説明

Fターム[4C083AB41]の内容

化粧料 (399,993) | 無機系成分 (34,917) | 過酸化物 (954)

Fターム[4C083AB41]に分類される特許

81 - 100 / 954


【課題】 染毛効果に優れ、毛髪への損傷も少ない酸化染毛剤組成物を提供する。
【解決手段】 酸化染料を含有する第1剤と酸化剤を含有する第2剤からなり、使用前に混合される2剤型の酸化染毛剤組成物であって、第1剤及び/又は第2剤がアセチル化ヒアルロン酸又はその塩類を含有することを特徴とする酸化染毛剤組成物。 (もっと読む)


【課題】 毛髪化粧品において、毛髪脱色剤又は染毛剤をノンエアゾールタイプのフォーマー容器から泡状に吐出させて脱色ムラあるいは染色ムラを防止し、かつ十分な脱色力あるいは染毛力を得る。
【解決手段】 本発明は、アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤からなり、第1剤と第2剤の少なくとも一方に界面活性剤が含有される2剤式毛髪化粧料、および第1剤と第2剤の混合剤を泡状に吐出するフォーマー容器からなる毛髪化粧品である。また、本発明の別の態様は、アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤からなり、第1剤と第2剤とを使用直前に混合して用いる2剤式毛髪化粧料と、第1剤と第2剤の混合液を泡状に吐出するフォーマー容器とからなる毛髪化粧品であって、混合液中に界面活性剤を0.1〜10重量%含有し、混合液の25℃における粘度が1〜300mPa・sである毛髪化粧品である。 (もっと読む)


【課題】本発明の毛髪化粧料組成物及びその使用方法は、毛髪の染色、脱色又は脱染に用いられる毛髪化粧料組成物の混合性を向上させる。
【解決手段】毛髪の染色、脱色又は脱染に用いられる本発明の毛髪化粧料組成物は、複数の液状の剤同士を混合して振とうにより発泡させることによって得られる泡状の剤型で毛髪に適用される。 (もっと読む)


【課題】組成物であって、水膨潤性水不溶性ポリマー、および親水性ポリマーと、この親水性ポリマーに水素結合または静電結合可能な相補的オリゴマーとのブレンドを含む組成物を提供すること。
【解決手段】この組成物はまた、裏打ち部材も含む。活性成分(例えば、ホワイトニング剤)が含まれ得る。この組成物は、口腔包帯(例えば、ホワイトニングが必要な歯に適用される、歯のホワイトニング組成物)としての有用性が見出されている。この組成物は、一定のホワイトニングが達成された時に除去されるか、または所定の位置で放置されて完全に腐食させ得るように設計され得る。特定の実施形態において、この組成物は半透明である。これらの組成物を調製および使用する方法もまた、開示される。 (もっと読む)


【課題】 従来のパーマネントの処理方法は、毛髪に、チオグリコール酸を含む第一剤を塗布し、シスチンによる結合を切断した後、中間酸リンスを行い、ブロム酸を含む第二剤を塗布し、前記毛髪中にシスチンによる結合を再生することにより、パーマウェーブ(カール)を固定することを特徴とする、パーマネントの処理方法である。この処理ほうほうでは、毛髪へのダメージの軽減と、永続性が充分でなく、所望するパーマウェーブの仕上がりも充分ではなかった。
【解決手段】 本発明は、第一段階還元工程→ワインディング工程→第二段階還元工程→還元作用時間工程→第一段階酸化工程→中間水洗工程→結合時間工程→第二段階酸化工程→ロッドアウト工程→シャンプー工程→ブロー工程を順に行う方法であり、さらに、テストカール工程を、還元作用時間工程後に行うパーマネントの処理方法。 (もっと読む)


【課題】本発明の目的は、(1)塩素化イソシアヌル酸及び/又はその塩、並びに(2)過ホウ酸塩及び/又は過炭酸塩を義歯洗浄剤に配合する場合において、これらの漂白成分による義歯の金属部分の錆を効果的に抑制する作用を有する義歯洗浄剤を提供することである。
【解決手段】(1)塩素化イソシアヌル酸及び/又はその塩並びに(2)過ホウ酸塩及び/又は過炭酸塩と共に、(3)ベンゾトリアゾール系化合物を配合して、義歯洗浄剤を調製する。 (もっと読む)


【課題】練り歯磨き及び含嗽剤の両方の効果を組み合わせた口腔用組成物を提供する。
【解決手段】本発明は、概して、口腔ケア組成物、より具体的には、口腔の洗浄に好適な口腔ケア組成物に関する。使用方法も開示される。 (もっと読む)


【課題】染毛力及び地肌汚れ防止効果に優れたゲル状酸化染毛剤組成物を提供する。
【解決手段】下記(A)〜(D)成分を含有するとともに使用時の剤型がゲル状であることを特徴とするゲル状酸化染毛剤組成物。(A)酸化染料として1−ヒドロキシエチル−4,5−ジアミノピラゾール、N,N−ビス(2−ヒドロキシエチル)−p−フェニレンジアミン、及びそれらの塩から選ばれる少なくとも1種、(B)アニオン性界面活性剤、(C)主鎖が炭素数17以下のアルキル基を持つとともに25℃で液体のポリオキシアルキレン型ノニオン性界面活性剤であって、該ノニオン性界面活性剤の使用時における含有量が0.5〜10質量%、(D)酸化剤。 (もっと読む)


【課題】本願発明の解決すべき課題は、十分な泡立ちで、垂れ落ちを防止し、染毛効果が高く使用性・保存安定性に優れた製品を提供することを目的とする。
【解決手段】本発明はアルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤からなり、第1剤と第2剤とを使用直前に混合して用いる2剤式染毛化粧料と、第1剤と第2剤の混合液を泡状に吐出するフォーマー容器とからなる染毛化粧品であって、第1剤及び第2剤の少なくとも一方に両性界面活性剤を使用し、第2剤にカチオン性ポリマーを含有する、染毛化粧品を提供する。 (もっと読む)


【課題】 酸性および塩基性組成物の両方を増粘するために有利に使用できるポリマーレオロジー調節剤を含む組成物を提供する。
【解決手段】 (1) (i) アクリル酸のC1〜C6アルキルエステルおよびメタクリル酸のC1〜C6アルキルエステルからなる群より選ばれたアクリレートモノマー(a)5〜80重量%、(ii)少なくとも1個の窒素または硫黄原子を含むビニル置換複素環式化合物、(メタ)アクリルアミド、モノ−若しくはジ(C1〜C4)アルキルアミノ(C1〜C4)アルキル(メタ)アクリレート、モノ−若しくはジ(C1〜C4)アルキルアミノ(C1〜C4)アルキル(メタ)アクリルアミドからなる群より選ばれたモノマー(b)5〜80重量%、および、(ii)会合性モノマー(c)0〜30重量%、からなる群より選ばれたモノマーの重合により製造されたポリマーレオロジー調節剤、並びに、(2) 化粧品活性剤を含む、増粘されたパーソナルケア組成物。 (もっと読む)


【課題】本発明は、毛髪変形処理の際に毛髪の軟化度合いをコントロールしやすい毛髪変形用第1剤の提供を目的とする。
【解決手段】本発明は、[A]カチオン界面活性剤、[B]アニオン界面活性剤、[C]ジチオジグリコール酸又はその塩、[D]還元剤、が配合されており、[B]成分1質量部に対する[A]成分の配合比が、1質量部以上15質量部以下の毛髪変形用第1剤である。[A]カチオン界面活性剤が、アルキルトリメチルアンモニウム塩であることが好ましい。[A]カチオン界面活性剤の配合量が1.0質量%以上5.0質量%以下であることが好ましい。 (もっと読む)



【課題】「グリーンネイル」の原因となる爪のカビ・菌繁殖を防止できる爪化粧料を提供すること。
【解決手段】抗菌剤、好ましくはニトリル系抗菌剤、ピリジン系抗菌剤、ハロアルキルチオ系抗菌剤、有機ヨード系抗菌剤、チアゾール系抗菌剤又はベンゾイミダゾール系抗菌剤から選択される一種又はそれ以上の任意の組み合わせを含有することを特徴とする爪化粧料。 (もっと読む)


【課題】容器構造が単純であり、簡便に泡を形成でき、慣れない人であっても簡単に毛髪にムラなく適用でき、処方の自由度が高く、剤の保存安定性にも優れており、染色性も良好な染毛又は脱色キットの提供。
【解決手段】アルカリ剤を含有する第1剤、酸化剤を含有する第2剤、並びにこれらを投入し振とうして混合液の泡を形成するための開閉可能な密閉容器を含む染毛又は脱色キット。
次の(a)〜(d)又は(a)〜(e)を有する染毛又は脱色方法。
(a)アルカリ剤を含有する第1剤、酸化剤を含有する第2剤を、開閉可能な密閉容器本体に投入する工程
(b)密閉容器を密閉する工程
(c)密閉容器を振とうして泡を形成する工程
(d)形成した泡を密閉容器から取り出して毛髪に適用する工程
(e)適用した泡を毛髪上で再度泡立てる工程 (もっと読む)


【課題】反応による効果をムラなく均等に得ることができ、頭髪や皮膚から垂れ落ちにくく、塗り伸ばしやすい毛髪処理剤および該毛髪処理剤の発泡方法を提供すること。急激に反応が進んでガスが発生しても安全な毛髪処理剤の発泡方法を提供すること。
【解決手段】反応型成分を配合した第1剤と、反応型成分を配合した第2剤と、発泡剤とを含み、前記第1剤および前記第2剤の少なくとも一方に界面活性剤と水が含まれてなり、前記発泡剤が、沸点が−5〜80℃の油剤である毛髪処理剤および該毛髪処理剤の発泡方法。 (もっと読む)



【課題】健全エナメル質および脱灰病変エナメル質に対し、エナメル質の表層だけではなく深部に至るまでミネラル密度を向上させ、石灰化することができるエナメル質石灰化促進材セットおよびそれに用いる石灰化材の提供。
【解決手段】エナメル質を前処理する前処理材と、前処理されたエナメル質を石灰化処理する石灰化材とを備えるエナメル質石灰化促進材セットであって、上記前処理材が過酸化物を含み、上記石灰化材が、カルシウム、ナトリウム及び水を含むと共に、リン酸及びリン酸水素の少なくともいずれか一方を含むものであるエナメル質石灰化促進材セット。 (もっと読む)


本発明は、一般式(I)のカチオン性6−アミノインドリン、その酸付加塩、およびその溶媒和物に関し:本発明は、また、このカチオン性6−アミノインドリンの合成方法、組成物、使用、染毛方法、およびこのカチオン性6−アミノインドリンを使用する用具にも関する。

(もっと読む)


【課題】 毛髪化粧品において、毛髪脱色剤又は染毛剤をノンエアゾールタイプのフォーマー容器から泡状に吐出させて脱色ムラあるいは染色ムラを防止し、かつ十分な脱色力あるいは染毛力を得る。
【解決手段】 本発明は、アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤からなり、第1剤と第2剤の少なくとも一方に界面活性剤が含有される2剤式毛髪化粧料、および第1剤と第2剤の混合剤を泡状に吐出するフォーマー容器からなる毛髪化粧品である。また、本発明の別の態様は、アルカリ剤を含有する第1剤と過酸化水素を含有する第2剤からなり、第1剤と第2剤とを使用直前に混合して用いる2剤式毛髪化粧料と、第1剤と第2剤の混合液を泡状に吐出するフォーマー容器とからなる毛髪化粧品であって、混合液中に界面活性剤を0.1〜10重量%含有し、混合液の25℃における粘度が1〜300mPa・sである毛髪化粧品である。 (もっと読む)


【課題】普通の技術的な医薬および殺菌剤用途分野と同様に、例えば組織再生のため、創傷の治癒のためおよび感染に対する防御のためまたは免疫反応を高めるための薬剤としての、例えば静脈内投与のような局所的および全身的な治療用薬剤として製剤する可能性をも提供する酸化剤を調製する。
【解決手段】二塩素酸などの反応性の塩素化合物、中間生成物ペルオキソ塩素酸およびペルオキソ亜塩素酸、ならびにそれらそれぞれの誘導体、アニオンおよび/または塩の調製を通じて果たし得る。 (もっと読む)


81 - 100 / 954