説明

Fターム[4C083AB41]の内容

化粧料 (399,993) | 無機系成分 (34,917) | 過酸化物 (954)

Fターム[4C083AB41]に分類される特許

941 - 954 / 954


皮膚への局所適用に適したスキンケア組成物が開示される。この組成物は、0.5〜10重量%のサリチル酸と、0.5〜10%の過酸化水素とを含み、抗菌剤、抗バクテリア剤、抗ウイルス剤、抗真菌剤、駆虫剤及び抗炎症剤からなる群から選択される他の治療薬を実質的に含まない。この組成物は、にきびの治療に有用である。 (もっと読む)


歯科用漂白混合物は金属イオン触媒、アルカリ性pH増加化合物、1パーセントから15パーセント濃度の過酸化物を含んだ過酸化物溶液から形成される。金属イオンをアルカリ成分中に含んだ錠剤と過酸化物洗浄の組み合わせにより、歯の表面を漂白する泡状の歯科用混合物を形成する。錠剤はまた、ゲルまたは溶液の形態にもなりえる。歯の漂白プロセスは選択波長範囲を生成する発光装置を用いることによって加速する。発光装置は光学特性を持ったポリマーでできた歯列受け領域をもっているデンタルトレー中に組み込むこともできる。
(もっと読む)


単相において安定なままであり且つ十分な洗浄が行われたことを示す時間後又は洗浄の完全さを示す時間後に観察可能な変色を生じる指示薬を含有する変色組成物が提供される。変色を示すこの使用は、例えば、十分な時間手を洗うことを子供たちに教習させるための石鹸に有効である。本組成物は、使用の時間を示すために又は動きに楽しさを導入する方法として多くの異なるベース材料に添加することができる。
(もっと読む)


SiO2 化合物が、特に 4.5〜9.0 の pH 範囲において、ケラチン含有繊維用の漂白剤の淡色化力を増加させることを発見した。従って、本発明は、ケラチン含有繊維用の漂白剤に関し、該漂白剤は、(a)少なくとも 1 種のペルオキソ化合物、及び/又はアンモニウム、アルカリ金属及びアルカリ土類金属の炭酸塩、アンモニウム、アルカリ金属及びアルカリ土類金属の炭酸水素塩、並びにアンモニウム、アルカリ金属及びアルカリ土類金属のカルバミドからなる群から選ばれる少なくとも 1 種のアルカリ化剤、(b)過酸化水素、及び(c)任意に水和された SiO2 化合物を含む。4.5〜9.0 の範囲の pH で優れた淡色化力を示す本発明の漂白剤は、特に、ケラチン含有繊維に穏やかに作用する。 (もっと読む)


本発明は、ケラチン含有繊維、とりわけ人毛を滑らかにする方法に関する。本発明の方法によれば、繊維は熱処理され、カチオン性ポリマー、第四級アンモニウム化合物、シリコーン及びタンパク質加水分解物から選ばれた少なくとも 1 種のコンディショニング化合物を含む製剤で処理される。また本発明は、前記したケラチン含有繊維を滑らかにする方法における、少なくとも 1 種のコンディショニング化合物を含む製剤の使用に関する。本発明の方法は、繊維の優れた均一な滑らかさを実現し、繊維は改良もされる。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも一つのタイプのアルカリ化剤と少なくとも一つのキレート剤の凝集混合物を含んでなるアルカリ化剤、および本発明の固体アルカリ化組成物を含有する固体またはペースト状成分、溶解されるべき溶媒および/または過酸化水素含有成分を、アルカリ化剤の形態で溶解する間の過酸化水素の分解を低減するための該組成物の使用に関する。 (もっと読む)


【課題】 歯科用漂白用組成物とそれの使用方法とを提供する。
【解決手段】 1本以上の歯を白化するための組成物であって、白化剤とワセリンとを含有する、組成物。 (もっと読む)


被験体における歯の白さを維持または高めるための組成物、方法、デバイスおよびキットが開示される。この方法は、第1の歯の白色化組成物をこの被験体の歯に所定の期間にわたって塗布する工程、第2の歯の白色化組成物を所定の間隔でこの被験体の歯に塗布する工程を包含し、ここで、この第1の歯の白色化組成物および第2の歯の白色化組成物のうちの少なくとも一方は、歯科用送達デバイスから分与される。キットは、第1の歯の白色化組成物および第2の歯の白色化組成物を含み、各組成物は、酸化剤を含む。第1の歯の白色化組成物の酸化剤は、第2の歯の白色化組成物より多い量で存在し、第2の歯の白色化組成物は、第1の歯の白色化組成物の歯の白色化効果を維持するかまたは高める。
(もっと読む)


本発明は、パッドと、不溶性の皮膚科学的に活性な成分を含有する液体組成物とを含んでなるデリバリーシステムであって、ここで該液体組成物は、パッドへの該組成物の実質的に均一な吸収を可能にする粘度を有するものであり、その後前記パッドは密閉容器内に収容される。 (もっと読む)


本発明は、化粧上許容される媒質中に、少なくとも1種の特定の蛍光染料を含む組成物に関する。本発明は、また、該組成物を使用した、ケラチン繊維、特にヒトの毛髪を処理するための方法、および該組成物を含む装置に関する。本発明は、さらに、前記繊維の着色剤または明色化剤としての該組成物の使用に関する。 (もっと読む)


本発明は、少なくとも1種類のアミド基含有化合物と、少なくとも1種類の架橋剤と、少なくとも1つのカチオン発生性及び/またはカチオン性基をもつ少なくとも1種類のモノマーとから成るモノマー混合物のラジカル重合によって得ることができる水性ポリマー分散液に関する。本発明はまた、このようなポリマー分散液を乾燥することによって得ることができるポリマー、及び、このようなポリマー分散液またはこのようなポリマーを含有する化粧剤または医薬剤に関する。 (もっと読む)


一般式(I)の4,5‐ジアミノピラゾール:


式中、Rは直鎖または分枝したC1〜C6‐アルキル基、置換されていないフェニル基または単純置換または複数置換されたフェニル基を示し、ここでフェニル基での置換は独立して別々に、ハロゲン原子、C1〜C6‐カルボン酸エステル基、直鎖または分枝したC1〜C6‐アルコキシ基、1または2個のヘテロ原子で中断されている直鎖または分枝したC1〜C6‐アルコキシ基、ヒドロキシエトキシ基、ジヒドロキシプロポキシ基、またはニトリル基から選択されることができる。これら化合物を含有するケラチン繊維用の酸化染色剤、ならびにこれら化合物の製造方法。 (もっと読む)


過酸化水素及び疎水化した、熱分解的に製造された二酸化ケイ素粉体を含有する粉体状混合物であって、その際疎水化二酸化ケイ素粉体は、少なくとも40のメタノール湿潤性を有し、かつ総質量に基づいて9質量%より少ない程度で存在し、かつ過酸化水素の含量は総質量に基づいて10〜50質量%である。これは、40より大きいメタノール湿潤性を有する疎水化二酸化ケイ素粉体を、70℃以下の温度において、過酸化水素水溶液で処理する方法によって製造される。これは、洗剤、清浄用組成物、及び、皮膚及び毛髪処置用組成物において使用されてよい。 (もっと読む)


【課題】キャップされたジアゾニウム化合物と毛髪の反応からなる毛髪の着色方法、及び関連する組成物及び化合物の提供。
【解決手段】多孔質材料の着色方法であって、該方法は、a)着色される材料に少なくとも1種のキャップされたジアゾニウム化合物を適用すること、及びb)その後、前記材料上に存在する前記キャップされたジアゾニウム化合物を毛髪と反応させることからなる方法。更に、新規染色化合物及びそれらの組成物が請求される。 (もっと読む)


941 - 954 / 954