n)反応を起させ、放射性同位元素を直接にあるいはベータ崩壊により生成させることを特徴とする。 (もっと読む)


1 - 20 / 116