説明

Fターム[4C082AJ16]の内容

放射線治療装置 (15,937) | 放射の位置決め・確認・モニタリング (834) | 治療台との連動 (104)

Fターム[4C082AJ16]に分類される特許

41 - 60 / 104



【課題】回転ガントリを用いないで安価な粒子線ビームのスキャニング照射装置を得る。
【解決手段】粒子線ビームの偏向面が同一であり、水平方向に対して略45度の入射ビーム軸角度を有する粒子線ビームを互いに逆方向に曲げる第一のスキャニング電磁石と第二のスキャニング電磁石、第一及び第二のスキャニング電磁石を一体にして前記入射ビーム軸の周りで回転させる電磁石回転駆動機構、治療台を備え、第一及び第二のスキャニング電磁石によって偏向された粒子線ビームは入射ビーム軸方向からの偏向角度が−45度〜+45度の範囲で得られるようにした。 (もっと読む)


【課題】静止リングの回転を検知し、移動床を水平に保つように制御する。
【解決手段】建屋側に固定されて固定床及び治療台を有する固定部と、粒子線の照射装置が搭載されて治療台の周りに回転するフレーム1と、フレーム1の内側のガイドリング15に回転自在に支持されてフレーム1の回転に同期して逆回転し、固定部に対して相対的に静止状態が保たれる静止リング13と、静止リング13に支持された移動床14とを備え、固定部側から回転軸の軸方向に静止リング13を見て、静止リング13が時計方向に回転するのを検知する光電センサ(CWセンサ19a,19c)と、反時計方向に回転するのを検知する光電センサ(CCWセンサ19b,19d)を固定部側に配設し、各光電センサに対向する静止リング13の面に光電センサ用反射板20a〜20dを設けた。 (もっと読む)


【課題】放射線治療における患者の位置決め繰り返し回数を低減し、治療時間の短縮化と患者の被爆量の低減化を図る放射線治療における患者位置決め装置および患者位置決め方法を得る。
【解決手段】患者位置決め装置は、患者が固定される治療台10と、患者のX線画像を撮像するX線撮像装置20と、患者のX線画像を取り込んで参照画像との画像照合を行い、位置ずれがある場合に治療台の移動量を演算して移動させる患者位置決め処理が実行される位置決め計算機30とを備え、患者位置決め処理は、位置決め開始前に、患者の過去の治療台位置決めデータに基づいて治療台の粗位置決め位置を学習させる粗位置決め位置学習処理と、学習させた粗位置決め位置に治療台を移動させる治療台初期移動処理とを実行する。 (もっと読む)


【課題】粒子線照射部や治療用ベッドなどの被駆動部の干渉を容易に監視できる粒子線治療装置を提供する。
【解決手段】回転ガントリ1と共に回転駆動され、患者7の患部に粒子線を照射する粒子線照射部2と、患者7を搭載し、患者7の病巣が粒子線照射部2照射される粒子線のアイソセンタ6に合致するように駆動される治療用ベッド3と、単一または複数の球によって粒子線照射部2を覆い包む第一の球モデル9を生成する第一の球モデル生成手段と、単一または複数の球によって治療用ベッドを覆い包む第二の球モデルを生成する第二の球モデル生成手段と、第一の球モデルと第二の球モデルの干渉を監視する球モデル干渉監視手段とを備える。 (もっと読む)


高い処理能力と、高い精度と最小限の侵襲性とを備えた、頭蓋内と眼窩と頭頸部のターゲットの分割治療を実現するための、多線源コバルト−60ガンマ照射器と一体化された、非常に小型で高性能の容積測定撮像システムが提案される。
(もっと読む)


患者の治療区域に放射線療法治療計画を送達する方法。治療計画は、患者を支持するための可動式支持台と、支持台に対して動かすことができるガントリーとを含む放射線療法システムを使用して送達される。ガントリーは、放射線源と、或るジョー幅を有するジョーのセットと、治療計画の送達中に放射線を変調するためのマルチリーフコリメーターとを支持している。支持台は、治療区域への治療計画の送達中に動かされ、ジョーの幅は、治療区域への治療計画の送達中に動的に調節される。 (もっと読む)


【課題】 体内外の患部にセンサーを取り付けることができ、かつ、遮蔽物によるデータ通信への影響が少なく、患者の体動を高精度に観測することができる放射線治療における体動監視システムを提供すること。
【解決手段】 患者Pの人体の少なくとも一部に付着されるセンサー部材であって、互いに直交するXYZ3軸方向の各加速度を計測可能な加速度計測手段を有し、かつ、この加速度計測手段により観測した加速度データを無線送信可能な発信機を有する加速度センサー1と;この加速度センサー1の発信機から送信された加速度データを受信する受信装置2と;この受信装置2が受信した加速度データに基づいて、患者Pの体位座標データを演算する解析ソフトウェア3と;この解析ソフトウェア3が搭載された電子計算機4と;治療のための放射線を出力可能な放射線照射装置5とを具備して構成する。 (もっと読む)




【課題】放射線治療の際に患者を短時間で正確に位置決めすることが可能な患者位置決め装置を提供する。
【解決手段】治療計画を立てるための3次元CT画像に基づき、一定の場所から一定の方向で患者を透視した場合の2次元変換画像情報を生成する第2画像生成部39と、治療時に患者を撮像した2次元の基準透視画像情報を取得する基準画像情報取得部43と、変換画像と基準透視画像との類似度を算出する第2比較部45と、類似度が閾値以下であるか否かを判定する判定部49と、類似度が閾値以下である場合、変換画像を生成した場所及び方向に基づき、予め決定した照射部位に予め決定した照射方向から治療用の放射線を照射できる患者の位置を算出するずれ量算出部50とを備え、第2画像生成部39は、類似度が閾値より大きい場合、類似度が閾値以下であると判定されるまで、上記場所及び上記方向の少なくとも一方を変えて変換画像の生成を繰り返す。 (もっと読む)


【課題】支持装置の位置及び配向を必要に応じて調整することができるような、支持装置の動作を制御する動的動作制御機構を含む患者位置決めアセンブリを提供する。
【解決手段】治療的放射線処置用のロボット患者位置決めアセンブリは、処置中に患者を移動しかつ支持するためのロボット位置決め装置と、ロボット位置決め装置の位置を検出するセンサ・システムと、ロボット位置決め装置の位置データを受信するためにセンサ・システムに動作可能に接続されかつロボット位置決め装置の動作を制御するロボット位置決め装置に動作可能に接続された制御装置を含む。制御装置は、ように、ロボット位置決め装置に装着された患者内の処置標的が治療的放射線処置システムの放射線源と適切に位置合わせされるように、センサ・システムから受信したロボット位置決め装置の位置を表す情報に応じてロボット位置決め装置の動作を制御するように構成されている。 (もっと読む)


本システムは、患者サポートと、アウターガントリーであって、患者サポート上の患者の周囲の、ある範囲のポジションを通って加速器が移動することを可能とするよう、加速器が搭載されるアウターガントリーとを含む。加速器は、患者内のターゲットに達するのに十分なエネルギーレベルを有する陽子あるいはイオンビームを発生させるよう構成されている。インナーガントリーは、ターゲットに向かって陽子あるいはイオンビームを導くための開口部を具備してなる。
(もっと読む)



【課題】放射線治療装置の位置決めシステムの乾酪化、小型化と、位置決め精度の向上を実現する。
【解決手段】患者支持台1の駆動機構2を、治療室床面50に設置された回転駆動部3と、該回転駆動部に保持された鉛直方向駆動部4と該鉛直方向駆動部に保持された水平方向駆動部5によって構成するとともに、第1X線撮像装置10Aの受像装置11を支持部材13によって回転駆動部3に支持する。また、第1X線撮像装置10Aを回転駆動部3の回転軸20上に同軸的に配置し、鉛直方向駆動部4を回転駆動部3の回転軸20を横切る位置に配置し、かつ患者支持台1を、回転軸20をはさんで対抗した位置にある水平駆動部5及び該鉛直方向駆動部の支持部4aによって保持する。 (もっと読む)


医療施設において使用するための患者支持デバイス。患者支持デバイスは、ベースと、ベースに結合されるテーブル・アセンブリとを備える。テーブル・アセンブリは、下側支持部と、下側支持部に結合され且つ下側支持部に対して移動可能な上側支持部とを備える。上側支持部および下側支持部の少なくとも一方は、上側支持部が下側支持部に対して移動する際の患者支持デバイスの性能を向上させることが可能なベアリング層を備える。
(もっと読む)


【課題】放射線治療のプランニングを目的とした病変または器官の解像、位置測定および治療位置の確認のための方法と装置を提供する。
【解決手段】位置感知システムの使用を通じて診断映像システムの座標空間に関する超音波映像の位置測定を確保するために、超音波映像システムと診断映像システムの組合せを使用する。本方法は、位置測定超音波映像内の病変の位置と患者が治療ユニットの処置台に横たわっている間に撮られる超音波映像内の病変の位置を比較し、病変をその対象治療位置に配置するための正しい方策を示唆し、かつ有資格者から得られる確認による補正を実行する。 (もっと読む)


【課題】 照射線出射部などを長期間に亘り高位置精度で回転させることができる医療装置を提供する。
【解決手段】 中心軸線を略水平方向に位置させた状態で立設された支持フレーム12と、支持フレーム12の両側面のそれぞれに設けられた円形軌道体72と、円形軌道体72上を摺動するスライド部70を介して支持フレーム12に対して相対的に回動する走行ガントリと、走行ガントリを回動させる回動駆動装置とを備えるとともに、走行ガントリは、支持フレーム12の両側面から挟み込むように配置される第1側部59aおよび第2側部59bと、第1側部59aと第2側部59bとを連結する連結部66とからなるラーメン構造によって構成される。 (もっと読む)


【課題】粒子線照射装置を回転ガントリー構造にしないで粒子線を患部に多方向照射でき、位置精度よく粒子線を照射できる粒子線照射システムを提供する。
【解決手段】一方向から粒子線を照射する粒子線照射装置1、患部3aの位置確認をするCTスキャナー2、CTスキャナー2の検出範囲2aから粒子線照射装置1の照射範囲まで患者3を移動させる駆動部5、患者3を固定し、駆動部5に患者3の頭尾方向を軸yとして回転可能に装着される患者固定装置4、駆動部5とCTスキャナー2を収納し、粒子線照射装置1の照射方向xと駆動部5の移動方向を含む平面に直交する軸zで回転可能な収納ユニット6を備えた粒子線照射システムA。 (もっと読む)


【課題】放射線の線量をより高精度に制御すること。
【解決手段】高周波源5から加速管64に高周波を伝送する導波路の一部を変形する自由導波管74、75、86、87と、導波路のうちの加速管64と自由導波管74、75、86、87との間に介設される非可逆回路素子77とを備えている。加速管64は、高周波を用いて治療用放射線23を生成するための荷電粒子57を加速する。本発明による放射線治療システム1は、非可逆回路素子77が導波路を高周波源5から加速管64に向かって進行する高周波進行分に比較して導波路を加速管64から高周波源5に向かって進行する高周波反射分を減衰させるときに、その高周波の打ち消しあいおよび波形歪みの発生を防止し、その伝送効率の変動を低減させることができ、治療用放射線23の線量をより高精度に制御することができる。 (もっと読む)


41 - 60 / 104