説明

Fターム[4C082AR01]の内容

放射線治療装置 (15,937) | 安全、保護、表示 (413) | 人に対する安全 (222)

Fターム[4C082AR01]の下位に属するFターム

患者保護 (186)

Fターム[4C082AR01]に分類される特許

21 - 36 / 36


医療機器を放射性物質で充填するための装置が開示される。装置は、放射線を遮蔽し、注射器及び医療機器の少なくとも一部を収容するように設計されているハウジングならびに放射性物質の容器を収容するための装置を含む。
(もっと読む)


【課題】線量集中性の向上を図ることができる荷電粒子線照射装置を提供する。
【解決手段】陽子線照射装置1は、陽子線のビームを拡大する散乱体5と、陽子線の拡大ブラッグピークを調整するリッジフィルタ部7と、照射野の平面位置及び平面形状を調整するマルチリーフコリメータ15と、マルチリーフコリメータ15とリッジフィルタ部7とを駆動し、複数の照射野を順次設定しながら、当該照射野の各々に陽子線ビームを順次照射させる照射制御部17と、を備え、照射制御部17は、腫瘍マップ19を参照し、マルチリーフコリメータ15で設定される平面位置における腫瘍Pの厚みに、照射野の照射方向の長さを対応させるように、リッジフィルタ部7を駆動し陽子線の拡大ブラッグピークを調整させる。 (もっと読む)


【課題】 被検者を苦痛や不快感を与えることなく寝台天板に固定すること。
【解決手段】 被検者Pを載置する寝台天板1に被検者を囲む袋体3を設けたもので、この袋体は硬い丈夫な材料で形成された表皮と、その内側に伸縮性のある柔らかい材料で形成された拡張室から構成されており、この拡張室にコンブレッサ6によって気体または液体を注入することにより、被検者を袋体で囲んだ状態で寝台天板に固定する。
これにより、被検者には均一な力が作用して局部的に締め付けるようなことはないので、被検者に苦痛や不快感を与えることがなく、確実に寝台天板に固定することができる。 (もっと読む)



【課題】 治療室の出入口に開閉時間の短縮化が可能であり、迷路部を設けなくても、放射線の漏洩を防止することができる、分割型放射線遮蔽扉を用いた放射線使用室を提供する。
【解決手段】 放射線を遮蔽可能な厚さDのコンクリート製の遮蔽壁4で全体断面略方形状に構成する。
出入口2は、前記分割遮蔽扉3によって完全に遮蔽されるように、隅側の出入口2における遮蔽壁4を前記分割遮蔽扉3の扉当て部5として、分割遮蔽扉3の厚さ分、突出させると共に、段差形成する。
一方、隅側の出入口2における遮蔽壁4と対向する出入口2の遮蔽壁4には、後述する分割遮蔽扉3のうちの室内寄りの遮蔽扉と隙間なく係合するための係合突部6を形成する。
前記分割遮蔽扉3は、第1分割遮蔽扉3a、第2分割遮蔽扉3bが互いに重ね合った状態で前記放射線治療室1における出入口2を遮蔽する際に、全体厚さが、前記遮蔽壁4の厚さDと略同一となる設定とする。 (もっと読む)



外科的摘出部位に近接する組織の外表面と患者の感受性体組織との間の距離を増加させるための、摘出部位と感受性体組織との間の最小距離の部位へ、液体の蓄積により該感受性体組織が摘出部位から離れて膨らむまで、溶液を注入する段階を含む方法。 (もっと読む)




【課題】 本発明は、放射性医薬品を生成する際に使用される放射性医薬品生成システム、特に、医薬品生成プロセスに利用可能な情報量の向上に関する。
【解決手段】 本発明の第1の態様に係る放射性医薬品生成システムは、放射性医薬品に関する1以上のプロセスを実行するように構成された流体処理システムで、各々予想動作状態を有する複数のシステム要素を有し、流体処理システムの状態を示す信号を出力するように構成された流体処理システムと、予想動作状態にないシステム要素を識別するために、出力信号からデータを抽出し、抽出データを1以上の動作条件と比較するように構成された少なくとも1つの監視ソフトウェアコンポーネントとを備える。プロセスの実行中にシステム要素の予想動作状態が監視されるので、リアルタイム監視が可能である。そのため、障害発見及び問題解決が現行のシステムよりも容易である。
(もっと読む)


【課題】照射精度を良好に維持しつつ、素早く制動することができる。
【解決手段】回転ガントリー3を回転自在に支持する複数のローラ22を支持するリンクフレーム25と、エアが供給されるとローラ22に対する制動力を開放し、エアが排出されるとローラ22に対し制動力を付与するブレーキ装置31と、閉じることによりブレーキ装置31に供給されたエアを封入し、開くことによりブレーキ装置31からエアを排出する電磁弁32とを備え、上記電磁弁32をリンクフレーム25に設けた電磁弁支持部材55で支持することにより、電磁弁32をブレーキ装置31の直近に配置する。 (もっと読む)


【課題】 本発明は、がんの放射線治療の精度向上のために、体内の臓器位置及び形状の情報と、陽子線による線量分布情報とを、リアルタイムに表示することが可能な放射線治療時における標的臓器と線量分布の同時測定方法及びその測定装置を提供することを目的とする。
【解決手段】 本発明は、超音波検出器により超音波の送受信を行う臓器情報検出手段と、前記超音波検出器の送信を停止し、放射線照射により発生した音響波を同超音波検出器で受信する線量分布情報検出手段と、前記臓器情報検出手段及び線量分布情報検出手段で検出した情報をコンピュータに保存する記録手段と、記録した情報をコンピュータで編集し画像化する演算手段と、画像化した情報を画面に表示する可視化手段とからなることを特徴とする放射線治療時における標的臓器と線量分布の同時測定方法の構成とした。 (もっと読む)


本発明は、密封小線源療法の放射性シード用のマガジンを提供する。本明細書に記載のシードマガジンは、ハウジング、シードホルダ、およびプッシャ部品を含み、且つ任意で、ユーザを照射から保護するための滑動可能なシールドを有する。
(もっと読む)


【課題】荷電粒子ビーム発生による粒子線治療装置において、照射対象でない治療室への誤ったビーム輸送を未然に防止し、安全性を向上をさせる装置を提供する。
【解決手段】荷電粒子ビームを出射する荷電粒子ビーム発生装置1と、照射装置15A〜C,16を備えた複数の治療室2A〜C,3と、出射されたビームをビーム進行方向下流側へ輸送する1つの第1ビーム輸送系4と、これから分岐するように設けられビームを複数の治療室2A〜C,3のうち対応するものの照射装置15A〜C,16へそれぞれ輸送する複数の第2ビーム輸送系5A〜Dと、その分岐部にそれぞれ設けられ、第1ビーム輸送系4からのビームを偏向して対応する第2ビーム輸送系5A〜Dへ導入する複数の切替え電磁石6A〜Cと、切替え電磁石6A〜Cより下流側に設けられ、ビーム進行経路を遮断する第1シャッタ7A〜Dとを有する。 (もっと読む)



器具は一例において、複数の注入シードを分離する役割を持つ第1スペーサコンポーネントを含む。第1スペーサコンポーネントは、複数の注入シードのうち第1注入シードと第2スペーサコンポーネントのいずれか一方を収容および保持する構造を持つ端部を含む。第2スペーサコンポーネントは、複数の注入シードのうち第2注入シードと第3スペーサコンポーネントのいずれか一方を収容および保持する構造を持つ端部を含む。
(もっと読む)


21 - 36 / 36